Menu

「プロバイダー」がわからない人必見!役割から事業者まで徹底解説

プロバイダーがわからないイメージ
現代社会に必須のインターネットですが、固定回線で接続する場合は「回線」と「プロバイダー」の2つが必要になります。

と言っても、「プロバイダー」という言葉の意味が分からないという人も多いのではないでしょうか。

また、「プロバイダー」という言葉自体は知っていても、プロバイダーを選ぶポイントやインターネット回線の種類まで把握している方は少ないと思います。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • そもそも、プロバイダーって何?どんな役割をしてるの?
  • プロバイダーを選ぶときのポイントは?どうやって情報収集すればいい?
  • インターネット回線にはどのような種類があるの?
  • 自分が契約しているプロバイダーがどこなのかわからない! 

「プロバイダーとは」の説明、プロバイダーを選ぶ際のポイント、そして自分が契約しているプロバイダーを調べる方法を解説します。

最終的には自分でプロバイダーの情報収集をし、比較検討できるまでを目指します。

プロバイダーについて疑問に思っている人はもちろん、新生活を迎える人にとっても役立つ記事となっています。

プロバイダーとは?

「プロバイダー」という言葉は一度は聞いたことがあっても、正確に知っている方は少ないのではないでしょうか。

プロバイダーは一言で表すと、 インターネットへの接続をサポートする事業者です。

それぞれの家の端末から電話回線を通じて、広大なインターネットの世界へと接続することができます。

しかし、この回線があるだけではインターネットは使用できません。

回線だけではインターネットは利用できない

物理的に繋がっている線を使ってインターネットをできるようにするのがプロバイダーの役割です。

たとえるなら、完成した道路にバスを走らせるのがプロバイダーの役割です。

プロバイダの役割:回線を使ってインターネットをできる状態にすること

道路だけあっても、バスがなければ人は遠くまで移動できないですよね。

また、プロバイダーはインターネット接続の役割だけでなく、様々なサービスを提供しています。

プロバイダが提供してくれるサービスイメージ

メールサービスやセキュリティー対策の提供、さらにはパソコンの操作を教えてくれるプロバイダーまであります。

プロバイダーはインターネットライフを全般的にサポートしている、と言っても過言ではありません。

なお、ソフトバンク光やauひかり、高速無線通信であるWiMAXやLTEなどは、契約時にプロバイダーを意識することはないと思います。

これらはプロバイダー・回線一体型の契約になっているから消費者からはプロバイダーの存在が意識されないだけで、裏ではプロバイダーの機能がちゃんと働いているのです。

プロバイダー・回線一体型のイメージ

プロバイダーはインターネット接続において不可欠な存在なのです。

プロバイダーを選ぶ際のコツ 

プロバイダー事業者は世の中に数え切れないほど存在します。

プロバイダーについて詳しくない人がいきなり選ぶとなると、数が多すぎて混乱するのではないでしょうか。

ここではプロバイダーを選ぶ時に、何に気をつけるべきか?を見ていきます。

サービス提供エリアをチェック

まずは、 プロバイダーがカバーする提供エリアを把握しましょう。

プロバイダーは適切な通信速度が提供できるエリアが限られています。

逆に、特定の地域限定で強いプロバイダーもあります。

まずは、あなたが住んでいるエリアでプロバイダーを絞ることが大切です。

サービス内容と料金をチェック

次の基準は サービス内容と料金になります。

ドラマや映画などのエンタメを楽しみたい方は、動画サービスが充実しているプロバイダーを選択します。

たとえば、OCNは50ch見放題の「ひかりTV for OCN」を提供しています。

逆に、メール確認とちょっとした調べ物しかしないような、インターネットをあまり利用しない方は少しでも安いプロバイダーを探します。

インターネットを接続する際にいい加減にプロバイダーを決めてしまうと、後に後悔することもあります。

様々な角度からプロバイダーを比較検討しましょう。

プロバイダーと組み合わせる3つの回線種類

プロバイダーと同時に、回線も契約する必要があります。

この 回線の種類を把握することも大切です。

工事をして 回線を繋げる接続業者は回線業者であり、プロバイダーとは異なる事業者である、ということを頭に入れておきましょう。

ただ、前述のソフトバンク光、auひかりなどのように回線の接続からプロバイダーまで1社で担うケースも見られます。

それでは回線について見ていきましょう。

現在主流な3種類を紹介しますね。

光回線

現在、 インターネット回線の主力は光回線です。

光回線はガラスやプラスチックなど特殊な配管を利用するため、電磁波の影響を受けにくいことが特徴です。

そのため、高速で安定したインターネットが楽しめます。

ワイヤレス(無線)回線

二つ目は ソフトバンクのSoftbank Airのようなワイヤレスです。

これは、工事が不要で装置を設置する(コンセントを繋ぐ)だけでインターネットが楽しめるサービスです。

光回線よりは速度は劣りますが、なんといっても手軽なのがメリットです。

引っ越す場合もそのままコンセントを抜いて持っていけば良いだけです。

一人暮らしなどの場合は手軽なワイヤレスの導入も検討されてはいかがでしょうか。

ケーブルテレビ

三つ目は JCOMに代表されるケーブルテレビを利用することです。

メリットとしては開通工事が比較的早いこと、インターネット、電話、テレビをまとめて契約できることです。

ただし、ケーブルテレビを利用するため、 ノイズの影響を受け不安定になることがあります。

元々ケーブルテレビが引かれているマンションや、ケーブルテレビでテレビも見たいという人でなければ光回線のほうがおすすめです。

光回線以外の接続方法ですと、接続業者とプロバイダーが一体になっている例が多く見られます。

様々なケースを想定して回線を選択するといいでしょう。

プロバイダーの情報収集のやり方

プロバイダーの情報を収集するにはどのような方法があるのでしょうか。

最も一般的な方法は プロバイダーの公式ホームページをチェックすることです。

とくに、そのプロバイダーの提供エリアと値段に注目することをおすすめします。

自社のサービスに関して、事細かに説明しています。

もし、不明点があれば、電話や窓口に相談するといいでしょう。

電話や窓口に相談する際は自分自身が混乱しないために、きちんと疑問点を明確にする必要があります。

そして、疑問点は簡潔にメモを取るようにします。

どのプロバイダーのホームページを見ても「いいこと」しか書かれていません。

また、インターネット上や使用している人に実際に聞くなどの「クチコミ」も役に立つことがあります。

ただし、インターネット上では根拠のない情報をもとに誹謗中傷している例も見られます。

クチコミを参考にする際は、ある程度の目利きが必要です。

今回、紹介した例はほんの一例です。

他にも情報収集のやり方はあると思いますので、様々な角度からプロバイダーを検討してみましょう。

そもそも自分の契約しているプロバイダーがわからない場合は?

普段、インターネットを利用している方の中には、自分がどのプロバイダーを使っているか、分からない場合もあるでしょう。

自分が使用しているプロバイダーは簡単に調べることができます。

一つ目の方法はプロバイダーと契約した際に渡された書面を探すことです。

必ず、プロバイダーは契約時に書面を送ってくるはずなので、一度、インターネット関連の資料を机に出してみましょう。

そうすると、自ずと自分が使用しているプロバイダーがわかります。

もし、 書類を紛失していたら「確認君+」というサイトを利用しましょう。

「確認君+」にアクセスしたら、左上にプロバイダーがそのまま表示されます。

なお「確認君+」に表示されている情報だけで、あなたのメールアドレスや住所が特定されることはありませんので、ご安心ください。

簡単に自分が使っているプロバイダーがわかります。

プロバイダーに関して、何か相談事がある場合は、事前に自分が使っているプロバイダーとサービス名をきちんとメモしましょう。

まとめ 

プロバイダーを知ることは自分のインターネット契約を管理する上で極めて大切なことです。

現在、使っているプロバイダーを把握することはもちろんですが、そもそもの「プロバイダーの定義」を理解しておくことも重要です。

プロバイダーは繋がっている回線を基にして、インターネットができるようにする事業者です。

回線を通すために工事をする事業者ではありません。

プロバイダーと工事をして回線を繋げる作業を1社で行っている事業者も存在します。

プロバイダーが利用する回線の中で、最も一般的なのが光回線です。

他にも、ワイヤレスやケーブルテレビを利用した回線など様々な種類があります。

また、今後新たな種類の回線が登場することも予想されます。

自分が使っているプロバイダーが分からない場合でも慌てなくて大丈夫。

「確認君+」など、簡単に検索できる手段はあります。

プロバイダーは様々なサービスを提供しています。

快適なインターネットライフを楽しむためにも、プロバイダーを使い倒しましょう。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。