Menu

プロバイダーとの契約期間に関して、知っておきたい3つのこと

プロバイダ契約期間のイメージ   
プロバイダーと契約する際の重要なキーワードの1つが「契約期間」です。

プロバイダーと契約すると、プロバイダーが定めた期間内は契約したプロバイダーを使い続けなければなりません。

もし、一定の期間内にサービスをやめてしまうと違約金が発生します。

例えば、契約期間が2年ですと、基本的に2年は契約したプロバイダーを使い続けないといけません。

とは言っても、引越しの時やサービスの質が気に入らない時に「プロバイダーを解約したい」と思うこともあるでしょう。

  •  プロバイダーとの契約期間って何?
  • プロバイダーと解約する際のタイミングはいつがいい?
  • プロバイダーとの契約期間に関連したサービスを知りたい 

この記事では上記の疑問点に答えるために、プロバイダーとの契約期間について丁寧に解説します。

さらに、プロパイダーを変更するためのベストなタイミングも解説します。

また、契約期間と上手に付き合うと、お得にインターネットが楽しめますので、契約期間と関連したサービスの実例も紹介します。

この記事を読むと、プロバイダとの契約期間の概要を把握することができます。

また、契約期間を知ることで、プロバイダー乗り換えの計画が立てられます。

その結果、お得にインターネットを楽しむことができるのです。

お得にインターネットを楽しむには何よりも情報収集が不可欠。そして、情報収集をした上で計画を立てることが大切です。

そもそもプロバイダーとの契約期間とは?

まずはプロバイダーとの契約期間を確認しましょう。

プロバイダーと契約するときに契約期間が定められます。

仮に契約期間内に解約すると、高額な違約金を取られてしまいます。

例えば、契約期間が2年のプランにした場合、契約期間内である1年目で解約をすると、高額な違約金が発生します。

契約期間はプロバイダーやサービスによって異なりますので、プロバイダーを検討する際は契約期間もチェックしましょう。

一般的に、契約期間が長ければ長いほどお得になります。

契約期間が切れると再更新の必要がありますが、基本的に加入者は何もしなくても構いません。

再更新の時期が近づいてくると、プロバイダーからメールや書面で知らされます。

そして、何もしなければ自動的に再更新になり、次の契約更新まで使い続けることになります。

また、再更新に際して、特別な費用は一切かかりません。突然、インターネットが切れることもありませんので、安心してください。

最初にプロバイダーと契約する際は契約期間を考えない方が多いようです。しかし、後でミスに気づいても契約期間を変更することはできません。

契約期間を知ることはプロバイダーを使う上で、とても大切なことです。

契約期間を知らないと、プロバイダの変更のタイミングを逃してしまう危険性があります。

プロバイダーを変更するならいつがいい?

「どうしても、今のプロバイダーを変更したい」という方もいるでしょう。

それでは、どのタイミングでプロバイダーを変更するのがベストなのでしょうか。

最も一般的なのが、 プロバイダーとの更新月のタイミングで変更することです。

もちろん、契約期間がきっちり満了した上での解約ですから、違約金が発生することはありません。

ただし、1日でも再更新の時期が始まると違約金が発生します。

そのため、契約期間の満了のタイミングでプロバイダーを変更する場合はあらかじめ準備が必要です。

二つ目は 引越しのタイミングです。引越しの際、今までのプロバイダーを使用することもできます。

この場合、違約金はかかりませんが、移転工事費用が必要なこともあります。

また、引っ越し先が従来と同じような速度でインターネットが楽しめる保証はありません。

ケースによっては、引越しのタイミングでプロバイダーを変更したほうがお得な場合があります。

契約期間内の解約ですと違約金がかかりますが、新規契約をした場合、キャッシュバックの方が違約金の額を上回ることもあります。

また、引越し先の住環境に合った最適なサービスを選択できるのもポイントです。

引越しの際は、なるべく早めかつ念入りに調べた上でプロバイダーとの契約を考えていく必要があります。

気に入らなければ、途中で解約するのも一考

契約期間満了日まで契約したプロバイダーを使い続けるのが基本ですが、どうしても気に入らない場合は途中解約を考えましょう。

途中契約する際に注目すべきはキャッシュバックです。

現在、多くのプロバイダーで新規契約をすると、キャッシュバックのサービスがあります。

そこで、少しでも違約金の穴が埋められるキャッシュバックを選択すればいいのです。

ただし、プランによっては工事費用など別途費用がかかることもありますのでご注意ください。

プロバイダーの乗り換えは予想以上に大変な作業ですので、キャッシュバック目的に乗り換えを繰り返すことはおすすめできません。

各種割引と契約期間がないプロバイダーをご紹介

次に契約期間・乗り換えを利用した割引や、最低契約期間がないプロバイダーの一例を紹介しましょう。

2年契約をすると割引がきくOCNの2年割

まずは、 契約期間に関するサービス、OCNの「2年割」です。

「2年割」は24ヶ月単位で継続使用することを約束した上で、割引サービスの適用が受けられます。

毎月、戸建て向けは100円(税抜)、集合住宅向けは50円(税抜)、OCN基本料から割り引かれます。

なお、地域によっては料金、サービスの内容が異なりますので、チェックすることをおすすめします。

「2年割」を申し込み、途中解約をした場合は正規の違約金と別途に違約金がかかりますのでご注意ください。

乗り換え時のキャッシュバックはauひかりが楽でお得

二つ目は、乗り換えを利用したキャッシュバックサービス、「auひかり乗り換え キャッシュバックキャンペーン」です。

これは「auひかり」に乗り換えると33,000円のキャッシュバックが受けられるサービスです。

しかも、申し込んで最短1ヶ月後に現金振込されるので、急ぎの方も安心です。

また、ネットだけの申し込みでもキャッシュバックが受けられます。

キャッシュバックのサービスは様々な条件やプランがありますから、まずは電話や窓口で確認されることをおすすめします。

そして、じっくりと熟慮した上で契約に進みましょう。

最低契約期間がないプロバイダーも登場

ほとんどのプロバイダーが提供するサービスには最低契約期間が存在します。

しかし、数は少ないですが、最低契約期間がないプロバイダーも登場しています。

exiteが提供する「exite光」です。

このプランは契約期間の縛りや解約時の手数料がありません。

また、キャンペーンにより、料金が変動することもありません。

ただし、NTT西日本エリアで2015年4月30日以前にフレッツ光を契約し「初期工事費割引キャンペーン」を受けていた方は要注意!

フレッツ光の開通月から所定の期間の間に「excite光」を解約した場合は違約金が発生します。

まとめ

ここで、プロバイダーの契約期間のポイントをもう一度整理しましょう。

一つ目は、 プロバイダーと新規契約する際は必ず契約期間をチェックします。

とくに、携帯電話を持っていない方など契約期間に馴染みのない方は注意してください。

契約期間が始まりますと、契約期間の変更は至難の業です。

二つ目に、 契約期間内に解約をすると違約金が発生します。

会社によって異なりますが、違約金は想定以上に取られます。

また、長期契約と付随した割引サービスを利用すると、割引サービスの違約金も発生しますのでご注意ください。

三つ目に、 各種割引を使用することです。

プロバイダーを変更する場合は、必ず変更先のキャッシュバックサービスをチェックします。

ただし、条件やプランが複雑な場合が多いので、窓口で直接、説明を受けることをおすすめします。

また、長期契約に関連した割引サービスもあるので、プロバイダーと契約する場合は契約期間に付属した割引サービスもチェックしましょう。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。