Menu

プロバイダー

プロバイダーとは?失敗しないプロバイダー選びを徹底解説

このページを読んでいる人は、「 インターネットに接続したい」「 引越しなどで、新しく契約または乗り換えをしたい」と思っている人がほとんどだと思います。

ちょっと調べてみたところで、こんな悩みを抱えた人も多いのではないでしょうか?

  • ネットをするには「プロバイダー」の契約をしないといけないらしいが、そもそもプロバイダーとは何なのかすらわからない…
  • 今さら「プロバイダーってなに?」と人に聞くのも恥ずかしいけど、検索しても難しすぎてわからない…
  • 基礎知識がないから良いプロバイダーの選び方もわからない

「インターネット用語はわからないことだらけでもういやだ!」というあなたも、この記事を読めば「プロバイダーって何?」の基礎知識を理解し、自分に合ったプロバイダー&インターネット回線選びができるようになります。

また、最近ではモバイルWi-Fiなど、固定回線以外でインターネット接続をする方法もメジャーになってきていますので、これらも含めて紹介していきます。

自分の望む条件に合った回線を選択して、最高のインターネットライフを手に入れましょう!

目次

「プロバイダー」とは?初心者でも2分でわかるように解説

インターネット接続について調べていると「プロバイダー」という言葉を見かけるけど、 そもそもプロバイダーがなんなのかがわからない!という人、多いですよね。

そんなみなさまに向けて、どこよりもカンタンに「プロバイダーとは?」をまとめました。

また、記事の後半ではプロバイダー・インターネット業者の選び方や、オススメのプロバイダー・インターネット回線をピックアップしてお伝えしていきますので、説明が要らない方は下記リンクから飛んでください。

お悩み別!おすすめプロバイダー&回線を紹介」へ飛ぶ

インターネット接続のしくみ

プロバイダーはインターネット接続をするために絶対に必要な役割のひとつです。

「インターネット回線」と「プロバイダー」の2つがそろって始めてインターネットを使うことが出来ます。

回線→プロバイダーの順番に、それぞれの役割を説明しますね。

光(フレッツ)、ADSLなど…「インターネット回線」は道路の役割

インターネットを使うためには、情報(データ)が行ったり来たりするためのインフラがまず必要です。

道路がなければ、データはあなたのもとへ届くことができません。

「光回線」の場合だと地下や電柱を通っている 光ファイバー「ADSL」では 電話線がその「道路」にあたります。

また、「道路」は必ずしも形を持っているわけではありません。

スマホなどのモバイル通信回線である 「4G」「WiMAX」などは、目に見えない 電波を道路として用いるインターネット回線です。

主要事業者:
固定回線→NTT西日本/東日本(フレッツ)、KDDI(auひかり)、ケイ・オプティコム(eo光)、J:COM(CATV)など
モバイル回線→docomo、au、ソフトバンク、UQ WiMAXなど

OCN、ぷららなど…「プロバイダ」は市役所の役割

データの通り道である 「インターネット回線」だけではインターネットで通信をすることはできません。

例えばGoogleで「プロバイダとは」と検索したとしましょう。

あなたのパソコンからGoogleのサーバーに『「プロバイダとは」というフレーズの検索結果を教えて!』と命令が伝わります。

Googleは『了解!じゃあこのページを見てね』という返事をあなたに送りたい。

ではその送り先になる「あなたのパソコン」がどこにあるのかをGoogleはどうやって知るのでしょうか?

回線=道路、という話をしましたが、物を届けるには届け先の住所が必要ですよね。
道路だけあっても、住所がないと届けようがありません。

ここ出てくるのが 「プロバイダ」です。

プロバイダは私たちのパソコン1台1台に、インターネット上での住所をつけてくれる役割をしているのです。

住所の割り振りなので、市役所のような立場ですね。

主要事業者:OCN、Yahoo!BB、So-net、BIGLOBE、ぷららなど

インターネットを繋ぐのに、なんで光回線とプロバイダの両方にお金を払わないといけないの?!と思っていた人にも納得いただけたかと思います。

インターネット回線とプロバイダの関係

ここまで説明した内容を一旦まとめます。

  • 光回線代=高速道路の通行料 ※インターネットの世界では全ての道路が有料道路です
  • プロバイダ代=インターネットを使う上での市民税のようなもの

と、考えると納得がいくかと思います。

なお、どのプロバイダーを選ぶかは私たちユーザ自身が選ぶことができます。

ただし、各回線には対応プロバイダーが決まっていて、その組み合わせ以外だと使えません。

せっかくお気に入りのプロバイダーが見つかっても、そのプロバイダーが対応している回線が自分の家に引けないと意味がありません。

これからインターネットを契約する方は、 まず自宅で使える回線の中から好きな回線を選び、その回線が対応しているプロバイダーの中からプロバイダーを選ぶ、という流れをおすすめします。

また、「自分はインターネットの契約を1社としかしていない」という人もいると思います。

最近では「auひかり」や、「ドコモ光」「OCN光」のような光コラボレーションモデルと呼ばれる、 回線・プロバイダーの契約を1つにまとめてくれる「一体型」のサービスも出てきています。

私たち消費者から見ると1社としか契約していないように見えますが、中身はちゃんと回線+プロバイダーの両方の機能が入っています。

プロバイダーがしてくれることを詳しく知ろう

「回線」「プロバイダー」の違いと、両方が必要な理由がわかったと思います。

ここからは、プロバイダーの役割と提供してくれるサービスについて掘り下げて見ていきます。

プロバイダーがしてくれる役割

  • 必須の役割
    • IPアドレス(インターネット上の住所)を割り振ってくれる
  • オプションサービス
    • メールアドレスの付与
    • セキュリティ
    • 導入時・利用中のサポート
    • ホームページ用のサーバーレンタル など

前の章の復習になりますが、プロバイダーの役割として「インターネット上の住所の割り振り」を挙げました。

この「住所」にあたるのが「IPアドレス」です。

情報のお届け先がないとインターネットは使えないので、必須の役割です。

その他にも、プロバイダー名のついたメールアドレスやホームページ用のサーバーが無料でレンタルできるプロバイダーも多いです。

また、電話・リモートでのサポートや出張サポート、セキュリティサービスの提供などもありますが、これらは有料オプションであることも多いため、契約時には必要なもののみを選びましょう。

ここまで説明した内容をまとめました。

「プロバイダーとは」のまとめ

  • インターネット回線とプロバイダーがセットで初めてインターネットが使える
  • 回線は道路、プロバイダーは市役所(IP割り振り)
  • メールやセキュリティのサービス内容で値段が変わる
  • 回線との組み合わせさえクリアすれば自由に選ぶことが可能

ここまでで「プロバイダーとは何か?」の基本について理解していただけたと思います。

では、「プロバイダー選び」は本当にすべての人にとって必要なのでしょうか?
次の章で説明しますね。

プロバイダー契約って本当に必要?~固定回線VSモバイル回線

ここまで読んで「じゃあどのプロバイダーがおすすめなのか?」を知りたいと思ったあなた、ちょっと待ってください。

あなたは なんのために、どういう時にインターネットがしたいですか?
また、 どこで「インターネットを使いたい!」と思うことが多いでしょうか。

あなたのインターネットスタイルによっては、必ずしも固定回線が最適とは限りません。
プロバイダーの契約を検討する前に、 本当に固定回線+プロバイダー契約が必要なのか?を確認してみましょう。

既に固定回線を引きたいと決めている人は、この章は飛ばして構いません。

モバイル回線(モバイルWi-fi・スマホのテザリング)がおすすめな人

家には固定回線を引かない、という選択肢があります。

「モバイルWi-Fi」と呼ばれる無線通信のサービスや、スマホの電波をノートPCなどへ分ける 「テザリング」(スマホの契約のオプション)があれば、必ずしも固定回線を引かなくてもインターネットができてしまうのです。

では、 「固定回線がおすすめでない人」「モバイル回線がおすすめな人」とはどんな人なのでしょうか?

こんな人はモバイル回線を検討すべき!(固定回線はなしでOK)

  • 一人暮らし
  • ノートPCやタブレットなど(通信機能のない機器)で外でもインターネットをたくさん使う
  • いつ引越しするかわからないので、ネットの2年縛りは違約金発生リスクが高い
  • 家でのネット利用もSNSやWebページ閲覧がメインで、重いデータ(動画や大量の写真)のやりとりはそんなにしない
    • =速度がすごく速くなくてもいい

家のネットをモバイルWi-Fiで代用することで一番メリットがあるのは 一人暮らしの人です。

家のネット利用と外でのネット利用を1つの契約にまとめることで、通信費を安く抑えることができます。

今引いている固定回線・スマホなどの契約で、 使える通信量が余ってしまっている人は特に検討したほうが良いです。

また、外でもたくさんインターネットを使うビジネスマンなどで、常にスマホでテザリングしているとスマホの電池がなくなってしまうので困る、という人は、固定回線に追加でモバイルWi-Fiを持つと快適になります。

モバイル回線についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてくださいね。
モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)で家でも外でも快適インターネット!選び方を徹底解説

固定回線(光回線+プロバイダー)がおすすめな人

逆に、ちゃんと固定回線を引いたほうがいい人とはどんな人なのでしょうか?

一言で言うと、「家でがっつりインターネットをする」人は、固定回線を引いたほうが満足度が高まるでしょう。

  こんな人は自宅に固定回線を引くべき!

  • 自宅で頻繁にインターネットを使う
  • 自宅で複数人がインターネットを同時に使う
  • 自宅で動画視聴やネットゲームなど大量のデータ通信をすることが多い
  • 外出先でのインターネット環境に不便を感じていない
  •  職場・公共のWi-fiやスマホのテザリングオプションなどで十分
    • 外出先でもネットをよく使うので、モバイルWi-fiも別途契約する予定 

「家でインターネットを使う人が複数人いる」という世帯は、固定回線を引くのをおすすめします。

モバイル回線でインターネットを全部済ませてしまうと、そのモバイル回線を持ち出している間は家でインターネットができないからです。

また、ネット利用シーン・通信量が「家≧外出先」の人は、家での快適なインターネット環境のために固定回線を引くべきです。

いかがでしょうか。 あなたの家はどちらが合うか判断できましたか? 

なお、筆者は一人暮らしで、外でもタブレットでインターネットを使うことがありますが、家では動画視聴やゲームで安定・高速通信がほしいため、光回線とスマホのテザリングを組み合わせて利用しています。

このように、家計の都合とインターネットに求める条件のバランスが合う落とし所をみつけましょう。

次の章からは具体的にインターネット回線・プロバイダーの選び方を説明しますので、固定回線を引きたいと思った方はこのまま進んでください。

モバイルWi-Fiに興味を持たれた方は、こちらで詳しく解説していますのでぜひ読んでみてください。
モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)で家でも外でも快適インターネット!選び方を徹底解説

今のプロバイダーがどこなのか?を把握しよう

ここまで読んでくださった方は、固定回線を新規または乗り換えで探している人だと思います。

乗り換えを検討中の人は、ベストな乗り換え先を見つけるために、まずは今契約しているプロバイダーについての情報も把握しておきましょう。
新規で契約したい人は飛ばして読んでください。

今使っているプロバイダーによっては、乗り換え先のプランでキャッシュバックが受けられないなどのトラブルもあるためです。

契約書・請求書で業者名・プラン名を確認するのが一番確実ですが、もし見つからない場合は「 確認くん」と「 IPドメインSEARCH」を使ってプロバイダーを調べましょう。

確認くんで「あなたのIPアドレス」に表示される数字を、IPドメインSEARCHの「IP or ドメイン」に入力することで調査できます。

また、自分のプロバイダーや回線の契約開始年月などもここで合わせて確認しておいてくださいね。

いま乗り換えるべきかどうかの判断方法

引き続き、今のインターネット契約が速度や金額面が不満なので乗り換えを検討している人向けの章です。

今より良い業者を見つけたからといって、すぐに乗り換えを行うと損をしてしまうこともあります。

この章で 「乗り換えの前に気をつけること」を把握して、悔いのない乗り換えをしてくださいね。

乗り換える前に気をつけること(デメリット)

違約金の発生タイミングに注意

契約している回線・プロバイダーの 「契約更新月」は把握していますか?

解約のタイミングが更新月ではない場合、違約金・解約金が発生してしまうことがほとんどです。

特に、引越しなどで期限が決まっているわけではなく、速度や金額が不満なので乗り換えを検討している場合であれば、解約のタイミングは自分で調整することができます。

更新月を狙って負担0円で乗り換えをするか、とにかく速く乗り換えたくて違約金を払うことになるかで損する金額が大きく変わってきてしまいます。

解約金の例

フレッツ光 ファミリータイプ:5,000~30,000円
フレッツ光 マンションタイプ:3,500~10,500円
※いずれも解約するタイミング(年数)によって変動

OCN 5,000円
※契約(利用開始月)から2年以内の解約またはプラン変更で発生

なお、次の乗り換え先プロバイダー・回線が違約金の金額を超えるキャッシュバックキャンペーンを実施していれば、解約金が補填できます。

ただし、プロバイダー・回線事業者やキャンペーンによっては キャッシュバックの受け取りは契約から1年後、などというパターンもありますので、手元のお金に余裕がある人のみが取れる手段とも言えます。

メールアドレス・ホームページが使えなくなる

こちらはプロバイダーに紐づく問題です。

今のプロバイダーが提供しているメールアドレスやホームページ機能を使っている場合、プロバイダーを解約すると当然ですがメール・Webサイトが使えなくなってしまいます。

前もってメールアドレスは GmailやYahoo!メールなどのフリーメールへ移行、ホームページはロリポップやさくらインターネットなどの レンタルサーバーを借りて引っ越ししておけば、このデメリットは特に問題ありません。

また、プロバイダーは変更しなければならないけど、どうしてもそのメールアドレス・ドメイン(ホームページのアドレス)を使い続けたい場合は、 月額料金を支払うことでこれらサービスのみ継続利用することが可能なプロバイダーもあります。

例えば、OCNであれば月額250円(税込270円)でメールアドレスとストレージを使い続ける契約ができます。(バリュープラン)

お悩み別!おすすめプロバイダー&回線を紹介

ここまでで乗り換え前に気をつけておくべきことも把握できたので、いよいよ実際にどの会社にするかを検討していきましょう。

この章では、価格・速度・サービスなどのお悩み・希望別に、おすすめのプロバイダー・回線を紹介していきます。

なお、最近ではプロバイダーだけを選ぶというシチュエーションはあまりないため、 プロバイダーと回線の組み合わせで説明をすすめていきます。

【速度重視】とにかく速いインターネットが使いたい!

速さ重視の場合、回線は 光回線を選びましょう。

お住まいのエリアに対応している中で一番速い光回線を選ぶことがポイントです。

関東住まいなら最大2Gbpsの「NURO光」

あなたが関東にお住まいであれば、最大2Gbpsを誇る「 NURO光」(ニューロひかり)が2017年1月現在で最速のインターネットとなります。

対象の地域は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県の1都6県。

提供しているのは大手プロバイダーのソニーネットワークコミュニケーションズで、NURO光は「 回線・プロバイダー一体型」のサービスです。

月額4,743円でプロバイダー、無線LANルーターレンタル、セキュリティソフトが全て込みなので、「速いけどそのぶん高い」というわけでもありません。

もちろん「2Gbps」はベストエフォートでの速度ですので、実際に2Gbps出るわけではありません。

ベストエフォートとは?

想定最大速度のこと。
ベストな条件が揃った時に発揮されうる最大の速度(理論値)であり、ほとんどの場合ベストエフォートの数値より実測値の方が劣ります。

同時に接続しているユーザーの数、通信端末の性能などが差の要因です。

あくまで2Gbpsは理論値なのですが、ユーザの実測値を集めた「 みんなの測定結果」を見ても、概ね下り300~800Mbps程度は出ているようなので、実用上は十分な速度です。

導入前には自分の家の周りのユーザの実測値を調べてみることで、より安心して導入できると思います。

関東以外ならauひかりVSフレッツ光VS各地方の独自回線を比較

関東のNURO光以外の主要光回線は、ほとんどが最大1Gbpsをうたっています。

全国に対応しているNTT東日本・西日本のフレッツ光、KDDIのauひかりに加えて、各地方の独自インターネット回線業者について、速度を比較してみましょう。

各地方の主要な独自インターネット回線業者

  • 東海地方
    • コミュファ光
  •  関西地方
    • eo光

速度の比較方法ですが、ベストエフォート(想定最大速度)が1Gbpsと同じであれば、あとは「実測値」を参考にしましょう。

みんなの測定結果」では郵便番号検索もできますので、自分の家の近くの人がどんな回線でどれぐらいの速度を出しているかを調べて参考にすると良いです。

【安さ重視】ライトユーザーorヘビーユーザーで選び方は違う

とにかく安くインターネットを使いたい!という方はまず、自分がどれぐらいインターネットを使いたいのか?を認識するところから始めましょう。

「毎日大容量の通信がしたいけど、値段は一番安く抑えたい」人と、 「たまにメールチェックしかしないから安くていい」人では、おすすめするプランが変わってくるからです。

自分がどちらに属するか把握できたら、さっそく見ていきましょう。

がっつり使いたいヘビーユーザーは光回線での最安を選ぼう

まず、回線についてです。

安さ重視だからといって、古い回線である ADSLを選ぶのはちょっと待って下さい。

ADSLは基地局からの距離が離れれば離れるほど回線速度が遅くなるという特性があります。

地域によっては実測値1Mbpsを切ることもあるようです。

動画などの大容量通信でストレスを感じないためには最低10~20Mbpsほしいので、ADSLは論外です。

安い光回線の選び方ですが、ポイントは「月額料金」「割引」の2点です。

価格.comなどの比較サイトではやたら安いプランを見かけることがありますが、「2年契約を前提とした割引・キャッシュバック」などを12ヶ月で割って割引として計算することで安く見えている、というからくりがあります。

つまり、2年以内に引越しなどで解約・乗り換えの可能性がある人は必ずしもその金額で利用することができないかもしれないということです。

また、1年目・2年目・3年目…と、時期によって月額料金が変動するプランも多いため、まずは自分が最低何年同じインターネット契約を使い続けるか?を考えましょう。

価格.comのインターネットのページでは、居住エリアごとの最安値を1年時点、2年時点、5年時点のそれぞれで調べることができますよ。

たまに使うだけのライトユーザーはテザリングも検討しよう

逆に、ほとんどインターネットは使わないけど、念のために回線を引いておきたい(工事費用を払ってまで光回線を引きたくない)という方にとっては光回線はコストパフォーマンスが悪いです。

動画を見たりせず、たまにメールやWebページを閲覧するだけ、という人の場合はお手持ちのスマートフォンでのテザリングで十分かもしれません。

テザリングとは?

スマホの電波を使ってノートPCなどをインターネットに接続できる機能。
使ったデータ容量はスマホ契約の容量から引かれてカウントされます。

docomoは無料、auとソフトバンクは月額525円でテザリングオプションを契約することができます。

ライトユーザーだと自覚している方は、一度1~2ヶ月テザリングで通信してみて、パソコンでのインターネット閲覧に使っている容量がどの程度なのかを測ってみましょう。

スマホの余り容量からあふれない場合はそのままテザリングで良いです。

あふれる場合でも追加料金が3000円以内に収まるようであればテザリングの方がお得だといえます。(固定回線の契約は最低でも月額3000円程度)

また、その場合はスマホの契約も一緒に見直すことでより値段を下げられる可能性があります。

大容量のデータ通信がお得な格安SIMのプランもあるので、安さを追求する方は「 格安SIMのおすすめは?格安SIMカードを徹底比較 」も読んで検討してみてください。

みんなが使ってる安心な業者と契約したい!

インターネットにはあまり詳しくないから、サポートが厚かったり、みんなが使っている業者で契約したい…という方もいると思います。

ここでは市場のおけるシェア率で回線・プロバイダーをランキングします。(2016年3月時点、 MMD総研調べ)

光回線回線シェア1位はやっぱりフレッツ光

光回線(FTTH)のシェアは以下のとおりです。()内は回線のサービス名になります。

  1. NTT東日本(フレッツ光)
  2. NTT西日本(フレッツ光)
  3. KDDI(auひかり)
  4. ケイ・オプティコム(eo光/関西圏)

1位・2位のフレッツ光は合わせて約70%。圧倒的なシェアを誇ります。

4位のeo光は関西(近畿2府4県+福井県)のみのサービス提供です。

プロバイダーはOCN独走、Yahoo!BBが拡大中

次に、プロバイダーのシェアを見てみましょう。

  1. OCN
  2. Yahoo!BB(ソフトバンク光)
  3. So-net(NURO光)
  4. BIGLOBE
  5. ぷらら
  6. eo光
  7. auひかり(au one net)
  8. @nifty

Yahoo!BBやSo-net、auひかりは、回線+プロバイダーの一体型プランの販売が好調で勢力を伸ばしています。

なお、みんなが長く使い続けている業者=安心な業者という解釈もできますが、インターネットは同じ回線を複数人で同時に利用すると速度が低下するという特徴もあります。

契約する業者を決定するときは、同じ地域で使っている人の口コミや、「 みんなの測定結果」などで同地域の実測値を確認することもお忘れなく。

まとめ

自分に合ったプロバイダーは見つかりましたか?

みなさん一人ひとりがインターネットに求める条件によって、選ぶべき業者や契約内容が異なることがお分かりいただけたと思います。

ソルディでは一人でも多くの人が最適なインターネット環境をベストな値段で使えるようになることを応援しています。

プロバイダー・回線について詳細な記事もたくさん用意していますので、納得のいくプラン選びをしてくださいね。