Menu

新料金プランの認知度は8割超え、一方で実際に乗り換えたのはわずか18%?! 「ahamo(ドコモ)」「povo(au)」「LINEMO(ソフトバンク)」 3大キャリアの新料金プランを大調査!

新料金プランの認知度は8割超え、一方で実際に乗り換えたのはわずか18%?!「ahamo(ドコモ)「povp(au)」「LINEMO(ソフトバンク)」3大キャリアの新料金プランを大調査!

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社エイチーム引越し侍(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:渡邊竜一)は、大手携帯電話会社の新料金プランに対するユーザーの意識調査を目的にアンケートを実施。「ahamo(ドコモ)」「povoau)」「LINEMO(ソフトバンク)」プランを知っていると回答したユーザーが全体の86.4%と高い認知度であることに対して、実際に新料金プランに乗り換えたのはわずか18%に留まっていることが明らかになりました。

調査サマリ

  • 現在利用している通信サービス第1位はドコモ(31.2%)
  • 新料金プラン(ahamo・povo・LINEMO)を「知っている」と回答したのは86.4%
  • 新料金プラン(ahamo・povo・LINEMO)のうち、最も知られているプランはNTTのahamo
  • 新料金プラン(ahamo・povo・LINEMO)を「知っている」と回答した人のうち、実際に乗り換えたのはわずか18%
調査概要
調査方法引越し一括見積もりサイト「引越し侍」を利用して引越しをした方を対象に、インターネットアンケートを実施
調査期間2021年6月7日~2021年9月7日
調査期間2021年6月7日~2021年9月7日
調査エリア全国
サンプル数6287件

では、調査結果について説明していきます。

現在利用している通信サービス第1位はドコモ

今回のアンケートでは、現在利用している通信サービス会社として最も多く挙げられたのがドコモとなりました。

現在使っている携帯電話のキャリアは?

第1位のドコモは31.2%。
次いでauが22.6%、ソフトバンクは17.5%と大手三大キャリアだけで全体の71.3%を占める結果となりました。

引き続き大手キャリアに人気が集中していることがうかがえます。

新料金プランを「知っている」と回答したのは86.4%

2021年6月7日~2021年9月7日に実施した当アンケートで、『「ahamo」「povo」「LINEMO」のいずれのかの新料金プランについて知っていますか』という質問に対し、「知っている」と回答したのは86.4%でした。

新料金プランの皮きりであった「ahamo」の発表があったのは2020年12月3日。わずか9ヵ月で86.4%もの認知を獲得した調査結果からも、新料金プランに対する話題性の高さが伺えます。

新料金プラン(AHAMO・POVO・LINEMO)を知っている?

「ahamo」「povo」「LINEMO」のそれぞれで、「知っている」と答えた人の割合は以下の通りで、「ahamo」が76.8%、「povo」が63.5%、「LINEMO」が63%でした。大手キャリアの中で最初に新料金プランを開始した「ahamo」が最もよく知られている新料金プランという結果でした。

新料金プランそれぞれを知っている?

実際に乗り換えたのはわずか18%

新料金プランの認知度が86.4%という結果でありながら、実際に「ahamo」「povo」「LINEMO」の新料金プランに乗り換えたのはわずか18%に留まっていることが明らかになりました。

新料金プランに乗り換えた?

「ahamo」「povo」「LINEMO」のそれぞれで、「乗り換えていない」と答えた人の割合は以下の通りで、「ahamo」が85.6%、「povo」が91.3%、「LINEMO」が94.9%でした。

どの料金プランに乗り換えた?

乗り換えた人のコメントからは「プランに魅力を感じなかった」と回答した方も多くいました。

ahamoは「20GB 2,980円(税別)」という破格の料金設定で話題を集めたにもかかわらず、8割以上の人はプランは知っているけど乗り換えてないという結果となっています。

新料金プランに魅力を感じていない理由

新料金プランに対して魅力を感じるかどうかは、既存の携帯キャリアのプランによって左右されます。そこでここからは、現在使っている携帯キャリアごとに、新料金プランに魅力を感じなかった理由を紹介していきます。

ドコモユーザーの場合

現在ドコモを使っている人が、新料金プランに魅力を感じていない理由として特徴的だったのが「ドコモを長く利用しているから」という理由です。
これはau・ソフトバンクなどの他のキャリアでは見られないような回答でした。
「ずっとドコモ特典」など長期契約者に向けたキャンペーンを実施してきたドコモならでは意見ではないでしょうか。

現在使っている携帯キャリアを「ドコモ」と回答した人の中で、新料金プランに対して「魅力を感じていない」と答えた人が挙げた理由は以下のとおりです。

店舗でサポートを受けられないのが不安

  • 料金は確かに安いが、故障や何かあった場合のフルサポートを店頭で受けたいので多少高くてもドコモのままにします
  • 年寄りなので、ネット注文が難しい
  • ネットでしか手続きができないので、携帯が壊れたら連絡の使用がないと思ったため
  • 料金は安くなるがアフターサービスが劣る。アハモに変更すると、ショップ管轄じゃなくなるので、何か起きたときにはとても不便に感じる

キャリアメールなどが使えなくなるのが困る

  • 会員登録などをキャリアメールでしているからキャリアメールが使えなくなるのは困る
  • いくつかのサービスに制限がかかることがネックになり、乗り換えをしないことにしました
  • キャリアメールが使えないため、他の手続きで使用しているアドレスを全て変更することに面倒臭さを感じたから
  • 現アドレスの使用できないと登録しているアプリのアドレス変更が面倒くさい

20GBのデータ容量では足らない

  • 今より通信量が減るのがマイナス評価だった
  • 月60GB程使うため
  • 月間でユーチューブをかなり多く視聴しているため、ギガ放題を利用している

割引やオプションの関係で今のほうがお得

  • 通話かけ放題が必要な為、契約してない
  • 親とシェアパックにして自分が主回線にすることで、親の費用負担をすごく軽くできているので、それが継続できない仕組みにしたくなかった
  • 家族割が使用できなくなるため
  • インターネット回線とのセット割引があるため、格安SIMも魅力的だが乗り換えには至っていない。家族割引もあるので自分だけ乗り換えには踏み切れない

長期利用してきたドコモに愛着がある

  • 二十年超の契約なのでただ、プランが安いだけなので魅力が感じられない
  • これまでの積み重ねが、なくなってしまうから。使用年数やキャリアメールなど
  • ずっとドコモを使っており、安心感がある

auユーザーの場合

auユーザーで、「新料金プランに魅力を感じていない」と回答した人からは、「安いのはいいのですが、使えなくなるものもあったりするイメージ」などと全体的なサービス品質の低下を懸念する声が挙がっていました。

新料金プランに対して「魅力を感じていない」と答えた人が挙げた理由は以下のとおりです。

20GBが多すぎる・少なすぎる

20GBが多すぎる・少なすぎる

  • 20ギガもいらないから。現在1ギガの契約でオーバーしないから。
  • そんなにたくさんギガを使わないから
  • ヘビーユーザー(月70GB程度使用)なので低・中容量プランに興味が無い。

安くなってもサービスも悪くなりそう

  • サービス品質やサポートの低下を危惧しており、サポートが割り切り無しとするならその他格安SIMで十分と判断したため。
  • 金額が安い代わりに低下するサービスが許容範囲を超えていた為
  • 安いのはいいのですが、使えなくなるものもあったりするイメージです。ネットや電気などスマホと合わせての割引などを考えると、わざわざ買い替えを考えるきになりませんでした。

家族割・電気割・ネット割が使えなくなるのが困る

  • povoに変更すると家族割りがなくなるから行っていない
  • auで電気ネット含め契約をまとめている為乗り換える気がない。
  • auを家族全員で利用しており、色々な割引も適用してもらっており現在の料金に納得している。
  • 現在、auのWi-Fiを使っており、携帯もauなので、セット割になっている。なので、このまま使おうと思っている。

キャリアメールなどが使えなくなるのが困る

  • 会社が変わるということで、メールアドレスが変更になる為、変更作業が面倒な為。
  • キャリアメールを安く継続できるプランでは無いから

ソフトバンクユーザーの場合

ソフトバンクのユーザーが「魅力を感じない」と答えた理由は、auのユーザー同様にギガ数の少なさや家族割のない点を指摘するものが多く挙がっておりました。
対して「安い分サービスが悪くなるのではないか」「店頭でのサポートが受けられないのが困る」という回答は、ソフトバンクユーザー全1,102件の回答のうち1件ずつと他社に比べて少ない傾向にあります。

20GBのデータ容量では足らない

  • 毎月の通信量が50は必要なため
  • 月当たりの通信量が50GBであり、今の方が割安だから。
  • 毎月の通信量が50は必要なため

家族割・電気割・ネット割が使えなくなるのが困る

  • 家族割、ネットとの組み合わせなどで、特に安さを感じなかった。
  • 今の契約は家の光回線割引適用になるため価格競争力が弱い
  • 家族契約している為、自分のみにすると、割引等が無くなる為。

キャリアメールなどが使えなくなるのが困る

  • メールが使えない、通信量上限など自身の使用目的に合わなかった
  • 料金は魅力的だが、今のところキャリアメールが使えず不便なので変更するに至りませんでした。
  • キャリアメールが使えない事に困った。

楽天モバイルユーザーの場合

ここまでは大手3大キャリアのスマホに焦点をあててきましたが、ここからは第4のキャリアである楽天モバイルユーザーの声も見ていきます。
楽天モバイルのユーザーが新料金プランに魅力を感じていない理由として挙げられたのは、「楽天モバイルのほうが魅力的であるため」「楽天ポイントを貯めたいため」の2種類の回答に大きく偏っていました(回答数71回答中、63回答)。

新料金プランよりも楽天モバイルのほうが魅力的だから

  • 楽天モバイルが1番お得に感じて変更した
  • 楽天が安く今使っているから他のは特に考えてないため
  • マイ楽天モバイルの条件が良かったので、そちらに変えた為
  • 楽天のようにシンプルかつ安い料金プランが最強だと思ったから
  • 楽天モバイルが一番安くてよいと思い、auから昨年乗り換えた。

楽天ポイントを貯めたいから

  • 楽天ポイントでまとめたかったため。
  • 楽天市場で買い物している為。ずっと楽天モバイル
  • 楽天ポイントを貯めたいので他の会社のものには興味がない
  • 楽天経済圏に居る為

楽天モバイルを使うと、楽天ポイントが貯まる倍率がアップするSPUという制度が適用されます。
それを楽天市場などの楽天経済圏で活用しているために、他の新料金プランが魅力的に見えないというのは、楽天モバイルならではの特徴でしょう。

その一方で新料金プランの安さなどに魅力を感じて乗り換えた方もいます。

新料金プランに乗り換えた理由

新料金プランに乗り換えた方から最も多かった意見は「月額料金が安くなる」でした。他にも「手続きがオンラインで簡単」や「料金が安いので2台目としても使える」など便利さに魅力を感じ乗り換えた方が多くいました。

大手3キャリアの新料金プランに乗り換えた理由

  • 月額料金が安くなる
  • 今よりも安い料金で利用できるGBが増える
  • 手続きが簡単
  • 2台目の携帯電話として使いやすい

まとめ

従来の大手通信キャリアが提供していたプランに比べ、新料金プランは大幅に安いものでした。
ですが新料金プランに「魅力を感じていない」と回答した人は51.2%に上りました。

家族割の有無などでお得にならない人や、キャリアメールなどのプランの充実度の低さでahamo・povo・LINEMOを選ばなかった人が多々いることもわかります。
携帯電話の乗り換えには面倒な手続きも必要になります。
そこにメールアドレスの変更までが必要になると、いくら携帯料金が安くてもなかなか乗り換えに踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。

また、楽天モバイルのユーザーの満足度の高さもこの調査から伺うことができました。
新型iPhoneが発売され、これから携帯電話の乗り換えを検討する方もいるでしょう。
新料金プランを含めた複数のプランを比較して、一番満足して利用できる通信サービスを探してください。

「Soldi」について
「おうちのお金をスマートに」というコンセプトで、格安SIMやポケットWifiを中心に情報発信するサイトです。
難しくとらえられがちな「固定費」をテーマに「今よりちょっと楽に、お金を増やしながら生活する」ために必要な知識を分かりやすくコンテンツ化して配信し、家計の見直しに役立つサイトであることを目指しています。

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険