Menu

実は割高?「楽天モバイル」の通話プランの注意点と通話料の節約方法

机に置かれたスマホと電卓とノート

すっかり定着した国内格安スマホやSIM。

そのはしりとなった「楽天モバイル」を検討している方も多いと思いますが、一つ気になるのが通話料。

データ通信料はGB数で選べば明確ですが、通話料はいくらなのかちょっと分かりにくいですよね。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • 楽天モバイルの通話料って安いの?
  • 実際の通話料はいくら?
  • 月々の通話料の確認方法と節約方法
  • 実際に請求される通話料金が知りたい!

これはほとんどの格安スマホ・SIMに言えることですが、公式サイトのトップページはキャンペーンのことばかりで、通話料のことはあまりくわしく載っていません。

そこで今回は、実際に「楽天モバイル」を使っている筆者からできるだけくわしく「楽天モバイル」の通話料についてお伝えします。

結論から言ってしまえば「楽天モバイル」の通話料には、以下の3つのおすすめポイントがあります。

「楽天モバイル」3つのおすすめポイント

  1. 組み合わせプランよりもスーパーホーダイプランがお得
  2. 楽天でんわアプリを使えば通話料が半額になる
  3. 楽天カードで決済すると楽天スーパーポイントがどんどん貯まる

同時に、注意すべきことも3つあります。

「楽天モバイル」3つの注意点

  1. 組み合わせプランだと通話料金が加算されて割高になる
  2. 楽天でんわアプリを使わないと通話料金が高くなる
  3. データSIMでは通話ができずLINEも使えない

このポイントを踏まえた上で「私に合っているかも!」と思ったら、「楽天モバイル」ならストレスフリーでスマホを楽しめるはずです。

ということで今回は、国内格安SIMに早い段階で飛びついた筆者が、「楽天モバイル」の通話料について解説していきます。

ちょっと長い記事になりますが、あなたの通話料をしっかり節約できる情報が満載です。

それではいってみましょう!

[関連記事]格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい8つのメリット・デメリットのサムネイル
格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい8つのメリット・デメリット
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

楽天モバイル公式ページ

楽天モバイルの通話料はいくら?

ドコモ回線 au回線
国内基本通話料 20円/30秒
楽天でんわアプリ使用時 10円/30秒
国際通話料 34円~/30秒※1 20円~/30秒※2

※1 地域・時間帯により異なります。詳しくは「NTTドコモ_国際電話」にてご確認ください
※2 地域により異なります。詳しくは「au_国際電話サービス」にてご確認ください

楽天モバイルの国内基本通話料は20円/30秒と大手キャリアと同じ価格設定となっています。ですが、同じ楽天が提供する楽天でんわを利用することで通話料を半額にすることができます。

楽天でんわは初期費用&月額基本料が不要のプレフィックスサービス。 

楽天でんわアプリを利用、あるいは指定された番号を頭に付けて発信することで通常の半額、つまり10円/30秒で通話することが可能になります。

国内電話、国際電話問わずに10円/30秒です。

じつは、楽天でんわは楽天モバイルのユーザー以外でも利用できるのですが、楽天モバイルユーザーならではのメリットもあります。

楽天でんわとセットで利用するとポイントが貯まりやすい!

楽天でんわ自体は他のMVNOと契約していても利用できますが、利用するサービスを楽天に統一することで楽天スーパーポイントが貯まりやすくなるという利点があります。

じつは

  • 楽天でんわの利用料金100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント付与されるのですが、
  • これを楽天カードで支払うことで合計2ポイント貯まります。

また、楽天モバイルユーザーは楽天市場でのお買い物でも楽天スーパーポイントが貯まりやすくなります。 

楽天モバイルの音声SIM契約者は楽天サービスでのポイント付与率が常に+1%になり、楽天市場アプリでお買い物した月はさらに+1%、

楽天カードで決済すると+3%となり合計6%の楽天スーパーポイントが付与されます。

ポイント付与率を最大にするためには楽天プレミアムカードが必要なので難易度が高いですが、楽天モバイルユーザーであれば6%までは簡単に引き上げることが可能です。

通話料金を比較シミュレーション

それでは、似たようなプレフィックス機能を提供している IIJmioやBIGLOBEと通話料を比較してみましょう。

MVNO 割引サービス 割引後の通話料
(国内通話料20円/30秒の場合)
その他の割引
楽天モバイル 楽天でんわ 10円/30秒 通話料の最大2%還元
IIJmio みおふぉんダイアル 10円/30秒 家族間通話は8円/30秒
BIGLOBE BIGLOBEでんわ 9円/30秒 通話パック60、通話パック90

通常の国内通話料に関してはいずれも10円/30秒前後と横並びですが、それ以外のところでいくつか違いがあります。

まず、楽天でんわに関しては先ほど述べた通り、通話料100円につき最大2ポイントの楽天スーパーポイントが付与されます。

IIJmioのみおふぉんダイアルは家族間の通話料がさらに20%安くなり、8円/30秒まで安くなります。ただし、みおふぉんダイアルはIIJmio契約者のみが利用できるサービスです。

BIGLOBEはオプションとして月額650円の通話パック60や月額830円の通話パック90を提供しています。例えば、通話パック60なら1,080円分の国内通話(最大60分)が利用可能となります。
※通話パック90の場合は:1,620円

なお、BIGLOBEでんわもBIGLOBEユーザーだけが利用できます。

1日1分(30分/月)通話した場合の1か月の通話料

1日1分(30分/月)通話した場合の1か月の通話料比較
通話料 その他
楽天モバイル 600円 12ポイント還元
IIJmio 600円 すべて家族間通話の場合480円
BIGLOBE 540円

毎日1分、つまり1か月当たり30分通話した場合の通話料金は、楽天モバイルとIIJmioは600円となりますが、30秒9円のBIGLOBEは540円となり少しBIGLOBEが安くなります。

ただし、楽天モバイルの場合は12円分のポイントが還元されますので50円ほどの差になりますね。

IIJmioの場合は、毎日家族同士で通話した場合であれば更に割引されるので480円になります。

では、もう少し通話時間を増やして比較してみましょう。

1日5分(150分/月)通話した場合の1か月の通話料 

1日5分(150分/月)通話した場合の1か月の通話料比較
通話料 その他
楽天モバイル 3,000円 60ポイント還元
IIJmio 3,000円 すべて家族間通話の場合1,920円
BIGLOBE 1,910円(830円[パック90]+1,080) パック超過分は10円/30秒

※パック90:830円(最大90分の国内通話料無料)+18円/60秒×60分

最後に1日5分の通話で1ヶ月(30日)150分の通話をした場合の比較した場合、圧倒的にBIGLOBEが安いことがわかりました。

ただし、次の章でご紹介する楽天モバイルの料金プランの1つである「カケホーダイ」プランには、10分かけ放題が基本料金の中に含まれています

結論を申し上げると、10分以内の通話を毎月ご利用される方は楽天モバイルのカケホーダイプランが安くてお得です。

では、楽天モバイルの料金プランを確認してきましょう。

楽天モバイルの料金プランは2種類

「楽天モバイル」には、

  1. 「スーパーホーダイプラン」と
  2. 「組み合わせプラン」

の2種類の通話料金プランがあります。

まず、楽天会員であるのか、会員ならダイアモンド会員か、3年契約をするかによっても料金が異なります。その点に注意して確認していきましょう。

スーパーホーダイプラン

※スマホの方は表をスワイプできます。

【楽天モバイル】スーパーホーダイ料金プラン - docomo回線
プラン名 通話 期間 ダイヤモンド会員※2 楽天会員※1 楽天会員以外の人
プランS(2GB)
月額基本料:2,980円
10分以内かけ放題 1年 1,980円 2,480円 2,980円
2年【長期割】 1,480円 1,980円 2,480円
3年【長期割】 980円 1,480円 1,980円
プランM(6GB)
月額基本料:3,980円
1年 2,980円 3,480円 3,980円
2年【長期割】 2,480円 2,980円 3,480円
3年【長期割】 1,980円 2,480円 2,980円
プランL(14GB)
月額基本料:5,980円
1年 4,980円 5,480円 5,980円
2年【長期割】 4,480円 4,980円 5,480円
3年【長期割】 3,980円 4,480円 4,980円
プランLL(24GB)
月額基本料:6,980円
1年 5,980円 6,480円 6,980円
2年【長期割】 5,480円 5,980円 6,480円
3年【長期割】 4,980円 5,480円 5,980円

※3年目以降は、通常の月額基本料
※データ容量を使い切った後は最大1Mbpsで使い放題(12:00~13:00、18:00~19:00は最大300kbps)
※容量追加パックは(100MB:300円、500MB:550円、1GB:980円)で追加購入可能です。
※参照:楽天モバイル_スーパーホーダイ料金詳細

「スーパーホーダイプラン」の特徴

プランの大きな特徴は2つあり、1つは10分かけ放題がどのプランにも付いている事と、もう1つは容量を使い切った後でも1Mbpsのスピードが使い放題な点です。
※通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)は最大300kbps

ただし「楽天でんわアプリ」を携帯にダウンロードして使用するか、「003768」をつけてかけることで適用されます。携帯のアドレス帳から普通に発信すると、30円/20秒の通話料金が加算されてしまうので注意してください。

受電がメインの人や10分以内でだいたいの通話が終わるという人は、追加料金はほとんどナシと考えてよいでしょう。普段通話をちょこちょこする人は、1Mbpsスピードが使い放題も付いて安心のスーパーホーダイプランの方がお得です。

また、楽天のスーパー放題は、契約期間終了後はいつ解約しても契約解除料がかからないので契約期間にずっと縛られることはありません。

楽天モバイル公式ページ

組み合わせプラン

※スマホの方は表をスワイプできます。

【楽天モバイル】組み合わせプラン - docomo回線
通話SIM
【DoCoMo回線】【au回線】
050データSIM
【DoCoMo回線】【au回線】
データSIM
【DoCoMo回線】
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

参照:楽天モバイル_組み合わせプラン

「組み合わせプラン」の特徴

こちらのプランは、楽天会員もそうでない人も一律料金設定です。

6つのデータ通信容量3つのSIMの種類によって基本料金が変わり、通話料金も「楽天でんわ10分かけ放題」のオプションを追加した場合と、「楽天でんわ」や「003768」をつけてかけたとき、普通にかけたときの通話料がそれぞれ異なります。

また、毎月1回まで組み合わせプラン内で容量のプランを変更することができます。毎月25日までの申請で翌月のプランを変更できるので事前に来月はたくさん使いそうだなと分かっていれば早めに申請しておきましょう。

兄リスのイラスト
まず月々どのくらい通話をするか、回数と通話時間を契約前にチェックしておくのがおすすめだよ

10分かけ放題(850円/)

スーパーホーダイプランと組み合わせプランを比べてみると、

  • 組み合わせプランのほうが基本料金は安く、
  • データ通信容量で自分にあったものを選べる

ので魅力的に感じるかもしれません。組み合わせプランに「楽天でんわ10分かけ放題」のオプションを組み合わせる方法もあります。

ただ、月額850円追加され、10分超過通話料もかかることも忘れてはいけません。

結論:よく通話を使うならスーパーホーダイプランがオススメ

「スーパーホーダイ」と「組み合わせプランに楽天でんわ10分かけ放題のオプションを追加」した月々の料金を比較してみましょう。

データ通信容量スーパーホーダイプラン
(※3年契約)
データ通信容量組み合わせプラン +
「楽天でんわ10分かけ放題」
2GB1,480円3.1GB2,450円(1,600円 + 850円)
6GB2,480円10GB3,000円(2,150円+ 850円)
24GB5,480円20GB5,600円(4,750円+ 850円)

参照:楽天モバイル「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」

データ通信容量が前後しているところもありますが、スーパーホーダイプランの方が全体的に割安ですね!10分以内の通話をよくする方なら、組み合わせプラン+「楽天でんわ10分かけ放題」よりも、スーパーホーダイプランの方が月々の支払いを断然安くできます。

楽天モバイル公式ページ

楽天モバイルの通話料金プランの注意点

資料を広げた机でスマホを見る男性

通話は頻繁にするけど10GBも使わない、でも2GBでは足りない…そんな方は組み合わせプランで「楽天でんわ10分かけ放題」のオプションを追加するのも方法の一つです。

そこで注意してほしいのが、SIMの種類。

  1. 通話SIM
  2. 「050データSIM(SMSなし)」
  3. 「データSIM(SMSなし)」

3つがありますが、「楽天でんわ10分かけ放題」が適用されるのは「通話SIM」のみです。

「050データSIM(SMSなし)」は050から始まるIP電話「データSIM(SMSなし)」はデータのみの利用のため、オプションが使えないのでご注意ください。

また「楽天でんわアプリ」や「003768」の番号をつけて通話をすることには、中継電話に切り替えるプレスフィックス方式が使われています。「110」や「119」などの緊急通報はかけられませんので、必ず通常の発信機能を使って通報しましょう。

緊急通報のほか、フリーダイヤルなども同様です。実際にかけてみると「この番号には003768をつけて発信できません。003768をつけずに発信します」と表示されます。

楽天モバイルの通話料金を劇的に安くする2つの方法

笑顔で電卓を見る熟年夫婦

ここで新ためて、楽天モバイルで通話料金を安くする方法を整理しておきましょう。

劇的に通話料金を安くするには、この2つの方法があります。

  • 「楽天でんわアプリ」を使う
  • 「LINEアプリ」を使う

どちらもアプリを使うことがポイントになるようですが、なぜ劇的に安くなるのでしょうか。

くわしく解説していきましょう!

(1)「楽天でんわアプリ」を使う

「楽天でんわアプリ」とは、楽天モバイルが提供する通話専用のアプリ。

通常国内通話は20円/30円の料金がかかりますが、このアプリで発信することで、国際通話34円/30秒が半額以下の10円/30秒になります。「楽天でんわアプリ」は他社契約でも使うことができますが、楽天モバイル契約者だともっとお得に使うことができるんです。

楽天でんわの利用料金100円につき、楽天スーパーポイントが1ポイント付与され、支払いを楽天カードにするとさらに1ポイントが付与されます。さらに楽天モバイルユーザーは楽天市場でのお買い物でも、ポイントがたまりやすくなります。

楽天モバイルの音声SIM契約者は、楽天サービスでのポイント付与率が常に+1%。楽天市場アプリでお買い物した月はそこから+1%になり、楽天カードで決済するとさらに+3%。合計6%の楽天スーパーポイントが付与されます。

楽天サービスのヘビーユーザーなら、楽天モバイルにしない手はないですね。

(2)「LINEアプリ」を使う

「LINEアプリ」にある音声通話の機能を使うと、LINEユーザー同士なら無料で通話することができます。

友達リストやトークルームにある相手のアイコンをタップすると、ダイアルボタンをタップすると「無料通話」がスタートします。パケット通信はかかりますが、通話料は実質無料です。

ただ、インターネット回線を使用して通話をするため、電波状況が悪いときは音声が途切れたり切れてしまうことがあります。安定したWi-Fi環境がなく仕事や大事な話をするときは不向きです。

さらにLINEには「LINE out」という機能があり、LINEに登録していないお友達や固定電話にも割安でかけることができます。LINEメニューの「その他」の左上にあるダイアルボタンをタップすると、ダイアルを入力できる画面に切り替わり、番号を入力すると電話がかけられます。

「LINE out」の通話料金はコールクレジットと呼ばれ、LINEアプリから購入するほか、LINE STOREでチャージしたり、コンビニで売られているプリペイドカードでも決済可能です。

LINE STOREでは30日間で決まった時間分をお得に通話できる「30日プラン」もあり、固定電話や携帯電話に格安でかけることができます。

ただし、LINEの無料通話機能を使うにはSMSが必要です。楽天モバイルなら「通話SIM」や「050データSIM(SMSあり)」を契約してください。

楽天モバイルの通話料金を安くする上での注意点

楽天モバイルの通話料金を安くする上で、注意することが3つあります。

3つの注意点

  • 楽天でんわアプリを使うか「003768」をつけてかける
  • 楽天カードを作る(楽天ポイントを貯めやすくするため)
  • LINEに登録する

前述した通り、楽天モバイルで通話料金を安くするには以上の3つがポイントになってきます。

楽天モバイルの契約後すぐに通話料金を安くすることができように、事前に準備しておきましょう。

「楽天でんわアプリ」をインストールしていても、スマホから普通に発信してしまうと通話料金が高くなってしまいます。

実は筆者も何度か失敗しました。

そこで、確実に「楽天でんわアプリ」を使うための方法として、スマホ画面の一番分かりやすいところに「楽天でんわアプリ」のアイコンを移動させました。

一方スマホに通常ついているダイアルアイコンは分かりづらい場所に移動させてしまえば、間違えて発信することが激減したので、ぜひお試しください。

楽天モバイル公式ページ

楽天モバイルの通話料金を確認する方法

スマホの画面を見ながら料金の計算をする人

通話料金を安くする上でもう一つ大切なことは、月々の通話料金の確認です。

どのくらい使っているのか把握しておくことで、通話料金の節約になります。

楽天モバイルでは、以下の2つの方法があります。

  • 楽天モバイルSIMアプリ
  • メンバーズステーション

どちらも楽天モバイル契約後にするに登録を完了しておくと、すぐに使えて便利です。

アプリの場合

「楽天モバイルSIMアプリ」は楽天モバイルユーザー専用のアプリです。

契約内容の確認、データチャージなどを行える専用サイト「メンバーステーション」をアプリから利用できます。

アプリでは通話料金の確認以外にも、こんな確認や設定ができます。

  • 高速データ通信ON/OFF
  • 高速通信容量の追加(チャージ)
  • 利用明細、通話・SMS明細の確認
  • 楽天スーパーポイントの確認・設定
  • 登録情報の確認・変更
  • ご契約内容の確認
  • サービス/オプションの申込・変更 など

月々の通話料金は、アプリトップの下部「利用明細」から過去12ヶ月分の明細が確認できます。

楽天モバイル アプリ

利用明細では、請求月ごとに支払い金額が確認できます。

楽天モバイル アプリ

通話状況を確認してみましょう。

月ごとの「ご利用料金詳細」ページをスクロールしていきます。

楽天モバイル アプリ

楽天モバイル アプリ

すると「通話/SMS明細」が出てくるので、クリック。

楽天モバイル アプリ

クリック先では、このように、通話ごとの記録(通話時間、通話先、通話時間、通話料、通話区分)が表示されます。

定期的に通話料金や通話状況を見直す参考になりそうです。

また、アプリトップからは、当該月のデータ残量や過去3ヶ月の支払額のグラフなども視覚的に確認できます。

楽天モバイル アプリ

メンバーズステーションの場合

メンバーズステーションとは、楽天モバイルユーザー専用の公式サイトです。

楽天会員IDもしくはSIMでログインすると、アプリでできることに加えて、以下の2つが設定変更できます。

  • 機種変更/SIM交換申請
  • ご契約内容(料金プラン)の変更

ステップ1:ログインする

楽天モバイルのトップからメンバーステーションにログインしましょう。

トップページの右上にある「会員サポート/ログイン」から入ります。

小さくて案外わかりにくいので、覚えておいてくださいね。

楽天モバイル トップ
画像引用:楽天モバイル

IDとパスワードを入力し、ログインします。

ステップ2:会員メニューから「利用明細」を選択

楽天モバイル メンバーズステーション

会員メニューから「利用明細」を選択します。

すると、以下のように過去12ヶ月分の明細が確認できます。

請求月単位の利用料金詳細
楽天モバイル メンバーズステーション
月ごとの請求額一覧
楽天モバイル メンバーズステーション
請求月ごとの通話記録

楽天モバイル メンバーズステーション

楽天モバイル公式ページ

まとめ

いかがでしたか。

最後に楽天モバイルの通話料に関するメリットとデメリットを確認しておきましょう。

楽天モバイルの通話料のメリット

  • 楽天でんわアプリを使えば通話料が半額になる
  • スーパーホーダイなら追加される通話料がほとんどなくてお得
  • 楽天カードでの決済や楽天市場のお買い物で楽天スーパーポイントが貯まる

デメリットや注意点

  • 楽天でんわアプリを使わずに発信すると通話料が高くなる
  • 楽天カードを持っていないと楽天スーパーポイントがムダになる
  • 通話SIMを契約しないと通話やLINEができない

楽天モバイル公式ページ

元々楽天市場のヘビーユーザーだった筆者は、格安SIMが出たときに迷わず楽天モバイルを契約しました。

今回楽天モバイル利用者として、メリットとデメリットを改めて確認しましたが、リニューアルされたスーパーホーダイプランは3年契約をすることに躊躇がなければ、金額も内容も最強ではないでしょうか。

以前のスーパーホーダイプランだと、かけ放題が5分間だったので超過する恐れがあったり、ほとんど通話しない人にとっては必要性を感じなかったかもしれません。

しかし、5分から10分以内に変わり、高速通信量を使いきった後もネットが使い放題というのは、たくさん通話をする人にとっても、たくさんネットを使う人にとっても魅力的です。

初めて格安SIMを使う人も、名の知れた楽天なら安心感もありますよね。

楽天のヘビーユーザーはもちろん、他社から乗り換えを考えている方も、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

[関連記事]格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい8つのメリット・デメリットのサムネイル
格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい8つのメリット・デメリット
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

おすすめ格安SIM5選!

  • Y!mobile
  • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
  • 公式サイトへ
  • UQモバイル
  • auのサブキャリア! Web限定で13,000円の高額キャッシュバックも実施中!
  • 公式サイトへ
  • mineo
  • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBEモバイル
  • 動画も音楽も好きなだけ! エンタメフリーオプションが魅力!
  • 公式サイトへ

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!