Menu

【3分でわかる】楽天モバイルのデータSIMプラン、選び方と契約手順はこれで解決

ソファーに座ってスマホを触る女性

ひと昔前に格安SIMと言えば「データ通信専用SIM」のことを指していました。

しかし、現在はほとんどのMVNO事業者で通話SIMを取り扱っているため、格安スマホの利用の仕方も多様化し、キャリアスマホとほとんど変わらない仕様になりました。

楽天モバイルのデータ通信専用SIM(以降「データSIM」と呼びます。)はMVNO各社のデータSIMと比べても月額料の安さがトップスクラスです。

月額の安さも魅力ですが、選びやすくシンプルなプランや便利なオプションを加えることで、さらに利用価値の高いSIMになります。

ここでは、3タイプある楽天モバイルSIMの中から「データSIM」に焦点を当ててわかりやすく説明していきます。

[関連記事]格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい8つのメリット・デメリットのサムネイル
格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい8つのメリット・デメリット
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

楽天モバイル公式ページ

1分でわかる、楽天モバイルのデータSIM契約手順

楽天モバイル データSIM

楽天モバイルの契約申し込みは意外と簡単です。

ネットで契約するか、楽天モバイルショップに行って契約するかどちらか選んで自分に合った方法を選択してください。

ネット契約には「ネット契約限定の特典」があったり、ショップへ行けば自分が納得できるまで見聞きできたりするなど、それぞれに利点があります。

ちなみに楽天モバイルを店舗で申し込む時のポイントや店舗情報は「 【全国をカバー】楽天モバイルを店舗で申し込むときの完全マニュアル&店舗情報 」の記事で詳しくご紹介しています。

「データSIM」と「050データSIM」の違いなどイマイチわかりにくくて迷う人は、この後の「楽天モバイルのデータSIMプランは2タイプ!」の章を参考にしてみてください。

ネットで契約申し込み

楽天モバイルの公式サイト、または楽天モバイルショップから、ネットでの契約申し込みができます。

いつでもどこでも好きな時に契約できるので気軽にできますし、サポート体制もしっかりしている上、わからないことはチャットで問い合わせができます。

すでに、楽天会員になっている人で登録情報に変更が無ければ、個人情報の項目をスキップすることができるのでより簡単に進められます。

くわしくはこちら:楽天モバイル公式サイト 

楽天モバイルショップで契約申し込み

もしネット契約が難しいと感じたら、全国にある楽天モバイルショップへ行き店頭で契約申込みをする方法もあります。

楽天モバイルショップでは、実際に端末に触れて試すことができ、わからないことは店員へ直接聞ける、といったメリットがあります。

また、MNP(電話番号そのままで乗り換え)でも当日受け渡ししてくれるため、ネットでの契約申込みのように数日待つ必要がありません。

くわしくはこちら:楽天モバイル「店舗」

楽天モバイルのデータSIMプランは2タイプ!

データSIMにも2タイプあり、料金が大幅に節約できるデータSIMと、多用途に使える050データSIMがあるので自分の希望する使用目的に合わせて選ぶことができます。

なお、今回は「データSIM」の紹介なので、通話SIMは省きます。

【データSIM】

  • インターネットやアプリのみのデータ通信専門SIMです。
  • 月額がとても安い。(月額525円~)
  • 090/080の電話番号が使えない。
  • ゲームやメッセージアプリ(Viber・LINEなど)のユーザー登録認証時にSMSが必要なアプリが使えない。

フィーチャーフォン(ガラケー携帯)を持ちながらスマートフォンを安く使用したい人や、インターネットやアプリで用途が足りる人にオススメです。

【050データSIM】

  • SMS(ショートメッセージサービス)が必要なゲームやアプリ(Viber・LINEなど)が使える。
  • 月額料金が安い。(月額645円~)
  • SMSありのデータSIMならセルスタンバイ問題(※1)が起きない。

ゲームやSMSアプリを使いたい人や、通話とインターネットをフィーチャーフォンとスマホで分けて使いたい人、050電話番号を持ちたい人、安い通話アプリを利用したい人にオススメです。

※1 セルスタンバイ問題とは

SMSなしのデータSIMは通話用の電波を受信できません。端末によってはこれを「圏外」状態だと判断して電波を探し続け、バッテリーを余計に消費してしまうことがあります。

このように、「セルスタンバイモード」(通話・通信を行うためのプロセス)でバッテリーを多く消費してしまうことを、「セルスタンバイ問題」と呼んでいます。

参照:楽天モバイル「SIM」

SIMカードサイズが3タイプ

  • 標準SIM
  • マイクロSIM
  • ナノSIM

SIMは端末によって適応サイズが違うので間違えないよう注意が必要です。

もし、間違ったサイズのSIMを買ってしまうと、後で交換手数料が3,000円(税抜)がかかってしまうので注意しましょう。

筆者オススメのデータSIMプラン:ベーシックプラン

毎月のスマホ料金を節約したい人には「データSIM」の「ベーシックプラン」をオススメします。

はじめにも述べましたが、楽天モバイルのデータSIMの基本料金の安さはMVNO業界トップクラスです。節約したい人にはぴったりのプランです。

また、2台目としてインターネットやアプリ専用に利用したいなら「データSIM」に特化して、毎月使用するデータ量で選ぶのがぴったりのプランを見つけるコツです。

基本料金表

データSIM050データSIM通話SIM
ベーシックプラン525円645円1,250円
3.1GBプラン900円1,020円1,600円
5GBプラン1,450円1,570円2,150円
10GBプラン2,260円2,380円2,960円
20GBプラン4,050円4,170円4,750円
30GBプラン5,450円5,520円6,150円

基本料金から見るオススメ

基本料金は「データSIM」525円~・「050データSIM」645円~と、選びやすい料金設定を用意していますので、データ容量を少しだけ使いたい人~大容量を使うヘビーユーザーまでを満足させる6段階の設定になっています。

まずは、現在使用しているスマホの使用データ量を確認してみて

  • 何GB利用しているか
  • 毎月、データ量が足りなくなることはないか
  • それとも残って繰り越しているか

直近2~3ヶ月を振り返ってみて、これかな?というプランを選びましょう。

オプションサービス、6つのオススメ!

楽天モバイルでは多彩なオプションを用意しています。シンプルな基本料金に、自分に必要なオプションだけをつけて利用できるので無駄がなく経済的です。

また、セットオプションもあるので、上手に組み合わせるとかなりお得に利用できます。

1.端末保障・あんしんリモートサポートパック

「端末保障・あんしんリモートサポートパック」は人気の「端末保障」と「あんしんリモートサポート」をセットにしたお得なオプションサービスです。

それぞれ単品サービスの場合月額500円ずつかかってしまうのが、セットの場合月額800円で付けられます。

ただし「端末保障」と同じく、端末同時購入時にのみにしか契約できませんので、利用したい方は最初の契約時に申し込みましょう。

2.端末保障

端末の破損や故障の時に、対象商品の交換や修理サポートが月額500円で受けられるサービスです。

ただし、新規申込時に端末とSIMカードのセットを同時購入した場合にのみ契約できます。

3.あんしんリモートサポート

楽天モバイルに限らず、他社製品のパソコンや周辺機器、ソフトウェアなどの相談も電話とチャットでスムーズに解決します。こちらも月額500円で何度でも利用できます。

4.つながる端末保障 by楽天モバイル

SIMだけ購入の人でも月額500円で利用できる端末保障サービスです。

iPhone・iPadは、楽天指定の正規修理サービス店舗へ持ち込んで修理ができます。

5.楽天モバイルWi-Fi byエコネクト

専用アプリを使って簡単接続。日本全国69,000か所を超えるアクセスポイントでインターネットが利用できます。

月額362円で利用でき、申込月と翌月の最大2か月無料のサービスがあります。

6.データ復旧サービス・マカフィー®マルチアクセス

通常であれば30,000円~100,000円以上かかるデータ復旧サービスが一律5,000円(※)で受けられます。月額500円で、最大2か月無料で利用できるので申し込んでおいて損はないサービスと言えます。

※ただし一回5000円でデータ復旧を受けられる回数は年2回までです。

この他にも、いざという時に付けておくと安心なオプションサービスが多数用意されていますがすべては書ききれませんので公式サイトでお確かめください。

楽天モバイル公式ページ

くわしくはこちら:楽天モバイル「オプション・サービス」

データSIMの注意点

楽天モバイルのデータSIMには2種類あり、それぞれのSIMの「できること・できないこと」と自分の「利用したいこと」が一致するSIMを選択しなくては、せっかく契約しても使い勝手が悪くて後悔してしまいます。

そうならないためにも、もう一度注意点をおさらいしていきます。

また、音声プランへ変更したい人への注意点もあります。

データSIMの注意点

インターネットやアプリのみのデータ通信専門SIMで、ゲームやメッセージアプリ(Viber・LINEなど)のユーザー登録認証時にSIMが必要なアプリが使えません。

通話機能はないので、090/080の電話番号が使えません。

050データSIMの注意点

SMS(ショートメッセージサービス)が必要なゲームやアプリ(Viber・LINEなど)が使えるデータSIMなので、これらを利用したい人や、通話用とインターネット用を分けて使いたい人にオススメです。

090や080の電話番号は使えませんが、050の電話番号は使えます。

基本料金は「データSIM」よりも若干高めの645円~となります。

音声プランへ変更する場合の注意点

音声プランへの変更には「SIM交換」が必要です。楽天モバイルでは「通話SIM」として取り扱いがありますので、新たに「通話SIM」を契約する必要があります。

SIM交換には手数料3,000円がかかります。また、「メンバーズステーション」で手続きができます。

見ながらやってみよう!楽天モバイルの契約ステップ

ここまでの流れで、「データSIM」のことがほとんどおわかりいただけたと思いますが、私のオススメはPCでのネット契約です。

時間や場所を選ばずに契約できるネット契約は、ナビゲーションが丁寧で初めての人でも簡単にできます。

また、契約時に手順を確認しながらでなければ不安な人は、スマホでこの説明を見ながら操作すればオススメの点や注意する点をその場で見ながら契約がすすめられるので安心です。

もう一度確認のため、契約手順図を参考にしてください。

楽天モバイル データSIM

楽天モバイル公式ページ

まとめ

はじめて楽天モバイルのデータSIMを契約しようと考えている人にもわかりやすく、契約手順図や、基本料金図をおりまぜながら説明してきました。

インターネットやゲームアプリのみに利用する2台目スマホを求めている人も、「データSIM」と「050データSIM」の特徴を参考にして契約に役立ててください。

楽天モバイルのSIM料金プランはとてもシンプルで無駄がないので、自分のライフスタイルに合う「データSIMタイプ」を選び、必要な「データ容量」と「オプションサービス」を選ぶだけで最適なスマホライフを実現できます。

また、注意する点にも気をつけて契約を進めましょう。

必要な機能が付いていなかったり、必要ないものが付いているために余分に毎月の料金を支払わなければならなかったりなどと、契約をしてしまってから困ることがないようにしましょう。

楽天モバイルのデータSIMを上手に使えばスマホ料金を大幅に安くすることができて、浮いたお金は好きなことに使えるので、夢が広がりますね。

[関連記事]格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい8つのメリット・デメリットのサムネイル
格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい8つのメリット・デメリット
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

楽天モバイル公式ページ

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!