Menu

【2018年最新】楽天モバイルで使える&購入できるiPhoneの全て!乗り換えから利用開始まで

スマホを座りながら見る女性

快適な通信速度と低価格が魅力の楽天モバイルでiPhoneを使いたいと思っても、

  • 楽天モバイルでは、どのiPhoneが使えるの?
  • 今使っているiPhoneは使えないの?
  • 楽天モバイルで購入できるiPhoneは?
  • iPhoneの設定方法って難しい?

といったことがわからずに、二の足を踏んでいる人も多いのではないでしょうか?

そんなときには、ぜひこの記事をチェックしてください。

この記事では、

  • 楽天モバイルで利用できるiPhone
  • 楽天モバイルで購入できるiPhone
  • SIMロック解除からAPN設定までの手順
  • 楽天モバイルの料金プラン
  • 楽天モバイルのおすすめキャンペーン

について、くわしく解説しています。

先に結論を簡単にご紹介すると、楽天モバイルでは、iPhone SE/iPhone 6s PlusをSIMとセット販売(または単体で販売)している他、SIMフリーまたはSIMロック解除済のiPhoneも使うことができます。

ただし、

  • キャリアで使っていたiPhoneはSIMロック解除手続きが必要(docomo端末は不要)
  • APN設定は自分で行わなければならない
  • docomo端末はテザリング機能が利用できない

などの注意点があるので、この記事でしっかりと確認してください。

この記事を最後まで読めば、

  • 楽天モバイルで利用できるiPhoneと自分にぴったりの料金プラン
  • Apple Store購入のiPhoneや手持ちのiPhoneの設定方法と注意点
  • 利用すべきキャンペーン

がわかり、スムーズに楽天モバイルでiPhoneを使うことができるようになりますよ。

2~3分で読めるに記事にまとめていますので、ぜひご覧くださいね。

[関連記事]格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい8つのメリット・デメリットのサムネイル
格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい8つのメリット・デメリット
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

楽天モバイル公式ページ

目次

楽天モバイルでiPhoneを利用するメリット!

楽天モバイル iPhoneを使う
画像引用:楽天モバイル「楽天モバイル: 楽天モバイルでiPhoneを使う」

まず、楽天モバイルでiPhoneを利用するメリットをご紹介しましょう。

楽天モバイルでは、以下の3つのパターンでiPhoneを利用できます。

  • パターン1:楽天モバイルでiPhoneとSIMをセットで購入する
  • パターン2:SIMのみを楽天モバイルで申し込んで、好きなiPhoneと組み合わせる
  • パターン3:楽天モバイルでiPhoneのみを購入する(SIMは継続利用)

楽天モバイルを新規(MNP含む)で申し込む場合は、パターン1またはパターン2となります。

このようにして楽天モバイルでiPhoneを利用すると、以下の3つのメリットが得られます。

  • キャリアに比べて、月額利用料金を大幅に抑えられる
  • キャリアで使用していたiPhoneを継続利用できる
  • 好きなSIMフリー版のiPhoneを自分で購入して利用できる

この中でも特に大きな魅力となるひとつめの「キャリアに比べて、月額利用料金を大幅に抑えられる」というメリットについて、次から具体的に見ていきます。

キャリアと比較!どれだけ安くなる?2つの事例で確認

ここでは、具体的な例を挙げて、キャリアと比較した場合にどのくらい安くなるのかを見ていきます。

キャリアの代表としてNTT docomoを取り上げ、最新機種iPhone Xと、楽天モバイルでセット購入できるiPhone SEを利用する場合の2年間の料金をそれぞれまとめました。

iPhone XでプランM:1GBと48,109円お得!

まずは、最新のiPhone X(64GB)を楽天モバイルの標準的な料金プラン(スーパーホーダイプランM:6GB)で使う場合を比べてみましょう。

NTT docomoではiPhone Xをセットで購入、楽天モバイルではSIMカードのみを購入し、Apple Storeで購入したiPhone Xに挿して使います。

楽天モバイルのスーパーホーダイプランには1回5分以内の国内通話かけ放題が含まれているため、NTT docomoでは同様の通話サービスが付いているカケホーダイライトプランを選びます。

また、NTT docomoでは、高速データ通信容量6GBというプランがないので、それに近い5GBまでが使えるベーシックパック ステップ3で比較します。

なお、無料通話範囲の5分を超過した後の通話料金は、以下の通りです。

  • NTT docomo:20円/30秒
  • 楽天モバイル:10円/30秒

この比較結果をまとめたのが、下表です。

この場合、楽天モバイルのほうが2年間で48,109円(税込)もお得だということがわかりました。

楽天モバイル iPhone

※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
※1.NTT docomoのiPhone X(64GB)代金115,800円から「月々サポート」2,200円×24=52,800円の割引適用後の金額(実質負担金額)。
※2. 楽天スーパーポイントでの支払い可能。
※3.1か月目はスーパーホーダイ新規ご契約者特典(全プラン1,980円)適用、1年目は楽天会員割(1,000円割引)適用。
※4.最低利用期間2年で契約した場合(最低利用期間3年で契約した場合は、20,000円キャッシュバック)。実施期間は、2018年6月14日19:59(店舗の場合は閉店時間)まで。

iPhone SEでプランS:1GBと42,752円お得!

次に、楽天モバイルで端末とのセット購入ができるiPhone SE(64GB)を一番少容量の料金プラン(スーパーホーダイプランS:2GB)で使う場合を見てみます。

NTT docomoでも楽天モバイルでも、iPhone SEとSIMカードのセット購入となります。

加えて、両者とも1回5分以内の国内通話かけ放題を含むようにプラン選定をします。

また、NTT docomoでは、高速データ通信容量2GBというプランがないので、それに近い1GBまでが使えるベーシックパック ステップ1で比較します。

なお、無料通話範囲の5分を超過した後の通話料金は、以下の通りです。

  • NTT docomo:20円/30秒
  • 楽天モバイル:10円/30秒

比較結果を下表にまとめます。

こちらも、楽天モバイルのほうが2年間で42,752円(税込)もお得だということがわかりました。

なお、NTT docomoなどのキャリアで使っていたiPhone SEを、楽天モバイルでもそのまま使う場合は、端末代金の46,800円が不要になるため、2年間でなんと93,296円(税込)もお得になります。

楽天モバイル iPhone
※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
※1.NTT docomoのiPhone SE(64GB)代金57,024円から「端末購入サポート」37,584円の割引適用後の金額(実質負担金額)。
※2. 楽天スーパーポイントでの支払い可能。
※3. 1年目は楽天会員割(1,000円割引)適用。
※4.最低利用期間2年で契約した場合(最低利用期間3年で契約した場合は、20,000円キャッシュバック)。実施期間は、2018年6月14日19:59(店舗の場合は閉店時間)まで。

わからない弟リスのイラスト
兄ちゃん!ボク、ずーっとiPhone使いたかったんだけど、兄ちゃんが前に使ってたiPhoneもらって楽天モバイルに乗り換えられたら、とてもお得になるよね!?

兄リスのイラスト
そうだね!でも、あのiPhoneが本当に使えるかどうか、きちんと調べておこう!

楽天モバイル公式ページ

楽天モバイルで利用できるiPhoneシリーズ

2台のiphone

キャリアと比べてとてもお得になるということが理解できたら、次はどのiPhoneが使えるのか?が気になりますね。

そこで、楽天モバイルで利用できるiPhoneについてご紹介します。

楽天モバイルでは、iPhone 5以降のSIMフリー版/docomo版やSIMロック解除されたiPhoneであれば、利用できます。

ただし、楽天モバイルではiPhone SEとiPhone 6sしか購入できません。

では、楽天モバイルで購入できるiPhoneをはじめ、それ以外の楽天モバイルで利用できるiPhoneについて、しっかりと確認していきましょう。

セット販売で購入できるのはiPhone SE/iPhone 6s

楽天モバイルは、SIMカード単体で申し込めるのはもちろん、端末とのセットで申し込むことも可能です。

セットで購入できるiPhoneは、iPhone SEとiPhone 6sの2シリーズです。

具体的な機種を次にご紹介します。

購入できるのは海外販売モデルとメーカー認定整備済

iPhone SE
画像引用:Apple「iPhone SE - Apple(日本)」

楽天モバイルで新規契約時に購入できるiPhoneは、

  • iPhone SE(64GB)/海外販売モデル
  • iPhone SE(16GB)/海外販売モデル
  • iPhone 6s Plus(64GB)/メーカー認定整備済
  • iPhone 6s Plus(128GB)/メーカー認定整備済

の4機種です。

海外販売モデルとは、文字通り海外で販売されている製品です。

また、メーカー認定整備済iPhoneとは、海外で販売されているメーカー整備品で、きちんと再整備されメーカーの品質基準を満たしており、品質自体にももちろん問題はありません。

ただし、いずれも海外製品のため、もともとインストールされているアプリや細かな仕様が、国内販売のiPhoneとは異なる場合もあります。

また、楽天モバイルの「端末補償」のオプションサービスの対象外となります。

楽天モバイルで動作確認済みのiPhoneは13機種!

楽天モバイルでは、iPhone SEとiPhone 6sしか買えないの!?とがっかりしましたか?

でも大丈夫。

楽天モバイルでは、SIMフリーのiPhoneや、SIMロック解除されたiPhoneも使うことができます。

今使っているiPhoneはもちろん、最新機種を他で購入して楽天モバイルのSIMカードを入れれば、すぐにiPhoneライフを楽しめます。

特に、今使っているiPhoneをそのまま楽天モバイルで使えば、新たに端末を購入する費用を抑えられるうえ、アプリをイチからインストールしなおす手間もなく、今までと同じ環境でスムーズに乗り換えられますよね。

楽天モバイルにて動作確認済みのiPhoneは下表の通りです。

端末名3G/LTEテザリング(※1)確認OS Ver
iPhone 5(モデル A1429 GSM)(SIMフリー版)3G/LTEUSB/WiFiiOS10.3.3
iPhone 5c(モデル A1456)(SIMフリー版/docomo版)3G/LTEUSB/WiFiiOS10.3.3
iPhone 5s(モデル A1453)(SIMフリー版/docomo版)3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhone 6 Plus(モデル A1524)
(SIMフリー版/docomo版)
3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhone 6(モデル A1586)
(SIMフリー版/docomo版)
3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhone 6s Plus(モデル A1687)
(SIMフリー版/docomo版)
3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhone 6s(モデル A1688)
(SIMフリー版/docomo版)
3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhoneSE(モデル A1723)
(SIMフリー版/docomo版)
3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhone7(モデル A1779)
(SIMフリー版/docomo版)
3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhone7 Plus(モデル A1785)
(SIMフリー版/docomo版)
3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhone8(モデル A1906)
(SIMフリー版)
3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhone8 Plus(モデル A1898)(SIMフリー版)3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhoneX(モデル A1902)(SIMフリー版)3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2

※1.docomo版端末ではテザリング利用不可。
参照:楽天モバイル「楽天モバイル: 動作確認済み端末」

docomoのiPhoneはSIMロック解除不要!

先ほど、SIMフリーまたはSIMロック解除のiPhoneが使えると説明しましたが、実は、NTT docomoのiPhoneはSIMロック解除をする必要がありません。

これは、楽天モバイルがNTT docomoの回線を利用しているためです。

もし今、NTT docomoでiPhoneを使っているのであれば、より手間なく楽天モバイルに乗り換えられるということですね。

ただし、docomo端末で楽天モバイルに乗り換えた場合は、残念ながらテザリング機能が使えません。

SIMロック解除の方法と条件

SIMロック解除は、今契約している携帯会社の店舗またはオンライン(マイページなど)で手続きできます。

店舗で手続きする場合は、手数料として3,000円程度必要となります。

一方、オンラインでの手続きは無料であることが多いので、マイページが利用できる契約中(解約前)の手続きをおすすめします。

なお、SIMロック解除をするためには、いくつかの条件を満たしている必要があるので、きちんとSIMロック解除ができることを確認してから乗り換えの準備を始めましょう。

以下は、NTTdocomo、au、SoftBank、Y!mobileでのSIMロック解除の条件です。

これら以外の回線を利用している場合は、各公式ページで確認してください。

SIMロック解除の条件
  • SIMロック解除する端末(当該端末)の購入日から101日目以降であること(※1)
  • 当該端末代金がすべて支払い済みであること(※2)
  • 解約中、あるいは解約日から100日以内であること(※3)
  1. 以下のいずれかの場合は、当該端末購入日から100日以内でもSIMロック解除ができます。
    • 当該端末を一括払いで購入している
    • その回線で過去にSIMロック解除をしたことがあり、そのSIMロック解除受付日から100日が経過している
  2. 一定期間の利用などを条件に端末代金などが割り引かれている場合は、支払い済みであっても、その条件を満たすまでSIMロック解除できません。
  3. SoftBank、Y!mobileの場合は、解約日から90日以内。

SIMフリーiPhoneを購入する方法

アップルの店舗

今はAndroidを使っているけれどiPhoneデビューしたい、最新版のiPhoneを使いたい、という場合は、SIMフリー版のiPhoneをApple Storeの実店舗かオンラインで購入し、楽天モバイルでSIMカードのみを購入(契約)すればOKです。

では、楽天モバイルで利用できる各iPhoneのスペックをご紹介しましょう。

iPhone選びの参考にしてください。

iPhone SE

iPhone SE
画像引用:Apple「iPhone SE - Apple(日本)」

iPhone SEは、楽天モバイルでは海外販売モデルを購入することができます。

ただし、国内のApple Storeで購入できるiPhone SEと容量が異なるので、注意してください。

Apple Storeで購入できるSIMフリー版のiPhone SEと、楽天モバイルで購入できる海外販売モデルのiPhone SEのスペックと価格をまとめます。

iPhone SEiPhone SE(海外販売モデル)(※1)
容量32GB128GB16GB64GB
端末価格39,800円50,800円12,700円46,800円
大きさ(mm)123.8×58.6×7.6
重さ(g)113
ディスプレイ4インチRetina HD
カメラ12MP
認証指紋
3G/LTE3G/LTE
Bluetooth4.2
テザリング

※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
※1.楽天モバイルで購入できる端末。
参照:Apple「iPhone - モデルを比較する - Apple(日本)」
参照:Apple「iPhone SE 32GB スペースグレイ - Apple(日本)」
参照:Apple「iPhone SE 128GB スペースグレイ - Apple(日本)」
参照:楽天モバイル「楽天モバイル:iPhone SE」

iPhone 6s/6s Plus


画像引用:Apple「iPhone 6sまたはiPhone 6s Plusを購入 - Apple(日本)」

iPhone 6s Plusは、楽天モバイルではメーカー認定整備済を購入することができます。

ただし、国内のApple Storeで購入できるiPhone 6s Plusと一部容量が異なるので、注意してください。

Apple Storeで購入できるSIMフリー版のiPhone 6s/6s Plusと、楽天モバイルで購入できるメーカー認定整備済のiPhone 6s Plusのスペックと価格をまとめます。

iPhone 6siPhone 6s PlusiPhone 6s Plus
(メーカー認定整備済)(※1)
容量32GB128GB32GB128GB64GB128GB
端末価格50,800円61,800円61,800円72,800円72,800円79,800円
大きさ(mm)138.3×67.1×7.1158.2×77.9×7.3
重さ(g)143192
ディスプレイ4.7インチRetina HD5.5インチRetina HD
カメラ12MP
認証指紋
3G/LTE3G/LTE
Bluetooth4.2
テザリング

※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
※1.楽天モバイルで購入できる端末。
参照:Apple「iPhone - モデルを比較する - Apple(日本)」

iPhone 7/7 Plus

Apple iPhone 7
画像引用:Apple「iPhone 7とiPhone 7 Plusを購入する - Apple(日本)」

iPhone 7シリーズは、楽天モバイルでは購入できません。

Apple Storeで購入できるSIMフリー版のiPhone 7/7 Plusのスペックと価格をまとめます。

iPhone 7iPhone 7 Plus
容量32GB128GB32GB128GB
端末価格61,800円72,800円74,800円85,800円
大きさ(mm)138.8×67.1×7.1158.2×77.9×7.3
重さ(g)138188
ディスプレイ4.7インチRetina HD5.5インチRetina HD
カメラ12MP
認証指紋
3G/LTE3G/LTE
Bluetooth4.2
テザリング

※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
※参照:Apple「iPhone - モデルを比較する - Apple(日本)」

iPhone 8/8 Plus/X

Apple iPhone 8Apple iPhoneX

画像引用:Apple「iPhone 8またはiPhone 8 Plusを購入する - Apple(日本)」
画像引用:Apple「iPhone Xを購入する - Apple(日本)」

iPhone 8シリーズおよびiPhone Xも、楽天モバイルでは購入できません。

Apple Storeで購入できるSIMフリー版のiPhone 8/8 Plus/Xのスペックと価格をまとめます。

iPhone 8iPhone 8 PlusiPhone X
容量64GB256GB64GB256GB64GB256GB
端末価格78,800円95,800円89,800円106,800円112,800円129,800円
大きさ(mm)138.4×67.3×7.3158.4×78.1×7.5143.6×70.9×7.7
重さ(g)148202174
ディスプレイ4.7インチRetina HD5.5インチRetina HD5.8インチSuper Retina HD
カメラ12MP
認証指紋
3G/LTE3G/LTE
Bluetooth5
テザリング

※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
参照:Apple「iPhone - モデルを比較する - Apple(日本)」

使いたいiPhoneは見つかりましたか?

使いたいiPhoneが見つかったら、次はどうやって利用するか?です。

SIMフリーにしろ、SIMロック解除済にしろ、楽天モバイルを使えるようになるまでにどのような手順を踏む必要があるのか、次からくわしく見ていきましょう。

iPhone設定方法

では、SIMロック解除済のiPhoneや、購入したSIMフリーiPhoneに楽天モバイルのSIMカードを入れて利用する際の設定方法を、順を追って解説します。

なお、構成プロファイルをダウンロードする必要があるので、Wi-Fi接続できる環境で以下の手順を実施してください。

ステップ1:楽天モバイルのSIMカードをiPhoneに入れる

iPhoneのスリープボタンを長押しして電源を切ってから、本体側面のSIMトレイを出します。

楽天モバイルのSIMカードを、トレイのくぼみにぴったり収まるように入れます(角の欠けを合わせて入れましょう)。

SIMカードをセットしたトレイを、元通り本体に差し込みます。

楽天モバイル SIM

ステップ2:iPhoneの電源を入れる

iPhoneのスリープボタンを長押しして電源を入れます。

このとき、SIMカードが正しくセットできていないとエラーメッセージが表示されます。

再度、電源を切ってからSIMトレイを取り出し、SIMカードをセットしなおしてください。

再度、電源を入れ、正常に起動したら、次のステップに進みます。

ステップ3:以前の構成プロファイルを削除する

構成プロファイルとは、インターネットに接続するために必要な情報であるAPN(Access Point Name)を設定するためのファイルです。

同じ端末を使用して楽天モバイルに乗り換える場合は、以前の通信会社の構成プロファイルがインストールされたままとなっているので、削除しておく必要があります。

※新しくSIMフリーのiPhoneを購入した場合は、この手順は不要なので、次のステップに進んでください。

「設定」アイコン → 「一般」→「プロファイルとデバイス管理(またはプロファイル)」とタップしていき、表示された以前の構成プロファイルをタップします。

続けて、「プロファイルを削除」→ パスコード入力と進み、以前の構成プロファイルが削除されたことを確認しましょう。

ステップ4:楽天モバイルの構成プロファイルをダウンロードする

楽天モバイルでは、iPhone用に次の2種類のAPNの構成プロファイルを提供しています。

  • rmobile.jp
  • rmobile.co

SIMカードが添付されていた台紙にAPN情報が記載されている(下図の赤枠部分)ので、先に確認しておきましょう。

楽天モバイル iPhone 設定編
画像引用:楽天モバイル「楽天モバイル: 楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編」

APN情報を確認したら、Wi-Fiがつながっている状態でsafariブラウザを起動し、各APNに対応したプロファイルURLにアクセスします。

楽天モバイル「楽天モバイル: 楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編」楽天モバイル「楽天モバイル: 楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編」
画像引用:楽天モバイル「楽天モバイル: 楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編」

ステップ5:構成プロファイルをインストールする

楽天モバイルの構成プロファイルが表示されるので、右上の「インストール」をタップします。

パスコード入力画面が表示されたら、iPhoneに設定しているパスコードを入力してください。

続いて、インストールをタップし、「インストール完了」表示が出たら「完了」をタップします。

これで、構成プロファイルの設定は終了です。

楽天モバイル「楽天モバイル: 楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編」楽天モバイル「楽天モバイル: 楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編」

楽天モバイル「楽天モバイル: 楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編」楽天モバイル「楽天モバイル: 楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編」
画像引用:楽天モバイル「楽天モバイル: 楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編」

なお、iPhone5でiOS9.3.4を利用している場合は、LTE設定(オプション)項目にもAPN情報設定を行う必要があります。

この場合は、以下のページ記載の手順にしたがって設定してください。

楽天モバイル「iPhone5 iOS9.3.4  LTE設定(オプション)設定方法」

ここまで読めば、好きなSIMフリーのiPhoneで楽天モバイルの格安SIMを使うのは意外と簡単!と思ってもらえたはずです。

でも、まだ料金プランに悩んでいる…という人にむけて、次の章では楽天モバイルのおすすめプランについて詳しくご紹介しましょう。

楽天モバイル公式ページ

まだプランを決めていない人に!楽天モバイルのオススメプラン

楽天モバイルの料金プランには、大きく分けて

  • スーパーホーダイ
  • 組み合わせプラン

の2種類があります。

では、それぞれについて見ていきましょう。

速度を気にせずたっぷり使いたいなら:スーパーホーダイ

料金プランによって決まっている高速データ通信容量を超過しても、最大1Mbpsの速度でデータ通信使い放題なのが、スーパーホーダイです。

他社では、高速データ通信容量を超過した場合に、128kbps~200kbps程度に低速化されてしまうことがほとんどです。

楽天モバイルでは最大1Mbpsが使えるので、メッセージの送受信はもとより、ホームページ閲覧やマップなどもストレスなく利用できるのが嬉しいポイントです。

※ただし、通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)は最大300kbpsとなります。

もちろん、余ったデータ通信料は翌月に繰り越しできるので、ムダがありません。

さらに、1回5分以内の国内通話もかけ放題となっており、ちょっとした用事でも気軽に電話できます。

5分を超過した場合も、10円/30秒と他社に比べて通話料金が低額に設定されています。

スーパーホーダイは、高速データ通信容量別に3種類のプランが提供されています。

プランSプランMプランL
月額基本料1年目:1,980円(※1)
2年目:2,980円
1か月目:1,980円(※1)
1年目:2,980円(※1)
2年目:3,980円
1か月目:1,980円(※1)
1年目:4,980円(※1)
2年目:5,980円
高速通信容量2GB6GB14GB
通話料(※2)1回5分以内:無料
超過分:10円/30秒

※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
※1.1か月目はスーパーホーダイ新規ご契約者特典(全プラン1,980円)適用、1年目は楽天会員割(1,000円割引)適用。
※2.「楽天でんわアプリ」使用時、または相手先番号の先頭に「003768」を付けて発信した場合。
参照:楽天モバイル「楽天モバイル:スーパーホーダイ」

よりぴったりのプランを選びたいなら:組み合わせプラン

通話はほとんどしない、データ通信もメールの送受信程度でいいので、できるだけコストを抑えたい、という人には、自分のライフスタイルに合わせて、高速通信容量や通話のあり・なしなどを選べる組み合わせプランがおすすめです。

下表のように、高速データ通信容量が0~30GBまでの6種類あり、通話の有無3種類と組み合わせて18種類から選ぶことができます。

なお、データSIM(SMSあり)は、データSIMでありながら050番号で発信・着信ができるのがポイントです。

発信はそれほど必要ないけれど、着信のために電話番号はあったほうが便利、といった場合に適しています。

高速データ
通信容量
通話SIM050データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
通話料金20円/30秒携帯電話宛:10.60円/1分
固定電話宛:3.24円/1分
(※1)
通話不可
ベーシックプラン0GB1,250円645円525円
3.1GBプラン3.1GB1,600円1,020円900円
5GBプラン5GB2,150円1,570円1,450円
10GBプラン10GB2,960円2,380円2,260円
20GBプラン20GB4,750円4,170円4,050円
30GBプラン30GB6,150円5,520円5,450円

※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
※1.Viberアプリを使用した通話。
※参照:楽天モバイル「楽天モバイル:組み合わせプラン」
※参照:楽天モバイル「楽天モバイル: 050データSIM(SMSあり)」
また、「5分かけ放題 by 楽天モバイル」(月額850円)を申し込めば、1回5分以内の国内通話がかけ放題(※)となります。
※「楽天でんわアプリ」使用、または相手先番号の先頭に「003768」を付けて発信。

このオプションを申し込めば、5分を超過した場合も10円/30秒となるので、電話連絡を頻繁にする必要がある場合はおすすめです。

ここまで読んできて、使いたいiPhoneも、自分にぴったりの料金プランも見つかったから、楽天モバイルに申し込もう!と思ったあなた。

よりお得に申し込めるよう、楽天モバイルのおすすめキャンペーンを最後にご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね。

楽天モバイルのオススメキャンペーン3選!

では、楽天モバイルのおすすめキャンペーンを3つご紹介しましょう。

いずれも、SIMのみの申し込みでも、SIM+端末の申し込みでも適用されます。

また、3つとも2018年5月現在で実施されているキャンペーンですが、なかには終了日が迫っているものもあるので、申し込みを検討している人はお早めに決心することをおすすめします。

※終了日の記載がないキャンペーンは、2018年5月現在で終了予定日が決まっていません。

  • 長期優待ボーナス(2018年6月14日まで
  • スーパーホーダイ新規ご契約者特典
  • スーパーポイントアッププログラム

長期優待ボーナス: 2018年6月14日まで!

スーパーホーダイを新規(MNP含む)で申し込む際に、2年または3年での契約をすれば、キャッシュバックが受けられるキャンペーンです。

※このキャンペーンは、2018年6月14日19:59(店舗の場合は閉店時間)で終了予定です。

キャッシュバックは、最低利用期間に応じて、それぞれ以下の金額となります。

いずれの場合でも、とてもお得に乗り換えられますね。

  • 最低利用期間2年で契約した場合:10,000円
  • 最低利用期間3年で契約した場合:20,000円

ただし、2年以上または3年以上の利用を前提としているため、このキャンペーンを受けた場合は以下のように契約解除料が通常と異なるので注意してください。

最低利用期間契約解除料(※1)
2年12か月以内で解約した場合:19,800円
24か月以内で解約した場合:9,800円
3年12か月以内で解約した場合:29,800円
24か月以内で解約した場合:19,800円
36か月以内で解約した場合:9,800円

※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
※1.開通月を1か月目として数える。
参照:楽天モバイル「楽天モバイル:長期優待ボーナス」

スーパーホーダイ新規ご契約者特典

スーパーホーダイのプランMまたはプランLを新規で申し込むと、初月のみプランS(2GB)と同額の1,980円で利用できるのが、この特典です。

1か月目だけ

  • プランM(6GB)だと4GB分お得
  • プランL(14GB)だと12GB分お得

に高速通信が利用できるというわけです。

プランS/M/Lの中でのプラン変更は手数料無料で行えるので、申し込み時はプランLにしておいてお得にたっぷりと高速通信を楽しみ、必要に応じてプランMやプランSに変更すると良いですね。

プラン変更は、毎月25日までに申し込むと、翌月1日から変更後のプランが適用されます。

スーパーポイントアッププログラム

楽天市場でよくショッピングを楽しむ場合にお得となるのが、このキャンペーンです。

通話SIMを契約中であれば、楽天市場でのショッピング時、いつでも期間限定ポイントが2倍になります。

また、エントリー後にスーパーホーダイプランMまたはプランLに新規で申し込むと、1,000ポイントがプレゼントされるので、これらのプランで申し込もうと考えている場合は、ぜひキャンペーンページからエントリーしておきましょう。

ここまでの内容で、お得を逃さず、スムーズに楽天モバイルでiPhoneを使い始めることができますね。

楽天モバイル公式ページ

まとめ

いかがでしたか?

最後に今回の記事の内容をおさらいします。

  • 楽天モバイルでは、以下のiPhoneを利用できる(ただし、下表に示す動作確認済端末記載の機種)
    • Apple Storeで購入したSIMフリーiPhone
    • キャリアで使っていたSIMロック解除済のiPhone
    • 楽天モバイルで販売しているiPhone
端末名3G/LTEテザリング(※1)確認OS Ver
iPhone 5(モデル A1429 GSM)(SIMフリー版)3G/LTEUSB/WiFiiOS10.3.3
iPhone 5c(モデル A1456)(SIMフリー版/docomo版)3G/LTEUSB/WiFiiOS10.3.3
iPhone 5s(モデル A1453)(SIMフリー版/docomo版)3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhone 6 Plus(モデル A1524)
(SIMフリー版/docomo版)
3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhone 6(モデル A1586)
(SIMフリー版/docomo版)
3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhone 6s Plus(モデル A1687)
(SIMフリー版/docomo版)
3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhone 6s(モデル A1688)
(SIMフリー版/docomo版)
3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhoneSE(モデル A1723)
(SIMフリー版/docomo版)
3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhone7(モデル A1779)
(SIMフリー版/docomo版)
3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhone7 Plus(モデル A1785)
(SIMフリー版/docomo版)
3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhone8(モデル A1906)
(SIMフリー版)
3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhone8 Plus(モデル A1898)(SIMフリー版)3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2
iPhoneX(モデル A1902)(SIMフリー版)3G/LTEUSB/WiFiiOS11.1.2

※1.docomo版端末ではテザリング利用不可。
参照:楽天モバイル「楽天モバイル: 動作確認済み端末」

  • キャリアで使っていたiPhoneはSIMロック解除手続きが必要(docomo端末は不要)
  • docomo端末はテザリング機能が利用できない
  • スーパーホーダイプランを申し込む場合は、1年目の楽天会員割(1,000円割引)を受けるためにも、楽天会員登録(登録無料)をすませておく

愛着のあるiPhoneをそのまま使い続けるのはもちろん、月額基本料の安い楽天モバイルなら高価な最新機種も手が届くかもしれませんね。

楽天モバイルで、楽しいiPhoneライフを満喫してください。

[関連記事]格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい8つのメリット・デメリットのサムネイル
格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい8つのメリット・デメリット
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

楽天モバイル公式ページ

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!