Menu

AndroidでChromeを使ってデータ通信量を節約

GoogleChromeのイメージ

Google が開発したウェブブラウザである「Google  Chrome」のスマートフォン版は、PC 版と変わらぬ使い勝手のよさと、スマートフォン用ならではの機能も搭載されています。

それは、 格安SIM向けにピッタリともいえるデータ圧縮機能。

速度制限を受けないように、膨大なデータ転送を抑制して、この機能を使ってパケット転送量の節約をはかりましょう。

Chromeをインストールして節約ブラウジング

スマートフォン版のChromeアプリにはパケット転送量を抑える機能が搭載されており、できるだけパケットを節約したい場合に有効です。

インストール方法からパケット節約の設定方法までを紹介していきます。

Chromeをインストールする

Android には標準のウェブブラウザも搭載されていますが、より機能の高いChrome をインストールしておきましょう。

Playストアからダウンロードするだけなので簡単です。

ダウンロード後の手順も記載しているので、確認しながら進めましょう。

STEP 1 「Playストア」をタップする

Playストアのアイコンをタップして、Chromeを検索する準備をします。

STEP 2 「アプリ」ジャンルをタップする

Playストアの画面が表示されたら、「アプリ」をタップします。

「Playストア」をタップする

STEP 3 「chrome」と入力して検索する

上部検索欄に「chrome」と入力し、虫眼鏡のアイコンをタップすると検索が始まります。

STEP 4 インストール画面に移動する

「Chromeブラウザ」が表示されるので、タップするとインストール画面に移行します。

「chrome」と入力して検索する

STEP 5 「インストール」をタップする

アプリのダウンロード画面が表示されたら、「インストール」をタップするとダウンロードの準備が始まります。

STEP 6 「同意する」をタップする

詳細情報のポップアップが表示されるので、確認をしたら「同意する」ボタンをタップします。

「インストール」をタップする

STEP 7 Chromeを起動する

ダウンロードが完了すると、そのままの画面からアプリを起動できます。

「開く」をタップします。また、アプリ一覧画面にもアイコンが表示されるようになるので、こちらからも起動することができます。

Chromeを起動する

Chromeを起動すると、Googleアカウントでのログインにも対応しておりPCとの連携もできます。

アカウントを所有していない場合はここで作成するのもいいでしょう。

STEP 8 Googleアカウントでログインする

はじめてアプリを起動すると、利用規約が表示されます。

利用規約の内容を確認したらチェックボックスにチェックを入れて「同意して続行」をタップします。

Googleアカウントでログインできる画面が表示されるので、状況に応じて選択しましょう。

ブックマーク情報などが同期されます。

Googleアカウントでログインする

Chromeのデータ量の節約設定方法

詳細メニューより、データの節約設定が行えます。また、 どれくらい節約できたのかもわかりやすく表示されます。

データの節約設定

STEP 1 メニューから「設定」をタップする

検索窓横のをタップすると、詳細設定などのプルダウンメニューが表示されるので、「設定」をタップします。

STEP 2 「帯域幅の管理」をタップする

「帯域幅の管理」をタップします。

メニューから「設定」をタップする

STEP 3 「データの使用量を節約」をタップする

「データの使用量を節約」をタップします。

STEP 4 スライダーを「ON」にする

上部のスライダーをスライド操作でONにします。

STEP 5 データ圧縮画面が表示される

データ圧縮の画面が表示されます。

「データの使用量を節約」をタップする

どれくらい節約できたかを確認する

どれくらい節約できたかを確認する

実際にブラウジングしてみて、 再度前手順の画面を表示させてみると、実際のデータ量と通常のデータ量がグラフで見比べられます。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!