Menu

【総まとめ】縛りなしWiFiの評判が悪いって本当?申し込む前に確認しておくべき特徴と注意点

契約期間や解約金といった一切の縛りがないポケットWiFiといえば「縛りなしWiFi」が有名です。

縛りなしWiFiは月間のデータ容量に制限がなく、月額料金は2,800円から3,300円で使えるので、今まさに申し込みを検討中という人も多いのではないでしょうか。

ですが、申し込む前に縛りなしWiFiの評判やメリット・デメリット、ユーザーからのリアルな使用感といった口コミは気になりますよね。

先に結論からお伝えすると、縛りなしWiFiは契約期間や解約金の縛りが一切ないというメリットがありますが、それ以上に気になるデメリットが多いレンタルWiFiです。

そのため、まずは以下でまとめた「縛りなしWiFiのメリットとデメリット」を確認してから、お申し込みをご検討ください。

この記事では、縛りなしWiFiのメリットとデメリットについて分かりやすく解説していきます。

他のレンタルWiFiサービスとの比較や、ユーザーからの生の声もまとめてご紹介しているので、縛りなしWiFiを検討中の人にとって参考になるかと思います。

申し込み窓口の情報や解約方法など、縛りなしWiFiに関するすべての知識が身につくので、ぜひ最後までご覧いただければ幸いです。

縛りなしWifiの申込みはこちら

縛りなしWiFiの魅力的な4つのメリット

縛りなしWifiのメリット

縛りなしWiFiは、2020年1月17日より「株式会社クーペックス」から「フォン・ジャパン株式会社」に事業譲渡が行われ、運営会社が変更となりました。

フォン・ジャパン株式会社は世界的に無料で使えるWiFiサービスを提供している「Fon」の日本支社で、国内では他に「JP WiMAX」を運営しています。

そんなフォン・ジャパンが運営する「縛りなしWiFi」を契約するメリットは、主に以下の4つが挙げられます。

この項目で、縛りなしWiFiのメリットについて確認していきましょう。

メリット1,提供している回線はソフトバンクとWiMAXの2種類

縛りなしWiFiが提供している回線は、ソフトバンク回線WiMAX回線の2種類です。

どちらも大手の通信会社が提供する回線なので安心して利用できます。

ただし、それぞれの回線でサービスエリアが異なるので、申し込む前に対象エリアを確認しておきましょう。

なお、サービスエリア内でも屋内や地下など電波が届きづらい場所では圏外になる場合があるのでご注意ください。

メリット2,料金プランは2種類で内容がどちらもシンプルでわかりやすい

縛りなしWiFiには料金プランが2種類あります。

縛りなしWiFiの料金プラン
プラン名縛りなしプラン縛っちゃうプラン
月額料金3,300円 2,800円
初期費用1,000円1,000円
端末WiMAXもしくはソフトバンクソフトバンク(601HW)
契約期間 なし 3年
解約金 なし 15,000円

参照:縛りなしWiFi

簡単に説明すると、「縛りなしプラン」は契約期間や解約金の縛りが一切ないプランで、「縛っちゃうプラン」は月額料金が安い代わりに3年契約という内容です。

どちらのプランも途中で月額料金が高くなることがないので、内容がシンプルで分かりやすく安心して使えることがメリットと言えます。

メリット3,月額料金は永年2,800〜3,300円で他のレンタルWiFiと比べてかなり安い

縛りなしWiFiは永年2,800〜3,300円で使えるレンタルWiFiです。

この金額は、他のレンタルWiFiサービスと比べてもかなり安いと言えます。

以下、他のレンタルWiFiと月額料金を比較した一覧表をご覧ください。

縛りなしWiFiと他のレンタルWiFiの比較表
サービス名回線種別月額料金2年利用時の総額
縛りなしWiFi
  • ソフトバンク
  • WiMAX
2,800〜3,300円67,200〜79,200円
どんなときもWiFi
  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
    (クラウドSIM)
2年目まで:3,480円
3年目以降:3,980円
83,520円
Mugen WiFi
  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
    (クラウドSIM)
3,280〜3,880円78,720〜93,120円
SAKURA WiFi
  • ソフトバンク
3,680円88,320円
SPACE WiFi
  • ソフトバンク
  • WiMAX
3,680円88,320円

※記載の金額は2020年1月時点の金額です

ご覧の通り、縛りなしWiFiは月額料金を重視してポケットWiFiを選びたい人に向いているサービスだと言えます。

細かな比較は「縛りなしWiFiを他の無制限ポケットWiFiと徹底比較」でまとめているので、こちらの項目も合わせてご覧ください。

メリット4,契約期間や解約金が一切ないので好きなタイミングで解約できる

縛りなしWiFiの「縛りなしプラン」には、契約期間や解約金が一切ありません。

申し込み月に解約はできませんが、それ以降であればいつでも好きなタイミングで解約ができます。

そのため、国内旅行や実家への帰省など、自分が使いたい期間だけレンタルしてすぐに解約といった使い方が可能です。

なお、「縛っちゃうプラン」を選ぶと月額料金が安くなる代わりに3年契約になってしまいます。

期間内に解約すると15,000円の解約金が発生してしまうので、縛っちゃうプランに申し込む際は契約期間と解約金にご注意ください

縛りなしWifiの申込みはこちら

縛りなしWiFiの注意すべき6つのデメリット

縛りなしWifiのデメリット

月額料金が安く、契約期間や解約金がないなどのメリットがある「縛りなしWiFi」ですが、それ以上に気になるデメリットがたくさんあります。

この項目で、縛りなしWiFiの注意すべき6つのデメリットを確認しておきましょう。

実は、縛りなしWiFiには上記以外にも「海外での利用ができない」「新規契約を検討中の人しか電話での相談ができない」など細かな注意点があります。

申し込む際にはそういった点にも注意していただきたいですが、この項目では特に注意しておきたいポイントをピックアップして解説していきます。

デメリット1,ソフトバンク回線・WiMAX回線のどちらを使うか選べず端末も選択不可

縛りなしWiFiではソフトバンク回線とWiMAX回線を提供していますが、自分でどちらを使うかは選ぶことができません

また、端末自体も選択できないので、どの回線・どの端末を使うことになるのかは実際に申し込んでからでなければ分かりません。

ただし、WiMAXまたはソフトバンクのどちらかの電波が受信できない場合に限り、回線の指定ができるようです。

【縛りなしWifi】Q&A,端末を指定することはできますか?
画像引用:端末を指定することはできますか?|よくある質問|縛りなしWiFi

そのため、回線を指定したい場合は「1日2GB以上のデータ通信を使うためWiMAX回線が良い」「WiMAX回線は圏外になるためソフトバンク回線が良い」といった要望(事情)を連絡する必要があります。

上記を連絡する場合は、縛りなしWiFiの「お問い合わせフォーム」から、カテゴリを「端末指定」にしてご連絡ください。

デメリット2,WiMAX端末のハイスピードプラスエリアモードは有料

WiMAX端末には以下の2つのモードが搭載されています。

WiMAXに搭載されている2つのモード

  • ハイスピードモード
     WiMAX回線(10GB/3日)が使える標準モード
  • ハイスピードプラスエリアモード
     au 4G LTE回線(7GB/月)が使えるモード

通常、WiMAXで3年契約を選ぶとハイスピードプラスエリアモードを使うために必須な「LTEオプション」が無料となります(通常1,005円)。

ですが、縛りなしWiFiでハイスピードプラスエリアモードに切り替えてしまうと、必ず1,005円のLTEオプション料が請求されてしまいます。

また、ひと月7GBまでの制限がついてしまうなどデメリットもあるので、デメリットを踏まえた上で利用するようにしてください。

なお、ハイスピードプラスエリアモード(LTEオプション)については以下の記事で詳しくまとめているので、興味がある人はこちらもご覧ください。

[関連記事]WiMAX LTEオプション、誰も教えてくれなかった注意点とベストな選び方を解説!のサムネイル
WiMAX LTEオプション、誰も教えてくれなかった注意点とベストな選び方を解説!
WiMAXのLTEオプションは、WiMAX2+のエリア外やつながりにくい場所でも快適に利用できるオプションです。しかし、じつはあまり知られていない、デメリットも存在します。この記事では、LTEオプションの基礎知識と注意すべき点、どんな人におすすめか解説します。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

デメリット3,ソフトバンク回線は1日2GB、WiMAX回線は3日10GBの速度制限がある

縛りなしWiFiにはソフトバンク回線とWiMAX回線の2つがありますが、そのどちらにも速度制限があります。

縛りなしWiFiの速度制限

  •  ソフトバンク回線:2GB/1日
  •  WiMAX回線:10GB/3日

上記の容量を超過すると、一時的に100Kbps程度の速度制限が課されます

ソフトバンク回線においてはサービス開始当初は3日/1日の制限でしたが、途中で2GB/1日までと制限が厳しくなりました。

縛りなしWiFiの「縛りなし」は、「契約期間や解約金の縛りがない」という意味で、月間容量制限はないものの、実際には1日あたりの通信速度制限があることを理解した上でお申し込みください。

デメリット4,縛っちゃうプランから縛りなしプランへの変更はできない(逆は可能)

縛りなしWiFiの「縛っちゃうプラン」から「縛りなしプラン」へのプラン変更はできません

どうしても変更したい場合は、いま使っている縛りなしWiFiを一度解約してから再度新規申し込みをし直す必要があります。

逆に「縛りなしプラン」から「縛っちゃうプラン」へのプラン変更には対応しています(問い合わせフォームから要連絡)。

なので、これから縛りなしWiFiに申し込む人は、一旦「縛りなしプラン」で申し込んで実際に使ってみて、問題がなければ月額料金が安い「縛っちゃうプラン」に変更するのがおすすめです。

デメリット5,縛りなしプランでは初期契約解除制度が使えない

申し込んでから8日以内ならクーリングオフのように通信サービスの申し込みをキャンセルできる「初期契約解除制度」。

ですが、縛りなしWiFiの「縛りなしプラン」で申し込んだ場合は初期契約解除制度が使えません

一方の「縛っちゃうプラン」であれば利用できるので、もし利用したい場合は「お問い合わせフォーム」から初期契約解除制度を利用する旨をご連絡ください。

初期契約解除制度を利用する場合、申請書類に必要事項を記入してSIMカードと端末とともに専用窓口へ返却する必要があります。

申請書類は「よくある質問」の「初期契約解除制度はご利用できますか?」内でダウンロード可能です。

返却先住所は以下の通りなので、初期契約解除制度を利用する場合の参考にしてください。

縛りなしWiFi初期契約解除制度専用返却窓口

〒136-0075
東京都江東区新砂2-2-11
STLCビル荷捌き棟4F
縛りなしWiFi初期契約解除窓口宛

デメリット6,端末の破損や水漏れ、紛失の場合は高額な端末弁済金が発生する

縛りなしWiFiの端末はすべてレンタル品です。

そのため、破損・水漏れ・紛失の際には端末1台につき39,800円の弁済金と、引き続き利用する場合にはSIMカード再発行手数料3,000円が必要となります。

弁済金はかなり高額なので、端末の破損や水漏れでの故障が心配な人は「安心サポートプラン(月額500円/台)」に加入しておくことをおすすめします。

安心サポートプランに加入していれば、通常39,800円の弁済金が10,000円に減額されるので、万が一の場合でも安心です。

ただし、紛失や盗難には対応していないので、縛りなしWiFiの端末は絶対になくさないように気をつけましょう。

縛りなしWifiの申込みはこちら

縛りなしWiFiを他の無制限ポケットWiFiと徹底比較

レンタルWifi比較表

ここまで、縛りなしWiFiのメリットとデメリットについて解説してきました。

大体の特徴がわかったところで、次に気になるのが「他のレンタルWiFiと比べて月額料金は安いの?」という点ですよね。

そこでこの後も奥では、縛りなしWiFiと他のレンタルWiFiの月額料金や契約期間、解約金をまとめて一気にご紹介します。

⧉ 縛りなしWiFi

  • 回線種別:ソフトバンク・WiMAX
  • 月額料金:2,800〜3,300円
  • 2年利用時の総額:67,200〜79,200円
  • 契約期間:なしor 3年契約(自動更新)
  • 解約金:なしor 15,000円
  • 通信速度:最大612Mbps(603HW)
  • 速度制限
    ソフトバンク
    :2GB/日
    WiMAX:10GB/3日 

⧉ どんなときもWiFi

  • 回線種別:ドコモ・au・ソフトバンク(クラウドSIM) 
  • 月額料金:
    2年目まで3,480円
    3年目以降3,980円
  • 2年利用時の総額:83,520円
  • 契約期間:2年契約(自動更新)
  • 解約金:
    1年未満19,000円
    1〜2年未満14,000円
    3年目以降9,500円 
  • 通信速度:最大150Mbps 
  • 速度制限:なし

⧉ Mugen WiFi

  • 回線種別:ドコモ・au・ソフトバンク(クラウドSIM)
  • 月額料金:3,280〜3,880円
  • 2年利用時の総額:78,720〜93,120円
  • 契約期間:2年契約
  • 解約金
    1年未満9,000円
    1〜2年未満5,000円
    2年目以降0円
  • 通信速度:最大150Mbps
  • 速度制限:なし

⧉ SAKURA WiFi

  • 回線種別:ソフトバンク
  • 月額料金:3,680円
  • 2年利用時の総額:88,320円 
  • 契約期間:なし
  • 解約金:なし
  • 通信速度:最大150Mbps
  • 速度制限:なし

⧉ SPACE WiFi

  • 回線種別:ソフトバンク・WiMAX
  • 月額料金:3,680円
  • 2年利用時の総額:88,320円
  • 契約期間:なし
  • 解約金:なし
  • 通信速度:最大440Mbps
  • 速度制限:
    ソフトバンク 3GB/日
    WiMAX 10GB/3日

※記載の金額は2020年1月時点の金額です
※記載の通信速度は取り扱い端末のスペック上の最大値を記載しています

縛りなしWiFiは契約期間の縛りがなく、月額料金の面では他のレンタルWiFiよりもかなり安い金額であることが分かります。

ですが、縛りなしWiFiのソフトバンク回線は1日あたり2GBまでと速度制限がかなり厳し目です。

それに加えて、自分自身で好きな端末が選べない点も大きなマイナスポイントと言えます。

通信速度は他のレンタルWiFiよりも速いように見えますが、記載の速度は取り扱い端末の最大値なので実際の通信速度はそこまで出ません。

そのため、無制限で使える「どんなときもWiFi」や「Mugen WiFi」などのクラウドSIM対応のサービスを利用したほうが快適にインターネットを利用できるかと思います。

縛りなしWifiの申込みはこちら

縛りなしWiFiの評判や口コミをチェック

縛りなしWifiの口コミや評判まとめ

この項目では、縛りなしWiFiの評判や口コミをまとめてご紹介します。

ユーザーからの生の声をまとめているので、縛りなしWiFiが気になっている人はぜひ参考にしてください。

縛りなしWiFiの口コミ まとめ

  •  1日3GB(2020年1月時点では2GB)の制限が厳しい
  •  サポートに問い合わせをしても連絡が来ない
  •  通信速度は全体的に遅め
  •  解約申請しても実際に解約できるのは翌月末

縛りなしWiFiの口コミを調べていたところ、全体的に厳しい内容の声が多く出てきました。

月額料金は安いですが、ソフトバンク回線で1日2GB以上使うと速度制限になってしまうのは、ポケットWiFiサービスが数多く登場している中でかなり厳しい制限だと言えます。

実際の通信速度も特段速いわけではないので、月額料金重視でとりあえず持ち歩けるモバイルルーターがほしい人以外は別のポケットWiFiに申し込んだほうが良いでしょう。

筆者のおすすめは、レンタルWiFiの中で最も人気で速度が速い「どんなときもWiFi」か、クラウドSIM対応サービスの中で最も月額料金が安い「Mugen WiFi」です。

どんなときもWiFiやMugen WiFiについての詳細は以下の記事をご参照ください。

[関連記事]無制限で使える「どんなときもWiFi」の評判とメリット・デメリットまとめのサムネイル
無制限で使える「どんなときもWiFi」の評判とメリット・デメリットまとめ
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

[関連記事]Mugen WiFiの評判が良いって本当?メリット・デメリットから他のレンタルWiFi比較まで徹底解説!のサムネイル
Mugen WiFiの評判が良いって本当?メリット・デメリットから他のレンタルWiFi比較まで徹底解説!
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

縛りなしWiFiの申し込み方法

申込

ここまで、縛りなしWiFiのリアルな評判や口コミについてご紹介してきました。

「月額料金重視でとにかく安いポケットWiFiがほしい」
「契約期間や解約金の縛りがないレンタルWiFiに申し込みたい」

という人は、以下の手順で縛りなしWiFiにお申し込みください。

縛りなしWiFiの申し込み手順

  1.  縛りなしWiFi公式サイトにアクセス
  2.  画面内の「お申込み」を押す
  3.  プラン選択、申込み台数、端末到着希望日などの項目をすべて選択
  4.  契約者情報を入力
  5.  決済情報を入力(クレジットカード必須)
  6.  内容確認後、申し込み完了

申し込み手続きは5分程度で簡単に終わります。

最短で翌日発送なので、2〜3日後には縛りなしWiFiが使えるようになります。

申し込みにはクレジットカードが必須なので、事前に準備してからお申し込みください。

縛りなしWifiの申込みはこちら

縛りなしWiFiの解約方法

解約

最後に、縛りなしWiFiの解約方法についてご紹介して終わりたいと思います。

縛りなしWiFiの解約は「お問い合わせフォーム」から連絡をする必要があります。

なお、解約時の注意点は以下のとおりです。

縛りなしWiFiを解約する際の注意点

  •  解約日は申請した翌月末となる
  •  縛っちゃうプランの場合、契約期間内の解約で15,000円の解約金が発生
  •  縛っちゃうプランで35か月以内に解約する場合、契約残月数×1,200円の端末代金が請求される
  •  解約処理完了後、端末・USBケーブルを契約終了日の翌月1日までに返送
  •  返送する際の送料は自己負担、なおかつ追跡可能な方法での返却が必須

解約する際の注意点が多いので、上記の注意点をしっかりと確認した上で解約手続きをすすめるようにしてください。

縛りなしWifiの申込みはこちら

まとめ

以上、「【総まとめ】縛りなしWiFiの評判が悪いって本当?申し込む前に確認しておくべき特徴と注意点」をお送りしました。

契約期間や解約金の縛りが一切ない「縛りなしWiFi」には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

これらのメリット・デメリットを見比べて、問題がなさそうであれば、縛りなしWiFi公式サイトからお申し込みください。

月額料金重視でとりあえずポケットWiFiを持ち歩きたいという人におすすめです。

縛りなしWifiの申込みはこちら

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!