Menu

WiMAXは4G LTEの一種?両者の違いやVoLTEの挙動について解説

    4G LTEのイメージWiMAXはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターとして有名ですが、そのルーターで利用している回線「WiMAX 2+」はLTEの一種だということをご存知でしょうか。

WiMAX 2+回線はauなどのスマートフォンでもオプション加入をすれば利用することが可能なので、UQだけの物ではなくなってきています。

特にスマートフォンで利用する場合は他のLTE回線とは異なる挙動を示すことがあり、注意しなければならない場合があります。


そこで LTEやWiMAX 2+がどのような規格の通信サービスなのか、それぞれの特徴や関係を簡単にまとめてみました。

また、音声通話システム「VoLTE」が使えるかどうかはLTEとWiMAX2+の大きな違いの一つです。

VoLTEを使うと何が出来るのか?やVoLTE、WiMAX回線での通話における注意点についても詳しく解説します。

LTEとは

LTEは「Long Term Evolution」の頭文字から来ており、携帯電話やモバイルWi-Fiルーターで採用されている通信規格の1つです。

NTTドコモでは「docomo LTE Xi」、auでは「au 4G LTE」、ソフトバンクでは「SoftBank 4G LTE」といった呼称が付けられていますが、どれも同じLTEを利用した通信サービスです。

ちなみに4Gとは「第4世代移動通信システム」の略称で、現在商業化されているモバイルネットワークとしては最新の規格になります。

LTEは厳密には4Gではなく3.9Gに分類されるのですが、国際的にLTEを4Gと呼称することが認められています。

国内ではドコモがLTEを3.9Gとして扱っていますが、auやソフトバンクでは既に述べた通り4Gとして扱っています。


それでは本当の「4G」は存在しないのかと言えばそうではなく、現在は正真正銘4Gの通信サービスも提供されています。

それは「LTE-Advanced」です。

真の4Gは「LTE-Advanced」

LTE-Advancedは4G、第4世代移動通信システムの1つです。

ドコモではXiと区別して「PREMIUM 4G」として提供されています。

auやソフトバンクでは特にLTEと区別はされていませんが、この2社もLTE-Advancedの技術を用いた4Gサービスを提供しています。


LTE-Advancedで採用されている技術の1つにCA、キャリアアグリゲーションがあります。

キャリアアグリゲーションに対応している端末は複数の周波数帯の電波を束ねて通信することで、通信速度の高速化や安定化を図ることが可能です。

このキャリアアグリゲーションに対応している端末こそが真の4G対応スマートフォンと言えます。

ところでLTEについて話を戻すと、一口にLTEと言っても2種類のLTEが存在します。

それが「FDD-LTE」と「TD-LTE」です。

FDD-LTE

LTEと言えば一般的にはFDD-LTEのことを指します。

docomo LTE Xiやau 4G LTE、SoftBank 4G LTEのいずれも基本的にFDD-LTEが提供されています。

比較的低い周波数帯の電波が利用されているので、TD-LTEよりも山間部や屋内で繋がりやすいといった特徴があります。

TD-LTE

TD-LTEもLTEの一種ですが、FDD-LTEとは区別して語られることが多いです。

比較的高い周波数帯の電波が利用されており、直進性が強いのでFDD-LTEよりも通信速度が速い傾向があります。

しかし 障害物を回り込みにくいので、山間部や屋内では繋がりにくいというデメリットも抱えています。


そしてUQコミュニケーションズが提供しているWiMAX 2+は、このTD-LTE寄りのデータ通信サービスです。

WiMAX 2+とは

WiMAX 2+とはUQが提供しているデータ通信サービスであり、UQが提供している回線です。

どちらの意味で使っても間違いではありませんが、ここでは回線としてのWiMAX 2+について説明します。

TD-LTE互換のデータ通信サービス

WiMAX 2+はTD-LTE互換の4G回線です。

WiMAX 2+はキャリアアグリゲーションの他にも4x4MIMOという技術に対応しており、対応機種かつ対応エリア内では最大440Mbpsの高速通信を実現しています。

「互換」が付くのは完全なTD-LTEとは言えない仕様であることが原因なのですが、これによりある問題を1つ抱えています。

WiMAX 2+回線ではVoLTEが利用不可能

現状TD-LTE互換のWiMAX 2+回線ではVoLTE(音声通話)を利用することができません。

※VoLTEの詳細については次の章で説明します

モバイルWi-FiルーターはVoLTEを利用することがないのでまったく問題ありませんが、 WiMAX 2+回線に対応しているスマートフォンを利用する場合にトラブルが発生する恐れがあります。


さて、WiMAX 2+がVoLTEに対応していないことでどのようなデメリットが生じるのかということを説明する前に、まずVoLTEとは一体どのような機能なのかについて確認しましょう。

VoLTE(Voice over LTE)とは

VoLTEとはLTE回線を利用した音声通話システムです。

実は従来のLTE対応スマートフォンでは、旧規格の3G回線で音声通話を行っていました。LTE回線はデータ通信のみ利用しており、音声通話に利用することができなかったのです。

しかしVoLTEに対応したスマートフォンが登場したことにより、LTE回線で音声通話を利用することも可能になりました。

クリアで高品質な音声通話を実現

VoLTEには様々なメリットがあります。

まず通話時の音声がクリアになり、音質が向上されます。また、遅延が少なく、発信時の呼び出し時間も短くなります。


さらに 通話中にLTEの高速通信が可能であることも大きなメリットです。

特にauのスマートフォンは音声通話とデータ通信を同時に利用することが不可能でした。

ドコモやソフトバンクは従来から音声通話とデータ通信の同時利用が可能でした。

しかしこの2社も通話中はデータ通信が3Gに切り替えられることで通信速度が抑えられてしまっていたので、VoLTEはドコモやソフトバンクユーザーにとってもそれなりに大きなメリットがあると言えます。

ただしVoLTEで実際に高品質な音声通話を利用するためには2つの条件を満たしている必要があります。

高品質な音声通話は条件付き

VoLTEで高品質な音声通話を実現するためには、下記の条件を両方満たしていなくてはいけません。

  • 発信側と着信側が同じ通信会社のネットワークに接続している
  • 発信側と着信側の両方がVoLTE対応端末を利用している 

例えばドコモのVoLTE対応スマートフォンでドコモのLTE回線を利用している方は、 同じくドコモのVoLTE対応スマートフォンでドコモのLTE回線を利用している方とのみ高品質な音声通話が可能となります。

ドコモのVoLTEを利用できる環境にいても、通話相手がauやソフトバンクユーザーならVoLTEの恩恵は受けられません。

逆も然りで、auやソフトバンクのVoLTE対応スマートフォンを利用している方はそれぞれ自社のVoLTE対応スマートフォンを利用している方とのみVoLTEの恩恵を受けられます。

これは 携帯電話会社によってVoLTEの規格が微妙に異なることに起因しています。

また、一部の機種ではこれが原因で、ドコモのVoLTEに対応していても他社のVoLTEは利用できないといったような問題も発生しています。

プレフィックス経由の通話も恩恵を受けられない

いわゆる格安スマホでもVoLTEに対応している機種が主流になりつつあります。

ところが格安スマホを販売しているMVNOと呼ばれる事業者が提供する 「プレフィックスサービス」を使うと、VoLTEの恩恵が受けられなくなってしまうのです。


このプレフィックスサービスとは、電話をかける際、先頭に特定の番号を追加して発信することで通話料を割引するサービスです。

プレフィックスサービスは 接続料が安い海外のネットワークなどを経由することで通話料を安く抑える仕組みなのですが、この「外部のネットワークを経由する」ところに問題があります。

少なくとも現在利用されているVoLTEの規格では、 高品質な通話品質を保つためには自社のネットワーク内で通話の通信が完結している必要があります。

外部のネットワークを経由してしまうと恩恵を受けられなくなってしまうのです。

プレフィックスサービスの仕組みイメージ


ここまで紹介したように、条件が多くなかなか実際にVoLTEの恩恵は受けにくいです。

しかし、実はスマホ端末がVoLTEに対応しているだけでも得られるメリットが1つだけあります。

VoLTEに対応していれば3G非対応でも問題なし!

お手持ちのスマホ端末がVoLTEによる音声通話が可能な機種であれば、旧通信規格である3Gには対応している必要性がありません。

3Gは通話品質が劣りますし、データ通信速度もLTEより遅いです。

なので、4G・LTEの両方が利用可能な状況で、あえて3Gにも対応している機種にこだわる意味はまったくありません。

強いて言えば、3Gのメリットは対応エリアの広さでしょうか。

3Gの電波は繋がるけれどもLTEは圏外になってしまうエリアがまだ一部存在します。

そういったエリアでも利用したい人の場合、3Gに対応しているメリットもあると言えるでしょう。


しかし LTEの普及が進んだ今では3G・4Gのサービスエリアに大きな差はありません。

むしろLTEが繋がるのに3Gは圏外になってしまうというエリアもあります。

実際、auのVoLTE対応スマートフォンはauの3G回線をサポートすることをやめました。

iPhone 6など一部例外もありますが、最新機種はほぼすべてLTEのみ対応しています。

これは端末が3Gに対応していなくても十分利用可能であると判断したからこその対応でしょう。

むしろLTEエリア内なのに3Gに接続してしまったり、3GからLTEに戻らなくなるといった事故を防げるので、3Gに対応しないことで生じるメリットもあります。

VoLTEに対応していれば3Gに対応していなくても基本的には問題ないと考えて差し支えありません。

WiMAX 2+がVoLTE不可であることによるデメリット

長々とVoLTEについて解説してきましたが、一言で説明すると、 VoLTEとはLTE回線を利用した高品質な音声通話機能です。

ところが WiMAX 2+はLTEの一種であるにもかかわらず、VoLTEを利用することができません。

これによってどのようなデメリットが生じるのでしょうか。

LTEエリア内なのに発着信ができない

WiMAX 2+は元々UQのモバイルWi-Fiルーター向けに提供されている回線ですが、実はauが販売しているスマートフォンやタブレットの中にはWiMAX 2+に対応している機種が多数あります。

しかし WiMAX 2+回線に接続したままでは電話がかかってきても着信できないので、そのまま気付くことさえできません。

この時、他のFDD-LTE回線にスムーズに切り替わって着信できれば良いのですが、上手く切り替わらずに着信を逃してしまうといったトラブルをよく耳にするのが実情です。

さらにauのスマートフォンがモバイルネットワークに接続している時、それがWiMAX 2+回線を利用しているのかその他のFDD-LTE回線を利用しているのか見分けることができません。

そもそもWiMAX 2+以外の電波が飛んでいないエリアでは、どうやってもデータ通信しか利用できないということであります。

将来的にはこれらの問題も解決されるかもしれませんが、auのスマートフォンを利用している方は現状このような問題が存在するということを頭の片隅に入れておきましょう。

もし気付かないうちに不在着信が入っていたら、それはWiMAX 2+のエリアにいたからかもしれません。

まとめ

WiMAX 2+はLTEの一種ですが、TD-LTE互換のデータ通信サービスであるがゆえに、一般的なLTE回線とは異なる挙動を示すことがあります。

高品質な音声通話機能「VoLTE」に対応しているスマートフォンがWiMAX 2+回線に接続している時、電話がかかってきても正常に電話を受けられない可能性があります。

ただし基本的にはWiMAX 2+よりもau 4G LTEのほうがエリアが広いので、実際にはこのような事象は発生しにくいと思われます。

また モバイルWi-FiルーターとしてのWiMAX 2+を利用している方には無関係なので安心していただいて大丈夫です。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。