Menu

ゲームアプリのデータ通信量にご注意を!

ゲームアプリの使用時には注意が必要です。

アプリ自体のダウンロードや、ゲーム内で課金アイテムを購入する場合のダウンロードするデータ量によって、格安SIMのデータ通信量の上限になってしまうことがあります。

1日の利用上限が設定されているタイプのSIMでも、同様に影響が出ることがあります。

基本的には、 データ通信を頻繁に行うゲームアプリを使用する際は、Wi-Fi環境下で利用する方がいいでしょう。

ゲームアプリのデータ通信量に注意!

外出先で時間がある時ちょっとゲームを、なんて場合があるかもしれません。

しかし、SIMのモバイルデータ通信を利用する場合は注意が必要です。


格安SIMでは数ギガのデータ使用量が設定されているとはいえ、基本的には 携帯キャリアのプランよりもデータの節約を意識しなければ快適に利用することはできません。

常に通信を行っていたり、課金アイテム自体のデータ量が大きい場合は、SIMのモバイルデータ通信を使用しないほうが懸命といえます。

アプリ自体のデータは大きくない

数十MBであればデータ量としては、それほど大きくありません。


問題となるのはプレイ時のデータ通信です。

外出先でモバイルデータ通信はなるべくさけ、Wi-Fiに接続している時に利用する方がよいでしょう。

アプリのデータ容量画面

数十分のプレイとアイテム課金で数百メガバイトかかるので注意!

アプリのダウンロードから数分プレイして、さらに課金アイテムを購入したあとのデータ量を見てみると、数百メガバイトの通信が行われていることがあります。

アプリをインストールしただけでは数十キロバイト程度であるのと比べると、 短い時間のプレイでもあっという間に1GB以上のデータ通信量となる可能性もあることがわかります。

数十分のゲームプレイとアイテム課金でデータ通信料が増える


これでは1日の使用上限が数十メガバイトに設定されている格安SIMのプランで利用することは難しいでしょう。

自宅に無線LANを導入して、Wi-Fi接続というプランが現実的といえます。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。