Menu

DMMモバイルの価格・スペック・口コミ情報

月額基本料(税抜)
440円〜4,680円/月
利用可能サービス
このプランではインターネットに接続することができます ネット
このプランでは音声通話をすることができます 電話
このプランではメールの送受信を行えます メール
このプランではアプリのダウンロード及び利用ができます アプリ
このプランでは動画を視聴できます 動画
このプランではSMSを利用することができます SMS
申し込む(公式サイト)

人気No.1スマホ+SIMプラン

ZenFone Go データSIMプラン 5GB
2,265円/月

人気No.1SIMプラン

データSIMプラン 10GB SMSオプション付き
2,340円/月

業界最安クラスを謳うDMMモバイルは、IIJmioをMVNEとしていることでも有名です。

MVNEについて噛み砕いて説明すると、MVNOはMVNEの影響を受けやすく、サービスの内容や評価が似通ったものになる傾向があります。
つまり最安級の料金で、IIJ並の良い回線が利用できるのです。

もちろんIIJとは異なる事業者なので、IIJが速い環境でDMMモバイルも同じ速度が出るという保証はありません。
しかし実際に実効速度データなどを見ていると、2社は同じような結果になることが多い傾向です。
とにかく料金が安く、通信はそこそこ快適であれば良いと割りきれる方に向いています。

DMMモバイルはプランが豊富で、全部で10通りものプランが存在します。
もちろん後から異なる容量のプランに変更することはできますが、初めて格安SIMを利用する方は迷ってしまうかもしれませんがその場合は一般的な3GBから始めてみることをおすすめします。
8GB以上のプランは最大3枚のSIMカードでシェアすることが可能で、家族で利用したり複数端末を所有している場合にすごくおすすめです。

通話料金に関してはDMMトークを利用すると通常の半額、10円/30秒となります。
楽天でんわのようなかけ放題オプションや、みおふぉんダイアルの家族間割引がない点で少し見劣りするかもしれません。

セット販売端末に関しては楽天モバイルと同じくらい多く、またラインナップの入れ替わりも激しいです。
人気機種はもちろん、低価格帯の機種も豊富で格安スマホとして文句の付けようがありません。

DMMモバイルは株式会社DMM.com(ディーエムエム・ドット・コム)が提供するMVNOになります。
DMM.comはネット通販やビデオ・オン・デマンドに関する事業を行っており社名と同じECサイト「DMM.com」を運営していることで有名です。
3Dプリントやロボットなど新しいことへ積極的に挑戦するDMMのMVNOは、今後の伸びしろに大いに期待できます!

価格

月額基本料

月間データ量 音声通話あり データ専用+SMS データ専用
1GB/月 1,260円 630円 480円
2GB/月 1,380円 920円 770円
3GB/月 1,500円 1,000円 850円
5GB/月 1,910円 1,360円 1,210円
7GB/月 2,560円 2,010円 1,860円
8GB/月 2,680円 2,130円 1,980円
10GB/月 2,890円 2,340円 2,190円
15GB/月 3,980円 3,430円 3,280円
20GB/月 4,680円 4,130円 3,980円
使い放題 1,140円 590円 440円

※特に記載がある場合を除き全て消費税抜きの金額です

初期費用

初期費用 2,890円 または 3,000円

※特に記載がある場合を除き全て消費税抜きの金額です
※初期費用には「初期工事費用・SIMカード手配料」が含まれます

評価

おすすめポイント

おすすめポイント

①1ヶ月で使い切れなかった基本データ通信量は翌月に繰り越し。
②低速通信時でも、はじめの一定量だけ高速通信で読み込みを行う「バースト機能」で快適通信。
③NTTドコモの回線を使用しているため、NTTドコモのサービスエリアすべてでご利用可能です。
④8GB、10GBコースでは、最大3枚のSIMで誰とでも分け合えるシェアコースがあります。
⑤毎月の請求額に対して10%の「DMMポイント」付与。
⑥業界最安値・業界最多プランを提供。

特徴

特徴と他社との比較

●最適なプランを自由に選択
10GBのプランまで用意されているので、自分好みのsimを偉く事ができる。
また、8GBと10GBのプランでは、SIMカードを3枚まで追加することができるようになっている。
つまり家族で共有したり、複数のタブレットやスマートフォンでデータ通信容量を分けることができるのだ。
もしデータを全て使わなくてもそれを1か月繰り越して利用できるので、無駄を極力省くことができる。
もし容量が余った時には、テザリングなどで容量を沢山使う人に分けるということもできるかもしれない。

●オプションについて
DMMのオプションとして代表的なのがセキュリティオプションだ。
今のところAndroid端末だけだが、Secure Anywhereに加入できる。
SMSのショートメール機能もぜひ加入しておきたい。
スマホを利用するだけではなく、インターネットをするためにも必要なものとなっている。

●データ通信追加チャージについて
次月まで回線を使えないなんて会社もあるが、DMMでは「追加チャージ」をすることができる。
この追加チャージでは100MBを200円から追加することができる。
最高は3000MBまでだが、もしそのような追加チャージがいつも必要なのであれば、そもそもプランの変更を考えた方が良いだろう。

●充実したサポート体制
例えば契約した後に分からないことがあった時には、フリーダイヤル(0120-584-585)に相談することができる。
こうしたことを考えるとまだまだ新しい会社ではあるが、乗り換えを検討してもよいのかもしれない。今現在スマホを持っていない人でも、スマホとセットで購入できるプランもある。今は6機種ほどが選べるようになっており、スマホ初心者にもおススメだ。

評判

評判と評価のまとめ

DMMモバイルは低速でも快適にデータ通信ができる「バースト機能」が大きな魅力と言えます。
当月のデータ容量を使い切ってしまい、低速通信になってしまったとしても、「バースト機能」のおかげでストレスなく快適にデータ通信を使うことができます。
さすがに大容量のデータ通信を快適に行うことはできないが、Yahoo!の閲覧など、軽いWebページであればストレスなく開くことができることで評判が高いです。
最近は「業界最安値」にも挑戦しており、扱っているプランはどれも格安スマホの中で一番安い料金価格帯に位置しており、安くて快適なサービスを受けることができます。
軽いWebページの閲覧がメインといったユーザにおすすめとなります。

注意したいポイント

注意したいポイント

DMMモバイルのお申し込みはオンラインでのみでの取り扱いとなります。
申し込み後の変更やキャンセルはできませんのでご注意ください。
またクレジットカードのみのお支払いとなります。
お申込みについてもお一人様一契約までとなります。

口コミ

画像の説明

つかささん

30代/女性 東京都

プラン
シングルコース データSIMプラン 1GB
回線速度
上り:13.55Mbps/下り:1.05Mbps
比較した業者
OCN
使用機器
スマホ/パナソニック/P-01D
使用目的
プライベート
契約月
2015年5月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

格安SIMの中でも価格が安かったため

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

IIjmio、OCNと格安SIMを使ってきましたが、格安SIMの中でも最安値として登場したDMMに興味を持ちました。ちょうどキャリアを解約して余っていたスマホがあったので、スマホを持っていない母に使ってもらおうと思い立ち、データSIMプランを契約してみました。外出先でのちょっとした調べものにネットが使えるので、便利になったと喜んでいました。速度も充分出ているようで満足しています。

画像の説明

kanzakiさん

20代/男性 群馬県

プラン
3GB+音声通話付き+端末代0円
回線速度
上り:11Mbps/下り:20Mbps
比較した業者
ヤフーモバイル、ソフトバンク、au
使用機器
スマホ/SAMSUNG/GalaxyS5
使用目的
プライベート
契約月
2014年3月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

何よりも月額料が安い、それにDMMはTVコマーシャルにも出てるので信頼度が高いと感じたから

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

もともとソフトバンク、DoCoMo、auなどの大手企業の基本料金が高いなあと感じていました。その時、偶然海外に出張するタイミングでSIMカードの存在を知り、自らインターネットで色々と調べ始めたのがきっかけです。正直、最初はすごい不安でしたが、いざ変えてみてインターネット速度も安定してますし、大手とほぼ変わらないです。なぜ大手とこれだけ金額の差があるのかは定かではないが、おそらく人件費、実店舗などの経費を賄う料金でしょう。ともかく、DMM SIM にして本当に良かったです。ちなみに僕が使っているプランは3GB+音声通話付きで月額料1,550円です。

画像の説明

ユウさん

20代/女性 長崎県

プラン
シングルコース データSIMプラン+HUAWEI G620S
回線速度
上り:4.08Mbps/下り:1.06Mbps
比較した業者
BIGLOBE
使用機器
スマホ/HUAWEI/HUAWEI G620S
使用目的
プライベート
契約月
2015年4月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

一番は安さ。DMMのアカウントは持っていたので、とっつきやすかったというのも理由

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

auのガラケーを使っていましたが、さすがにスマホに変えたいなと思い、ショップに相談に行きました。通話料も含め最安値のプランを検討してもらいましたが、ガラケーよりも高くて諦めました。DMMでゲームをしている時に「格安SIM」という物を見かけたので、ネットで契約の流れや実際に使用した感想などを調べ、契約する事にしました。通話料が高そうだったため、プランはデータ通信のみで、機種も最安値の物を頼みました。自宅にはWiーFiがありますし、外出時もdocomoの回線を使っているので、auよりもサクサク繋がります。結果としては大満足です。

画像の説明

浅草在住さん

20代/男性 東京都

プラン
データSIMプラン 5GB
回線速度
上り:15Mbps/下り:18Mbps
比較した業者
OCN
使用機器
タブレット/ソニー/エクスペリア Z3
使用目的
プライベート
契約月
2015年2月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

ドコモの回線を利用し、通信料が安かったから

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

タブレットが欲しくて、でもキャリアで契約すると非常に高いので、SIMフリーで探しました。ネットで検索や比較を行い、NTTドコモのデータ回線を利用できるという安心感から、DMMのプランに決めました。データ量はだいたい4GB/月程度だったので、5GBのプランにしました。通信も安定しており、速度もストレス無く使用できる上、利用料も安くなり、SIMフリーに変更して本当に良かったです。

画像の説明

リュウさん

20代/男性 福岡県

プラン
シングルコース データSIMプラン 1GB
回線速度
上り:8.1Mbps/下り:33Mbps
比較した業者
日本通信
使用機器
タブレット/アップル/iPad mini
使用目的
プライベート
契約月
2015年1月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

データSIMが一番安かったため

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

iPad miniをアップルで購入しました。格安SIM業者は何社かありますが、高速データSIMで一番安かったのがDMMでした。月額が660円と格安で、1GBではオーバーしてしまう時もありますが、追加料金も他社と比較しても安いので利用しています。時間帯によっては速度が出ない時もたまにありますが、普段使う分には問題なく利用しています。

画像の説明

mofmofさん

40代/女性 岩手県

プラン
通話SIM2GBプラン
回線速度
上り:6.87Mbps/下り:47.52Mbps
比較した業者
BIGLOBE
使用機器
スマホ/エイスース/ゼンフォン5
使用目的
プライベート
契約月
2015年1月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

キャンペーンを行っていたこと、ビザデビッドが使えたこと

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

元々、キャリアで契約していましたが、料金が高いので、何とかならないかと、色々調べて格安SIMを使ってみることにしました。キャンペーンもあり、お手頃な価格もあって、快適に利用中です。自宅ではWi-Fiを利用、外では普通に通話やショートメールが中心で、LINEも問題なく使えています。色々な業者がありますが、その中でも、かなり優秀な会社だと思います。

画像の説明

さいとかゆさん

30代/男性 神奈川県

プラン
通話SIMプラン 3GB
回線速度
上り:22Mbps/下り:28Mbps
比較した業者
楽天モバイル
使用機器
スマホ/SONY Xoperia /SO-01C
使用目的
プライベート
契約月
2015年3月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

音声通信付きでデータ通信料に対する価格の安さ

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

Docomoの2年契約が満了し、使用頻度の割に料金が高いことに不満をもっていたため格安SIMの検討を行いました。現在は高速データ通信料、価格の両面から検討し、コスパのよいDMMモバイルSIMを使用しております。データ通信速度も特に問題なく普段の使用(メール・サイト閲覧)では特に支障なく使用できます。このSIMを使って良かった点はやはり3GBの高速通信がついて月額1,550円という価格の安さと、電波受信状況の良さだと思います。これから契約しようとする人、今のMVNOが遅いと感じている人は、NifMoや楽天モバイルと同じく「DMMモバイル」をおすすめします。

画像の説明

mirusanさん

30代/女性 東京都

プラン
データSIMプラン 1GB
回線速度
上り:3.7Mbps/下り:18.2Mbps
比較した業者
ocn
使用機器
スマホ/panasonic/P07D
使用目的
プライベート
契約月
2015月2月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

値段が安かったのとネットでの評判もよかったため

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

スマホの料金が高かったため、ずっと料金が格安にできないか考えていました。友人が格安SIMを使っていて、毎月の通信費を安くしていたので、SIMフリーを使うことにしました。いろいろな業者があるなかでDMMは価格が安かったしネットでの評判でもよかったため決めました。今のところ問題なく快適に使えて、毎月の通信費も抑えることができ大満足です。

画像の説明

のぶのぶさん

20代/男性 山口県

プラン
通話SIMプラン1GB
回線速度
上り:10Mbps/下り:19Mbps
比較した業者
So-net
使用機器
スマホ/Huawei/Ascend G620S-L02/W
使用目的
プライベート
契約月
2015年4月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

ランニングコストが業界最安基準であり、端末とセットになったプランがあったから

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

以前はガラケーを使っており、スマートフォンへの機種変更を考えていた際に、安い月額料金で運用ができ2年縛りなどの契約の縛りなく運用ができる格安スマホについて知り、運用をしてみたいと考えました。DMMモバイルを選んだのは月額料金が業界最安基準の1280円から運用ができ、端末がセットになったプランが用意されていたからです。端末は一括で購入し、通話をする際はLINEやIP電話アプリを活用しているので、毎月のランニングコストはトータルで2000円以下となっています。

 

スマホセット(プラン+端末)

もっと見る

SIM(プランのみ)

もっと見る

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。