Menu

IIJmio

月額基本料(税抜)
900円〜3,260円/月
利用可能サービス
このプランではインターネットに接続することができます ネット
このプランでは音声通話をすることができます 電話
このプランではメールの送受信を行えます メール
このプランではアプリのダウンロード及び利用ができます アプリ
このプランでは動画を視聴できます 動画
このプランではSMSを利用することができます SMS
申し込む(公式サイト)

IIJmioは格安SIM業界の老舗で、昔から安定感があり評判が良い事業者です。
またサポートが優秀で、iPhoneの新機種や新バージョンが登場するとすぐに動作確認を行って調査結果を公開するなど、抜群の安心感があります。

料金プランは3種類だけなので初心者にも非常に分かりやすいです。
また最も容量が大きいファミリーシェアプランは3~10枚のSIMカードで利用することが可能です。
名前の通り家族で利用するのに最適なプランで、10GBを無駄なく分け合えます。

因みに専用アプリを利用すれば高速通信のON/OFFを切り替えて、データ容量を節約することが可能です。
現在となっては珍しくない機能ですが、こういったアプリをいち早く導入する姿勢が好印象です。
IIJは自社ユーザー向けにみおふぉんダイアルという割引サービスを提供しています。
楽天でんわと同様に通話料は10円/30秒と安くなりますが、IIJの場合は家族間の通話料は8円/30秒とさらに安くなり、より家族向けの仕様になっています。

セット販売端末の種類はそれほど多くありませんが、ASUSのZenFoneシリーズなど人気端末を揃えています。
ユーザーのことを第一に考えているのが目に見えて分かる信頼できるMVNOです。

IIJは1993年、日本で最初にインターネット接続の商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダです。
2008年よりMVNOとして、NTTドコモの回線を利用した法人向けモバイル通信サービスを開始し、2012年からは、個人向けモバイルデータ通信の提供をはじめています。

価格

月額基本料

月間データ量 音声通話あり データ専用+SMS データ専用
3GB/月 1,600円(タイプD)
1,600円(エコプラン)
1,600円(タイプA)
1,040円(タイプD)
900円(エコプラン)
900円(タイプA)
900円
6GB/月 2,220円(タイプD)
2,220円(タイプA)
1,660円(タイプD)
1,520円(タイプA)
1,520円
7GB/月 2,400円 1,700円 該当なし
10GB/月 3,260円(タイプD)
3,260円(タイプA)
2,700円(タイプD)
2,560円(タイプA)
2,560円

※特に記載がある場合を除き全て消費税抜きの金額です

初期費用

パッケージ価格 3,000円

※特に記載がある場合を除き全て消費税抜きの金額です

評価

おすすめポイント

おすすめポイント

1.高速通信できるデータ量(クーポン)を使い切ったあとの低速状態でもはじめの一定量だけ高速通信できる「バースト転送」で快適利用!

2.IIJmioクーポンスイッチアプリで高速通信を簡単・自由にON/OFFが可能!

3.クーポンが10GB利用でき、さらに最大3枚のSIMカードで分け合うことができる「ファミリーシェアプラン」もラインナップ

4.余ったデータ容量は翌月まで繰り越し可能!

5.「みおふぉんダイアル」で通話料が50%おトク、家族間通話なら、「ファミリー通話割引」と「みおふぉんダイアル」で最大60%オフ!

6.NTTドコモXi網/FOMA網を利用した高速モバイルインターネット接続サービス(LTE/3G対応)で広いエリアと高速通信に対応!

7.イオンで音声通話機能付きSIMを即日開通できる!MNPにも対応。

8.MNPの切り替えを自宅でWEBができる「おうちでナンバーポータビリティ」に対応!

特徴

特徴と他社との比較

●クーポンの活用で、高速データ通信を効率的に利用
IIJmioのクーポンとは、高速通信が可能なデータ量のこと。クーポンは、専用アプリケーション「みおぽん」を使ってON/OFFできるので、用途に応じて効率的に通信速度を使い分け られます。たとえば、普段はクーポンをOFFにしておき、重いファイルのダウンロードやWebページを閲覧する時のみクーポンをONにするといった使い方ができます。
もしもクーポンがなくなっても、買い足すことで高速通信が使えます。
会員専用サイトであれば、100MBを200円、ローソンの店頭であれば、500MBを1,500円で追加することができます。
(有効期限は購入から3ヶ月間)。また、使い残したクーポンは翌月に繰り越し可能です。
さらに、クーポンをOFFにしている低速通信の状態でも、通信開始時だけ高速通信を許可する「バースト転送」があるため、ストレス無くWebページが見られます。

●通話について
音声通話機能つきSIM(みおふぉん)における、通常の通話料は30秒20円です。
しかし、無料の専用アプリ「みおふぉんダイアル」を使って通話すれば、誰にかけても通話料は一律50%オフになります。
さらに同一契約者名義(同一mioID)間の通話料であれば、「ファミリー割引」が適用され、通話料は20%OFFとなります。
「みおふぉんダイアル」と「ファミリー割引」を同時に利用すれば、通話料は60%オフとなります。

●料金プランについて
3GB、SIM1枚、900円~の「ミニマムスタートプラン」、5GB、SIM1枚、1520円~の「ライトスタートプラン」、10GB、SIM最大3枚、2,560円~の「ファミリーシェアプラン」の3種類の料金プランがあります(価格はデータ通信のみ・SMS機能なしの場合)。
月々のデータ通信容量や必要なSIMの枚数に応じて、豊富なプランが用意されています。

評判

評判と評価のまとめ

IIJmioは「バースト機能」と「クーポンのON/OFF機能」の組合せが特徴的と言えます。
普段はクーポンをOFFにしておき、重いファイルのダウンロードやWebページを閲覧する時のみクーポンをONにするといった使い方ができます。
そのため、利用者からは貴重な高速通信のデータ量を節約することができ、非常に満足といった声が多いようです。この2つの機能の組合せはお見事としか言いようがありません。
格安スマホをさらにおトクに賢く使いたいユーザにおすすめです。

注意したいポイント

注意したいポイント

スマホセットプランで取り扱っている機種が2種類と少な目です。たくさんの中から選びたい方は物足りないでしょうが、ラインナップされているものは人気機種となっているため一見の価値ありです。

データ通信専用SIM、及びSMS機能付きSIMのプランは、利用開始日の翌月末日と最低利用期間が定められています。
また、登録やお支払いはクレジットカードのみとなりますのでご注意下さい。

口コミ

画像の説明

dmss23さん

40代/男性 神奈川県

プラン
みおふぉん ミニマムスタートプラン
回線速度
上り:8.0Mbps/下り:2.0Mbps
比較した業者
OCN
使用機器
スマホ/LG/G2 mini
使用目的
プライベート
契約月
2014年5月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

ネットでの評価。価格はどうせ横並びなので、大手で回線品質がいい、サポートや対応がいい所で検討した。また、IIJは手続きから利用開始までの時間が短かった。

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

仕事の場面で個人携帯の使用を強制されるようになり、それが嫌で2台目を持つことを検討しました。通話はほぼしないのとキャリア機ではなくSIMフリー機を使いたかったので自然とMVNOの中で検討する形となりました。今から1年前でもMVNOはかなりの数がありましたが、ネットでの評判はIIJmioとOCNがよかったため、発行までの時間が短いIIJmioにしました。2台目なので計測速度の速さよりもどこでも安定して使えることが大事で、IIJmioはその点も問題ありません。メンテナンスや対応等のサポート情報もしっかりしていて安心できます。

画像の説明

Zzzzさん

40代/女性 北海道

プラン
ビックカメラ BIC SIM ミニマムスタートプラン
回線速度
上り:2.97Mbps/下り:5.86Mbps
比較した業者
E-Mobile,日本通信,IIJmio
使用機器
ポケットWifi/日本通信/bモバイル4G WiFi2
使用目的
プライベート
契約月
2014年5月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

Wi-Fiスポットの利用が無料。余ったデータ量は翌月に繰り越せる。

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

ソフトバンクのガラケーを使用しており、スマートフォンへ変更を考えておりました。しかし、スマートフォンは通信料が高くなってしまうため、何とか安く抑えたいと思っておりました。そんな時、友人がApple - iPod touchを使用しているのを知って、スマートフォンよりこちらで十分だと考えたのです。自宅と職場にはWiーFi環境がありますので、外出時の電波の確保が目的でポケットWiーFiで格安SIMを利用することにしました。数社比較した結果、コスパが良い点、WiーFiスポットが無料で利用出来る点、余ったデータ量は翌月に繰り越せる点が決めて手となり、BIC SIMに決めました。

画像の説明

むむむむさん

40代/女性 埼玉県

プラン
ミニマムスタートプラン
回線速度
上り:2,25Mbps/下り:0,54Mbps
比較した業者
日本通信・イオンモバイル
使用機器
スマホ/sony ericsson/XPERIA SO-3D docomo
使用目的
プライベート
契約月
2014年5月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

ガラケーは使いたかったので、データ通信専用で選択。その際、余ったデータ量は翌月に繰り越せるとあったので。

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

主人が最新スマホを購入したため、不要になったスマホを活用しようということになり、格安SIMを検討しました。持っているガラケーは気に入っているので、データ通信専用を探して、当初は動作確認の出来ているb-mobileが有力候補でした。しかし比較サイトをみると、料金、速度、データ量等を比較して、バンドルクーポンが繰り越せるという点で IIjmio に決めました。

画像の説明

三原さん

30代/女性 千葉県

プラン
ミニマムスタートプラン
回線速度
上り:4.33Mbps/下り:23.13Mbps
比較した業者
OCN
使用機器
タブレット/ASUS/ME571-LTE
使用目的
プライベート
契約月
2014年7月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

良心的な古参格安SIM業者として信用度が高そうだと思ったため

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

外出先でタブレットなどでインターネットを使う必要性に迫られて、すぐに申し込みができる格安SIMに辿り着きました。月々の費用が安かったのでお試し感覚で気軽に申し込みをしました。他にもいくつも格安SIM業者はありましたが、IIJmioは古くから運営している手堅い業者というイメージがあり、これがIIJmioを選ぶ決め手になりました。

画像の説明

genmaiさん

40代/女性 沖縄県

プラン
SMS機能付きSIM「ミニマムスタートプラン」
回線速度
上り:0.40Mbps/下り:2.62Mbps
比較した業者
OCN
使用機器
スマホ/Apple/iPhone 4S
使用目的
プライベート
契約月
2014年11月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

未使用分データを翌月まで繰り越せることと、通信状況が良いとのレビューを読んだから。

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

Y!モバイルでスマートフォンとPHSのセットで契約をしていましたが、国内スマートフォンの性能が悪すぎて使い物になりませんでした。通話の品質はPHSがとても良いため、契約をPHSのみに変更し、知人から譲ってもらっていたiPhone 4Sに格安SIMを入れて使うことを検討したのです。通信業者はデータ量繰り越しや専用アプリなどオリジナルのサービスが充実していたので、IIJmioに決めました。iPhone 4Sでは3G回線しか使用できませんが、大容量が必要なわけではないため、特に不自由はしていません。

画像の説明

なおさん

30代/男性 香川県

プラン
ミニマムスタートプラン
回線速度
上り:4.66Mbps/下り:4.39Mbps
比較した業者
U-mobile
使用機器
ポケットWifi/NEC/Aterm MR03LN
使用目的
プライベート
契約月
2015年3月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

高速モード切り替え機能が使えるから。

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

WindowsタブレットやiPod Touchを外出先でも使いたいと思い、月額使用料を安くしようと考えた結果、モバイルWiーFiルーターと格安SIMの組み合わせを思いつきました。月に1GBも使わないので、当初はU-mobileのダブルフィックスプランで月額734円で運用していましたが、通信が安定せず速度も出ないことが多く、一年で解約しました。こういった経緯があったので、乗り換え先のMVNOとして重要視したのが通信の安定性で、その点の評判が良く、高速通信モードが使えるIIJmioに決めました。最初からこっちにしておけば良かったと思う素晴らしい品質で、とても満足しています。

画像の説明

りんさん

40代/女性 茨城県

プラン
SMS機能付きデータ専用プラン3GB
回線速度
上り:11.57Mbps/下り:0.63Mbps
比較した業者
OCN
使用機器
スマホ/東芝/REGZA T-02D
使用目的
プライベート
契約月
2014年1月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

当時余ったデータ量を繰り越せるのはIIJだけだったから

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

家計負担を減らしたくて検討しました。周囲ではほぼ誰も格安SIMを導入している人がいなかったので自分で調べました。IIJmioを選んだ理由は、当時余ったデータ量を繰り越せるのがIIJしかなかったことです。他に専用アプリで速度を自分で切り替えられる事、ひと月単位で使用量を調整できる事、制限を受けた時の速度が200kbpsあり、アプリを使った電話やメールにも支障がないと言われていた事などです。現在は競合いMVNOが沢山出てきましたが、今まで何の不満もないので当分変えるつもりはありません。値段も1200円くらいでとても助かってます。

画像の説明

さーちんさん

30代/女性 愛知県

プラン
LTE高速データ通信専用SIM
回線速度
上り:35Mbps/下り:6.86Mbps
比較した業者
なし
使用機器
スマホ/TOSHIBA,富士通/docomo T-02D,docomo ARROWS Tab F-02F
使用目的
プライベート
契約月
2014年7月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

ファミリーシェアプランが利用できる業者が良かったから

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

使っていたT-02Dの分割払いの支払いが終了したのを機に、夫婦共のスマホ料金削減のため格安SIMを検討しファミリーシェアプランのあるIIJmioを選びました。通話はガラケーにし、データ通信は格安SIMを使ったスマホに変更し、それを2人分とタブレット1台の計3台をファミリーシェアプランで利用しています。SIMカードの初期投資に3枚で1万円程掛かりましたが、先を考えれば安い物です。ゲーム利用や動画再生も問題なく使えていますし、3枚で10GBは次月に繰り越す程の容量でした。

画像の説明

あれんさん

40代/男性 福岡県

プラン
データ通信専用ミニマムスタートプラン
回線速度
上り:77.04Mbps/下り:19.31Mbps
比較した業者
OCN
使用機器
スマホ/HUAWEI/Ascend P7 L10/W
使用目的
プライベート
契約月
2014年10月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

1ヶ月3GBの使用容量で使え、余った容量は翌月まで繰り越せるため

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

最初はタブレット用に新規購入しました。タブレットは最初からSIMフリーを考えていてタブレットのために使用しましたが、タブレットは重いのでだんだん持ち歩かなくなりSIMフリーのスマホに流用しました。最初にSIMを選んだときはOCNと迷いましたが、毎日使うわけでなく、必要な時に重点的に使うにはIIJmioが向いていると思いました。ビックカメラで買ったので、無料WiーFiスポットを利用できるのも決め手になりました。タブレットでもスマホでも全く問題なく利用できています。タブレットからスマホに流用できる事自体がSIMフリーの利点を既に活かせていると思います。

画像の説明

いちのせさん

20代/男性 大阪府

プラン
ファミリープラン
回線速度
上り:11.09Mbps/下り:1.50Mbps
比較した業者
docomo
使用機器
スマホ/富士通/ARROWS NX F-01F docomo
使用目的
プライベート
契約月
2015年2月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

価格が安く、使える容量も大きいから

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

携帯料金が大幅に安くなると聞いて乗り換えました。契約満了の月ではなかったのですが解約金を払ってでも乗り換えたほうが安かったので思い切って変えました。ネットでは速度が出ない等の書き込みを見て不安でしたが、以前に使っていたドコモと同じくらい快適に使えています。今はファミリープランで10G使えるのでドコモより何倍も良いです。

 

スマホセット(プラン+端末)

もっと見る

SIM(プランのみ)

もっと見る

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。