Menu

mineoの価格・スペック・口コミ情報

月額基本料(税抜)
700円〜3,220円/月
利用可能サービス
このプランではインターネットに接続することができます ネット
このプランでは音声通話をすることができます 電話
このプランではメールの送受信を行えます メール
このプランではアプリのダウンロード及び利用ができます アプリ
このプランでは動画を視聴できます 動画
このプランではSMSを利用することができます SMS
申し込む(公式サイト)

人気No.1スマホ+SIMプラン

arrows M03 デュアルタイプ 5GB
3,518円/月

初のau系MVNOであると同時に、ドコモ回線も提供しているマルチキャリアなMVNOでもあります
特にauプランは通信速度の速さに定評があり、評判が良いです。

auプランとドコモプラン、それぞれにデータ容量が異なる5種類のコースを用意しています。
ちなみにauプランに関しては標準でSMS機能を付帯しています。

mineoは様々な独自サービスを提供しているのが魅力的です。

例えば自分、あるいは家族で複数回線契約していると毎月の料金が50円/回線割引されます。
また余ったデータ容量を他の回線とシェアしたり、家族以外の特定のユーザーにプレゼントすることも可能です。

さらにフリータンクという非常に便利な機能があります。
mineoでは余ったデータ容量は翌月末まで繰り越すことができますが、翌々月になると消滅してしまいます。
しかしその前にフリータンクに預け入れてしまえば、数か月後の月末などデータ容量が不足してピンチな時に引き出すことができるのです。

セット販売端末に関してはau系の機種は豊富ですが、ドコモ系の機種に関してはあまり用意されていません。
欲しい機種がなければSIMのみ購入し、端末は別途調達するのも一法です。

フリータンクなどの機能を使いこなすのは少し難しいかもしれませんが、それらを利用しなくても十分初心者にもおすすめできる格安SIMだと思います。

mineoはケイ・オプティコム社がMVNOとして提供しているサービスで、関西ではブロードバンドの固定回線をeo光として提供しており、知名度高い実績のある会社です。
格安SIMでauのMVNOはまだまだ少ないため、auの携帯電話を利用しているユーザにとっては必ず選択肢の一つになるでしょう。

価格

月額基本料

月間データ量 音声通話あり データ専用+SMS データ専用
500MB/月 1,310円()
1,400円()
700円()
820円()
700円
1GB/月 1,410円()
1,500円()
800円()
920円()
800円
3GB/月 1,510円()
1,600円()
900円()
1,020円()
900円
5GB/月 2,190円()
2,280円()
1,580円()
1,700円()
1,580円
10GB/月 3,130円()
3,220円()
2,520円()
2,640円()
2,520円

※特に記載がある場合を除き全て消費税抜きの金額です

初期費用

初期費用 3,000円

※特に記載がある場合を除き全て消費税抜きの金額です
※初期費用には「初期工事費用・SIMカード手配料」が含まれます

評価

おすすめポイント

おすすめポイント

1.余ったデータ容量は翌月まで繰り越しができる!

2.余ったデータ容量は「パケットシェア」で家族の繰り越した分を分け合える!

3.人口カバー率99%のau4G LTE回線が使えます。

4.固定電話、携帯電話への通話料がおトクになるアプリ「LaLa Call」が基本料無料で利用可能!

5.mineoなら「090音声通話」「050IP電話」どちらでも選べます。

6.mineoへのMNP転入時に通信ができなくなる時間はわずか30分!
他のMVNOと比べると圧倒的に短いです。

7.積極的なビジネスを展開!
au回線とdocomo回線の両方を提供するマルチキャリアなど、今後の動向が楽しみなMVNOです

8.7月から最低利用期間と解約清算金を撤廃!
※他社へ12か月以内のMNP転出の場合は11,500円が発生

特徴

特徴と他社との比較

●mineoはSMSが無料
mineoでは、すべての格安SIMカードにSMSが無料でついています。
他社では、SMSはオプションとして取り扱っているためmineoの特徴の一つです。
価格面を比較すれば、他社のSMS付き格安SIMカードと比べ特別安いわけではないのでプランの見せ方が上手ということでしょう。
実際、SMSの必要性のことを考えれば、LINEやFacebookなどの認証で必要となるため標準でSMSをつけているmineoは初心者を考慮した格安SIMカードを用意していると考えられます。

●mineoは50IP電話アプリ(LaLa Call)の月額基本料が無料
050から始まるIP電話をmineoユーザーは月額基本料金を無料で利用できます。
通常は100円/月(税抜)かかりますので、おトクですね。
SMSとIP電話が無料で使えるというのはmineoのおトクな特徴と言えます。
LaLa Callの通話料は、携帯電話宛ては1分18円、固定電話宛ては3分8円と、通常の通話代金20円/30秒と比べると大幅におトクとなります。
気を付けるポイントとしては、通所の電話と比べると通話時の聞き取りにくさがあるkとや、データ通信速度の低い場所では通話ができない点があります。
音声通話に対応したデュアルプランも選択しても付いてくるので、将来はIP電話に切り替えて、より節約したい方もお試しで利用してみるのも手ではないでしょうか。

●mineoならではの「パケットシェア」!
パケットを家族にシェアできる「パケットシェア」
契約者と住所を同一にする家族は家族間でパケットシェアができます。
より効率よくデータ量を使いこなすことができますし、より家族とのコミュニケーションも進みますね。
お子さんのネット利用状況が気になる方は、データ料が少ない500MBのプランを契約して、使用状況に合わせてシェアしていくのも手でしょう。
最大5回線までのシェアとなりますのでご注意ください。

●利便性の高いオプション
オプションも有用なものが多いので、取り入れてみる価値はあるでしょう。
月額270円の有料オプションでウィルスバスターモバイルはアプリやインターネットからの防御の他にも迷惑SMS/着信対策も可能です。
Android端末を所有している人にとっては、トータルセキュリティが受けられます。
mineo.jpのメールアドレスが付与されるのは魅力的です。
アドレスの使い分けができるので、プライベート用とビジネス用といった使い分けができるようになるでしょう。

評判

評判と評価のまとめ

au回線(KDDI系)のMVNOとしてmineoは必ず候補にあがるでしょう。
料金面では他社と差がありませんが、 SMSやIP電話が無料で利用でき、余ったデータ量を翌月へ繰り越せたりパケットシェアができることなどは他のMVNOと比べ、特徴的かつおトクな格安SIMカードといえるでしょう。
最近は利用者も増え、時間帯によっては通信速度が低下してしまうといった評価も一部ありますが、通信速度はサービス開始直後から安定した通信速度を実現し高く評価されているようです。
端末によりことなりますが、テザリングは月額料金無料で利用できます。mineoの動作確認端末一覧で各端末の対応状況が分かりますので参考にしてください。
au系のMVNOであるため利用するバンドに対応した端末が必要な点にご注意ください。スマホとセットになった格安スマホを選べば問題ないでしょう。
また3Gの通信網は利用できないため、LTEの整っていない山奥や僻地ではつながりにくいといった点は気をつけておきたいところです。
現在、auのスマホを利用しており、格安スマホを検討をしているユーザにおすすめです。

注意したいポイント

注意したいポイント

1.SMSが必須になるため、SMSなしの他社MVNOの格安SIMカードと比べると若干高めとなっています。

2.iPhone 5、iPhone 6およびiPhone 6 PlusではSIMフリー版、au版ともにmineo通信サービスがご利用いただけません。

3.iOS 8、iOS 8.1、iOS 8.2およびiOS 8.3ではmineo通信サービスがご利用いただけません。

4.VoLTE対応機種(auから2014年12月以降発売した主な機種)については、現時点でmineo通信サービスをご利用いただけません。

口コミ

画像の説明

ゆみさん

20代/女性 静岡県

プラン
シングルプラン3GB
回線速度
上り:43.76Mbps/下り:9.05Mbps
比較した業者
OCN
使用機器
スマホ/SONY/XPERIA SOL21
使用目的
プライベート
契約月
2015年4月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

auで選択できる業者で、知人が推奨していた為

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

元々、auLTEフラットプランで夫婦合わせて月々18000円ほど通信費がかかっており、2年縛りの契約もスマートフォンの本体料金の支払いも完了していた為、通信費の見直しを行いました。仕事で通話が多く、家ではWi-Fiも有り、外出先での長時間の動画視聴等も無い為今までのデータ定額では無駄が多かったので、通話とデータ通信機を分けることにしました。現在はまったく不自由なく利用できています。手続きも簡単で利用した分のパケットも閲覧しやすく満足しています。

画像の説明

うめっこさん

30代/女性 三重県

プラン
デュアルタイプ パケット制限コース1GB
回線速度
上り:50.98Mbps/下り:22.17Mbps
比較した業者
なし
使用機器
スマホ/京セラ/DIGNO M KYL22
使用目的
プライベート
契約月
2014年9月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

基本料金が安かったのと、au系SIMだったため

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

auを10年以上使用していました。スマホは2年以上使っていましたが、買い替え時だったことと、基本料金が高いことから会社の乗換えを検討していました。色々調べていたところ、au系スマホの会社なら安心して使えるだろうということで、まだその頃はSIMフリー端末がなかったことと3Gスマホは非対応だったため、auスマホを中古で購入してMNPで乗り換えました。今までは6000円くらいしていましたが、契約を切り替えてから2000円を越えた月はありません。特にゲームもあまり使わないのでスピードも問題ありません。普段はWiーFi利用なので500MBが出たらプランを変える予定です。

画像の説明

ぽんたさん

30代/女性 大阪府

プラン
mineo シングルタイプ 3GB
回線速度
上り:8.87Mbps/下り:9.15Mbps
比較した業者
UQ-mobile
使用機器
スマホ/HTC/HTL21
使用目的
プライベート
契約月
2015年4月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

CMにもよく出てたし、他の人のレビューがUQ-mobileより多く、参考になったから

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

結婚して、家計簿をつけるようになり通信費がネットと携帯代(×2人分)併せて2万円以上と家計を圧迫していることに気づき、急遽通信費を何とかせねばと調べていました。結果、格安SIMにたどり着きました。auスマホだったので、選択肢はUQ-mobileとの二つだったのですが、mineoの方が最初のauでの格安SIMだったこと、mineoは普及期間がUQより長かったため導入した方々のレビューが多く参考にさせてもらったこともあり決断しました。通信の方は皆様の書かれていた感想のとおりauキャリアと謙遜無く使えております。

画像の説明

でんでんさん

20代/男性 大分県

プラン
シングルタイプ1GB
回線速度
上り:12Mbps/下り:27Mbps
比較した業者
BIGLOBE
使用機器
ポケットWifi/NEC/Aterm MR03LE
使用目的
プライベート
契約月
2015年3月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

Wi-Fiルーターがセットになったプランがあり、料金が安かったから

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

私はスマートフォンを持っておらず、iPod touchをスマートフォンの代わりに利用しているのですが、屋外でもLINEでやり取りをする必要性が生じたため、iPod touchで何処ででもLINEができるWi-Fiルーターを導入しようと考えました。WiMAXは私の生活エリアでは通信が不安定になることが多く、携帯電話会社のWi-Fiルーターは契約の縛りが合ったため、安い料金で利用できる格安SIMを利用しようと思ったのです。mineoの格安SIMは料金が安い上に通信回線も安定していますし、Wi-Fiルーターがセットで販売されているので、初心者の私でも快適に使えています。

 

スマホセット(プラン+端末)

もっと見る

SIM(プランのみ)

もっと見る

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。