Menu

もしもシークスの価格・スペック・口コミ情報

月額基本料(税抜)
380円〜3,980円/月
利用可能サービス
このプランではインターネットに接続することができます ネット
このプランでは音声通話をすることができます 電話
このプランではメールの送受信を行えます メール
このプランではアプリのダウンロード及び利用ができます アプリ
このプランでは動画を視聴できます 動画
このプランではSMSを利用することができます SMS
申し込む(公式サイト)

人気No.1SIMプラン

音声プラン+5GB
2,780円/月

もしもシークスはエックスモバイル株式会社が提供するMVNOです。
エックスモバイル株式会社は2013年10月に設立し、2014年10月にもしもシークスを開業した新しい会社です。
他の事業も合わせて行っているMVNO事業者が多い中珍しく、専業でMVNO事業を行っております。
そんなエックスモバイル株式会社が提供するMVNOもしもシークスでは、 無料通話付のプランを展開していたり、日本未発売だったSIMフリー版Xperia Z3 Tablet Compactの販売、MVNOで国内初のiPhone 6/6 Plusを販売したりするなど、 他社とは一味違う取り組みを行っているのが特徴です。
格安SIMへ乗り換える際に通話料金が気になる方も多いので、通話料金に特化したプランがあるもしもシークスの今後の展開に期待です。

価格

月額基本料

月間データ量 音声通話あり データ専用+SMS データ専用
0.5GB 980円 580円 380円
1GB 1,980円 該当なし 該当なし
1.5GB 1,580円 1,180円 980円
3.5GB 2,180円 1,780円 1,580円
5.5GB 2,780円 2,380円 2,180円
7GB 2,980円(あんしんコース)
3,980円(まんぞくコース)
該当なし 該当なし
7.5GB 3,380円 2,980円 2,780円
10.5GB 3,980円 3,580円 3,380円

※特に記載がある場合を除き全て消費税抜きの金額です

初期費用

初期費用 5,000円

※特に記載がある場合を除き全て消費税抜きの金額です
※初期費用には「初期工事費用・SIMカード手配料」が含まれます

評価

おすすめポイント

1.音声プランは業界最安クラスの980円から利用可能!しかも500MBのパケット付き!

2.2種類の通話定額プランを選択可能!プレフィックスだから音質は回線交換方式とほぼ同等!

 

3.独自ルートで調達した珍しいSIMフリー端末の取り扱い実績が多数有り!

4.公式ショップは全国に21店舗を展開!取扱店も含めると 全151店舗!

5.iPhone購入可能!iPhone 6sの取り扱いもあり!

特徴

  • 月額980円で音声通話も高速通信も利用可能

 

もしもシークスの音声プランは基本980円で提供されており、オプションを追加しなくても500MBまでは高速通信が可能となっています。月額1,000円以下の音声通話対応プラン自体が非常に珍しいので、これは素直に評価できるポイントです。

 

また音声通話機能を省いたデータプランなら基本料金380円のみで毎月500MBまで高速通信が可能です。これも最低料金の安さを考慮すると一定の評価はできます。しかし初期費用がやや高額なので見た目ほどお得ではないの点に注意が必要です。

 

  • 基本プランにパケットや通話プランを追加して利用

 

音声プランなら月額980円、データプランなら月額380円で利用可能ですが、基本プランのみだと毎月500MBしか高速通信が利用できません。データ容量を増やしたい場合は、全6種類の「パケット」から1つ選択する必要があります。

 

しかしこれが他社と比べると割高で、あまりお得感がない原因となっています。例えば1GBの増量に600円が必要ですし、3GBだと1,200円も追加費用がかかります。大手キャリアを基準に考えると確かに安価ですが、格安SIMのデータプランは900円で3GBが標準的です。格安SIMとしては割高と言わざるを得ません。

 

最上位のパケット「エックスモバイル ギガ放題」は3,600円の追加料金で25GB増量されるのでコスパが良いような気がしますが、U-mobile MAXなら月額2,380円で25GBまで高速通信が可能です。基本料金も考慮すれば実に1,600円もの差があることが分かりますね。

 

データ容量の単価を重視するなら他の格安SIMのほうがおすすめです。

 

  • 格安SIMでは唯一の通話定額サービス「かけたい放題フル」

 

もしもシークスで最大の魅力はプレフィックスの通話定額サービス「かけたい放題フル」です。

 

かけたい放題フルは基本料金とは別で1,800円かかりますが、音声通話が定額で利用可能になります。プレフィックス系のサービスなのでナビダイヤルや緊急連絡先など一部の電話番号には発信できませんが、長時間通話するユーザーにとってはかなりお得感があるのではないでしょうか。

 

無制限の通話定額サービスと言えば、例えばイオンモバイルから「050かけ放題」、NifMoからは「NifMoでんわ」が提供されています。しかしこれらはIP電話を利用した割引サービスなので、普通の音声通話サービスと比べると不安定で、通話品質は電波環境に大きく左右されるのです。

 

プレフィックスサービスも純粋な音声通話サービスと比較すると品質は多少低下します。しかしIP電話よりは安定した通話を期待できるので、たくさん通話を利用する方にとっては有力な選択肢となるでしょう。

 

 

  • 国内では珍しいSIMフリー端末を購入することも可能

 

もしもシークスは海外向けの珍しいSIMフリー端末を多数取り扱ってきた実績があります。

 

過去にはXperia Z3 Tablet CompactやBlackBerryシリーズなど、コアなファンに根強い人気がある機種を販売してきました。2017年6月現在もハローキティフォンというキティちゃん型の二つ折り携帯や、固定電話のような外見のスゴい電話といった個性的な端末を販売中です。

 

もしもシークスの取り扱い端末は、数百社存在するMVNOの中でも突出して個性的なラインナップです。珍しい端末を使ってみたいという方は、もしもシークスなら面白い機種を見つけられるかもしれませんよ。

 

  • 格安SIMとiPhoneをセットで購入可能

 

もしもシークスはMVNOとして初めてiPhoneを取り扱い始めたことで有名です。

 

当時国内でiPhoneを販売している通信事業者はドコモとau、ソフトバンクの3社しか存在しなかったため、格安SIMとiPhoneをセットで購入することは不可能でした。

 

しかし、もしもシークスが独自のルートでiPhoneを仕入れて販売し始めたことで、格安SIMとiPhoneをセットで購入することが可能になりました。MVNOに乗り換えてもiPhoneを使いたいという方にとっては魅力的なサービスなのではないでしょうか。

 

ただし現在はソフトバンクのサブブランドであるY!mobileや、auのサブブランド的な立ち位置であるUQ mobileが正規のルートでiPhone 5sやiPhone SEを販売しています。したがってもし格安SIMとセットで購入したいのであれば、もしもシークスのiPhoneよりもY!mobileやUQ mobileのiPhoneがおすすめです。

 

もしもシークスのiPhoneがあまりおすすめできない理由は、Appleから卸ろされた新品ではなくドコモが販売した新古品だからです。もしもシークスは、ドコモユーザーが買取ショップに売却したiPhoneを仕入れているのです。

 

ドコモが販売したiPhoneということは、ドコモのSIMロックがかかっている可能性があります。もしSIMロックがかかっていた場合、元の契約者以外はSIMロックを解除することができません。そのため他社への乗り換えや、海外利用を制限されてしまう可能性があります。

 

またApple Care+に加入できないというデメリットもあります。もしもシークス独自の保証サービスに加入することはできますが、Appleのサポートを受けることはできないので注意が必要です。

 

もしもシークスではY!mobileやUQ mobileが扱っていないiPhone 6sなども販売しているので、購入したいモデルによっては一考の余地があります。しかし保証サービスなどを重視するのであれば、大手キャリアのサブブランドから購入するか、Apple StoreからSIMフリー版を購入するのがおすすめです。

評判

もしもシークスは過去に2回料金プランが刷新されているので、古い口コミや評価はあまり参考になりません。

 

初期費用はやや高めに設定されており、月額料金も基本プランこそ安価であるものの、追加のパケット料金は割高です。データ通信がメインのユーザーにはあまり向いていません。

 

現在のプランでもっとも魅力的なのは「かけたい放題フル」です。IP電話よりも高品質な音声通話を定額で利用することができます。データ通信よりも通話メインのユーザーにおすすめです。

 

もしもシークスと言えばiPhoneを取り扱っているMVNOとして有名でしたが、現在はY!mobileやUQ mobileが正規ルートでiPhone 5sやiPhone SEを販売しています。そのため積極的にもしもシークスのiPhoneを購入する理由はほとんどなくなりました。

 

ただし現在もハローキティフォンのような珍しい端末を取り扱っており、かなり個性的なMVNOであることは間違いありません。

 

長時間通話したいけれどIP電話の品質は不満だという方に向いているMVNOです。

注意したいポイント

もしもシークスは過去に数回、料金プランを刷新しています。またMVNEの変更も行われているため、古い口コミや評価はあまり参考になりません。2回も完全に料金プランを入れ替えたMVNOはかなり珍しいです。最近は落ち着いている様子ですが、これらを踏まえた上でもしもシークスのプランを検討することをおすすめします。

 

一般的なMVNOは事務手数料として3,000円、SIMカード発行手数料として394円、合計3,394円を初期費用としていることが多いです。しかしもしもシークスの初期費用は5,000円とやや高額に設定されています。

 

音声プランは980円から利用可能で一見するとコストパフォーマンスが優れているように思われますが、上位プランは割高でそれほどお得感はありません。また大多数のMVNOはデータプランに最低利用期間は設けていませんが、もしもシークスはデータプランにも1年の最低利用期間と10,000円の違約金を設けています。1度契約すると1年間は解約しにくいのが大きなデメリットです。

 

2017年4月1日から提供を開始した「エックスモバイル ギガ放題」は、月間25GBまで高速通信が使い放題なプランです。公式サイトの料金表には「使い放題」と記載されていますが、あくまでも「25GBまで使い放題」なのでご注意ください。

 

2種類の通話定額プランはプレフィックスによる通話割引サービスとして提供されています。専用のアプリから発信すると通話料がお得になる仕組みです。プレフィックスでかけたい放題を実現した点は評価できますが、通常の回線交換方式の3G通話やVoLTEと比べると通話品質は落ちてしまいます。IP電話よりは安定しますが、特にVoLTEの高品質な音声通話を利用したい方には不向きです。

 

もしもシークスはMVNOとして初めてiPhoneを取り扱ったことで注目され、その後も新モデルを次々にラインナップに追加しています。しかしこれはAppleから正規に卸されている商品ではなく、もしもシークスが独自のルートで仕入れている新古品の端末です。そのためApple Care+ for iPhoneには加入できません。

 

また仕入れているiPhoneはSIMフリーモデルではなく、ドコモから販売されたモデルです。そのため基本的にドコモのSIMロックがかかっています。前者のほうが対応している格安SIMが豊富でリセールバリューも高いため、もしもシークスから購入するのは割高感が拭えません。

 

その他にも国内では通常販売されていないような珍しい機種をラインナップに加えることが多々ありますが、いずれもメーカー正規のサポートが保証されていないので注意が必要です。

口コミ

データがありません  

スマホセット(プラン+端末)

当サイトでの取り扱いはありません

SIM(プランのみ)

もっと見る

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。