Menu

NifMo

月額基本料(税抜)
900円〜3,500円/月
利用可能サービス
このプランではインターネットに接続することができます ネット
このプランでは音声通話をすることができます 電話
このプランではメールの送受信を行えます メール
このプランではアプリのダウンロード及び利用ができます アプリ
このプランでは動画を視聴できます 動画
このプランではSMSを利用することができます SMS
申し込む(公式サイト)

人気No.1スマホ+SIMプラン

スマホセット(HUAWEI nova lite) 音声通話付き 3GB
3,175円/月

人気No.1SIMプラン

音声通話付き 3GBプラン
1,600円/月

格安スマホの業界において、「NifMo バリュープログラム」で他社との差別化がとても特徴的なのがNifMoです。
NifMoはニフティ株式会社が提供するMVNOです。
ニフティ株式会社はインターネットプロバイダとして有名であり、富士通の連結子会社でもあります。
NTTドコモの回線を利用したMVNOのモバイル通信サービスの提供を行っています。
格安SIMとしては初の「電話かけ放題」のサービス開始を予定しており、今後も独自のサービス展開が期待されます。

価格

月額基本料

月間データ量 音声通話あり データ専用+SMS データ専用
3GB/月 1,600円 1,050円 900円
7GB/月 2,300円 1,750円 1,600円
13GB/月 3,500円 2,950円 2,800円

※特に記載がある場合を除き全て消費税抜きの金額です

初期費用

パッケージ価格 3,000円

※特に記載がある場合を除き全て消費税抜きの金額です

評価

おすすめポイント

おすすめポイント

①買い物をしたりおすすめアプリをダウンロードすると毎月の料金が割引になる「NifMo バリュープログラム」
②公衆Wi-Fiサービスを追加しても追加料金なし。
③niftyの接続サービスを使っている方にはお得な割引がある。
④Wi-Fi接続は、専用アプリ「NifMo コネクト」が自動で切り替えてくれます

特徴

特徴と他社との比較

●低料金プランが充実
月間3GBのプランはコストパフォーマンスに優れている所が魅力。
データ通信専用のSIMカードで月額900円は、他の大手業者と比較しても遜色はない。
5GBが1600円、10GBが2,800円というのも、他社と比較しても十分勝負できるスペック。
頻繁にデータ通信する人は押さえておくべきだろう。
音声通話にも対応。この場合、データ通信専用SIMに月額700円がプラスされる。

●機器セット割に注目
NifMoスマホセットは、SIMカードとスマホ端末のセットコース。
こちらに申し込んだ場合、機器セット割が適用される。24か月間データ通信のプランの月額基本料から200円が割引になる。
特別手続きをする必要はなく、自動的に割引される点もユーザーにとってはありがたい。
ちなみに割引が適用されると、3GBが700円、5GBが1,400円、10GBが2,600円になる。24か月間適用されるので、4,800円もお得になる計算だ。
またキャンペーンを実施しているときに申し込みすれば、キャッシュバック特典がついてくることも。他社と比較するとリーズナブルな側面が見られる。

●NifMoバリュープログラムを有効活用
NifMoのサービスの中でも特に大きいのが、NifMoバリュープログラム。
提携ショップで専用アプリを経由して買い物をすれば、金額に応じてNifMoの料金が割引される。ショップによって割引率は異なるものの、0.9%から最大10%割引になることも。
提携ショップは2015年4月現在で、150にも及ぶ。
ファッションやパソコンなどの下で、雑貨、グルメ、美容、旅行、スポーツ、ギフト、エンタメと様々なジャンルをカバーしている。公式サイトを見れば一覧が掲載されているので、要チェック。
オンラインショッピングを普段している人は、利用しているサイトが含まれていることもあるだろう。専用アプリを経由して買い物をするだけで条件を満たすので、手間もあまりかからない。今までネットショッピングを避けていた人も、NifMoユーザーになってから利用してみるのも遅くはない。

●追加料金なしで公衆Wi-Fiサービス利用可能
BBモバイルポイントというソフトバンクが運用する公衆Wi-Fiサービスを無料で利用できるところが魅力。
ワイヤレスゲートと比較すると、アクセスポイントは少ないかもしれない。しかしJRの駅構内やファストフードなど主要なアクセスポイントはしっかりと押さえているので、外出先でネット通信したい人におすすめ。
Wi-Fiでデータ通信している間は、LTEを温存可能。つまり少ない容量でも効率よく通信ができる。

●容量追加オプションも
データおかわり0.5GBと言って、容量追加も可能。
1回900円で、1か月最大6回まで購入できる。

評判

評判と評価のまとめ

基本料金を安くというよりも、割引を充実させることでお得感をアピールしている印象が強いのがNifMoです。
スマホ本体とSIMをセットで契約した場合に適用される「機器セット割」はかなりお得であるため、スマホ本体の購入も検討している人は是非とも活用したいところです。
利用している回線が同じドコモだとしても、業者によって回線のスピードは変わります。
なぜスピードの違いがあるかというと、契約者数が多くて回線が混雑していたり、業者が回線の増強を行っているかなどが影響します。

一部の調査では、Nifmoの実際の通信速度が一番早かったというデータもあります。高速通信の品質だけでなく、「NifMo バリュープログラム」といったネットショッピングでお得感をだすなど、機器そのもの以外でサービスを充実させている点も特徴です。格安スマホの費用だけでなく、ネットショッピングも合わせてトータルでお得にしたいといったユーザにおすすめです。

注意したいポイント

注意したいポイント

NifMoバリュープログラムは便利な反面、Androidアプリにしか対応していないのが残念な点。
また、ネットショッピングを普段あまりやらない人にとっては、さほどメリットがないので注意しよう。

口コミ

画像の説明

さくらさん

40代/男性 山口県

プラン
3GBプラン + 音声通話対応
回線速度
上り:13.26Mbps/下り:17.87Mbps
比較した業者
イオンモバイル 楽天モバイル
使用機器
スマホ/zenfone5/A500KL
使用目的
プライベート
契約月
2015年1月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

ニフモは、Zenfone516GBモデルが、基本料金含めて2,697円/月 でスマホが手に入り、キャッシュバックや割引きががあったこと。携帯料金が安くなる「NifMo バリュープログラム」があること。

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

携帯料金が月額2万円以上になっており、家計を圧迫していました。比較したのは、イオンモバイルと楽天モバイルです。イオンモバイルは買って2年後に基本使用料が高くなることを知り、あきらめました。楽天モバイルは、欲しかったZenfone5が8GBモデルしかなく、加えて本体が分割で買えないことを知り、あきらめました。最終的に今のNifMoに決めたのですが、NifMoは、Zenfone516GBモデルが、基本料金含めて2、697円/月 でスマホが手に入り、キャッシュバックがあったことが大きかったです。そして、携帯料金が安くなるおトクな「NifMo バリュープログラム」があることも選んだ決め手のひとつです。

 

スマホセット(プラン+端末)

もっと見る

SIM(プランのみ)

もっと見る

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。