Menu

楽天モバイル

月額基本料(税抜)
525円〜6,850円/月
利用可能サービス
このプランではインターネットに接続することができます ネット
このプランでは音声通話をすることができます 電話
このプランではメールの送受信を行えます メール
このプランではアプリのダウンロード及び利用ができます アプリ
このプランでは動画を視聴できます 動画
このプランではSMSを利用することができます SMS
申し込む(公式サイト)

人気No.1スマホ+SIMプラン

SHARP AQUOS mini SH-M03 通話SIM 5GBパック
4,228円/月

人気No.1SIMプラン

050データSIM(SMSあり) ベーシックプラン
645円/月

現在ドコモ系MVNOの中でもトップクラスの実効速度を誇っているのがこの楽天モバイルです。
その速度面においてライバルと言えるのはFREETELですが、こちらは従量制プランを採用しているので通信すればするほど料金が高くなってしまいます。一応上限の金額が設定されているとは言え、楽天モバイルのほうが定額なので安心して利用できます。

楽天モバイルの料金プランは比較的シンプルです、データ容量別に4種類提供されています。
・低速でも構わないからとにかく安く利用したい!という方はベーシックプラン
・標準的なユーザーには3.1GBプラン
・たくさん通信するヘビーユーザーには5GBや10GBの大容量プラン
がおすすめです。

異なる容量のプランへ変更することは可能ですが、データSIM⇔SMS SIM⇔通話SIM間の変更が不可能な点には注意が必要です。

通話料金に関しては同社のサービスに楽天でんわがありますが、そのオプション「5分かけ放題」は楽天モバイルユーザーしか利用できません。通話時間が5分以内であれば何度発信しても定額なので、よく電話をかける人におすすめです。5分超過後、あるいは平常時の通話料は10円/30秒です。

セット販売端末に関してはラインナップが豊富ですが、独占販売しているモデルも少なくありません。
楽天モバイルでしか手に入らない魅力的な機種が多く、また定期的に特価セールが行われるのも嬉しいポイントです。

楽天モバイルは楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズが提供するMVNOで商社の大手「丸紅」も経営に参画しているインターネットサービスプロバイダです。
2012年からNTTドコモの回線を利用したMVNOのモバイル通信サービス「楽天ブロードバンドLTE」の提供を開始しています。

価格

月額基本料

月間データ量 音声通話あり データ専用+SMS データ専用
3.1GB/月 1,600円 1,020円 900円
5GB/月 2,150円 1,570円 1,450円
10GB/月 2,960円 2,380円 2,260円
20GB/月 5,450円 4,870円 4,750円
30GB/月 6,850円 6,270円 6,150円
使い放題 1,250円 645円 525円

※特に記載がある場合を除き全て消費税抜きの金額です

初期費用

パッケージ価格 3,394円

※特に記載がある場合を除き全て消費税抜きの金額です

評価

おすすめポイント

おすすめポイント

①楽天モバイルなら「楽天でんわ」利用で大手携帯電話会社の約1/3
②1契約につき、10個の無料メールアドレスを取得できます。
③楽天ポイントとのコラボが充実
④ドコモネットワークだから高品質の通信が利用できます。
⑤他社からのお乗り換えも携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)で番号はそのままで使用可能

特徴

特徴と他社との比較

●上手に活用して楽天スーパーポイントをゲット!
楽天ブランドを背負っている楽天モバイルを利用するなら、ポイントを活用しない手はない。
ゲットしたポイントは楽天市場で食品や雑貨、旅行チケットなどが購入できたり、EdyやANAのマイレージに変換して利用したりできるのでとても便利です。
格安SIMの購入の際、楽天スーパーポイントをゲットする方法はいくつもあります。
例えば携帯端末との同時購入によってお得なポイントが付与されます。楽天モバイルが扱っている端末には、ZenFone5、ARROWS M01、AQUOS SH-M01、Ascend Mate7などがある。
また、楽天モバイルを家族や知人に紹介すると、1,000ポイントがプレゼントされたり、毎月の利用額100円につき1ポイントが付与されたりする。貯まったポイントは楽天市場のネットショッピングで利用できるため、他社と比べる際にも重要視できる特徴の一つとなります。

●コストパフォーマンスに注目!業界内格安商品!
格安SIMの事業者が提供している商品の中で、一番安いタイプは大抵通話なしで、通信速度が200kbps程度のものとなります。
楽天モバイルのSIM商品にもこのタイプのものがあります。
しかし、他社に比べて月額料金がとても安いのが魅力。データSIM(SMSなし)ベーシックプランなら、なんと月額料金525円で利用可能なのです。
価格が1,000円を切るSIMを売り出している会社はあってもここまで安いのは楽天モバイルならではと言える。
データSIMプランであれば安い上に、最低利用期間はなく、解約による違約金も発生しません。
通話を重視したいと考えている人は、楽天でんわアプリをダウンロードすることでかなり電話料金もお得になります。
楽天でんわを活用すれば、通話料が30秒20円から10円になります。
さらに、楽天でんわの使用を始める際や使用中にポイントをもらうことができるという特典もあります。
このように、楽天モバイルには、できるだけ安くSIMを活用したい人必見の料金プランやアプリがあります。

評判

評判と評価のまとめ

楽天モバイルの強みは、何と言っても料金の安さです。
中でもネットで反響が多いのが「ベーシックプラン」です。データ容量は無制限ですが、最大通信速度が200kbpsであるため、メールの送受信や軽いwebページを閲覧する程度のユーザ向けプランになります。
動画など、重いページを閲覧するユーザは高速通信ができるプランを選ぶ必要があります。
通話においても高品質のサービスを実現しており、利用者から高い評価を得ています。
この安さ、安定性を実現できるのは、さすが楽天というブランド力にあると言えます。
また、スマホとして活用できるというメリットだけでなく、楽天スーパーポイントを貯めることができるというメリットも大いにあります。
楽天のスーパーポイントを普段から利用しているユーザにとっては一石二鳥のお得な格安スマホとなります

注意したいポイント

注意したいポイント

楽天モバイルは店舗がないため、サポートはウェブか電話で受けることになり、直接担当スタッフに相談することができない。
また、支払い方法はクレジットカードに限定されており、口座引落などの利用は不可である。
料金が安いことで知られる楽天モバイルだが、通話SIMの違約金は業界内でも高いと言われている。

口コミ

画像の説明

まさじんさん

20代/男性 宮崎県

プラン
楽天モバイルLTE
回線速度
上り:1.5Mbps/下り:4Mbps
比較した業者
日本通信
使用機器
タブレット/FUJITSU/ARROWS F-01D
使用目的
プライベート
契約月
2014年2月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

選んだ当時はまだ格安SIMを提供している会社が少なかったため

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

インターネットが必要なためADSLや光などを考えていましたが、金額などが予算を上回るため別の通信環境がないかと調べていました。その頃、少しずつ格安SIMが出始めたころで、その中で説明が分かりやすかった楽天モバイルを契約しました。LTE範囲であれば速度も速いということで契約しましたが、当時はまだ知識も少なく自分が使用する容量が分からず直ぐに通信制限がかかり、結局はネット閲覧も困難な状況に。それから多くの会社が出始め現在は別の格安SIMに契約しています。

画像の説明

ちゅんさん

40代/男性 福岡県

プラン
エントリープラス
回線速度
上り:8.71Mbps/下り:9.70Mbps
比較した業者
IIJmio
使用機器
スマホ/Google Nexus5/LG
使用目的
プライベート
契約月
2014年1月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

申し込みが簡単で1000円以下の金額だったのと、制限後の通信速度が速かったから。

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

携帯キャリアのスマホの通信料の高さが納得できず、フューチャーフォンに機種変更で戻したあとに、追加で購入したので、2台持ちになります。ネットバンキングやお財布ケータイなどの操作はスマホでは煩雑なのと、通話が必要な時に電池の残量を気にするのが嫌だったので。スマホは自宅だとWi-Fi接続なのでデータ量は全く問題ないです。速度や繋がりやすさも良好です。

画像の説明

エラゴン2017さん

20代/女性 宮城県

プラン
データSIM
回線速度
上り:0.47Mbps/下り:0.25Mbps
比較した業者
ビックローブ  
使用機器
タブレット/NEC/PC-TS708T1W
使用目的
プライベート
契約月
2017年4月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

格安SIMにより、タブレットを持ち運びサイズでほしかった。

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

スマートフォンより大きいサイズで気軽に電子書籍やアプリ、料理のレシピや作ったものの写真蓄積など人に見せることを目的とした端末として小さいタブレットを探していました。ポイントは、ポケットWiーFiを必要とせず、格安SIMで気軽にネットやアプリを使えることでしたが、タブレットはNECともう1社しかなく、日本製が安心ということで、NECを購入しました。SIMはNEC端末なのでビッグローブのものと迷いましたが、セカンド機のPCなので思いきって低価格データSIM700円/月の楽天さんにしました。   

画像の説明

あおいさん

40代/男性 埼玉県

プラン
楽天モバイル通話SIMベーシック2.1Gパック
回線速度
上り:11.83Mbps/下り:6.29Mbps
比較した業者
Y-mobile
使用機器
スマホ/富士通/F-04E
使用目的
プライベート
契約月
2014年12月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

自分の1ヶ月の通信量の最安を考えて

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

ドコモの2年縛りが解かれるのを機に、家計を節約するため以前から雑誌やインターネットで存在を知っていた格安SIMに変更することに決めました。端末は使用しているものをそのまま使いたかったので、ドコモの回線のMVMO業者が大前提(SIMロック外しが必要ない)でしたが、ほとんどの業者があてはまりました。後は自分の使用通信量が月2Gいくかいかないかということと、通話も月30分するぐらいなことを考え、楽天モバイルの通話SIM2.1Gパックに決めました。現在は3.1Gパックに移行されましたので、通信量越えは考えなくてよくなりました。安くなって今のところ満足です。

画像の説明

あぼさん

30代/女性 静岡県

プラン
通話SIM 3.1GBパック
回線速度
上り:3.15Mbps/下り:19.08Mbps
比較した業者
U-NEXT(U-mobile)、DMM、NIFMO
使用機器
スマホ/ASUS/Zenfone 5
使用目的
プライベート
契約月
2015年4月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

もともと楽天会員だったので、個人情報の入力が省けたから。また、ポイントがたまる事でお得感が増したから。

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

仕事を辞めて専業主婦になり、子どもも生まれるのでどうにか節約したいと思っていた矢先でした。固定費の見直しに着手すると携帯電話代がかなり高い事に気づいたのです。ドコモを9年10ヶ月使用、家族間では通話料金フリーのプランで組んでいたのと、メールアドレスが使えなくなる事で少々ためらいましたが、月々の料金が5000円近く節約できることが最大の魅力となり、NMPで乗り換えを決断しました。端末の反応の速さ、ネットの速度など、かなり満足しています。

画像の説明

ジョーさん

30代/男性 京都府

プラン
ライトプラスプラン
回線速度
上り:2Mbpsぐらい/下り:2Mbpsぐらい
比較した業者
IIJmio
使用機器
ポケットWifi/ファーウェイ/GP02
使用目的
プライベート
契約月
2014年12月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

自分にあった通信量だったから

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

格安SIMを使う前までは普通のキャリアさんと契約していました。しかしながら当初より自分はキャリアさんが提示しているぐらいの通信量を使っているのか疑問でした。そこで毎月の自分が必要とする通信量を算出して自分にあるSIMカードを探すことにしました。その結果、通信量と通信費から現在のブロードバンドへ乗り換えました。結果的に料金も下がり、良かったと思っています。

画像の説明

かみねこさん

40代/女性 東京都

プラン
ベーシック
回線速度
上り:200Kbps/下り:200Kbps
比較した業者
BIC・mineo・au・Softbank・OCN・BIGLOBE
使用機器
スマホ/Apple/iPhone6(SIMフリー版)
使用目的
プライベート
契約月
2015年4月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

楽天でよく買い物をするため候補に入れ、実際の回線を体験させてもらえたこと

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

もともとは携帯2台持ちをしていたのですが、無職になることが決まったことと退職祝にSIMフリーのiPhone6を買ってもらったため携帯回線を解約することになりました。自宅でADSLを使いつつ通院中だけはLINEやtwitterをしたかったため、速度が遅くても月額が安くてSMSが使えるSIMを買いました。決めてになったのは、高速回線では無い割にはtwitterの表示やLINEの着信がさくさく動いたことと、実際に楽天カフェで端末を使わせてもらえたことです。

画像の説明

ももかんさん

50代/男性 新潟県

プラン
楽天モバイル データSIM 2.1GBプラン
回線速度
上り:36.10Mbps/下り:35.86Mbps
比較した業者
イオンモバイル
使用機器
スマホ/富士通/ARROWS NX-F06E
使用目的
プライベート
契約月
2014年12月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

楽天カードを持っているし、他の業者に比べてお得に感じたから

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

格安スマホに変える前は、ソフトバンクのiPhone5を使っていました。電話代はほとんど通話していないのにも関わらず、月7000円が当たり前でした。電話代を安くする方法をネットで検索したところ、格安スマホの存在を知りました。現在の楽天モバイルと比較検討したのは、イオンスマホでしたが、イオンカードで支払わないとそんな安くならないのを知り、楽天モバイルを選びました。楽天カードで支払うので、ポイントも貯まりますしね。また、電話番号を変えたくなかったので、通話SIMを重視しました。端末は分割でドコモの中古スマホを購入。画面も大きくて大満足です。

画像の説明

マロンさん

30代/男性 京都府

プラン
ライトプラスプラン
回線速度
上り:2Mbpsぐらい/下り:2Mbpsぐらい
比較した業者
楽天ブロードバンド
使用機器
タブレット/アスース/ネクサス7
使用目的
プライベート
契約月
2014年10月

現在の格安SIM業者を選んだ理由

サポート体制があったから

格安SIM導入の経緯、現在ご利用の格安SIM業者を選んだ理由

今では世の中にはたくさんの格安SIMを提供する業者がありますが、私がこちらの業者を選んだ理由はサポート体制があったことです。格安SIMというものを自分で設定できるのかどうかとても不安でした。そこで電話で応対してくれる業者はないものかと探した結果、こちらの業者を選ぶことになった次第でした。折角の格安SIMを手にいれても使えなかったら意味がないので安心でした。

 

スマホセット(プラン+端末)

もっと見る

SIM(プランのみ)

もっと見る

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。