Menu

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と格安SIMを徹底比較

大手通信事業者が提供する豊富なサービスとは異なり、格安SIMはデータ通信のみだったり、音声通話とSMSのみだったりと非常にシンプルです。

両社の違いを詳しく見てみましょう。

料金を徹底比較

大手通信事業者と格安SIMでは基本料金に大きな違い

大手通信事業者と格安SIMでは基本料金に大きな違いがあります。


簡単に言えば、 格安SIMは提供されているサービスが少なく、シンプルな構成となっているので安くなっています。

大手通信業者よりも半額~1/3ほどの月額料金になると話題です。

格安SIMが大手通信事業社より安い理由とは

格安SIMが大手通信事業者に比べて大きく安い理由は、 サービス内容の違いにあります。

大手通信事業者は「 音声通話」を基本に、データ通信やキャリアメール、ビデオ配信サービスなどのオプションを積み上げて最終的な月額料金が決定します。

「新規契約時に長い説明を聞かされ、気付いたら多数のオプションに加入させられていた」という話もあるほど、大手通信事業者は多数のサービスを提供しています。


一方、格安SIMでは「 データ通信専用」をベースとして、「音声通話」や「SMS」、「IP電話」といった付加サービスが付いたSIMがそれぞれ個別に販売されています。

店頭で購入したりオンラインで契約するので、知らない間に不要なオプションに加入していたということもありません。

そもそも、格安SIM事業者は大手事業者に比べて提供するサービスが少なく、「出先でインターネットを見られればいい」というユーザーにとって必要充分なものとなっています。

格安SIMは機能を絞り込んでいるから安い

格安SIM事業者の提供するサービスは音声通話とインターネット接続のみとなっている場合がほとんどで、機能を絞り込んでいるため安く提供できるのです。

機能を絞り込んでいるため安く提供できる

多すぎるほど豊富なサービスが提供される大手キャリア

大手通信事業者が販売するスマートフォンの利用可能なサービスは、実に豊富です。

旧来の携帯電話(フィーチャーフォン)がベースとなっているため、スマートフォンが標準対応している「Gmail」「iCloud メール」といったウェブメールサービスに加えて、携帯電話時代から利用されてきた「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」といった キャリアメールがそのまま利用できるようになっています。

それだけではありません。かつては「iモード」を中心として、キャリア独自の携帯電話向けに多彩なコンテンツプラットフォームが確立していました。

着メロやコミックの配信、占い、携帯アプリ販売といった課金サービスをスマートフォンでも行えるようになっており、インターネットの定額利用料とは別に、「接続料」も1サービスとして残っています。


格安SIM の業者は、スマートフォンが普及し始めてから参入した企業がほとんどです。

そのため、携帯電話時代の古い仕組みに対応する必要がなく、インターネットへの接続というシンプルなサービスの提供に専念することができます。

メールやコンテンツの配信などは、もともとスマートフォンのOS が標準で持っているストアやウェブメールの機能を利用すればいいのです。

豊富な機能を兼ね備えた大手通信事業者のスマホ

ドコモやauといった大手通信事業者のスマホは、音声通話やインターネット接続に加えてさまざまなサービスを提供しています。

豊富な機能を兼ね備えた大手通信事業者のスマホ

格安SIMにもオプションプランが用意されている

IIJmioのウェブページ

比較的シンプルな格安SIMにも、いくつかのオプションプランが用意されているものがあります。

たとえば、 IIJmioの音声通話付きSIM「みおふぉん」では 転送電話国際ローミングといったオプションが用意されています。

IIJmioの音声オプションはウェブページで確認できます。

つながりやすさを徹底比較

2014年7月現在、おもに格安SIMの事業者に向けて回線を提供しているのは、 ドコモau の2社となります。

格安SIMは、回線を借りている大手事業者の電波を利用するので、ドコモの回線のSIMもドコモの端末も、つながりやすさは変わりません。


しかしauから回線を借りている格安SIM(2014年7月現在では『mineo』のみ)は、通信可能なエリアが異なります。

「mineo」で接続可能なのはLTEの電波のみのため、auの通信圏内であっても、基地局がLTEに対応していなければ通信することができません。

ドコモの回線を利用している格安SIMは、3GとLTEの両方に対応しているので、ドコモと同じ圏内で通信することができます。

ドコモの回線を使用している格安SIM

「IIJmio」や「OCNモバイルONE」といったほとんどの事業者はドコモの回線を利用しています。

そのため、 ドコモのスマートフォンと同じエリアで3G/LTEを利用して通信をすることができます。

ドコモの回線を使用している格安SIM

auの回線を使用している格安SIM

auが回線元となっているmineoでは、auの3G回線が利用できず、LTEのみ通信ができます。

そのため、通信可能な場所が本来のauの電波が届くエリアに比べて若干狭くなってしまいます。

※ほとんどの格安SIMがドコモの回線を利用しています。2014年8月現在、格安SIMのうち、auの回線を利用しているのは「mineo」のみです。

auの回線を使用している格安SIM

大手キャリアと格安SIM料金構成の違い

オプションサービスを除いた場合でも、大手事業者と格安SIMとの 料金体系は大きく異なっています。

格安SIMに通話やSMSといったサービスを付加しても、3年後にはおよそ2倍近くの差が出るほどの違いがあります。

大手事業者はかけ放題プランが必須に

かけ放題プランが必須

2014年から各社で始まった、 24時間の電話かけ放題サービス

現在大手事業者のみの提供となっていて、月々2,916円の負担で他社や固定電話問わず、さまざまな番号への 定額通話ができます。

電話をよく利用するビジネスパーソンなどには嬉しいサービスです。

あまり電話をしないという人向けに、780~980円程度からの料金が設定された基本プランがありますが、2014年夏以降は新規加入ができなくなりました。

格安SIMには音声の定額通話プランがない

一方、 格安SIMでは、「090」などの携帯電話から発信する音声通話の定額プランはありません。


しかし、30秒あたり21~26円の従量制通話サービスを、月々700 円程度で付加することができるようになっています。

そのため、 通話をあまり利用しないという場合であれば、格安SIMを選択することで音声通話料だけでも2,000円以上の料金負担を減らすことが可能になります。

また、大手通信事業者では、インターネットに接続する際、定額パケット料金に加えて324円の「 ネット接続料」が必須です。

対する格安SIMは、ネット接続料がデータ定額料に組み込まれているため、さらなる月額料金の圧縮が可能になっています。

電話とインターネットを利用する場合の月額料金の内訳の例

電話とインターネットを利用する場合の月額料金の内訳の例

ドコモのカケホーダイとデータSパックを利用した場合の月々の料金は7,020円。

<ドコモの料金内訳>

  • データSパック(2GB) 3,780円
  • カケホーダイプラン 2,916円
  • ネット接続料 324円


一方、格安SIM事業者のIIJが提供するサービス「IIJmio」を利用した場合は、データ通信の定額と従量制の音声通話を組み合わせて1,728円で利用可能です。

<IIJmioの料金内訳>

  • ミニマムスタートプラン(1GB) 972円  ※ネット接続料込み
  • 音声通話機能付帯料 756円

無料通話が含まれる格安SIMも?

2014年8月現在、格安SIMでは通話料金が定額となるプランはありません。

代わりに、一定額の無料通話分を含む格安SIMは、So-netから「+Talk S」プラン(月額2,476円のうち無料通話分800円含む)のみ提供されています。

端末の一括購入でも1年目から大きな差が出る

ドコモやau、ソフトバンクでは、端末を購入時に 2年縛りの割引サービスに申し込むことで、月々の端末代金の割賦支払い額の負担を大幅に減らす施策を行っています。

携帯電話ショップなどで「実質0円」と謳っている商品などは、こうした割引サービスによる恩恵といえます。


この割引サービスは、端末の一括購入時でも有効にすることができます。たとえば、iPhone 5s 16GBのドコモショップでの一括購入価格は72,576円です。

この額を購入時に支払うと、月々の割賦金額が0円、通話料やパケット定額などの利用料が7,020円となります。

そして、iPhone 5s購入時に有効となった月々サポートが3,024円割り引かれますので、 実際の月額料金は3,996円です。


割引後の金額と比較しても、格安SIMに音声通話プランを付加した状態のほうが低く抑えられます。

アップルストアからSIMフリーのiPhoneを購入して、自力で格安SIMの契約を行うことで、1年目からお得に使うことができるのです。

1年目から2万円以上の差が出る

ドコモとIIJmioでの月額料金の累計額と契約期間の比較

料金プランを利用し、iPhone 5sで利用した例

ドコモショップでの一括購入価格は72,576円。

格安SIMで利用するSIMフリー版のiPhone 5sの価格は73,224円。

それぞれこの価格に、月額料金や初期費用を積み重ねていくと、1年目から格安SIMの料金の恩恵を受けられることがわかります。



契約期間と費用の累計による比較

  • ドコモの場合

1年目… 12万3,570円

2年目…17万1,522円  ※2年目までは「月々サポート」3,024円の割引適用期間。

3年目…25万5,762円

  • IIJmioの場合

1年目… 9万6,984円

2年目…11万7,720円

3年目…13万8,456円

ともにiPhone 5S 16GBで利用した場合の累計費用ですが、1年目から大きく差が出ています。


ドコモと格安SIMでの料金の違い


端末料金(iPhone 5S 16GB) 初期費用(SIM代金など) 1~2年目の月額料金 3年目以降の月額料金
ドコモ 72,576円 3,024円 3,996円 7,020円
IIJmio 73,224円 3,024円 1,728円 1,728円
※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。