Menu

格安SIMのデータ通信量を節約して速度も料金も快適に利用する方法

格安SIMにおける最大の魅力といえば、なんといっても通信料の安さです。

その 安さを快適な状態で運用し続けるには、いくつかの設定を覚えておくことが必要となります。


3大キャリアの定額料金では意識しなかったモバイルデータ通信の節約に目を向けなければ、通信料を減らすことはできても、快適に利用することは難しいといえます。

パケット通信をしない方法

通話やウェブブラウジング、ゲームやアプリといったさまざまなことができるスマートフォンでは、すぐに最新情報を開けるように、スリープ時やアプリのバックグラウンドでモバイルデータ通信を行っています。

それぞれ、ほんの数KB 程度の通信しか行わない場合がほとんどですが、そうした 微小なデータが積もり積もって、いつのまにか格安SIMに設定されている制限容量に達していたということもあるのです。


そうならないよう、 意図しない通信をなるべく抑える設定にしておくことが、格安SIMを快適に使うための必須の作業といえます。

パケット節約方法・ポイント3つ

POINT1:モバイルデータ通信の設定

モバイルデータ通信の設定

OSの詳細設定からモバイルデータ通信のオンオフができるので、どうしても通信が必要な時以外は大元から通信機能をオフにして、意図しないパケット通信の発生を防ぐことができます。


さらにパケット転送量の積算機能を確認して、現時点でどのくらいのパケット通信が行われているかを把握することも必要です。

iOS、Android問わず共通しているので、必ず覚えておいたほうがよい機能といえます。

POINT2:受信するデータを制限する

受信するデータを制限

添付画像を受信しない設定やアプリの自動同期・アップデート機能をオフにすると受信データを制限できます。

メールに添付されるデータ量の大きな画像や資料ファイルを受信すると、パケット通信量がかさんでしまいます。

PCと共通のメールアドレスであれば、メール受信の確認はスマートフォン、実際のデータの扱いはPCで、と使い分けることでスマートフォンのパケット通信を節約できます。

メールの設定でデータ受信を拒否できるので、その方法を覚えておきましょう。


またインストールされているアプリがアップデートするときに、ユーザーに知らせず自動でアップデートする機能を有している場合もありますので、勝手に同期やアップデートしないように設定しておきましょう。

POINT3:アプリの通信を抑える設定

アプリの通信を抑える設定

データ圧縮技術を持つウェブブラウザを使用するとデータ通信量を抑えられます。

Android 4.2以降で標準インストールされている ウェブブラウザの「Chrome」には、表示画面の小ささや、スマートフォンに適した表示のためにデータを圧縮してページを表示できる機能が備わっています。

ChromeはiOS版もあり、デフォルトの「Safari」を使うより、通信量を抑えることが可能です。


SNSの専用アプリなども、バックグラウンドで新着情報をチェックするなどの通信を行います。

こうしたサービスはアプリではなくブラウザで閲覧すれば、さらにパケット通信を節約することができます。

その他、データ通信を節約する方法

最近のスマートフォンにはOS内の設定により、余計なパケット通信を行わないようにする設定が搭載されています。

自動通信による自動アップデートや通知機能は魅力的ですが、 正規の通信スピードで使用できるパケット量の上限が少ない格安SIMを快適に利用するには、通信をユーザー側でコントロールする必要があります。

ここで紹介する機能を使いこなせば、格安SIM の恩恵を受けられるので、ぜひ覚えてください。

格安SIMの例

格安SIMは データ転送量の上限が少ないこと(通信が切断されるわけではなく、スピードが著しく遅くなるケースがほとんど)や、 一日の通信容量に上限が定められていることがあるので、余計なパケット通信は控えるようにしたいところです。

データ通信量を節約する様々な方法

不要時はモバイルデータ通信を制限する

スマートフォン自体のデータ通信を行わないようにする機能を覚えておけば、勝手にパケット通信をしないように設定できます。

Chromeを使って通信量を節約

Googleが開発したウェブブラウザ「Chrome」には、スマートフォン向けにデータ節約機能が搭載されています。

不要な同期、自動アップデートを切って節約する

本来便利な機能であるアプリや通知機能の自動通信をオフにして、意図しないパケット通信を行わない設定にできます。

便利なオフラインアプリで節約する

データ圧縮技術に優れたウェブブラウザアプリや、動画やニュースをオフラインで閲覧できる便利なアプリがあります。

パケットを使いすぎたときは警告を鳴らす

データ量上限が少ない格安SIMで速度制限を受けないために、設定したパケット量に到達した時点でアラートを表示させましょう。

メール使用時の節約

データ量の大きな画像読み込みを制限することで、パケット通信量の削減ができます。

SNS使用時の節約

専用アプリではなく、ブラウザを使用してパケットを節約しましょう。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。