Menu

格安SIMのドコモ回線で速度・料金を比較!おすすめのMVNO10社を紹介

ドコモ回線が使える 格安SIMの速度・料金を比較!おススメのMVNOは?

[PR]IIJmioなら音声通話SIMスマホが480円~!

2020年10月、SIMの初期費用をとにかく安く抑えたい方には、IIJmioがおすすめです。
IIJmioでは現在、秋のコミコミキャンペーンとしてスマホがお得に使えるキャンペーンを行っているからです。

  • 通話定額10分プラン加入で月額480円~
  • 初期費用3,000円が1円に割引

音声通話SIMの月額料金は平均5,053円です。(※データ量1GB以上のプラン141個の平均)
それに対して月額480円で音声通話SIMが使えるIIJmioはとてもお得なスマホです。

また、料金プランもシンプルで、SIM初心者にもわかりやすい点も人気の理由です。 IIJmioのキャンペーンはこちらから確認してください!

IIJmioのお得なキャンペーンはコチラ

「格安SIMで月々のスマホ料金を安くしたいけど、速度は落ちるの?」
「いま、ドコモを使っているけどMVNOでドコモ回線は使えるの?」
など、格安SIMに乗り換えたくても、疑問や心配のある方は多いのではないでしょうか?

格安SIMは、大手キャリアの回線を借りて展開するサービスです。
特に、ドコモ回線は接続料が安いため、MVNOの多くがドコモ回線を使用しています。

ドコモで購入した端末をドコモ回線の格安SIMでも使う場合、SIMカードを挿せばすぐに使えるので便利ですよ!
しかし、ドコモ回線が使えるMVNOは多いので、どの格安を選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、当記事では、ドコモから格安SIMに乗り換えたい方へ向けて、格安SIMの速度や料金比較・各MVNOの特徴を調査しました。
おすすめなのは、以下の10社です。

【ドコモ回線を使いたい方へおすすめのMVNO】

  • OCNモバイルONE
  • mineo
  • LINEモバイル
  • IIJmio
  • BIGLOBEモバイル
  • イオンモバイル
  • b-mobile
  • nuroモバイル
  • QTモバイル
  • y.umobile

調査の結論から述べると、ドコモ回線の方がMVNOに乗り換える場合、特におすすめなのはOCNモバイルONEです。
なぜなら、OCNモバイルONEは速度も安定しており料金も安く、プランも幅広く設けているからです。

とはいえ、速度や料金をはじめとした各社のサービスを比較して決めたい方もいらっしゃいますよね。
また、乗り換える際のニーズは人それぞれのため、おすすめする格安SIMも異なります。

次項より詳しい速度・料金等を比較していくので、ぜひ記事を参考にしてくださいね。

格安SIMのドコモ回線を速度で比較

まず、格安SIMをドコモ回線で利用する場合、今より速度が遅くなってしまうのでは…?と気になる方も多いでしょう。
結論から言うと、選ぶ格安SIMによって昼(12時~13時)の通信速度が遅くなる可能性があります。

下記は、格安SIMの利用動向調査を行うMND研究所による速度データです。
こちらは、ドコモ回線が使えるおすすめ10社のうち6社のデータ掲載となりますが、ご了承ください。

2020年3月主要3都市通信速度 全日順(MMD研究所調べ)
全日
(9時~10時)(12時~13時)(17時~18時)
OCNモバイルONE2828.215.540.3
mineo(ドコモ回線)27.532.46.343.8
LINEモバイル(ドコモ回線)4.89.82.52
IIJmio(ドコモ回線)8.521.61.42.7
BIGLOBEモバイル(ドコモ回線)8.823.80.91.7
イオンモバイル(ドコモ回線)29.129.729.128.6

(※単位はMbps、数値が高いほど速い)
(参照:MMD研究所_2020年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査「主要3都市の通信速度調査結果」

ご覧のように、全体的に昼の通信速度は芳しくありません。
これはなぜかというと、格安SIMは大手キャリアの回線を借りているため、皆がよく利用する時間帯は回線が混雑するからです。

しかし、ランチを遅めにとる方・仕事で利用する方などは、昼間の速度低下はさほど気にならないかもしれません。
また、夜には速度が回復しているMVNOもあるため、自分のライフスタイルに合った格安SIMを選ぶと快適に利用できるでしょう。

格安SIMのドコモ回線を料金比較

それでは、ドコモ回線に対応している格安SIMのプラン料金を比較していきましょう。
主に2つの料金プランを確認します。

  • データ通信専用SIMプラン
  • 音声通話SIMプラン

データ専用SIMは、タブレットで使用したい方や電話を使用しない方向けのプランとなり、音声通話プランと比べ料金も安いです。

音声通話SIMは電話番号がもらえて通話ができる分、料金も高くなります。
しかし、これまで使用していた電話番号が利用できることや緊急時の連絡も可能なため、利便性に変わりはありません。

それぞれのプランともギガ数に応じた料金になっているので、自分のニーズに合うプランを確認してくださいね。

データ通信専用プランの料金比較

今回、ドコモ回線に対応する格安SIMから10社の料金を比較いたします。各社のデータ通信プラン料金は下記の通りです。

OCNモバイルONEmineo(Dプラン)LINEモバイルIIJmio(タイプD)BIGLOBEモバイル(タイプD)イオンモバイルb-mobilenuroモバイル(ドコモ回線)QTモバイルY.u mobile
500MB700600
1GB480480800
2GB780700
3GB880900980900900850900900
6GB13801580170015201450148014501550
7GB1500
10GB2280252021902550
12GB2700256027002380
13GB2700
15GB3280
20GB38003980基本料+31004,500328042005500
30GB5,3805900基本料+500067504,2806,200
50GB6,480

(※税別・月額料金)

人気の3ギガ~6ギガプランは9社ともプラン提供をしていますが、さほど提供料金に差はありません。
しかし、OCNモバイルONEなら夜は速度が速いうえ6ギガで最安値のため、夜間の利用が多い方におすすめします。

また、nuroモバイルは、2GB・7GB・13GBと、他社の合間を縫うような料金プランとなっています。
ちょうどいいギガプランをお探しの方は、nuroモバイルも検討してみてください。

大容量のギガを利用する方は、料金の安いイオンモバイルがおすすめです。
イオンモバイルは利用時間帯による速度も安定しているため、ストレスなく使用できますよ。

音声通話プランの料金比較

続いて、音声通話プランの料金を確認しましょう。

OCNモバイルONEmineo(Dプラン)LINEモバイルIIJmio(タイプD)BIGLOBEモバイル(タイプD)イオンモバイルb-mobilenuroモバイル(ドコモ回線)QTモバイルY.u mobile
500MB140011001130
1GB1180140012809901450
2GB13801400
3GB14801600148016001600118015501550
5GB1790
6GB1980228022002220215019802250
7GB2200
10GB2880322027903250
12GB3200326034002980
13GB32803400
15GB3790
20GB44004680基本料+310052003980479049005990
30GB59806600基本料+5000745049806900
50GB6980

(※税別・月額料金)

音声通話プランで人気の3GB~6GB内で選ぶなら、やはりOCNモバイルONEがおすすめです。
料金が安いのはもちろん、速度が落ちがちな夜でも快適に利用できるからです。

外出先での利用はほとんどない方・お子様への連絡用で使用したい方は、LINEモバイルがよいでしょう。
データ量500MBのプランが用意されており、イオンモバイルやmineoよりも月額料金が安いです。

また、イオンモバイルは料金プランに幅があるため、使用ギガ数に変動の多い方・プラン変更を頻繁にする方へおすすめします。

かけ放題オプションプラン

電話番号を利用して電話をかけることが多い方は、通話かけ放題のオプションも検討してみてください。
通常、格安SIMは最初の通話時間(約10分)は無料の場合が多いですが、その後は30秒20円等で加算されていくからです。

料金設定は格安SIMにより異なるため、以下の表を参考にしてください。

かけ放題オプション
OCNモバイルONE850円/月(10分/回)
mineo850円/月(10分/回)
LINEモバイル880円/月(10分/回)
IIJmio830円/月(10分/回)
BIGLOBEモバイル830円/月(10分/回)
イオンモバイル850円/月(10分/回)
b-mobile500円/月(5分/回)
nuroモバイル800円/月(10分/回)
QTモバイル850円/月(10分/回)
Y.u mobile780円/月(10分/回)

かけ放題オプションは、おおよそ800円台で利用できることがわかります。
通話料金が気になる方は、かけ放題プランのオプション追加をおすすめします。

ドコモ回線が使えるおすすめのMVNO

ここまで、ドコモ回線が利用できる格安SIM10社の速度やプラン料金を比較してご紹介しました。
ここからは、各社の特徴を踏まえておすすめの方をご紹介します。

  • OCNモバイルONE:安定した速度と安さを求める方におすすめ
  • mineo:データ通信量が大幅に変わる方におすすめ
  • LINEモバイル:SNSをよく使う方におすすめ
  • IIJmio:光回線とセットで使用したい方におすすめ
  • BIGLOBEモバイル:動画や音楽を楽しみたい方におすすめ
  • イオンモバイル:安くて豊富なギガプランから選びたい方におすすめ
  • b-mobile:使った分だけ支払いたい方におすすめ
  • nuroモバイル:独自のサービスとギガプランを選びたい方におすすめ
  • QTモバイル:BBIQの加入者におすすめ
  • y.u mobile:U-NEXTを使いたい方におすすめ

どの格安SIM会社が自分のニーズに合うか確認してみてくださいね。

OCNモバイルONE:安定した品質・速度を求める方におすすめ

OCNモバイルONE公式ページ

画像引用:OCN モバイル ONE|格安SIM・格安スマホ | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

OCNモバイルONEは下記の方におすすめします。

OCNモバイルがおすすめの人

  • 安定した通信品質、通信速度で使用したい方
  • セットで端末を購入したい方

なぜなら、OCNモバイルONEは速度も安定しており利用料金も安いからです。
SNSや動画を夜によく利用する方は、ぜひ検討してみてください。

さらに、MMD研究所の「2020年3月格安SIMサービスの利用動向調査」では、OCNモバイルONEは「端末ラインナップ」「端末のお得さ」で9サービス中1位となっており、セットで端末を購入したい方にも、おすすめできるMVNOです。

OCNモバイルへの乗りかえ方法を詳しく確認したい方は、下記の記事も参考にしてくださいね。
OCNモバイルONEのMNP乗り換手順と3つのポイント

OCN モバイル ONE公式ページ

mineo:データ通信量が大幅に変わる方におすすめ

マイネオ公式ページ

画像引用:格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

マイネオは下記の方におすすめします。

mineoがおすすめの人

  • データ通信量が大幅に変わる人

mineoはデータサービスが豊富なことが特長です。
そのため、月によってはパケットを多く利用したり、逆にすごく余ったりなど、データ通信量が大幅に変わる方におすすめします。

使い残したデータは翌月に繰り越せるほか、使い残したデータ容量をマイネオ利用者で共有するフリータンクやパケットシェア・パケットギフトなど、便利なサービスが用意されているため、見ず知らずのmineoユーザーさんとやり取りすることもできます。

料金プランも幅広いので、プランを乗り換えたい場合も柔軟に選べますよ。

ドコモからマイネオに乗り換える際は、下記の記事も参考にしてください。

マイネオ(mineo)乗り換えマニュアル

mineo公式ページ

LINEモバイル:SNSをよく使う方におすすめ

ラインモバイル公式ページ

画像引用:LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・格安SIM

LINEモバイルは下記の方におすすめします。

LINEモバイルがおすすめの人

  • SNSをよく利用する方
  • 格安SIMを初めて利用する方

なぜなら、LINEモバイルの最大の特徴は、LINEがデータフリー(無料)で利用できるからです。
データフリーだと、仮にデータ容量を使い切り速度制限されても、LINE通話やトーク利用時に速度は落ちません。

日頃のやりとりは主にLINEという方は、ぜひ検討してみてください。

また、月額280円のSNSデータフリーに申し込むと、Twitter・Facebook等のSNSもデータ消費することなく利用できます。

料金プラン設定も親切で、ギガ数が少なく低料金のプランから用意されています。
そのため、格安SIMやスマホの利用が初めての方にも安心して利用できますよ。

LINEモバイル公式ページ

IIJmio:家族で使用したい方におすすめ

IIJmio公式ページ

画像引用:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスの【IIJmio

IIJmioは下記の方におすすめします。

IIJmioがおすすめの人

  • 家族で使用したい人
  • 光回線とセットで使用したい人

IIJmioは、家族向けの割引サービスが充実しています。
そのため、家族との連絡が多い方や家族でパケットをシェアしたい方におすすめします。

また、IIJmioひかりを利用している方には、毎月600円安くなるセット割「mio割」も適用されますよ。

例えば、ミニマムスタートプラン(3GB)の方は月額1600円ですが、mio割適用で月額料金が1000円になります。
この場合は年間7200円もお得になるため、ぜひ検討してみてください。

BIGLOBEモバイル:動画や音楽を楽しみたい方におすすめ

ビッグローブモバイル公式ページ

画像引用:【公式】格安SIM・スマホのBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは下記の方におすすめします。

BIGLOBEモバイルがおすすめの人

  • 動画コンテンツを楽しみたい人
  • 光回線とセットで使用したい人

BIGLOBEモバイルの最大の特徴は、YouTube・Apple Music・Spotifyをはじめとした動画や音楽が楽しみ放題の「エンタメフリーオプション」があることです。
音声通話SIMの方は月額480円・データSIMの方は月額980円で利用できますよ。

また、BIGLOBEモバイルも、光回線とのセット割「光☆SIMセット割」を展開しています。

こちらは、ビッグローブ光を利用の方は永年300円・BIGLOBE光パックNeoフレッツの方は、永年100円割引となります。
例えば、3ギガプランの方は、基本料金が1600円ですが、光☆SIMセット割の適用で、ビッグローブ光を利用している方は月額1300円となり、BIGLOBE光パックNeoフレッツの方は、月額1500円で利用できます。

動画コンテンツを楽しみたい方・ビッグローブ光回線をご利用の方はぜひ検討してみてください。

BIGLOBE MOBILE公式ページ

イオンモバイル:安くて豊富なギガプランから選びたい方におすすめ

イオンモバイル公式ページ

画像引用:業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】 

イオンモバイルは下記の方におすすめします。

イオンモバイルがおすすめの人

  • 安くて豊富なギガプランから選びたい方
  • 販売スタッフと端末を選びたい方

イオンモバイルは、全国のイオン各店舗で格安SIMを選ぶことができます。
そのため、自分に合う端末やデータ容量について相談もしやすいでしょう。

容量が大きいプランでも月額料金が安いことや、60歳以上の方の限定プランが用意されているため、幅広いユーザーに使いやすいMVNOですよ。

イオンモバイルへの乗りかえ方法を詳しく確認したい方は、下記の記事も参考にしてくださいね。
イオンモバイルのMNP乗り換え手順と2つのポイント

b-mobile:使った分だけ支払いたい方におすすめ

b-mobile公式ページ

画像引用:b-mobile公式 世界初のMVNO 日本通信|b-mobile(bモバイル)

b-mobileは下記の方におすすめします。

b-mobileがおすすめの人

  • 使った分だけ支払いたい方

b-mobileのプランはシンプルです。
使った分だけ課金される従量制プランしか設けていませんが、その分月額料金も安くなっています。

また、通信をあまり使わなかった月は安くできるので、通信量を無駄なく利用したい方におすすめします。

ただし、端末は自分で用意する必要があります。
ドコモSIMの動作確認は、b-mobile公式ホームページの動作端末一覧から確認してください。

b-mobile公式ページ

nuroモバイル:独自のサービスとギガプランを選びたい方におすすめ

nuroモバイル公式ページ

画像引用:【公式】nuroモバイル

nuroモバイルは下記の方におすすめします。

nuroモバイルがおすすめの人

  • 独自のサービスプランを利用したい方
  • シンプルなギガプランから選びたい方

nuroモバイルは、翌月のプラン容量から無料でデータを前借りできるサービスや、同じ回線同士で余ったパケットをプレゼントできる独自のサービスがあります。

また、容量プランは2GB・7GB・13GBの3つしかないためシンプルですが、他社と違ったギガプランになっていることが特長です。
そのため、余分なパケットを使いたくない方や、丁度いいパケットプランを探している方のニーズに合うでしょう。

nuroモバイル公式ページ

QTモバイル:BBIQの加入者におすすめ

qtモバイル公式ページ

画像引用:【公式】QT mobile(モバイル)

QTモバイルは下記の方におすすめします。

UQモバイルがおすすめの人

  • BBIQを利用している方
  • 安心してサポート受けたい方

QTモバイルは、九州電力グループのQTnetが運絵する格安SIMです。

九州地方にお住まいで光回線のBBIQを利用している方は、利用年数に応じて料金がお得になります。
また、料金明細も一本化できるため、とても便利ですよ。

サポート体制も充実しており、無料の電話サポートが年中無休(9時~20時)で受けられることもポイントです。
そのため、BIIQを利用している方はもちろんですが、困ったときに相談窓口があるMVNOをお探しの方にもおすすめします。

y.u mobile:U-NEXTを使いたい方におすすめ

y.uモバイル公式ページ

画像引用:【公式】y.umobile(モバイル)

y.u mobileは下記の方におすすめします。

y.u mobileがおすすめの人

  • U-NEXTを使いたい方(シェアプラン利用)

y.u mobileは料金プランが3つとシンプルなため、初めて格安SIMを持つ方には利用しやすいでしょう。

また、家族で利用した方が断然お得です。
なぜなら、ファミリーシェアプランを選ぶとu-NEXTの月額プラン(通常1990円)が無料で利用できるからです。

映画・ドラマ・アニメなど20慢本以上が見放題なのはとてもお得ですよね。
シンプルなプランで家族と利用したい方は、ぜひ検討してみてください。

ドコモ対応の格安SIMへ乗り換える前の注意

ここまで、各格安SIMの特徴を踏まえておすすめの方を紹介しました。

格安SIMでも使用回線がドコモの場合、今のスマホでもそのまま乗り換えることが可能です。
しかし、乗り換える際に確認を怠ると思わぬトラブルになってしまうことがあります。

なぜなら、ドコモから格安SIMに乗り換えることは、ドコモの解約となるからです。

乗り換える前に必ず確認してほしいことは、下記の通りです。

  • ドコモのキャリアメールが使えなくなる
  • ドコモ公式キャンペーンやサービスが一部適用されない
  • データ量はドコモより少なくなる

乗り換えは気軽にできそうですが、確認しておかないと後から困るような内容になっています。
それでは、詳しくみていきましょう。

ドコモメールが使えなくなる

ドコモのメールアドレスを使っていた人は、Gmail等のフリーメールアドレスに変更しておきましょう。
なぜなら、格安SIMに乗り換えるとドコモメールが使用できなくなるからです。

しかし、NTTドコモが提供しているドコモメールを利用している方は、SPモードの月額300円を支払えば利用できますよ。
詳しく知りたい方は、下記の記事も参考にしてください。

格安スマホでドコモメールを使うための設定方法

とはいえ、月額料金を支払ってまで利用したくない方もいらっしゃいますよね。
その方は、乗り換える前に新しいメールアドレスを作っておきましょう。

メールアドレス作成については、下記の記事も参考にしてください。

格安SIMでキャリアメールが使えない!解決策は?

ドコモ公式キャンペーンやサービスが適用されない

ドコモを解約すると、公式キャンペーンや、一部のサービスが適用されなくなります。

LINEモバイルの3GBプランの料金やサービス詳細
使えなくなるサービス
  • キャリアメール
  • ドコモのサポート(店舗利用など)
使えなくなるサービス
  • dTV
  • dヒッツ
  • dグルメ
  • dブックなど

しかし、dアカウントと紐づけをすると継続してサービスが受けられます。

データ量はドコモより少なくなる

ドコモは現在、60GBまで使える料金プランのキャンペーンを展開中です。

そのため、大容量プランで利用したい方はドコモのままでいた方がお得な場合があります。
なぜなら、ほとんどの格安SIMは使用できる容量がドコモよりも少なく設定されているからです。

容量プランが豊富なイオンモバイルも50GBまでの設定なので、データ量が気になる方は事前にプランを確認しておくとよいでしょう。

まとめ

ここまで、格安SIMのドコモ回線で速度・料金比較をし、おすすめのMVNO10社をご紹介いたしました。

ドコモ回線に対応する格安の特徴を踏まえ、おすすめするのは下記の方です。

  • OCNモバイルONE:安定した速度と安さを求める方におすすめ
  • mineo:データ通信量が大幅に変わる方におすすめ
  • LINEモバイル:SNSをよく使う方におすすめ
  • IIJmio:光回線とセットで使用したい方におすすめ
  • BIGLOBEモバイル:動画や音楽を楽しみたい方におすすめ
  • イオンモバイル:安くて豊富なギガプランから選びたい方におすすめ
  • b-mobile:使った分だけ支払いたい方におすすめ
  • nuroモバイル:独自のサービスとギガプランを選びたい方におすすめ
  • QTモバイル:BBIQの加入者におすすめ
  • y.u mobile:U-NEXTを使いたい方におすすめ

ドコモの方が引き続き格安SIMをドコモ回線で利用する場合、どのMVNOがいいか選びにくいかもしれません。
ですが、格安SIMは料金よりも速度・サービス内容が自分に合うか確認した方がお得に利用できます。

今回はOCMモバイルONEをおすすめしていますが、各社とも様々なサービスを展開しています。
ぜひ皆様のニーズに合った格安SIMを選んでくださいね。

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!