Menu

ドコモ端末で格安SIMを利用する方法

ドコモ端末で格安SIMを利用する方法

多くの格安SIMがドコモのネットワークを利用しています。

そのため、 ほとんどの端末がSIMロックを解除しなくても格安SIMを利用できます。

ドコモの格安スマホと格安SIMの相性は?

格安SIM事業者は、 最近まですべての業者がドコモの回線をレンタルしていました。

現在でも、ドコモのネットワークを利用しているMVNOメーカーのSIMであれば、端末もドコモのものを使えばSIMロックの解除をする必要はありません。

機種変更をして、残ったSIMなし端末などに格安SIMを挿入してサブ機として利用することもできます。


海外旅行など外国でも使用する可能性があるユーザーはあらかじめSIMロックの解除をオススメしますが、 国内でドコモの回線と端末を使用する以上は、必ずしも解除する必要はありません。

LTE回線として使われているXi対応端末以外でも、以前の標準通信環境だったFOMAのエリアを利用できることもあり、フィーチャーフォンにも対応しています。

格安SIMが利用可能なドコモ端末の例

ドコモの回線を使った格安SIMを挿入し、すぐ使うことが可能です。

iPhone 5s/Xperia Z1 SO-01F

iPhone 5s Xperia Z1 SO-01F

GALAXY Note 3 SC-01F/F-07F

GALAXY Note 3 SC-01F F-07F

SH-07F/iPad mini

SH-07F iPad mini

ドコモの格安スマホを使用するなら、基本的にSIMロックの解除は必要ない

もし手元にドコモの端末があり、格安SIMを利用するためにドコモショップにSIMロックを解除しに行こうとしているなら、その必要はありません。

もともとドコモのネットワークを利用しているので、 そのままSIMカードを挿入できて設定・通信ができます。

もちろん、 auの回線を借りている格安SIMや、海外のSIMカードを使用する場合はSIMロック解除が必要です。

ドコモ端末のSIMロックの解除方法

ドコモの端末を使用していても、 auのMVNOや、海外のSIMカードを使用する場合はSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除はドコモのサイトから行います。

SIMロック解除の手続き

ウェブサイト内の「お客様サポート」にSIMロック解除の情報があります。

検索窓で“SIMロック解除”と入力するほうが素早く表示できるでしょう。このページからさまざまなメニューを閲覧することができます。

ショップに持って行く

docomoサイト

ドコモショップ店頭でもSIMロック解除を受け付けてくれるので、近くのショップでの手続きも検討してみましょう。

その際、本人確認書類や費用を忘れないようにしましょう。

docomo「SIMロック解除の手続き」

SIMロック解除対応機種

SIMロック解除対応機種

SIMロック解除に対応している機種を一覧できるページが用意されています。

所有している端末や、これから中古で購入しようとしている場合はここで確認しておきましょう。

SIMロック解除対応機種の格安スマホの他社SIMカードでの音声・SMS確認結果

他社SIMカードでの音声・SMS確認結果

他社のSIMを使った通信実験を行った結果が記されているページもあります。

格安SIMとは直接関係ありませんが、知っておけばこれからソフトバンクから回線を借りる格安SIM事業が始まった場合に参考となるはずです。

白ロム購入時はドコモの端末を選択する

端末をこれから用意する場合に「白ロム」と呼ばれている中古端末を購入する方もいると思いますがその際は、ドコモから販売されている端末を選択しましょう。

中古の購入で注意しなければならないのが、割賦での支払状況です。

支払いが終了していない端末はネットワーク利用制限がかかっている場合があり、“IMEI”とよばれる識別番号をドコモのウェブサイト上で確認する必要があります。

IMEIの認識番号の確認

IMEIの認識番号の確認

URLにアクセスすると、使おうとしている端末のネットワーク利用制限の状況が確認することができます。

端末に記されている15 桁の番号を入力して使用可能かどうかを調べましょう。

また通信販売を利用するときは事前に確認できるショップでの購入が安心です。

docomo「ネットワーク利用制限携帯電話確認サイト」

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。