Menu

eSIMとは?メリット・デメリットや使い方をわかりやすく解説!

eSIMとは?メリット・デメリットや使い方をわかりやすく解説!

キャリアや格安SIMでeSIM提供プランやeSIM対応端末など、近頃よく「eSIM」という言葉を耳にするようになりました。

この「eSIM」とは、どのようなサービスなのか調べていませんか?

当記事では、eSIMについて以下のことを紹介します。

  • eSIMとは何か?
  • eSIMを活用するメリット・デメリット
  • eSIMを利用する手順・必要なもの
  • eSIMを利用できる通信キャリア・プラン

eSIM とは、物理的なSIMカードを利用せずデータ通信を行うための仕組みのことです。

eSIMを利用することで、契約後すぐに通信回線を利用できます。
また、1つのスマホで2つの通信回線が利用可能となります。

eSIMについてさらに詳しく知りたい方や、これからeSIMの利用を検討している方は、ぜひ当記事を参考にしてくださいね!

eSIMって何?

eSIMとは、スマホの端末内に組み込まれた部品を活用し通信を行う仕組みのことです。
物理的なSIMカードが不要で、1つのスマホで2回線利用できるのが特徴的です。

機能的には、物理SIMを2枚セットできる「デュアルSIM」対応のスマホとほぼ同じです。

eSIMの強みは「契約から開通までの時間が短い」ことです。
契約が完了するとeSIM利用の手続きがメールなどで案内され、手順に従って操作するだけですぐに新しい回線を利用できます。

一方でeSIMに対応しているスマホが限定されている・SIMロックの対象となっているなどの注意点もあります。

お手持ちのスマホはeSIMに対応しているか、端末のSIMロックは解除されているか、契約前にチェックしておきましょう。

eSIMの特徴や仕組み

それでは、eSIMの仕組みについて、詳しく見てみましょう。

eSIM対応のスマホは、出荷時点ではデータ通信の情報が書き込まれていない状態で発送されます。
データ通信の情報は、QRコード読み取りや専用アプリのインストールなどを通してeSIMにデータを書込みます。

データの書き込みが終わるとデータ通信や音声通話が利用可能となり、物理SIMと同じようにスマホを通常利用できます。

カード型の物理SIMとの違い

eSIMと物理的なSIMカードの違いは、以下の2点があげられます。

  • カードの抜き差しの有無
  • 対応する通信プランの有無

まず、eSIMは物理SIMと異なり、本体側面のSIMカードトレイを開けてSIMをセットしたり入れ替えたりする手間が発生しません。

一方で、そもそもeSIM対応の通信プランを用意しているキャリアは多くないため、プランの選択肢は物理SIMより限られます。

また機種変更をするとき、eSIMプロファイルという加入者データを再発行してもらう必要があるなど手間がかかるのも残念なところです。

eSIMでできること

eSIMは物理SIMと同じように、スマホでモバイルデータ通信ができるようになります。
しかし「eSIMしかできないこと」はありません。

では、わざわざeSIMを利用するメリットがあるのだろうか?と思う人もいるでしょう。
結論を述べると、通信キャリアを手軽に乗り換えやすいのが、eSIMを利用する大きなメリットです。

物理SIMの場合、プラン契約後はSIMカードが届くまで待機し、SIM到着後はスマホに挿入されているSIMカードを取り換えるなど手間と時間がかかります。

一方でeSIMの場合、SIMカードの差し替えなどの手間がかからず、またカードの到着を待つ必要もありません。
そのため、申し込みから利用開始までが大変スムーズです。

既存の物理SIMよりも手軽に乗り換えやすく、手間もあまりかからないのが魅力ですが、この他にもeSIMを利用するメリットはありますので、以下で詳しく解説していきます。

eSIMを利用するメリット

eSIMを利用するメリットは「通信キャリアを乗り換えやすい」と紹介しましたが、他にもeSIMを利用するメリットはあります。

eSIMを利用するメリット

  • スマホ1台で複数回線(デュアルSIM)を手軽に利用できる
  • 海外旅行するときに便利
  • すぐに開通できる

【メリット1】スマホ1台で複数回線(デュアルSIM)を手軽に利用できる

eSIMを利用するメリットの1つ目は、スマホ1台で複数の回線を利用できることです。

一回線目は既存の物理SIMを利用しつつ、二回線目はサブとしてデータ通信専用プランを契約したりすると便利です。

たとえば1回線は通話し放題、2回線目はたっぷりデータ通信できるプランなど、複数プランを組み合わせるとお得かつ便利にスマホを利用できます。

【メリット2】海外旅行時に便利

eSIMを利用する2つ目のメリットは、海外旅行時のSIMカード管理が便利になることです。

海外で日本の通信キャリアを利用すると、料金が高かったり国や地域によっては利用できなかったりします。

そこで「日本で利用するのはeSIM、海外で利用するのは物理SIM」と分けておけば、通信キャリアを使い分けて利用できます。

物理SIMの場合でも使い分けることは可能ですが、問題になるのはSIMカードの管理です。
海外滞在時は日本で利用するSIMカードを別途保管する必要ありますが、もし何かの手違いで紛失してしまうと大変ですよね。

一方で国内回線がeSIMなら、物理SIMを別途保管する必要がないので便利です。

海外利用が多い方は、eSIMを利用して使い分けをしてみてはいかがでしょうか。

【メリット3】すぐに開通できる

eSIMを利用する3つ目のメリットは、オンラインですぐ契約し開通できることです。

物理SIMの場合は申し込みからSIMカードの到着まで、速くても数日かかります。
eSIMなら契約してから数時間で新しい回線を利用することができます。

eSIMを利用するデメリット

ここからは、eSIMを利用するデメリットについて解説していきます。

eSIMを利用するうえでネックになるのは、対応しているスマホや通信キャリアが少ないことです。
物理SIMと比較すると、選べるプランの数に大きな差があるため、デメリットも確認しておきましょう。

eSIMを利用するデメリットは以下の3つです。

  • eSIM対応の端末が必要
  • 契約できる会社やプランが少ない
  • 端末の乗り換えをしにくい

それでは、次項より詳しくみていきましょう。

【デメリット1】eSIM対応の端末が必要

eSIMを利用するデメリットの1つ目は、対応している端末が少ないことです。

まずはeSIMを利用できる端末の一例を見てみましょう。

  • iPhone:iPhone XR以降のモデル
  • Pixel:Pixel 4以降のモデル

iPhoneやPixelは、最近のモデルであればeSIMを利用できます。
ただし、上記以外のスマートフォンの場合、eSIMに対応した機種は多くありません。

自分のスマホがeSIMに対応しているか気になる方は、「(利用している端末名) eSIM」で検索してみましょう。

【デメリット2】契約できる会社やプランが少ない

eSIMを利用するデメリットの2つ目は、利用できるプランが少ないことです。
eSIMに対応しているキャリアは以下の6つになります。

  • IIJmio
  • povo
  • LINEMO
  • 楽天モバイル
  • ワイモバイル
  • BIC SIM

auの「povo」やソフトバンクの「LINEMO」に対応しているのは魅力的です。
ただしauの場合、その他の通信プランには契約できません。

各キャリアのeSIM専用プランについては、後述します。

【デメリット3】端末の乗り換えをしにくい

eSIMを利用する3つ目のデメリットは、機種変更時のeSIM移行に手間がかかることです。

新しい端末で現在利用しているeSIM利用を継続する場合、別途オンラインで手続きが必要になります。
ただし事業者によっては、プロファイルの再発行に手数料がかかることもあります。

たとえば、UQモバイルでは店頭で手続きをする場合、eSIM再発行の手数料が2,200円(税込)かかります。

頻繁にスマホを乗り換える方は、SIMカードの差し替えだけで使える物理SIMの方が便利かもしれません。

eSIMを利用できる主な端末

ここからは、eSIMを利用できる主なスマートフォンを紹介します。

結論を述べると、eSIMに対応しているスマートフォンは限られています。
しかしiPhoneやPixelなど大手メーカーのスマホで比較的新しいモデルであれば、eSIMに対応していることが多いようです。

iPhoneシリーズ

iPhoneの場合、iPhone XRより新しいシリーズでeSIMを利用できます。
iPhone XやiPhone 8以前のモデルではeSIMを利用できません。

iPhoneでeSIMを利用するなら、iPhone XR、XSより新しいモデルを利用しましょう。
ちなみにiPhone SE(第二世代)もeSIMに対応しております。

Android端末

eSIMに対応している代表的なAndroidスマホを紹介します。

eSIM対応のAndroid端末の一例

  • Pixel 4以降のモデル
  • OPPO A73、OPPO Reno5 A
  • Rakuten Mini、Rakuten Hand、Rakuten BIG

自分の利用しているAndroid端末がeSIMに対応しているか気になる方は、「(端末名) eSIM」で検索してみましょう。

eSIMを利用するには?手順や必要なものを紹介!

ここからは、eSIMを契約する手順や必要なものについて紹介します。

基本的にはeSIMは対応するスマホを用意してキャリアに申し込むだけで、簡単に契約できます。
具体的にどのような手順を踏むのか、詳しく解説していきます。

eSIM利用に必要なもの

eSIMを利用するには、以下のものが必要です。

  • eSIM対応のスマホ
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • クレジットカード情報

それでは、確認していきましょう。

eSIMの利用開始手順

eSIMを利用開始するまでの流れは、以下の通りです。

  • 各キャリアで手続きを行い、QRコードを表示(利用するスマートフォン以外のデバイスを活用)
  • 利用するスマートフォンでQRコード読み取り
  • 「設定」からモバイルデータ通信プランを追加

ただし、利用開始手順はキャリアや端末によって異なります。詳しくは、各キャリアやスマホの案内に従って手続きを行いましょう。

また、オンラインでも開通手続きは可能です。

どこで契約できる?eSIMを提供している6社とプランを紹介!

ここでは、eSIMを提供している6社の通信プランを紹介します。

eSIMを提供している6社

  • IIJmio
  • povo
  • LINEMO
  • 楽天モバイル
  • ワイモバイル
  • BIC SIM

なお「IIJmio」と「BIC SIM」は、データ通信専用プランのみ提供しています。
音声通話も利用したい方は、他の4つのキャリアを契約しましょう。

1.IIJmio

IIJmioの提供しているeSIM専用プラン「データプラン ゼロ」は、比較的低価格で利用できるデータ通信専用プランです。

ただし、データ通信専用のため音声通話はできません。

まったく使わない月は165円、1GBまでなら+330円、2GB以降は+495円と、使った分だけ料金がかかります。なおデータ通信量は自動で追加されず、都度チャージする必要があります。

また余ったデータ容量は翌月に繰り越せない点にも注意しましょう。

データプラン ゼロ
利用できる月間データ通信量:月額料金0GB:165円/月
追加1GB:330円
追加2~10GB:495円
その他初期費用:3,300円
データ容量の繰り越しは不可

ちなみに初期費用はキャンペーン適用で安くなる可能性があります。
契約前に、実施されているキャンペーンをチェックしましょう。

IIJmio公式ページ

2.povo

povoはauが提供しているオンライン専用の廉価プランです。
実はpovoはeSIMにも対応しており、追加オプションも物理SIMと同様に申し込んで利用可能です。

また、au回線を利用できるため通信速度も遅くなりにくく、オプションを追加すればかけ放題も適用できるのが魅力的です。

ただし、申し込み手続きはオンラインのみとなります。

オンライン手続きでも問題のない方、au回線でeSIMを利用したい方はpovoも検討してみてはいかがでしょうか。

povo
利用できる月間データ通信量:月額料金20GB:2,728円/月
追加1GB:550円
その他契約事務手数料:0円
トッピングで追加オプションを契約できる

povo公式ページ

3.LINEMO

LINEMOは、ソフトバンクが提供しているオンライン専用の廉価プランです。

月3GB通信できる「ミニプラン」は、格安SIMと同じくらい安いのが魅力的です。
もちろんソフトバンク回線なので、混雑時間帯でも通信速度が遅くなりにくいです。

またLINEのトークやLINE電話をカウントフリーで利用できる「LINEギガカウントフリー」も、eSIMで適用されます。

「データ通信は月3GBで十分!回線品質がよくて音声通話もできるeSIMと契約したい」という方は、LINEMOがおすすめです。

ミニプラン/スマホプラン
利用できる月間データ通信量:月額料金ミニプラン(3GB):990円/月
スマホプラン(20GB):2,728円/月
追加1GB:550円
その他契約事務手数料:0円
LINEのトークや通話を気にせず利用できる「LINEギガフリー」に対応

LINEMO公式ページ

楽天モバイル

楽天モバイルはeSIM対応の通信プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅴ」を提供しています。

月1GBまでなら月額料金は無料(音声通話料金を除く)です。
また20GB以上通信しても、楽天回線エリア内なら速度制限がまず発生しない点が魅力的です。

ただし楽天回線エリアに対応していない地域もあり、かつ他の大手通信キャリアと比較すると通信品質も不安定なのが気になります。

とはいえ、楽天市場でのお買い物がよりお得になるなど特典も多いです。
楽天のサービスを利用する人はチェックしたい通信プランです。

Rakuten UN-LIMIT Ⅴ
利用できる月間データ通信量:月額料金1GBまで:0円/月
3GBまで:1,078円/月
20GBまで:2,178円/月
20GB以降:3,278円/月
追加1GB:500円(パートナー回線エリア利用時)
その他契約事務手数料:0円
「Rakuten Link」アプリ活用で国内通話かけ放題

楽天モバイル公式ページ

5.ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、格安SIMの中では安定した通信品質が魅力のキャリアです。

物理SIMと同じ通信プラン「シンプルS/M/L」に加入可能でき、通信品質やオプションなども変わりません。
ただしソフトバンクがLINEMOを提供している現在、料金の安さを重視する方はワイモバイルを利用するメリットは以前より無いように思われます。

特にこだわりがなければ、ワイモバイルよりLINEMOとの契約を考えた方がお得です。

シンプルS/M/L
利用できる月間データ通信量:月額料金S(3GB):2,178円/月
M(15GB):3,278円/月
L(25GB):4,158円/月
追加550MB:550円
その他契約事務手数料:3,300円

Y!mobile公式ページ

6.BIC SIM

BIC SIMはビックカメラが提供する通信サービスです。

データ通信専用プランですが、eSIMプランも提供中です。
ある程度データ通信を利用するなら、大容量プランがありかつデータチャージが安い「ギガプラン」がおすすめです。

また、ほとんどデータ通信を利用しないなら最低料金が安い「データゼロプラン」をおすすめします。

データプランゼロ/ギガプラン
利用できる月間データ通信量:月額料金
  • ギガプラン
    2GB:440円/月4GB:660円/月
    8GB:1,100円/月
    15GB:1,430円/月
    20GB:1,650円/月
    追加1GB:220円
  • データプランゼロ
    0GB:165円/月
    追加1GB:330円
    追加2~10GB:495円
その他SIMカード発行手数料:220円

eSIMは今後普及する可能性がある!

ここまで、eSIMの概要やメリット・デメリット、eSIMを提供しているキャリアなどについて紹介しました。
ここで、紹介した内容をまとめます。

  • eSIMのメリットは「SIMを抜き差しせず通信プランを切り替えやすい」こと
  • デメリットは「端末の乗り換えが面倒」なこと
  • eSIMの通信プランを提供しているキャリアは6社ある

eSIMはデメリットもあるものの、「通信キャリアを乗り換えやすい」「申し込んですぐに利用できる」など、メリットもたくさんあります。

まだまだ対応している端末やプランは少ないですが、大手キャリアでもeSIMの提供を開始するなど、サービス拡大の動きが確認できます。

「eSIMの契約を考えている」という方は、この機会にeSIMを提供している通信キャリアをチェックしてみてはいかがでしょうか。

楽天モバイル公式ページ

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険