Menu

Googleマップで通信量を抑える方法

GPS機能を使って現在位置周辺の地図情報を表示したり、目的地までのルートを検索したりと、スマホでの道案内にはGoogleマップが非常に便利ですね。

もちろん、格安SIMでも問題なく利用することができますが、通信量には気をつけましょう。

地図の拡大・縮小や目的地までのナビゲーション機能に気を付けよう

動画再生のように常に大容量のデータを受信し続けるというわけではありませんが、地図の拡大、縮小や目的地までのナビゲーション機能などを利用すると、思わぬデータ通信量を消費してしまうことがあります。


手軽に地図を拡大・縮小できるのがスマホで地図アプリを使う際に便利な点の一つですが、データ通信量を気にするのであれば、必要最低限に抑えておくのが良いでしょう。

地図の航空写真の利用に気を付けよう

地図を航空写真に切り替える際のデータ通信量も大きいのでご注意ください。

写真は、文字と比べると圧倒的にデータ量を必要とします。

写真による地図は分かりやすいですが、データ通信量の観点からはほどほどにしたほうが良いでしょう。


また、目的地周辺の詳細を調べるといった形でいろいろ調べてしまうでしょうが、あまり頻繁に表示を切り替えて使用するのは通信量が増えてしまうので、格安SIMを使って通信を行うのであればほどほどにしましょう。

まとめ

通信速度の低速なSIMカードや、通信速度に制限がかかった状態でGoogleマップを利用する際には、拡大、縮小といった操作がスムーズにいかない場合もあります。

環境によっては地図の表示に時間がかかってしまいます。

Googleマップの利用は、意外に通信量が多いということを気に留めておくようにしましょう。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。