Menu

IIJmio徹底検証!全7項目の他社から分かる特徴とおすすめな人

インターネットプロバイダーとして老舗中の老舗であるインターネットイニシアティブ、IIJが提供する格安SIMサービス IIJmio について、その特徴や注意点について徹底的に調べてまとめました。

IIJmioの格安SIMをかんたん解説

プラン 音声通話SIM SMS付きデータSIM データSIM
ミニマムスタート(3GB) 1,600円/月 1,040円/月 900円/月
ライトスタート(&GB) 2,220円/月 1,660円/月 1,520円/月
ファミリーシェア(10GB) 3,260円/月 2,700円/月 2,560円/月

IIJmioの料金プランはバンドルクーポンが異なる3つのプランで構成されています。

バンドルクーポンとは高速状態で通信可能なデータ容量のことで、クーポンを使い切ると当月中は最大200kbpsの低速状態に切り替わります。

毎月付与されるバンドルクーポンは翌月の末日まで有効です。


最低利用期間はどのプランも利用開始月の翌月末までと定められていますが、 音声通話SIMに関しては最低利用期間を過ぎても解約金が発生する場合があるので注意が必要です。

音声通話SIMの解約金

音声通話機能に対応しているSIMを契約後12か月以内に解約やMNP転出する場合、利用期間に応じて音声通話機能解除調定金が発生します。

調定金:(12か月-利用開始月を0か月とした利用月数)×1,000円

使い方に合わせて選べる3つのプラン

料金体系はシンプルで、毎月のデータ通信量に合わせて選べる3つのプランが提供されています。


スマホデビューの方や、スマホをあまり使わないライトユーザーはデータ容量が3GBのミニマムスタートプランから利用してみると良いでしょう。

もし3GBで足りなければ追加クーポンを購入するか、後から上位のプランへ変更することも可能です。

ただし変更が適用されるのはプラン変更を申込んだ翌月1日からです。

追加クーポンとクーポンカード

  • 追加クーポン

200円/100MBで、毎月最大30枚まで購入することができます。

追加クーポンの有効期限は 購入月から3か月後の末日です。

  • クーポンカード

店頭でクーポンカードを購入することも可能です。

こちらは 1,500円/500MBと3,000円/2GBの2種類が販売されており、有効期限は チャージした月から3か月後の末日となります。

ある程度スマホを使いこなしている自信がある方は6GBのライトスタートプランから始めることをオススメします。

もしクーポンが余りそうならミニマムスタートプランに変更すればOK。プランを変更してもクーポンの有効期限は引き継がれます。


たくさん通信するヘビーユーザーや、家族で利用するなら大容量10GBのファミリーシェアプランが最適です。

ちなみに、同じIIJが提供する光回線のインターネットサービス「IIJmioひかり」または「ビック光」とセットで利用すると、 mio割が適用され、 毎月600円の割引が受けられます。

どのプランも複数枚のSIMカードで利用することが可能

SIMカード追加手数料 2,000円
追加SIM利用料 400円/月
SMS機能付帯料 140円/月
音声通話機能付帯料 700円/月

従来はファミリーシェアプランのみ複数枚のSIMカードで利用することができましたが、2016年7月7日よりミニマムスタートプランとライトスタートプランも1枚だけSIMカードを追加することが可能になりました。

追加するSIMカードのタイプにより上記の追加料金が発生しますが、2回線でバンドルクーポンをシェアすることができます。


最もバンドルクーポンが大きいファミリーシェアプランに関しては最大9枚のSIMカードを追加し、合計10枚のSIMカードでシェアすることが可能です。

また2枚目までは追加SIM利用料は無料となります。

SMSや音声通話の付帯料は1枚目から発生しますが、複数枚で利用するならファミリーシェアプランがお得です。

なお契約時に追加のSIMカードを申込んだ場合は追加手数料は請求されません。

後から追加する場合に限り、1枚につき2,000円の手数料が発生します。


追加SIMを利用する時の注意点は、誰か1人が大量に通信してバンドルクーポンを使い切ってしまうと全員が翌月まで低速化してしまうということです。

家族でシェアする場合はトラブルを避けるためにも、1人だけ使い過ぎてしまわないようにデータ通信量を定期的にチェックしましょう。

専用アプリのIIJmioクーポンスイッチ「 みおぽん」はクーポンのON/OFFだけでなく、 SIMカードごとの通信量を把握することもできます。

BIC SIMカウンターで申込むと即日開通などのメリットあり

IIJmioの類似サービスとして、ビックカメラグループが販売している BIC SIMという格安SIMが存在します。

IIJmioのSIMパッケージに公衆無線LANサービス Wi2 300を付帯させた格安SIMサービスです。


SIMカード自体はIIJmioのものをそのまま販売しているので、本家IIJmioと全く同じサービスを受けることができます。

それどころかBIC SIMカウンターが設置されている店舗で申込むと、即日でBIC SIM(IIJmio)を開通することが可能です。

店舗によっては契約手続き以外にも、SIMカードを紛失した際の再発行手続きなども即日で対応してもらえます。

ただし、BIC SIMカウンターではIIJmioの全ての手続きを受け付けているわけではありません。

また、 手続き内容によっては、SIMカードを即日で発行するための手数料が別途発生する場合もあります。


例えばWEBサイトからSIMカードの再発行を申込むと手数料は2,000円で済みますが、 BIC SIMカウンターで即日発行する場合は3,000円請求されます。

また、IIJmioがWEBサイトで行っているキャンペーン等が適用されない可能性などもあります。

何よりもBIC SIMカウンターが設置されている店舗はかなり限られているのが難点です。

参考: BIC SIMカウンター|IIJmio

MNPを利用してWEBサイトから申込む場合でも、SIMカードが到着してから開通手続きを行うので携帯電話が不通となる期間は生じません。

公衆無線LANサービスが不要だったり、開通を急ぐ理由がなければ、IIJmioのWEBサイトから申込むと良いでしょう。

格安SIMの比較ポイントから見るIIJmioの強みと弱み

ここでは下記の7つの項目について10段階で評価してみました。

格安SIMの比較ポイントから見るIIJmioの強みと弱み

  • プラン充実度
  • 通信速度
  • 取扱いスマホセットの充実度
  • 音声通話料
  • 月額料金
  • サポート充実度
  • その他サービスの充実度(繰り越し、WiFi、etc)

 ただし通信速度に関しては、実際に利用するエリアや環境、時期によっても評価は著しく変化します。

「このような傾向がある」程度に考えていただければ幸いです。

プラン充実度 7/10点

プランの数自体は少ないですが、 全プランにおいて複数枚のSIMカードでクーポンのシェアが可能なMVNOはなかなかありません。

またデータSIMから音声対応SIMへの変更も可能だったりと自由度はかなり高いです。


ただし 音声対応SIM/SMS付きデータSIM/データSIM間のプラン変更はSIMカードの交換が必要となり、1枚につき2,000円の再発行手数料が発生します。

またファミリーシェアプランへの変更と同時に追加SIMを申込む場合もやはり手数料が必要です。

なお音声通話対応のSIMカードを他のSIMへ交換する場合、音声通話機能解除調定金は発生しません。

通信速度 7/10点

IIJmioは業界No.2のシェアを誇り、その通信品質は平均より上の部類です。しかしユーザーの増加に対して設備の増強が追い付いていないという声も時々聞こえます。

12時頃はどの格安SIMも著しく低速化する傾向がありますが、特にIIJmioはユーザーが多いせいかその不満を唱える声も大きいです。

お昼頃の通信速度に関してはあまり期待しないほうが良いでしょう。


その他の時間帯は比較的速く、ストレスなく通信できます。またクーポンOFF時はバースト転送のおかげで低速状態でも快適です。

「バースト転送」とは?

最大200kbpsの低速状態でも始めの一定量だけ高速状態で通信できる仕組みです。

IIJmioの場合、200kbps×3秒分=75KBのバースト転送が行われます。


もし クーポンを使い切ってしまっても、バースト転送機能があるIIJmioなら快適に通信することができます。

取扱いスマホセットの充実度 7/10点

セット販売されているスマートフォンのラインナップは台湾の人気メーカーASUSや、中国のHUAWEI製端末が中心です。

メーカーに偏りがあるため、国産志向の方にはちょっと不満かもしれません。

しかし 格安スマホにおいて最も売れ筋である3万円前後の機種が多く、どれもミドルスペックを備えているので機種選びに失敗しにくいです。

料金プランのシンプルさも合わせて、初心者に優しいMVNOです。

音声通話料 6/10点

一般電話/携帯電話へ発信 同一mioIDへ発信
音声通話 20円/30秒
みおふぉんダイアル 10円/30秒 8円/30秒

音声通話機能に対応しているSIMカードでは090や080などの電話番号で音声通話が利用できます。通話単価は20円/30秒です。

無料通話や5分間定額のような通話割引はありませんが、IIJmioユーザー向けに提供されている プレフィックス方式のみおふぉんダイアルを利用すると50%OFFの10円/30秒、さらに同一mioIDで契約している回線に発信する場合は60%OFFの8円/30秒となります。

IP電話アプリの050 plusと比べると通話単価が高いですが、プレフィックス方式は通常の 音声通話とほぼ同じ品質で利用できるので、IP電話よりも安定しているというメリットがあります。

また090や080の電話番号のまま発着信が可能です。

月額料金 6/10点

今ほどたくさんのMVNOが存在しなかった初期の頃から、IIJmioは先陣を切ってサービスの改定や値下げを行うMVNOでした。

そのためIIJmioの月額料金が指標とされることが多く、IIJmioと同じかそれ以下の料金に設定するMVNOが後を絶ちません。

結果的にIIJmioの月額料金は標準か、やや高めに位置しています。


また月額500円程度から利用できる格安SIMが増えつつありますが、IIJmioは3GBが900円/月からと、やっぱり標準的です。

なので 毎月3GBも通信しない人にとっては少し割高に感じるかもしれません。

しかし現在の標準的プランである「3GB 900円/月」を打ち出したのもIIJmioです。

初めに値下げを行うのはいつもIIJmioなので、そういう意味ではIIJmioを選べば間違いはありません。

常に新しい水準の料金プランで利用することが期待できます。

サポート充実度 8/10点

WEBサイトから申込み手続きをする自信がなかったり端末の初期設定に不安がある場合は、BIC SIMカウンターを設置している店舗で申込むこともできます。

サポートする内容によっては別途サービス代金が発生しますが、そういう選択肢があるだけでも安心ですね。


IIJmioのSIMフリースマートフォンを購入時に、 端末補償オプションを追加することができます。

これは画面割れや水濡れ、破損などのトラブルが起きた端末を対象に、低料金で新品同様品と交換してくれるサービスです。

加入費用は380円/月。1年に2回まで利用可能で、1回目は5,000円、2回目は8,000円で最短翌日に交換端末を届けてもらえます。

その他サービスの充実度(繰り越し、WiFi、etc) 7/10点

IIJmioは余ったデータ容量の繰り越しが可能です。

正確にはバンドルクーポンの有効期限が与えられた翌月の末日なので、元々2か月間かけて消費することができます。

BIC SIM限定ですが公衆無線LANサービスを無料で利用することができます。

有名どころでは OCNモバイルONEBIGLOBENifMo なども無料でWi-Fiスポットを提供していますが、MVNO全体ではまだまだ少ないのでアドバンテージとなるでしょう。

「みおぽん」アプリでクーポンのON/OFFを切り替えられるので、簡単にデータ通信量を節約することができます。

IIJmioなら低速状態でもバースト転送のおかげで快適です。

IIJmio独自の特徴

IIJmioは新しい機能やサービスを積極的に打ち出しています。

そんなIIJmio独自の特徴とは一体どのようなものがあるのでしょうか。

最大10枚のSIMカードで利用可能

複数のSIMカードでデータ容量をシェアできるMVNOはいくつか存在しますが、その多くは最大3枚まで、OCNモバイルONEでも最大5枚までです。

しかしIIJmioのファミリーシェアプランは 最大10枚まで追加することが可能です。

データSIMなら3枚目までは 追加料金不要で利用できるのも高ポイントです。


例えば SIMカードが3枚あれば、スマートフォンやタブレット以外にもモバイルWi-Fiルーターに挿して使うことができます。

「スマホでテザリングですれば良いじゃないか」と思われる方がいるかもしれませんが、スマートフォンでWi-Fiテザリングをすると激しくバッテリーを消耗してしまいます。

機種によっては有線LANで接続することも可能なので、パソコンをインターネットに繋ぐのであれば専用のモバイルWi-Fiルーターを用いるのがオススメです。


もちろん音声通話機能を付帯させて家族で利用しても構いません。

1人ずつ契約するよりも月額料金が割安になりますし、主回線の契約と同時に申込めば事務手数料は3,000円だけで済みます。

後から追加する場合でも手数料は2,000円/枚なので、新たに契約するよりはコストを抑えられます。

複数のデバイスを持っている方にとっては嬉しい仕様です。

新機種の動作確認を行うスピードが速い

IIJmioを運営しているスタッフは非常に優秀です。

何が優秀かと言うと、 新機種が発売されるとどこよりも早くIIJmioのSIMカードで動作確認を行い、その検証結果を発表してくれます。


通常、サポートしている電波の規格と周波数帯が一致していれば、SIMフリー端末はどの事業者のSIMカードでも利用することが可能です。

しかし、実際は例外が少なからず存在します。

有名なところでは、過去に「SIMフリーのiPhoneがau系MVNOのmineoで通信できなくなる」という事件が起きました。

それまでは正常に動作していましたが、iOS 8.0にアップデートすると利用不可となってしまったのです。


このように 仕様上は利用できるハズなのに、実際には正常に動作しないSIMと端末の組み合わせが存在します。

そのためMVNO各社は独自に動作確認を行い、その検証結果をWEBサイトなどで公開しています。

この動作確認がIIJmioは 特に速いことで有名です。


またその検証する端末の幅が広く、マイナーな機種までしっかりと検証が行われています。

これはIIJmio 最大の特徴と言っても良いかもしれません。

新発売された機種を購入する際、あるいはiOSをアップデートする場合などでも、IIJmioならすぐに動作確認を行ってくれるので安心して利用することができます。

これも重要なサービスの1つで、そこを大事にしているIIJmioはユーザーにとって非常に信頼できるMVNOです。

運営とユーザーが交流できるミーティングを定期的に開催

IIJは3か月に1度、IIJmio meetingというイベントを開催しています。

このイベントではIIJのスタッフがスマートフォンに関するトークセッションを行ったり、ユーザーとのフリートークなどが行われます。

IIJmio meetingのトークテーマや展示内容は毎回異なりますが、例えば 2016年7月のプログラムは以下のようなものがありました。

  • みおふぉん教室:「子どもの格安スマホデビュー」
  • トークセッション:IIJmioの端末選定のお話
  • トークセッション:災害とMVNO
  • SIMフリースマートフォンの展示


堅いお話ばかりではなく、 初心者向けのセッションや端末の展示もあり、格安SIMに詳しくない方でも退屈せずに楽しめる内容です。

また初心者の方優先で相談コーナーも設置されます。このようなユーザー参加型のイベントを定期的に開催しているMVNOはIIJmioくらいのものです。

IIJmioはユーザーの声を非常に大切にしていることが伺えます。

IIJmioの口コミ傾向から分かる評判

IIJmioを実際に利用しているユーザーから、よく聞こえてくる話をまとめてみました。

平常時は快適だが12時頃は低速化が著しい

口コミを調べてみるとやはり12時頃の低速化はかなり顕著のようです。

クーポンがONの状態にもかかわらず1Mbpsを下回ることは珍しくありません。


それ以外の時間帯ではしっかり通信速度が出ているので、低速化した落差もあるのでしょう。 体感速度はかなり遅く感じるようです。

また、ユーザー数が多いわりには安定しているという声もよく聞きます。

昼の低速化さえ除けば快適に通信できているので、ユーザーの利用スタイルに合致するかどうかで評価は大きく分かれます。

専用アプリが便利

クーポンのON/OFFを切り替えられる「みおぽん」や、通話料が半額になる「みおふぉんダイアル」など、IIJmioでは便利な専用アプリが提供されています。

これらのアプリやサービスを評価する声は非常に大きいです。


実際は他社でも同様のアプリが提供されていたりするのですが、こういった便利なサービスはIIJmioから始まることが多く、その点をメリットとして挙げるユーザーも多くいます。

またそういった期待感や信頼性故に、多少速度に不満があってもIIJmioから他社へ乗り換えられないという方も見かけます。

ここまで根強い人気を獲得しているMVNOもそうそうないでしょう。

IIJmioの格安SIMが合う人・合わない人

以上の内容からIIJmioが向いている人、あるいは向いていない人とはどのようなユーザーなのか考えてみましょう。

ポイントを絞って箇条書きにまとめてみました。

IIJmioが合う人

  • 家族で利用したり、複数のデバイスで利用したい人
  • 最新の端末を安心して利用したい人
  • 低速状態でも快適に通信したい人

ファミリーシェアプランは 追加利用料なしでSIMカードを2枚追加することができます。

家族で利用する場合や複数のデバイスで使用するなら、1枚ずつ新規で契約するよりもファミリーシェアプランで追加SIMを利用するほうがコストを格段に安く抑えられます。


また格安SIMを契約する際に限らず、契約後に新しい端末を購入したくなった時でも、IIJmioなら最短で発売したその日のうちに動作確認を行ってくれます。

またIIJmioが販売している機種に限らず、幅広い端末で検証しているので安心して利用できます。

バースト転送のおかげでクーポンOFFの状態でも初速は高速で通信することが可能です。

最大200kbpsの低速状態でも快適に通信したいならバースト転送機能があるIIJmioがオススメです。

IIJmioが合わない人

  • あまりスマホを使わない人
  • たくさんのラインナップから格安スマホを選びたい人
  • 昼間でも高速で快適に通信したい人

あまりスマホを使わないライトユーザーにとってはIIJmioは割高となるかもしれません。

目安として 毎月のデータ通信量が1GB未満~2GB程度の方は、低容量のプランを用意している DMM mobile などを検討してみると良いでしょう。


IIJmioの端末ラインナップはメーカーに偏りがあります。

また 1万円台の超低価格な格安スマホや、最新のハイスペック端末はIIJmioでは手に入りにくいので、そういった機種が欲しい方にはIIJmioは向いていません。

端末は量販店などで購入するか、あるいはMVNO選びから検討し直しましょう。

昼間でも快適に通信したいならIIJmioは不向きです。

その時間帯に公衆無線LANなどのWi-Fiを利用できれば問題ありませんが、そうでないなら他のMVNOと契約することをオススメします。

IIJmioが合わない人におすすめのMVNOをPick Up!

IIJmioは高品質で優良なMVNOですが、セット販売端末の少なさやお昼時の通信速度など、他社と比べると見劣りしてしまう部分も確かにあります。

そこでIIJmioは合わないなと感じる方にオススメのMVNOを2つ選びました。それぞれメリットもデメリットもありますが、自分にぴったりだと思うMVNOを探してみてください。

DMM mobile

IIJmioの弱点の1つは料金プランの少なさでしょう。

毎月のデータ通信量は10GBを超えている、あるいは3GBも使わないから もっと安く利用したい!というユーザーには、データ容量が異なる全10プランから選べるDMM mobileが魅力的ではないでしょうか。

データSIMなら最安440円/月から利用することができますし、8GB以上のプランならIIJmioのファミリーシェアプランのように最大3枚のSIMカードでシェアすることが可能です。

業界最安クラスを謳うDMM mobileは当然IIJmioよりも安い価格で提供されています。


またセット販売端末のラインナップも豊富で、IIJmioが取り扱っている機種はほぼ全てカバーしています。

しかもDMM mobileのMVNEはIIJmioなので、両者の通信品質にはほとんど差がありません。

ただしIIJmioと似通った品質ということは、逆に言えば DMM mobileもお昼時の低速化は顕著ですのでその点はご注意ください。

楽天モバイル

データ容量のシェアは不要、それよりも通信速度を妥協したくない!という人には 楽天モバイル がオススメ。

IIJmioと同じような料金体系でこちらは追加SIMが利用できませんが、 通信速度に関しては楽天モバイルのほうが評判が良いです。


また、端末のラインナップもDMM mobile並に豊富で、国内メーカーの機種もそれなりの数を取り扱っています。

人気端末よりも自分が欲しい端末を買いたいなら、楽天モバイルのほうが手に入りやすいでしょう。

楽天でんわ」にはみおふぉんダイアルのような家族間の通話割引はありませんが、通話料は一律で 10円/30秒となります。

さらに通話の発信回数が多いなら、 5分かけ放題オプションを利用することでさらに通話料を節約することができます。これはみおふぉんダイアルにはないメリットです。


タイプが異なるプラン変更ができないなど融通が利かない点もありますが、通信速度を重視されるなら楽天モバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

IIJmioでおすすめの格安スマホセットをPick Up!

IIJmioから販売されているSIMフリースマートフォンはいずれも中価格帯で人気の機種ばかりですが、その中でも今後の売れ筋端末となりそうな機種を紹介します。

HUAWEI P9 lite

2016年6月に発売された HUAWEI製の P9 lite がコストパフォーマンスに優れており、HUAWEI機の中でも今後最も売れる端末となりそうです。

OSは最新のMarshmallow、Android 6.0を搭載しています。CPUは最大駆動周波数2.0GHzのオクタコアを搭載しており、低価格のわりに 非常に高性能です。

カメラに関してもSONY製のイメージセンサーを採用しており、同価格帯では最も綺麗な写真を撮ることができるでしょう。

高級感あるボディの背面には 指紋認証センサーが搭載されているなど、とても2万円台で手に入る端末とは思えません。

今年の人気端末の1つとなることは間違いないでしょう。

IIJmioの申込方法と注意点

近場にBIC SIMカウンターを設置している店舗があるなら、そこで申込むことが可能です。

IIJmioのSIMパッケージを持っている方は、IIJmioのWEBサイトから開通手続きを行いましょう。

IIJmioのパッケージをBIC SIMカウンターに申込んで契約することはできません。

店舗へ行くことができない場合や、SIMパッケージを持っていない場合はIIJmioのWEBサイトから直接申込むと良いでしょう。

申込みと同時に端末を購入する場合は、SIMカードと端末は一緒に発送されます。

まとめ

IIJは格安SIM業界でシェアNo.2を誇るMVNOです。料金プランはシンプルで分かりやすく、初心者でも安心して利用することができます。

唯一の弱点はお昼時の通信速度です。


格安SIMは一般的に、帯域が混雑する昼や夜は低速化しやすい傾向があります。

その中でも、 昼間のIIJmioは特に著しく低速化することが知られています。昼間もよくスマホを使う人には不向きなMVNOです。

それ以外の時間帯では比較的快適にデータ通信が利用できます。

全体的にサービスの品質が高く、何より信頼性はMVNO随一です。

セット販売端末は人気機種を取り揃えているのでハズレを引くことはありません。IIJmioは格安スマホデビューに最適なMVNOです。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。