Menu

iPhoneで自動ダウンロードをオフにして格安SIMのデータ通信量を節約する

iPhoneで自動ダウンロードをオフにして格安SIMのデータ通信量を節約する

ユーザーの代わりにアプリなどの機能を最新の状態に保つ便利な機能ですが、そこにはパケット通信がつきものです。

自分のタイミングでアップデートできれば、格安SIMのデータを使用せずに済むので普段はオフにしておきましょう。

iOSアプリの自動アップデートをオフに設定する

iOSにもアプリの自動アップデート機能が搭載されていますが、格安SIMではオフにしておきたい機能です。

設定アプリ内のメニューによって、アプリ自体のダウンロードを含むアップデートやiTunesで管理している楽曲の自動アップデート機能をオフにしておきましょう。

自動ダウンロードをオフにする

設定アプリから自動ダウンロード機能をオフにしましょう。

アプリだけでなく、楽曲データなどiTunesで管理されているデータに対応しているので、外出時はオフにしておくと余計なパケット通信を防ぐことができます。

また使用していないアプリの整理のきっかけにもなります。

STEP1 「設定」をタップする

「設定」アプリをタップします。

STEP2 「iTunes & App Store」をタップする

「iTunes & App Store」をタップして、自動ダウンロードの設定画面を表示させます。

自動ダウンロード機能をオフにする1-2

STEP3 「自動ダウンロード」の項目を確認する

「自動ダウンロード」に表示されているAppのスライダーをオフにします。

また、iTunesで管理されている楽曲データや、アプリの自動アップデートなどもオフにしておきましょう。

自動ダウンロード機能をオフにする3

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。