Menu

iPhoneのバックグラウンド更新をカットしてデータ通信量を節約

iPhoneのバックグラウンド更新をカットしてデータ通信量を節約

iOSはアプリの自動更新を行う機能を持ち、マイナーアップデートや最新情報の通知はバックグラウンドで行われます。

そのため、ユーザーが確認できない場合が多く、知らないうちにパケット通信が行われています。

バックグラウンド更新機能をオフにして、データ転送量を節約しましょう。

iOSのバックグラウンド更新をカットする

iPhone やiPad に搭載されているiOSも、バックグラウンドで通信を行う場合があります。

アプリの自動アップデートなど、不要なパケット通信を避けましょう。

バックグラウンド更新をオフにする

設定メニューからアプリのバックグラウンド更新をオフにできます。この設定により、不意に行われているパケット通信を制限できます。

アプリのアップデートによってはデータ量が大きい場合があり、パケット通信量がかさんでしまうことがあります。

STEP1 「設定」をタップする

待ち受け画面の「設定」をタップします。

STEP2 「一般」をタップする

「一般」をタップして詳細メニューページに移動します。

STEP3 データ圧縮画面が表示される

「Appのバックグラウンド更新」をタップすると、更新の条件を決めるメニュー画面に移動します。

バックグラウンド更新をオフにする1-3

STEP4 スライダーを動かす

「Appのバックグラウンド更新」のスライダーをオフにすると、確認の表示が出るのでタップして無効にします。

STEP5 アプリごとの設定も可能

アプリごとのスライダーもありますので、自分で細かく設定することが可能です。

バックグラウンド更新をオフにする4-5

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。