Menu

iPhoneでChromeを使って格安SIMのデータ通信量を節約する

Googleが開発した高機能ウェブブラウザである「 Chrome」は、iOS版も用意されています。

PCとのブックマーク連携など便利な機能や、高速な動作が魅力です。

スマートフォン用表示が用意されていない ウェブサイトのデータ転送量を節約できるエコ機能も搭載されているので、格安SIM使用時にオススメです。

iOS機でChromeを使用する

Android同様、iOSにもChromeが用意されています。

PCとの同期設定など便利な機能も用意されていますが、格安SIMを使用する場合に有効なデータ圧縮メニューを設定しておきましょう。

Chromeをインストールする

iOSアプリをダウンロードするApp StoreにてChromeを検索してインストールしましょう。

Googleアカウントを所有していれば連携機能も利用できます。

STEP1 「App Store」をタップする

ホーム画面から「App Store」をタップします。

STEP2 Chromeを検索する

App Storeを起動して、下部メニューの「 検索」をタップすると検索窓が表示されます。

「Chrome」と入力して検索を行います。

「App Store」から「Chrome」を検索する

STEP3 Chromeをダウンロードする

いくつかの候補が表示されますが、写真に表示された「Googleのウェブブラウザ」の「 ダウンロード」をタップします。

「Googleのウェブブラウザ」の「ダウンロード」でChromeをタップしてダウンロードする

STEP4 Chromeを起動する

アプリのダウンロードが終了すると、ダウンロードのマークが「 開く」に変わるので、タップして起動します。

待ち受け画面にもダウンロードされたChromeのアイコンが表示されるので、こちらからも起動することができます。

アプリのダウンロードが終了したらChromeを起動する

◆ポイント

はじめてChromeを起動する場合、利用規約に同意する作業が必要です。その他、Googleアカウントを使用したログインにてPCのブックマークの同期が行えます。

STEP5 利用規約に同意する

はじめてアプリを起動すると、利用規約が表示されるので、内容を確認したらチェックボックスをタップしてチェックを入れて、「同意して続行」をタップします。

STEP6 Googleアカウントでもログイン可能

Googleアカウントでログインすると、PCで利用しているChromeのブックマークの同期など便利な機能をiOS版でも使うことができます。

はじめてアプリを起動すると利用規約が表示されるので利用規約に同意する

Chromeのデータ量の節約設定

Chromeの各種設定メニュー中には、パケット転送量を節約できる機能が搭載されているので、データ使用量に制限のある格安SIMで使用する場合には必ず設定しておきましょう。

STEP1 メニューから設定をタップする

上部をタップして各種設定メニューが表示されたら、下部までスクロールさせて「設定」をタップします。

各種設定メニューが表示されたら設定をタップする

STEP2 「帯域幅」をタップする

メニューが表示されたら「帯域幅」をタップします。 

STEP3 「データ使用量を節約」をタップする

データ使用量を節約」をタップします。

メニューが表示されたら「帯域幅」をタップして、「データ使用量を節約」をタップします。

STEP4 スライダーで機能をオンにする

画面が移行し、スライダーが表示されるので右にスライドさせて機能をオンにします。

STEP5 グラフが表示される

ウェブサイトを閲覧した時の圧縮量がグラフに表示されます。

右にスライドさせて機能をオンにする

STEP6 ウェブサイトを表示させデータの圧縮量を確認する

ウェブサイトを表示させたあとにグラフ画面に戻ると、ウェブサイトの元のサイズと圧縮後のサイズがグラフで表示され、節約の度合いを確認することができます。

ウェブサイトを表示させデータの圧縮量を見て節約の度合いを確認できます

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。