Menu

iPhoneのブラウザでSNSを利用して格安SIMのデータ通信量を節約

iPhoneのブラウザでSNSを利用して格安SIMのデータ通信量を節約

専用アプリが用意されているSNSですが、 パケット圧縮技術のあるウェブブラウザアプリで閲覧するという方法があります。

PCで見るのと同様の方法ですが、さまざまな制限のあるスマートフォン用に開発されたブラウザアプリを利用してパケットを節約しつつ、SNSを楽しむのもひとつの手です。

iOSブラウザでFacebookを使用する

iOSに標準搭載されている ウェブブラウザ「Safari」でSNSサービスを閲覧すれば、専用アプリよりもパケット通信量を削減することができます。

ログイン作業など、最初の設定やホーム画面にショートカットを追加しておけば、専用アプリと変わらない使い方ができます。

設定方法

STEP 1 Facebookアプリを削除する

App StoreでダウンロードしたFacebookアプリを削除します。

STEP 2 SafariでFacebookにログインする

Safariを起動し、Facebookにアクセスしてログインします。

iOSブラウザでFacebookを使用する1-2

STEP 3 「ホーム画面に追加」する

画面下部の共有ボタンをタップすると、「ホーム画面に追加」が表示されるのでタップします。

STEP 4 名称を編集して「追加」をタップする

追加するURLの名称を編集して、画面右上の「追加」をタップするとホーム画面にショートカットが作成されます。

iOSブラウザでFacebookを使用する3-4

STEP 5 ブラウザで表示

ショートカットをタップすれば、再度検索やログインする必要はありません。

一定期間ログインしていない場合は、再度パスワードの入力が必要な場合があります。

iOSブラウザでFacebookを使用する5

iOSブラウザでTwitterを使用する

Twitterには公式アプリをはじめ、さまざまなクライアントアプリが存在していますが、Safariを利用してみましょう。

先程の Facebookと同様に設定ができます。

設定方法

STEP 1 ブラウザでTwitterにアクセスする

Safariを起動したら、検索窓に「 https://twitter.com/」と入力します。

表示されたら「ログイン」をタップします。

STEP 2 アカウント情報を入力してログインする

ユーザー名やパスワードを入力してログインします。

ブラウザでTwitterにアクセスする1-2

STEP 3 Twitterが表示される

ログインに成功すると、タイムラインが表示されるので、ショートカットを作成したいページを表示させておきましょう。

STEP 4 「ホーム画面に追加」をタップする

画面下に表示されているをタップすると表示される「ホーム画面に追加」をタップします。

ブラウザでTwitterにアクセスする3-4

STEP 5 名称を編集して追加する

ホーム画面に追加するショートカットに表示される名称を編集したら、「追加」をタップします。

STEP 6 アイコンが追加される

ホーム画面にショートカットが追加されます。

ブラウザでTwitterにアクセスする5-6

iOSアプリのアカウント情報を削除する

iOSに標準で対応しているSNSアカウント情報を削除しておけば、不要な通信の心配もなくパケット通信を利用できます。

設定方法

STEP 1 「設定」をタップする

「設定」をタップして、アカウント情報画面に移動します。

STEP 2 「アカウント名」をタップする

情報を削除したいSNSを選択します。

画面中段に表示されているアカウント名をタップします。

STEP 3 「アカウントを削除」をタップする

「アカウントを削除」をタップすると、改めて「削除」のポップアップが表示されるのでタップします。

アカウント情報を削除する1-3

STEP 4 Twitterのアカウント情報を削除する

先ほどの手順と同様に、欄内の「Twitter」をタップして、さらにアカウント名をタップします。

STEP 5 アカウントを削除する

画面下部に表示されている「アカウントを削除」をタップすると、確認のポップアップが出るので、さらにタップするとアカウント情報が削除されます。

アカウント情報を削除する5-6

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。