Menu

iPdoneで不要な同期設定をオフにして格安SIMのデータ通信量を節約する

自動で通信してしまうアプリやOSの設定により、パケットの転送量は思ったよりもかさんでしまうものです。

格安SIMを快適に利用するためには、通信の設定を見直して余計なデータ通信を抑えることがカギとなります。

通知を表示させないように設定する

標準の状態では、カレンダーやリマインダーに入力した予定や、アプリの更新情報など、さまざまな最新情報が通知センターに届きます。

そこにもパケット通信が発生しているので、 オフにすることによって転送量を節約することができます。

通知を表示させないように設定する方法

  • STEP1 「設定」をタップする…アプリ一覧画面より、「設定」アイコンをタップして、詳細画面に移行します。
  • STEP2 「通知センター」をタップ…「通知センター」をタップすると、各項目が表示されます。
  • STEP3 項目を設定する…「通知の表示」と「今日の表示」のスライダーをオフにします。

アプリを個別に通知設定する

アプリ単体でも通知設定を行うことができます。

また、バナーやダイアログなどの通知スタイルが選択ができる項目で、「 なし」を選ぶと通知が表示されなくなります。

その他、 アイコンに表示されるバッジやサウンド通知もオフにすることができます。

STEP1 アプリ単体の設定

上と同じ手順で「通知センター」画面を開き、下にスクロールさせると、アプリごとに設定をする画面が表示されます。

細かく設定したい人向けに便利な機能です。ここでは「Twitter」をタップしてみます。

STEP2 通知スタイルを「オフ」にする

通知が来た時の表示方法が上部に表示されるので、ここで「なし」をタップします。これでTwitterの通知はオフになります。

さらにその下の「Appアイコンバッジ表示」や、「サウンド」のスライダーもオフにすることができます。

アプリを個別に通知設定する方法

STEP3 通知センターとロック画面の表示もオフに

画面を下にスクロールさせると、「通知センターに表示」や、「ロック画面に表示」などもオフにすることができます。

STEP4 通知センターを確認する

ロック画面での通知情報、さらにロック解除状態で画面上からスワイプさせると表示される通知センター画面には更新情報が表示されなくなります。

通知センターとロック画面の表示を設定する方法

標準アプリの機能をオフにする

iOSには標準アプリとして株価や天気予報アプリがインストールされていますが、 常に最新情報を取得しているためパケット通信が発生してしまいます。

純正アプリとして株価アプリや、便利なリマインダーを搭載しているiOSですが、自動的に情報を更新したり通知作業をしないように設定できるので活用しましょう。

格安SIMを使用する場合には有効な設定です。

STEP1 「設定」をタップする

アプリ一覧画面より、「設定」アイコンをタップして、詳細画面に移行します。

STEP2 「通知センター」をタップする

「通知センター」をタップして、リマインダーに登録した予定の通知の設定をしていきます。

「通知センター」の設定方法

STEP3 各スライダーでオン/オフを決定する

様々な通知の許可や表示方法が設定できる画面に移行しました。標準アプリの「株価」や「リマインダー」の通知をここでオフにしておきましょう。

ロック画面に表示する通知も、ここでオフにすることができます。

STEP4 アプリごとに通知をオフにできる

さらに画面を下にスクロールしていくと、アプリごとに通知のスタイルを設定できる画面に移行するので、通知をしないように設定しておきましょう。

設定が終了すると、設定したアプリが非表示の欄に表示されるようになります。

アプリごとに通知設定をする方法

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。