Menu

格安SIMとは?メリット・デメリットと厳選格安SIMで超節約

最近よく聞く「格安SIM」や「格安スマホ」に興味はあるけど、難しくてよく分からないから手を出せない、という人も多いのではないでしょうか。

ここでは 格安SIMとは一体何なのか、そのメリットとデメリットを軽く説明してからおすすめのサービスを紹介します。

格安SIMとは?初心者も納得の仕組とは

格安SIMとは?初心者も納得の仕組とは

MVNOと呼ばれる通信事業者は自社で回線設備を持っておらず、MNOである大手キャリアから卸してきた回線をユーザーに提供しています。

そのMVNOの利用料金がキャリアに比べるとかなり安価なため、「 格安SIMカード」や「 格安スマホ」などと呼ばれています。

キャリアよりも格安でサービスを提供できる理由はいくつかありますが、1つには回線設備を借りている立場のMVNOは設備投資額を安く抑えられることが挙げられます。

また実店舗を展開せず、 WEB上のみで営業することでコストを削減している事業者も多いです。

参考記事:「 格安スマホはなぜ安い?


ちなみにSIMカードとは電話番号と紐づけられたチップのことで、電話機にSIMカードを挿すと音声通話やデータ通信が利用できるようになります。

これはMVNOに限った話ではなく、キャリアから販売されているガラケーやタブレットなども含め、ほぼ全ての端末にSIMカードは入っています。

一般的にキャリアはSIMカードと端末をセットで販売しているので、今までは中々目にする機会がなかったかもしれません。

一方でMVNOはSIMカード単体でも販売しているので、「MVNO=SIMカード」と結び付けられやすいのかなと思います。

SIMカードを挿しかえるだけで機種変更できる

MVNOがSIMカードのみを販売していることに疑問を持つ方もいるかもしれませんね。

先ほど述べたように、MVNOはキャリアの回線を利用しています。もっと言えば、ほとんどのMVNOがドコモのモバイルネットワークを提供しています。

なので 元々ドコモを利用していたユーザーがドコモ系のMVNOに乗り換える場合、必ずしも新たに端末を購入しなおす必要はなく、ドコモのスマートフォンを再利用することも可能なのです。

再利用するために特に難しい手続きは必要ありません。

新しいSIMカードに挿しかえて、本体設定画面から APN(アクセスポイントネーム)と呼ばれる項目のいくつかを入力するだけですぐに使えるようになります。


ただし全てのMVNOがドコモ回線を利用しているわけではなく、mineoやUQ mobileなどau回線を提供している事業者もわずかに存在します。

ドコモ端末をau系MVNOで利用したり、逆にau端末をドコモ系MVNOで利用することは原則不可能なので注意が必要です。

格安SIMのメリット・デメリット

格安SIMのメリット

格安SIM最大のメリットはやはり月額料金の安さでしょう。

どのMVNOと契約しても月額1,600円くらいから通話とインターネットが利用できます。

基本料金だけで通話とネットができるという、シンプルな料金体系を採用している事業者が多いのも分かりやすくて良いです。

別途ISPや、高額なパケット定額に加入する必要はありません。

また、いわゆる2年縛りを導入しているMVNOも少なく、概ね1年間継続して利用すれば解約金は発生しません。

さらにデータ契約の場合はいつ解約しても大丈夫なものがほとんどなので、気軽に他社へ乗り換えられるというのも大きなメリットです。

乗り換え先でも対応していれば、端末を購入し直す必要もありません。

格安SIMのデメリット

一方で、デメリットはと言うと、 通話料が割高である点に注意が必要です。

基本料金自体は確かに安いのですが、通話料に関しては基本的に従量制なので、通話すればするほど料金が高くなります。

キャリアのような完全な通話定額プランは存在しないのです。

一応「 楽天でんわ」を始めとするプレフィックスサービスを利用することで、通話料を安く抑える方法も存在します。

しかし、プレフィックスを利用するとVoLTEよりも通話品質が劣ったり、発信先によっては自分の電話番号が通知されないというデメリットが存在します。


また キャリアよりも実効速度、通信速度が遅くなりがちであるのも事実です。

しっかりと設備投資を行っているMVNOなら快適な通信が利用できますが、残念ながらそうでないMVNOも存在します。

少々通信速度が遅くてもLINEやメール、ブラウジング程度の使い方だとストレスを感じることはありませんが、料金が安いなりにデメリットも存在するということを理解しておきましょう。

参考記事:「 使ってみて分かった!格安スマホの欠点3つ

初心者におすすめの格安SIM Best3

格安SIMを提供しているMVNOはたくさん存在しますが、比較的通信速度が安定していて初心者にもおすすめできるサービスをタイプ別に紹介します。

毎月の通信量が7GB以上、3GB程度、1GB未満というユーザーを想定して3つに分けましたが、どのMVNOも評判が良くておすすめです。

スマホを活用する人(毎月7GB以上通信する人)

YouTubeの動画を長時間再生したり、 大量に通信するゲームアプリで遊ぶような使い方をする人におすすめなのはmineo10GBコースです。

音声通話に対応しているデュアルタイプ10GBコースの月額料金は3,130円/月(auプラン)、3,220円/月(ドコモプラン)。

auプランのほうが少し安いですが、使う端末に応じて対応するプランを契約しましょう。


mineoでは余ったデータ容量を翌月末まで繰越すことが可能です。

これはコース変更を行っても有効なので、毎月7GBくらいしか通信しない場合は下位の5GBコースへ変更することで節約を図ることが可能です。

また、mineoはフリータンクという珍しいサービスを提供しています。

これは、他の全mineoユーザーとデータ容量をシェアするシステムで、「データ容量が余ってるけど有効期限が迫ってる…」なんていう時はタンクに預けて、「今月はデータ容量が足りなくてピンチ!」という場合にはタンクからデータ容量を引き出すことができる非常に便利なサービスです。

それ以外にも、家族とだけ余ったデータ容量をシェアしたり、特定のユーザーにプレゼントしたり、してもらうこともできます。


auプランとドコモプランのどちらも比較的安定して速度が出ており、スマホをたくさん活用する人におすすめのMVNOです。

標準的な使い方の人(毎月の通信量が3GB程度の人)

毎月の通信量がどれくらいか分からない人や、とにかく格安SIMに変えて通信料金を安くしたいという人にはDMMモバイルの3GBプランをおすすめします。

音声通話に対応している3GBプランの月額料金は1,500円/月。

数あるMVNOの中でも最安値級の料金でサービスを提供しており、通信速度もそこそこ速いのがおすすめポイントです。


データ容量が余ったり、逆に足りない場合は他のプランに変更しましょう。DMMモバイルも余ったデータ容量は翌月末まで繰越されます。

DMMモバイルはASUS ZenFoneシリーズなど、人気のスマートフォンをたくさん取り扱っている点も好印象です。

利用するアプリはLINEやメール程度、スマホをあまり使わない人

スマホをほとんど使わない人、あるいはLINEやメールの利用が中心という人にもDMMモバイルをおすすめします。

音声通話対応の1GBプランを1,260円/月で提供しており、ライトユーザーなら大概の場合これで十分です。

LINEのテキストメッセージやトーク(無料通話)は低速でも快適に利用できて、かつデータ容量をあまり消費しません。

頻繁にLINEでメッセージを送りあってる人でも、それだけで毎月1GBも通信することはまずありません。高画質な画像を100枚単位で送るとなると話は別ですけどね。


またDMMモバイルは専用アプリで高速データ通信のON/OFFを切り替えることができます。

OFFにすると通信速度が最大200kbpsと低速になりますが、データ容量を消費しなくなるというメリットがあります。

LINEやメール程度なら200kbpsでもストレスを感じることはあまりないでしょう。画像のやり取りに関しても、ちょっと時間がかかるだけで低速でも問題なく送受信できます。


こういったデータ通信量を節約する方法もあるので、ライトユーザーの方はDMMモバイルで格安SIMデビューしてみてはいかがでしょうか。

スマホセットプラン(格安スマホ)のおすすめ紹介

次におすすめの機種とMVNOの組み合わせをタイプ別に紹介します。

セット販売の端末だと予めAPN設定が済んでいる場合が多いので、SIMカードのみの購入よりも少しハードルが下がります。

ここで挙げているMVNOもシェアが高く、安心して利用できる格安スマホです。

とにかく安く済ませたい方向けの格安スマホ

初期費用も月額料金もとにかく安く済ませたい!という人におすすめなのが、goo SimSellerで販売されているAuBee smartphone 「elm.」

販売価格は6,800円と破格です。

「elm.」には OCNモバイルONEの音声通話SIMパッケージが付属しているので、初期費用は端末代金も含めてたった6,800円だけで済みます。

【激安!】格安スマホの最安がいくらかを徹底検証!」の記事でシミュレーションしたように、2年間のトータルコストは45,200円、1か月あたり2,000円以下。

格安スマホと呼ばれるものの中でも圧倒的に安いです。


ここまで低価格でもAndroid 5.1にクアッドコアを搭載しており、基本動作はサクサクで快適に動きます。LINEやメールを中心に使うのであればLTE非対応でも問題ないでしょう。

一般的な人向けにおすすめの格安スマホ

ZenFone 2 Laser

一般的なおすすめ機種は?と聞かれたら、この答えはもう ZenFone 2 Laserしかないでしょう。

レーザーオートフォーカスを搭載したカメラを始めとして全体的にバランスが良いスペックを備えており、手のひらに馴染みやすいラウンドフォルムなので万人受けする機種です。

本体価格は2万円台と手頃な価格なのも高ポイント。


月額料金が最安値級のDMMモバイルでは、ZenFone 2 Laserの一括価格も24,800円と比較的安く販売されておりお買い得です。

どの格安スマホを選べば良いか迷った場合は、DMMモバイルとZenFone 2 Laserの組み合わせがコストパフォーマンスに優れていておすすめです。

ハイスペックのおすすめ

高性能な機種を求めるのであればHuawei製のMate Sがおすすめ。

本体価格は格安とは言えませんが、高級感があるボディと最高クラスのスペックを備えています。


また、 楽天モバイルでは通常79,800円のところを台数限定で15,000円割引し、64,800円で販売しています。

2年間使ったとすると端末代の負担額は2,700円/月。通話SIMの3.1GBプランは1,600円/月なので、通信料と端末代を合わせても毎月の料金は4,300円/月です。

キャリアと契約すると月額料金は最低でも6,500円/月はする上に、さらに端末代金も払わなくてはいけません。

本体価格が高いMate Sに乗り換えても、トータルで見ると十分安くなります。


通信料金は格安でも端末は高性能な機種を使いたい!という方は、楽天モバイルのMate Sを検討してみてはいかがでしょうか。

電波は届く?田舎でも繋がる?

回線元のキャリアが繋がるエリアなら格安SIMでも繋がります

格安SIMはドコモ、もしくはauのモバイルネットワークを利用しているので、基本的にドコモやauが繋がるエリアでは格安SIMでも繋がりますし、ドコモやauが繋がらないエリアでは格安SIMも繋がりません。

格安だから繋がるエリアが狭い、なんていうことはないので安心して利用できます。


ただし例外として、au系MVNOは4G LTE対応エリアでしかデータ通信を行うことができません。

3Gエリアではデータ通信が不可能である点には要注意です…とは言っても3Gエリアでも音声通話は可能ですし、auの4G LTE対応エリアは3Gエリア並に広いのでそのようなエリアはほぼ存在しません。

もし不安ならau系MVNO以外から選ぶと良いでしょう。ドコモ系MVNOならドコモの3GとLTEをフルに利用できます。

たくさんネットしてもお得?

容量当たりの単価は格安SIMのほうが安いので、たくさん通信してもお得です

例として、業界最安値のDMMモバイルのデータSIMと、auのデータ定額の月額料金(2016年4月現在)を表にまとめてみました。

もう一目瞭然、たくさん使えば使う人ほどお得になります。格安SIMはデータ通信料金が格安なのです。


また、キャリアはこれに加えて通話定額などの基本料金も発生しますが、格安SIMの場合はこれだけで契約することも可能です。

通話はしない、データ通信だけ利用したいという人にも格安SIMは適しています。


DMMモバイル
au
1GB 480円
2,900円
2GB
770円 3,500円
3GB
850円 4,200円
5GB
1,210円 5,000円
7GB
1,860円
8GB 1,980円 6,700円
10GB 2,190円 8,000円
13GB 9,800円
15GB 3,600円
20GB 4,980円

速度は大丈夫?LINEトークできる?

キャリアよりも遅くなりがちですが、LINEは低速でも快適に利用できます

特に昼間や夜は回線が混雑しやすく、この時間帯の格安SIMは1Mbpsを切るほど低速化する場合もあります。

ここまで遅いと画像が多いWEBサイトを読み込むのに時間がかかったり、多少ストレスを感じることがあるかもしれません。

しかしLINEのメッセージ機能やIP電話であるLINEトークは、1Mbps以下の低速時でも問題なく利用できます。

最近は通信制限時の速度を200kbpsとしているMVNOが多いですが、200kbpsでも快適にトークできます。

手続き方法はどうするの?

格安SIMはWEBサイトから申込むのが一般的です

Soldiでは各MVNOのWEBサイトを紹介していますが、実際ほとんどの方がWEBサイトから申込んで契約しています。

というのは、そもそも実店舗を持っている事業者がほとんど存在しないのです。

また、店舗を展開していてもほぼ都市部に限定されるので、必然的にWEBサイトから申込む人が多くなります。


インターネットだと店員のサポートを受けられなくて不安に思うかもしれませんが、最近はチャットを利用してリアルタイムで質問に回答してくれるMVNOが増えています。

今回紹介したmineoやDMMモバイルもチャットサポートを行っています。

手続き自体もそれほど難しくないので、格安SIMに詳しくない方でも簡単に申込むことができますよ!

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。