Menu

携帯料金の見直しでいくら安くなる?スマホの支払いを減らす方法

携帯料金の見直しでいくら安くなる?スマホの支払いを減らす方法

「携帯料金が高くて家計を圧迫して困っている」
「スマホの支払いを少しでも減らす方法を知りたい」
このようなことでお悩みではないでしょうか。

携帯料金は5千円超え、高ければ1万円を超えることも珍しくありません。

家族分を一気に払うとなると3〜4万円となり、家計の大きな負担になります。

携帯料金を減らせれば、そのぶん好きなものを購入したり、外食を楽しんだりできます。

そこでこの記事では、携帯料金を見直す手順を解説するとともに、おすすめの乗り換え先もご紹介していきます。

携帯電話料金見直しのフロー

携帯電話料金を見直すときには、以下のフローに従うとスムーズです。

  1. 契約しているプランを確認する
  2. 不要なオプションを解約する
  3. かけ放題プランへの変更等通話料金を見直す
  4. プラン変更・携帯会社の乗り換えを検討する

それぞれ詳しく解説します。

①契約しているプランを確認する

まずは、契約しているプランを確認することから始めましょう。
携帯会社は、利用形態にあわせていろいろなプランを用意しています。

通話料が無料になるもの、月々の利用データ量に合わせて料金が変わるもの、テザリングがオプションになっているものなどさまざまです。

携帯料金を見直すためには、どの機能が必要なのか、データ量は実態とあっているのかを見極める必要があります。
そのために、まずは家族それぞれが契約しているプランの内容を詳しくチェックすることが大切です。

契約内容は、下記ページから各サービスにログインすることで確認できます。

契約内容の確認ができるページ

②不要なオプションを解約する

契約しているオプションのなかで、不要なものがあれば解約しましょう。

使ってもいない機能にお金を支払うのは、それこそ無駄だからです。

申し込み時にすすめられて、「念のため入っておこう」と思ってつけたオプションはないでしょうか。

これまで使わなかった、おそらくこれからも使わないと思うオプションを解約すると、料金を下げられます。

以下のようなオプションが本当に必要か、よく考えてみましょう。

  • 端末補償サービス
    端末故障時に修理または同等の商品に交換してくれるサービス。
    月額500円相当のものが多く、2年間契約すると12,000円相当の出費になる。
    ただし、いったん外すと再度の加入はできないので慎重に検討を。
    ドコモは「ケータイ補償サービス」、auは「故障紛失サポート」、ソフトバンクは「あんしん保証パック」の名称でサービスを実施。
  • 遠隔サポート
    スマホやタブレットの操作がわからないときに、オペレータが遠隔操作でサポートしてくれるサービス。
    各社月額500円前後だが、端末操作に慣れたあとは不要になる場合が多い。
    ドコモは「あんしん遠隔サポート」、auは「遠隔操作サポート」、ソフトバンクは「ケータイなんでもサポート」の名称でサービスを提供。
  • オプションパック
    電話に出られないときに、メッセージを残してもらえる留守番電話やキャッチフォン、迷惑電話撃退サービスなどがセットになった月額500円程度のオプション。
    着信履歴が残ればいい人には不要。
    ドコモは「オプションパック割引き」、auは「電話きほんパック」、ソフトバンクは「スマートフォン基本パック」の名称で提供。

③かけ放題プランへの変更等通話料金を見直す

契約内容を確認した結果、通話料金が高くなり月額利用料金を押し上げている場合には、通話かけ放題プランに乗り換えると効果的です。

携帯の料金プランは、通話料は別請求となっているものが多くあります。
ファミリー割引などを申し込んでいれば家族間通話は無料となりますが、家族以外への通話は30秒あたり22円程度かかるのが一般的です。

契約時には「LINEやMessengerを使うから、電話をかけることはほとんどない」と思っていたものの、意外と電話をかける機会が多く、通話料がかさんでいるケースは少なくありません。

また、5分通話無料オプションを申し込んでいても、実際には5分を超える通話が多いといった場合も、かけ放題への見直しが有効です。

3大キャリアのかけ放題オプション料金よりも通話料が上回っているようなら、オプション加入を検討しましょう。

各社のかけ放題オプション
オプション名料金(税込)
ドコモかけ放題オプション1,870円
auケータイカケホプラン3,278円
ソフトバンク通話し放題プラン2,970円

④プラン変更・携帯会社の乗り換えを検討する

不要オプションと通話料金の見直しを実施してもまだ料金が高い場合には、キャリアの新料金プランへの変更や、携帯会社そのものの乗り換えを検討するのがおすすめです。

政府が携帯電話料金の引き下げを推し進めていることもあり、近年携帯電話各社は次々と新料金プランを打ち出しています。

ドコモのahamoやauのpovo、ソフトバンクのLINEMOといった、オンラインでの申し込みとデータ通信を中心としたプランは2,000円程度で利用でき、冒頭でも説明した携帯の平均月額料金約6,700円と比べると、一気に4,000円近く利用料が安くなります。

また、ワイモバイルやUQモバイル、mineoといった格安SIM各社に乗り換えれば、1,000円を切るようなプランも用意されています。
家族それぞれの利用状況を確かめて、プランや携帯会社の乗り換えも検討してみましょう。

➄機種変更時は端末代金の安い機種を選ぶ

今の携帯会社を使い続ける場合でも、機種変更の際に端末代金の安い機種を選ぶことで月々の利用料を抑えることが可能になります。

端末代金は一括払い・分割払いを選べますが、分割で支払うケースでは月々の利用料金に上乗せされることから、毎月支払う金額が高くなりがちです。

たとえばドコモでiPhone 12 Proの128GBを24回の分割払いで購入すると、月々の支払額は5,379円にもなります。
しかし最新のXperia Ace IIであれば、同じく24回払いでも月々の支払額はわずか916円です。

月々の負担額を減らしたいと考えるなら、端末代金が安い機種を選ぶこともポイントです。

スマホの乗り換え先の選択肢

携帯料金を見直すときには、プラン変更や携帯会社の乗り換えを検討するのも方法のひとつとお伝えしましたが、具体的には以下の3つの方法があります。

  • MNOの新料金プラン
  • MNOサブブランドの格安SIM
  • サブブランド以外の格安SIM

それぞれどのような選択肢があるのか、詳しく紹介していきます。

大手キャリア(MNO)の新料金プラン

「格安SIMはなんとなく不安」「今のキャリアは変更したくない」といった場合には、大手キャリアが提供を始めた新料金プランへの乗り換えがおすすめです。

現在大手キャリアが提供しているのは、以下の4プランです。

新料金プラン名月額料金(税込)データ容量通話
ドコモahamo2,970円20GB5分無料
かけ放題オプション 1,100円/月
aupovo2,728円20GB5分以内かけ放題 550円/月
かけ放題 1,650円/月
ソフトバンクLINEMO2,780円20GB5分以内かけ放題 550円/月
かけ放題 1,650円/月
※契約1年まで無料
990円3GB5分以内かけ放題 550円/月
かけ放題 1,650円/月
※契約1年まで無料
楽天モバイルRakuten UN-LIMIT Ⅵ0円~3,278円※1GBまで無料無制限Rakuten Linkアプリでかけ放題

キャリアごとにそれぞれ細かな違いはありますが、大手キャリアの新料金プランに乗り換えるメリット・デメリットは以下のとおりです。

MNOの新料金プランのメリット・デメリット
メリット
  • 大手キャリアの安心感がある
  • 料金が安い
  • プランの内容が分かりやすい
デメリット
  • オンラインでしか申し込みや各種手続きができない
  • キャリアメールを利用できない
  • 各種割引きが適用外

MNOの新料金プランセットは、徹底的なコスト削減のためにオンラインでしか申し込みや各種手続きができません。
ショップでの手厚いサポートを希望する人には不向きです。

オンラインでの手続きに抵抗を感じない、あるいは導入を手伝ってくれる人がいるなら、大手キャリアの安心感を得ながらコストを大幅に削減できる新料金プランはおすすめです。

MNOサブブランドの格安SIM

携帯料金を下げるなら、MNOサブブランドの格安SIMも選択肢のひとつになります。

サブブランドとは、大手キャリアが展開する低価格帯のサービスを指します。
キャリアごとのサブブランドは、以下のとおりです。

メインブランドサブブランドサブブランド音声通話3GB月額料金(税込)
ドコモなし-
auUQモバイル1,628円
ソフトバンクワイモバイル2,178円

サブブランドに乗り換えるメリット・デメリットは以下のとおりです。

MNOサブブランドのメリット・デメリット
メリット
  • 大手ブランド傘下の安心感がある
  • 家電量販店や専用店舗など窓口がある
  • 大手キャリアと同じ回線を使える
デメリット
  • 親ブランドと比較して実店舗数が少ない
  • ハイエンドモデルを扱っていないことがある
  • 格安スマホと比較すると料金が高い

MNOサブブランドは、オンラインでの手続きはハードルが高いけど、大手キャリアの回線品質は担保したいといった人に向いています。

サブブランド以外の格安SIM

携帯料金を安く押さえる3つ目の選択肢として、サブブランド以外の格安SIMがあります。

格安SIMとは、大手キャリアの傘下に入ることなく、キャリアから電波を借りることでサービスを提供している事業者を指します。

格安SIMは大手キャリアから電波を借りるため、設備投資にコストがかかりません。
また基本的にショップを持つことなく、オンライン上ですべての手続きを行うことで、安価なサービスを提供することが特徴です。

主な格安SIMと、利用が多い3〜5GBの利用料は以下のとおりです。

主な格安SIMの料金と対応回線
格安SIM音声通話月額料金対応回線
3GB4GB4GB
mineo--1,518円ドコモ・au・ソフトバンク
IIJmio-858円-ドコモ・au
OCNモバイルONE990円--ドコモ
イオンモバイル1,298円-1,518円ドコモ・au
BIGLOBEモバイル1,320円--ドコモ・au
nuroモバイル1,320円--ドコモ・au・ソフトバンク

サブブランド以外の格安SIMを利用するメリット・デメリットは以下のとおりです。

サブブランド以外の格安SIMのメリット・デメリット
メリット
  • 料金が安い
  • SIMフリー端末が多い
  • 中古端末を取り扱っているところもある
デメリット
  • キャリアと比較するとつながりにくいときがある
  • ショップがないことが多い
  • アフターサービスが手薄なことが多い

サブブランド以外の格安SIMに乗り換えるメリットは、とにかく価格が安いことです。
オンラインでの手続きや、SIMの入れ替えに不安を覚えない人は、格安SIMを選ぶといいでしょう。

乗り換え先に格安SIMがおすすめな理由

携帯料金を見直す際の乗り換え先として、大手キャリアの新料金プラン・サブブランド・サブブランド以外の格安SIMの3つをご紹介しました。

このなかで乗り換え先としてもっともおすすめなのは、格安SIMです。
その理由を3つお伝えします。

  • 月額料金が半額以下レベルになる
  • 通話品質・エリアはキャリアと同じ
  • iPhoneなど最新の機種も使える

    それでは、詳しく確認していきましょう。

月額料金が半額以下レベルになる

格安SIMに乗り換えをもっともおすすめする理由は、現在の月額料金を半額以下レベルまで下げられることです。

2020年5月に発表されたMM総研の調査結果によると、月間データ通信量に関しては、7GB未満が79.2%を占めました。
そのうち59.2%が3GB以下の通信量となっています。

そこで3GB〜5GBの月額料金を、大手キャリア・サブブランドのプランと比較してみましょう。

音声通話SIMの3GB~5GBの月額料金比較表(mineo、llJmio以外は3GB)
キャリア名プラン名月額料金
MNOドコモギガライト4,565円
auデータ定額34,620円
ソフトバンクミニフィットプラン+5,478円
サブブランドauUQモバイル1,628円
ソフトバンクワイモバイル2,178円
格安SIMmineo(5GB)-1,518円
OCNモバイルONE-990円
IIJmio(4GB)-858円
イオンモバイル-1,298円
BIGLOBEモバイル-1,320円

上記の表からわかるように、格安SIMはもっとも需要の多い3〜5GBの月額料金が、大手キャリアと比較すると3分の1程度、サブブランドと比較しても2割以上割安になります。

携帯料金を抑えたいのであれば、格安SIMへの以降がおすすめです。

大手キャリアの新料金プランよりも格安SIMのほうがお得な場合が多い

「格安SIMは大手キャリアの新料金プランと比較するとどうなの?」と気になりますが、20GBで比較すると、格安SIMのほうがお得になるケースがほとんどです。

20GB使用時の料金を比べてみましょう。

20GB使用時の料金表
キャリア名プラン名月額料金
MNOドコモギガホプレミア7,205円
auデータ定額20GB6,600円
ソフトバンクメリハリ無制限7,238円
MNO新料金プランドコモahamo2,970円
aupovo2,728円
ソフトバンクLINEMO2,728円
サブブランドauUQモバイル3,828円
ソフトバンクワイモバイル4,158円
格安SIMmineo-2,178円
OCNモバイルONE-4,807円
IIJmio-2,068円

上記の表から見てもわかるように、mineoとIIJmioは新料金プランより安くなります。

ただしOCNモバイルONEは新料金プランより高くなるので、格安SIMを選ぶときにも比較と見極めは大切です。

通話品質・エリアはキャリアと同じ

格安SIMだと通信品質が大手キャリアよりも劣るのでは、エリアが狭いのでは、と心配に思う人もいるようですが、どちらも大手キャリアと変わりません。

ご説明したとおり、格安SIMは自社でアンテナを立て電波を飛ばしているわけではなく、大手キャリアの電波を借りていることが特徴です。

ドコモの回線を使うプランであれば、通信品質もエリアもドコモとまったく同じです。

iPhoneなど最新の機種も使える

格安SIMであっても、各種携帯の最新機種を使用することが可能です。

たとえばiPhoneは毎年最新機種が発売されますが、Apple で販売されるSIMフリー端末を購入すれば、手にしたその日にSIMを差し替えるだけで問題なく使えます。

乗り換え先におすすめの格安SIM

それでは携帯料金を見直して乗り換えるためにおすすめの格安SIMを大手キャリアごとにご紹介します。

乗り換えにおすすめの格安SIM

  • ドコモからの乗り換え:OCNモバイルONE
  • auからの乗り換え:UQモバイル
  • ソフトバンクからの乗り換え:mineo

ドコモからの乗り換え:OCNモバイルONE

ドコモから乗り換えるのであれば、OCNモバイルONEがおすすめです。

OCNモバイルONEは、大手キャリアのレギュラープランよりも料金が安くなることはもちろん、端末のラインナップが他の格安SIMと比較すると豊富であり、販売価格も安いメリットがあります。

OCNモバイルONEの料金と取り扱い端末をご紹介します。

OCNモバイルONEの料金表
通信容量・コース名音声対応SIMカード(税込)
1GB/月コース770円
3GB/月コース990円
6GB/月コース1,320円
10GB/月コース1,760円
20GB/月コース4,807円
30GB/月コース6,897円

※初期費用3,300円とSIMカード手配料433円がかかります。

OCNモバイルONEの取り扱い端末一覧(7月時点)
端末名販売価格
iPhone 12 64GB81,800円
iPhone 12 128GB87,500円
iPhone 12 256GB100,200円
iPhone 12 mini 64GB69,100円
iPhone 12 mini 128GB91,289円
iPhone 12 mini 256GB87,500円
iPhone 11 Pro Max 64GB128,590円
iPhone 11 Pro Max 256GB146,190円
iPhone 11 Pro Max 512GB169,290円
iPhone 11 Pro 64GB114,290円
iPhone 11 Pro 512GB157,190円
iPhone 11 64GB72,809円
iPhone 11 128GB78,584円
iPhone 11 256GB91,289円
iPhone XR 64GB68,310円
iPhone XR 128GB73,810円
iPhone SE(第二世代) 64GB34,200円
iPhone SE(第二世代) 128GB39,800円
iPhone SE(第二世代) 256GB52,613円
OPPO Find X3 ProG99,812円
OPPO Reno5 A20,000円
moto g10026,000円
Redmi Note 10 Pro11,300円
AQUOS sense5G19,400円
AQUOS sense4 plus35,849円
AQUOS sense49,200円
OPPO A7316,501円
moto g PRO24,194円
ZenFone 7 Pro71,390円
ZenFone 758,300円
OPPO Reno3 A25,719円
Mi Note 10 Lite11,940円
moto g8 plus21,134円
OPPO A5 202016,501円
OPPO Reno A1円
OPP A54 5G22,877円
Redmi 9T16,501円

OCNモバイルONEでは、iPhone12など新型の人気機種もAppleで購入するより割安な価格で取り扱っているので、端末とセットで購入したいならおすすめです。

9月8日11時まで!
端末価格1円~の大幅割引実施中!

OCN モバイル ONE公式ページ

auからの乗り換え:UQモバイル

auからの乗り換えなら、サブブランドであるUQモバイルがおすすめです。

料金は格安SIMよりも少し高めですが、大手キャリアのサブブランドである安心感があります。

また、格安SIM・格安スマホの通信速度調査を行ったMMD研究所の調査結果では、UQモバイルは通信速度の平均速度がほかの格安SIMよりも速い結果が出ています。

格安SIMの通信速度や安定性に不安がある人は、安心できるのではないでしょうか。

UQモバイルの料金は、以下のとおりです。

UQモバイルの音声通話プラン料金表
プラン名くりこしプランSくりこしプランMくりこしプランL
基本データ容量3GB/月15GB/月25GB/月
利用料金1,628円/月2,728円/月3,480円/月

今申し込むと最大10,000円キャッシュバック!

UQ mobile公式ページ

ソフトバンクからの乗り換え:mineo

ソフトバンクから乗り換えるのであれば、mineoをおすすめします。

mineoは「格安SIMアワード2020」の下半期の顧客満足度1位に選ばれるなど、ユーザーの満足度が高いことが特徴です。

20GBを契約しても、月額2,178円という安さも魅力です。

ソフトバンクにはサブブランドとしてワイモバイルもありますが、残念ながらmineoと比較すると料金が高額です。

料金改善を目指して乗り換えるのであれば、mineoを選ぶほうが断然お得です。

mineoの料金は、以下のとおりです。

mineoの音声通話プラン料金表
データ容量/月月額料金
1GB1,298円
5GB1,518円
10GB1,958円
20GB2,178円

mineoは月額220円で5G通信オプションも付けられるので、5Gで通信したい人にもおすすめです。

mineo公式ページ

まとめ

高額になりがちな携帯料金も、プランの見直しや乗り換えをすることで、出費を抑えることが可能です。

  • 既存プランの内容を確認して不要なオプションを外す
  • 通話料金が高額になっているならかけ放題オプションをつける
  • 通話料金が高額になっているならかけ放題オプションをつける

携帯電話は、格安SIMに乗り換えることで、大幅に料金をカットできます。

事情があって格安SIMに乗り換えられない場合には、既存プランをじっくりと見直し、実情にあったプランに変更する、不要なオプションを外すなどして最適化を図りましょう。

今申し込むと最大10,000円キャッシュバック!

UQ mobile公式ページ

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険