Menu

海外で格安SIMカードを利用する

海外で格安SIMカードを利用する

日本で利用している端末を海外で使う!

格安SIMと組み合わせて使用するSIMフリー端末は、SIMを自由に選んで使用できるのが大きなメリットです。

海外旅行時には、国内で使用している格安SIMの代わりに、海外対応の格安SIMを挿して使用するといった使い方もできます。

現在、国内大手キャリアでは、海外でも国内で使用している端末のままで通信を行うことができるサービスを提供していますが、利用料金などはまだ割高です。

滞在期間が長くなると、通信費用はかなりかさんでしまいます。

しかし、 滞在する国の通信業者が提供する格安SIMを購入して使用することで、通信費は安く抑えることができます。

格安SIMの手に入れやすさは国にもよるのですが、空港や街中などで手軽に買える場合も多いです。

購入時の代金に通信費用も含まれたプリペイド式のSIMを利用すれば、思った以上に通信費がかかるといったことも起こらず安心です。

ただ、購入時に現地の言葉で書かれた説明を読んで内容を理解したうえで購入する必要がある点に注意しましょう。

日数は関係なく、指定の容量までデータ通信を利用できるSIM、指定の期間データ通信を行うことができる(一日あたりの容量制限あり)SIMなどがあるので、利用方法に合わせて選びましょう。

現地でSIMを購入するのが不安な場合、日本国内から海外SIMを購入しておくのも手です。日本語でSIMの概要や通信料金を確認できます。

端末の海外利用について

ソフトバンク端末の海外利用

オプションを申し込めば現在使用している電話番号をそのまま海外でも利用できるますが、国内とは異なる通信料金がかかってしまいます。

ソフトバンク海外利用ページ

docomoの海外利用

 海外でもパケット通信を利用できる「海外パケ・ホーダイ」などのサービスが用意されていますが、通信料金は割高です。

docomo海外利用ページ

世界中で利用できる「Gigsky」

http://www.gigsky.jp/

世界の100 を超える国で利用可能な格安SIM「Gigsky」の販売サイトです。

「Gigsky」の販売サイト

海外SIM販売の「COMST」

http://www.comst.jp/

オーストラリア、タイ、中国、韓国、香港などで利用できる格安SIMの通販を行う「COMST」。

格安SIMの通販を行う「COMST」サイト

通信料の違いは?

日本で利用しているスマホをそのまま海外へ持って行って利用する場合、各キャリアの海外パケット定額サービスなどを利用すれば、同じ端末でも海外でデータ通信利用できます。

一定の量を超えると一日2,980円といった料金設定です。もし10日利用した場合は29,800円とかなり通信料金がかかってしまいます。

docomoでは24時間あたり980円から利用できる「1Dayパケ・ホーダイ」も利用できますが、長期滞在の場合はやはり通信費用は高額になります。

現地のプリペイドSIMを利用した場合、SIMによる規定のデータ通信量や日数までは購入時の金額で収めることができます。

また、料金を追加して、容量や利用期限を追加するといった使い方も可能です。

ただし、日数により料金の異なる定額制のサービスを利用した場合、短い日数だと国内キャリアのサービスのほうが安いケースもあります。

国内キャリアの海外パケット定額サービスを利用した場合と、日本で購入できる海外対応格安SIMを利用した場合の料金の違いは以下のようになります。

期間が長くなるほど海外SIMの恩恵は大きく、通信料金の差はかなりのものになることがわかると思います。

また、ここでは日本国内で手に入りやすい海外対応格安SIMの例を紹介したが、現地ではこれよりも安い格安SIMが手に入ることもあります。

国内サービスと海外格安SIM比較例

1日2日3日4日5日
海外パケット定額利用2,980円5,960円8,940円11,920円14,900円
24時間パケ・ホーダイ利用980円1,960円2,940円3,940円4,900円
Gigsky(※1)無料1,200円1,200円1,200円3,000円
COMST(※2)4,182円4,384円4,586円4,788円4,990円
6日7日8日9日10日
海外パケット定額利用17,880円20,860円23,840円26,820円29,800円
24時間パケ・ホーダイ利用5,880円6,860円7,840円8,820円9,800円
Gigsky(※1)3,000円3,000円4,200円4,200円4,200円
COMST(※2)5,192円5,394円5,596円5,798円6,000円

※1 アメリカで利用した場合の料金

※2 オーストラリア版SIMカードを購入、ツーリストSIMプラン契約の場合

国によって異なる料金

渡航先によって必要なSIMカードや通信料金は異なります。よく確認して購入しましょう。

渡航先によって必要なSIMカード

事前に料金を確認

事前に料金をよく確認して滞在期間に合わせて安いSIMやサービスを選びましょう。

料金確認画面

モバイルルーターを利用する

SIMフリーのモバイルルーターも海外対応の格安SIMを用意すれば、海外で利用できます。

国内での利用と同様に、複数の端末を利用する予定があるようなら、モバイルルーターが便利です。

ただ、日本で利用しているモバイルルーターを持ちこむ場合、ルーターの設定変更を行うためにパソコンも併せて必要になることがあるので注意しましょう。

パソコンの持ち込みや設定変更が難しいようなら、海外対応のモバイルルーターのレンタルサービスを検討しましょう。

渡航先にもよるが、レンタル料金、通信料を併せて一日あたり数百円程度から利用できます。

事前に申し込んでおけば空港で受け渡しできるサービスも多く、旅行などの際に利用しやすくなっています。

Wi-Ho!

https://www.wi-ho.net/

空港での受け取りに対応したWi-Fiルーターレンタルサービスの「Wi-Ho!」。

Wi-Ho!

イモトのWiFi

https://www.globaldata.jp/

グローバルデータの「イモトのWiFi」も空港での受け渡しに対応したモバイルルーターレンタルサービス。

イモトのWiFi

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!