Menu

楽天モバイルの通信速度は遅い?徹底検証!

楽天モバイルの通信速度は遅い?徹底検証!

サービス開始当初は通信速度が遅くて評判が悪かった 楽天モバイルですが、昨年あるタイミングから評価が一変しました。

それまでは 1日を通してずっと通信速度が遅く、とても快適とは言えない状況が続いていました。

それが数あるMVNOの中でもトップクラスの速度を安定して出すようになりました。

今では最も快適に利用できるMVNOと言っても過言ではないくらい、それくらい優秀なMVNOに成長しました。

今回は直近と過去の実効速度データを確かめながら、一体楽天モバイルに何が起きたのか検証してみます。

また今後の楽天モバイルについても予測してみましょう。

[関連記事]格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい7つのメリット・デメリットのサムネイル
格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい7つのメリット・デメリット
楽天モバイルに乗り換えるメリット・デメリット楽天モバイルの契約手順やお得なキャンペーン情報
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

楽天モバイル公式ページ

最近の楽天モバイルの状況は?

2016年2月頃の楽天モバイルの実効速度データをまとめたグラフ

この画像は「 真紅のモバイル生活(改)」に掲載した、2016年2月の楽天モバイル実効速度データをグラフ化したものです。

下りは最大30Mbpsを記録するなど、格安SIMではなかなか見られない速度を叩き出しています。

最も混雑する時間帯である昼間や、夕方から夜にかけては10Mbpsを切っていますが、それ以外は概ね2桁台をキープしています。

昼間の落ち込みが激しいですが、どのMVNOでも昼間はこれくらい著しく低速化します。むしろ1Mbpsさえ下回るMVNOが多い中、3Mbps出ているだけ上等とも言えます。

平日とはいえここまでの速度を安定して出せるMVNOはそうありません。 au系MVNOのUQ mobileくらいではないでしょうか。

上りに関しては下りよりも安定しており、こちらも十分な速度です。

楽天モバイル公式ページ

これまでの楽天モバイルはどうだった?

2015年9月頃の楽天モバイルの実効速度データをまとめたグラフ

以前の楽天モバイルの実効速度は芳しくありませんでした。

2015年9月の実効速度データを見てみると下りは深夜に15Mbpsを超えることさえほとんどなかったという、今では考えられないような状態でした。

下りが3Mbpsも出ていればWEBサイトの閲覧くらいは問題ありませんが、 同じ料金を払うのであればほかのMVNOと契約したほうがよっぽど快適に利用できるのであまりオススメできる格安SIMではありませんでした。

それが、先ほどのグラフのように2桁出るのが当たり前のような状態まで回復しました。

しかし、これはただ単に実効速度が改善した、というわけではありません。

楽天モバイル公式ページ

どうして改善したの?

楽天モバイルは2015年10月5日までに申込んだユーザーと、2015年10月6日以降に申込んだユーザーを区別してサービスを提供しています。

それまでは再販型のMVNOとして回線を提供していた楽天モバイルですが、2015年10月6日からはL2接続型のMVNOとしてもサービスを提供するようになりました。

その結果、2015年10月5日以前に契約したユーザーとそれ以降に契約したユーザーでは利用する回線が異なるという事態が発生しました。

つまり 今まで低速だった環境が改善されたのではなく、新規で契約すると楽天モバイルが新しく手に入れた回線で通信できるため実効速度が改善したように見えるというわけです。

楽天モバイル公式ページ

L2接続型であることがポイント

新しい回線が快適なのは、単に新しく手に入れた回線だからというわけでもありません。

これはレイヤ2接続型、いわゆるL2接続型であることが大きな要因となっています。

以前のSIM再販型と比べると楽天モバイルが負担する設備投資額は大きくなりますが、その代わりに自社で自由に帯域の調整を行うことができるのです。

そして楽天モバイルはL2接続型のサービスを開始するに当たって、こちらの帯域を先行して拡張したため、半年近く経った現在でも快適に利用できる状況が続いているのだと考えられます。

楽天モバイルに限らず、再販型よりもL2接続型のMVNOのほうが快適に利用できる傾向は強いです。

ただし自由度が高くなる分、必要な設備投資額も増大するので事業者にとってはハイリスクハイリターンといったところでしょうか。

楽天モバイル公式ページ

まとめ

L2接続を開始してからそろそろ半年が経ちますが相変わらずMVNOとしてトップクラスの実効速度を出し続けています。

定期的に値引きやポイントプレゼントなどのセールを開催しており端末販売のほうも好調なようです。

L2接続型で利用しているユーザーは、当分の間は快適に通信できる状況が続くのではないでしょうか。

従来の再販型で契約したユーザーに対しても今後設備投資を進めてL2接続のユーザーと同等の品質で利用できるように整備されていく予定です。

しかし今すぐL2接続と同等の品質まで高められる保証はありません。

現在の通信環境が不満であれば改めて契約し直すか、他社へ乗り換えてしまうのも一つの手かもしれません。

新たに楽天モバイルを契約するユーザーは全員『L2接続』になるので、安心して快適に利用できるでしょう。

[関連記事]格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい7つのメリット・デメリットのサムネイル
格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい7つのメリット・デメリット
楽天モバイルに乗り換えるメリット・デメリット楽天モバイルの契約手順やお得なキャンペーン情報
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

楽天モバイル公式ページ

  • おすすめ格安SIM6選

  • 格安SIM料金表

      • UQモバイル
        • 3GBが月額1,628円(税込)で使えてとってもお得
        • 格安スマホの速度ランキング1位
        • 最大10,000円のキャッシュバック実施中
      • 公式サイトへ
      • 楽天モバイル
        • 3ヵ月間月額料金無料キャンペーン!
        • データ無制限の使い放題
        • Rakuten Linkアプリで通話もし放題
      • 公式サイトへ
      • Y!mobile
        • UQモバイルと同じく通信速度が速い
        • ネット割併用で3GBが月額990円(税込)〜
        • ソフトバンク直営で安心
      • 公式サイトへ
      • BIGLOBEモバイル
        • ポイント還元で最新スマホが実質0円
        • iPhoneSEが最安値で買える
        • エンタメフリーでYouTube等が見放題
      • 公式サイトへ
      • mineo
        • サービス満足度1位!
        • 最大20GBの大容量プランあり
        • ドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応
      • 公式サイトへ
      • OCNモバイルONE
        • 新料金プラン移行で1GB:770円/月
        • iPhone 12など端末のラインナップが充実
        • 新品スマホが1円~!端末セールが6/15まで開催中
      • 公式サイトへ
  • 3GB 6GB 10GB 12GB
    UQ
    モバイル
    1,628円 2,728円
    (15GB)
    楽天
    モバイル
    1,078円 2,178円
    (20GB)
    2,178円
    (20GB)
    Y!mobile 2,178円 3,278円
    (15GB)
    BIGLOBE
    モバイル
    1,320円 1,870円 3,740円
    mineo 1,518円
    (5GB)
    1,958円 2,178円
    (20GB)
    OCN
    モバイルONE
    990円 1,320円 1,760円 -

※料金はすべて税込価格です。

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険