Menu

楽天モバイルでテザリングは可能?設定方法と注意点

スマートフォンやタブレットをアクセスポイントとして、他の機器をインターネットに接続するテザリング機能。

対応機器を持っていれば楽天モバイルでもテザリングを利用することが可能です。

楽天モバイルでテザリングするために必要なものと注意点

楽天モバイルは標準でテザリングが可能です。

ただし楽天モバイルのSIMを利用する端末がテザリング機能に対応している場合に限ります。

セット販売端末に関しては全てテザリング機能を搭載していますが、大手キャリアから販売されている機種の一部は対応していない場合があるので注意する必要があります。


またテザリングにはUSB、Wi-Fi、Bluetoothの3つの接続方法があります。

【接続方法1】USBテザリング

2つの機器をUSBケーブルで接続するテザリング方法です。

デスクトップPCなどをインターネットに接続したい場合に利用されます。


Android端末をアクセスポイントとする場合はmicroUSBケーブル、iPhoneなどiOS端末をアクセスポイントとする場合はLightningケーブルが必要です。

またiOS端末でUSBテザリングする場合はiTunesをインストールしておかないといけません。

ほとんどの機種がUSB(Lightning)ポートを1つしか搭載していないので、複数の機器を同時にUSBテザリングの子機とすることはできません。

ただし3つのテザリング方法の中で唯一有線接続であり、最も安定した通信が期待できます。

【接続方法2】Wi-Fiテザリング

Wi-Fi対応機器を無線で接続するテザリング方法です。

ノートPCやゲーム機などを接続したい場合に利用され、最も一般的なテザリング方法でしょう。


基本的にWi-Fi対応機器同士で利用できますが、Wi-Fi非対応の機器でも無線LANアダプターを装着することでWi-Fiテザリングの子機とすることが可能です。

Wi-Fiテザリングは同時に複数の機器を接続させることができます。

その数は機種によって異なりますが、だいたい8~12台くらいの同時接続が可能です。

ケーブルを繋ぐ必要もなく手軽に利用できるWi-Fiテザリングですが、バッテリーの消耗が比較的速いのがデメリットでしょうか。

【接続方法3】Bluetoothテザリング

Wi-Fiと同じく無線で接続するBluetoothテザリングは対応していない機種も少なくありません。

また対応していてもせいぜい1~3台ほどしか同時に利用することができません。

さらにBluetoothだと通信速度が最大3Mbpsに制限されるというデメリットがあります。

仮に親機がLTEで100Mbpsで通信していても、Bluetoothで接続した子機では最大3Mbpsでしか通信できないのです。


一方で消費電力が少ないという大きなメリットもあります。

Wi-Fiと違って接続したまま放置していてもほとんどバッテリーを消耗しません。

また最大3Mbpsは遅いことには違いありませんが、ブラウジングやSNSを利用するくらいならそれほどストレスを感じない速度です。

長時間テザリングしたいけどバッテリー残量が気になる…そんな場合にはBluetoothテザリングがオススメです。

Androidの設定方法

Androidのテザリング設定画面は機種により異なりますが、例えば

arrows M02なら「本体設定」→「データ通信・機内モード」→「テザリング」の順で、

ZenFone 2 Laserなら「設定」→無線とネットワークの「もっと見る」→「テザリングとポータブルアクセスポイント」で呼び出せます。

USBテザリングの場合

親機のスマホと子機のPCなどをUSBケーブルで接続すると「USBテザリング」のON/OFFが可能になります。

これをONにするだけでUSBテザリングが始まります。

もし「USBテザリング」がグレーアウトしたまま選択できない場合は機器同士が正しく認識されていないかもしれません。

一旦電源を切ってから再度接続を試みてみましょう。

Wi-Fiテザリングの場合

Wi-Fiテザリングを始める前に必ずWi-Fiアクセスポイントの設定を行いましょう。

arrows M02なら「Wi-Fiアクセスポイント」

ZenFone 2 Laserなら「Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ」という項目を選択してください。


ネットワーク名は任意の名称を設定することができて、第三者からも見ることが可能です。

肝心なのはセキュリティの種類とパスワードです。

セキュリティの種類がいくつか選べる場合がありますが、WEPは比較的セキュリティレベルが低いため推奨しません。

標準状態で設定されているWPA2 PSKなどを利用しましょう。

パスワードは任意の文字列を設定して構いませんが、なるべく推測されにくいものにしましょう。


設定終了後はWi-FiテザリングをONにして、子機のWi-FiをONにして設定したアクセスポイントを探し、パスワードを入力すれば完了です。

Bluetoothテザリングの場合

両方のBluetoothをONにして機器同士のペアリングを完了させてあることが前提です。

さらに親機のBluetoothテザリングをONにした後、子機から接続設定を行う必要があります。


Androidから接続する場合はBluetoothの接続機器一覧から親機を選択後、「インターネットにアクセス」にチェックを入れることで完了します。

OSがWindowsのPCなどから接続する場合は「コントロールパネル」→「デバイスとプリンター」を開いて親機のアイコンを選択後、「接続方法」→「アクセスポイント」とすることでBluetoothテザリングが開始します。

iOSの設定方法

SIMフリー、あるいはdocomoから販売されたiPhoneやiPadでもテザリングが可能です。

Androidと同様に3種類のテザリング方法があり、それぞれの手順もほぼ同じです。

USBテザリングの場合

Androidの場合と異なるのはiPhoneに付属しているLightningケーブルで接続する点と、原則としてPC側にiTunesをインストールしておく必要がある点です。

「設定」→「インターネット共有」をONにすればテザリングを開始します。

Wi-Fiテザリングの場合

Wi-Fiテザリングの場合はAndroidと同じような手順で設定します。

インターネット共有の画面でパスワードが設定できるので任意の文字列を入力し、子機からWi-Fiに接続して設定したパスワードを入力すればOKです。

Bluetoothテザリングの場合

Androidの場合と同様に、デバイス同士をペアリングしてiPhoneのインターネット共有をONにするとテザリングを開始します。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。