Menu

格安SIMとは?格安SIMのメリット・デメリットとおすすな人を解説

格安SIMのメリット・デメリットとおすすな人

最近、「格安SIM」という言葉をニュースや記事でよく目にしますが、そもそも格安SIMとは一体何者なのでしょうか?

2015年5月から「SIMロック解除」ができるようになり、格安SIM市場はどんどん盛り上がっています。

ここでは 格安SIMが一体どういうものかについて、簡単にまとめています。

格安SIMとは

格安SIMの「SIM」って何?

「SIM(シム)」とは?

SIMカードとも呼ばれるもので、契約者情報を識別するためのICカードの通称です。

電話番号や利用者を特定する情報が書き込まれています。

このSIMカードを端末に差し込むことで、キャリアの回線に繋がるようになります。

スマホに詳しくない人にとっては、なかなか馴染みがないかもしれませんが、このSIMカードはすべてのスマホの中に入っています。

あなたのスマホにも、側面部や背面パネルをはずしてみると本体内部に装着されているのが分かると思います。

iPhoneなどは、専用のピンを穴に挿すことで、取り出すことができるようになっています。

格安SIMと一緒に出てくる「MVNO」とは?

MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」の略称で、仮想移動体通信事業者のことです。

皆さんが馴染みのある大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク等)のことを、移動体通信業者と呼びます。

仮想移動体通信事業者とは、 大手キャリアが持っている通信ネットワークを借り受けて私たちにサービスを提供している会社のことです。

2015年5月1日~SIMロック解除が義務化

2015年5月1日から、SIMロック解除が義務化されました。

しかし、今持っているスマホをすぐにSIMロック解除してもらえるかというと、そうではありません。

SIMロック解除をしてもらうには、制限や規定があるのです。

原則、 2015年5月以降に発売された機種については、SIMロック解除が行えます。

格安SIMのメリットとデメリット

格安SIMを検討している人にとっては、メリットやデメリットが気になりますよね。

「料金が安くなる」ということは何となくニュースで聞いたことあると思いますが、果たしてメリットはそれだけでしょうか?

格安SIMに変えることで、大手キャリアと比較して、 どんなところにメリットやデメリットがあるのかをまとめました。

格安SIMのメリット

メリット①:料金が安い

格安SIMという名前の通り、一番のメリットと言えばやはり料金が安くなることです。

通信速度が速いLTEの高速通信を利用できる容量は少なくなりますが、毎月1,000円前後に抑えられます。

毎月のデータ通信料が少なくても良いなら、 キャリアのプランよりも安く利用することができます。

メリット②:自分に合ったサービスを選べる

格安SIMの場合は「50MB/日」や「2GB/月」など、プランの種類が豊富に用意されています。

そのため、 自分の利用状況に合わせて柔軟にプランを選ぶことができるのです。

また、IP電話アプリや公衆無線LANサービスを割安な価格で利用できるサービスもあります。

ユーザーが自由に選べることが格安SIMのメリットです。

メリット③:利用制限を課しているサービスが少ないので解約しやすい

キャリアのプランの場合、2年縛りがあるため解約のタイミングを逃すと、手数料が発生してしまいます。

格安SIMのほとんどは、 利用期間の制限がないので、自分のタイミングですぐに解約できます。

メリット④:通信エリアは大手キャリアと同じ

格安SIMが独自の通信エリアをそれぞれ持っている、と思っている方が多いのではないでしょうか?

じつは、格安SIMは大手キャリアより通信網を借り受けて運用しているため、通信エリアは基本的にキャリアと同じなのです。

現在、ほとんどのMVNOがドコモの回線を借りている(※)ため、 ドコモの通信エリア内であれば問題なく使えると考えて問題ありません。

一部、auの回線を利用しているMVNOも存在しているため、事前にどのキャリアの回線を利用しているのか確認が必要です。

格安SIMのデメリット

ここまで、格安SIMのメリットについてご紹介してきました。

しかし、ただ単に値段が安くなるだけであれば、もっと格安SIMが普及してもいいはずですよね。

海外と違いSIMロックが掛かっていることで格安SIMの普及が遅れている、というのも理由の一つですが、理由はそれだけではありません。

デメリットもよく知ったうえで、乗り換えや新規契約を検討するようにしましょう。

デメリット①:適切なプランを選ばないと不便になる

格安SIMは、高速通信容量を制限することで、割安な料金を実現しています。

使いすぎて データ容量の上限を超えてしまうと通信速度がかかり、著しく通信速度が遅くなってしまいます。

自分にはどれだけのデータ容量が必要なのかを考えたうえで、慎重にプランを選ぶことをおすすめします。

デメリット②:初期設定は自分で行う

キャリアのスマホは、店舗で初期設定をしてくれることがほとんどです。また、自分で設定を行う時にも簡単な手順ですぐに使えるようになります。

しかし、格安SIMの場合はそれらをすべて自分で行う必要があります。

こういったことが不慣れな人には、やや面倒に感じるでしょう。

初期設定や端末操作については、事業者の コールセンターやウェブサイトに問い合わせるのが一般的で、実店舗で対応してくれることは少ないです。

デメリット③:キャリアのサービスは利用できない

大手キャリアの家族割引や定額話し放題といったプランは格安SIMにはありません。

また、~@docomo.ne.jpなどキャリアのメールは格安SIMだと利用できず、引き継ぐことはできません。

キャリアの提供する独自サービス(例えば、家族割や時間割など)をよく利用する人には、向いていないと言えるでしょう。

090や080などで始まる電話番号は、プランによって、MNPにより使い続けられます。

デメリット④:店舗が少なくサポート体制が弱い

大手キャリアは街中を歩いていると、あちこちに店舗があると思いますが、格安SIM業者の店舗はそう多くありません。

あったとしても都心部だけ、など限られています。

店舗が少ないという事は、サポート体制も弱く電話でのやり取りになってしまいます。

きめ細やかで充実したサポートを受けたい方には不向きです。


ここまでは、格安SIMのメリットとデメリットをご紹介してきました。

それでは、「格安SIMに向いている人・オススメな人」とはどんな人なのでしょうか。

次の章でまとめていますので、あなたに当てはまるかを考えながら読んでみてください。

格安SIMをオススメな人は?

オススメユーザー①:キャリアサービスを利用しない人

デメリットの記事にも書きましたが、大手キャリアのメールアドレス(xxxx@docomo.ne.jpなど)は使えません。

また、家族割引や定額話し放題といったプランは格安SIMにはありません。

逆に考えると、 格安SIMはキャリアの独自サービスを利用しない方にはオススメと言えます。

オススメユーザー②:通信速度に強くこだわりがない人

格安SIMの特徴として、ネットを使いすぎて、 定められた上限を超えると、通信速度が著しく低下することがほとんどです。

この「使いすぎる」というのがミソで、普通の人の使い方(メールやSNS、ネットサーフィン)程度であれば、ほぼ問題ありません。

つまり、 動画をスマホで見たり、四六時中ネットサーフィンをする人でなければ向いているのです。

オススメユーザー③:サイトを見ながら設定できる人

格安SIMには、実際の窓口が無いところが多く、大手キャリアに比べると充実したサポートは受けづらいです。

つまり、ある程度 自分で調べて自分で設定できる人でないと、ストレスに感じる可能性があります。

逆に考えると、自分で調べて自分で設定できる人にはオススメと言えます。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。