Menu

SIMカードとは?格安スマホの乗り換えのための完全ガイド

SIMカードとは?

SIMカードとは?

SIMカードとはスマートフォンなどが通信を行うために必要なICカードのことです。

この小さなICカードには電話番号などの契約情報が記録されていて、これをスマートフォンに挿すと音声通話やデータ通信を行うことが可能になります。

これは格安スマホに限らず、キャリアから販売されているほぼ全てのスマートフォンにも入っています。

電話を掛けたりインターネットに繋ぐためにほぼ必須のアイテムなのです。

このSIMカード方式の通信を採用している端末では、電話番号は端末ではなくSIMカードに紐づいています。

そのため、SIMカードを挿しかえることで簡単に機種変更することが可能です。


また、SIMフリーと呼ばれる端末は他社のSIMカードを挿入して使うこともできます。なので通信所業者を乗り換えたとしても、必ずしも端末を購入し直す必要はありません。

SIMカードだけ手に入れれば良いのです。


大手キャリアではSIMカードと端末のセット販売が当たり前のように行われていますが、MVNOと呼ばれる事業者はSIMカードのみの販売を積極的に行っています。

SIMカードのみが欲しい場合はMVNO、いわゆる格安SIMカードを契約するのが手軽でオススメです。

SIMカードの種類を徹底紹介

3つのサイズのSIMカード

SIMカードは全部で3つの形状、サイズが存在します。

最も大きいSIMが標準SIM、中間がmicroSIM、最も小さいものがnanoSIMと呼ばれています。

SIMカードはサイズによる機能の違いはありませんが、どれを選んでも良いというわけではありません。

利用する端末に適したサイズを選択しなければ、端末にSIMカードを挿入することはできません。


例えば激安スマホの AuBee smartphone 「elm.」は、標準SIMスロットとmicroSIMスロットの2つを備えていますがこのような機種は非常に珍しいです。

最新機種の多くはnanoSIMに移行しつつあり、nanoSIMでない機種のほとんどはmicroSIM対応となっています。標準SIM対応機はほとんど存在しないのです。

iPhone5以降のiPhoneは全てnanoSIMスロットを採用しています。また人気の国産端末 arrows M02もnanoSIMです。

ZenFone 2 Laserを始めとする大人気のZenFoneシリーズはどれもmicroSIMに対応しています。


標準SIMが悪いわけではありませんが、将来端末を買い替えたくなった時のことを考えると互換性が高いmicroSIMやnanoSIMを利用したほうがスムーズです。

SIMカードのサイズを変更する方法

microSIMカードと変換アダプターを用いたnanoSIMカード

もし 端末を買い替えたりしてSIMカードのサイズが合わなくなった場合、事業者によっては2,000円程度の手数料を払うことで異なるサイズのSIMカードを再発行してくれます。

ただしSIMカードのサイズ変更や、再発行手続きを受け付けていないMVNOも中にはあります。その場合は残念ですが、一旦解約して再度契約し直すことを推奨します。


専用のSIMサイズ変換アダプターを用いたり、SIMカードカッターで小さく切り取ってしまう裏技的手法も一応存在します。

いずれも通販サイト等で非常に安価で入手することが可能です。

しかし、 これらの道具の使用に関して、端末メーカーや通信事業者は推奨していません。

そのため、アダプターがSIMスロットから取り出せなくなったり、正確にSIMカードを切り取れず破損するなどのトラブルが起きた場合、メーカーの保証が受けられず実費で修理となる可能性があります。

また事業者によってはSIMカードを切断する行為自体を破損と見なし、数千円の損害金を請求される場合もあります。

アダプターを使用するぶんには損害金を請求されることはないと思われますが、SIMカードカッターのような道具の使用にはリスクが伴うことを知ったうえで自己責任でお願いいたします。

利用できる機能別に3つのタイプがある


データ通信 SMS
音声通話
データ専用SIM
SMS付きデータSIM
音声通話SIM

キャリアのスマートフォンを利用している方は違和感を覚えるかもしれませんが、MVNOが提供しているSIMカードは音声通話が利用できないものがあります。

いわゆるデータ専用SIMです。

表にまとめた通りデータ専用SIMでは電話もSMSも利用できず、データ通信のみが可能です。

データ専用SIMには、いわゆる2年縛り最低利用期間が設定されていないことが多いので、気軽に契約・解約できるというメリットがあります。

スマホをタブレット的に使ったり、キャリアと2台持ちされる方によく選ばれています。


次にSMS機能付きのデータSIMです。たくさんあるアプリの中にはLINEのようにSMS認証を必要とするサービスがあります。

また スマホをデータ専用SIMで利用すると、機種によってはセルスタンバイ問題と呼ばれるバッテリーを異常消費するトラブルが発生する恐れがあります。

これらを解決してくれるのがSMS付きのデータSIMです。

SMS付きのデータSIMではセルスタンバイ問題やアンテナピクト問題が発生しません。またLINEなどのSMS認証もクリアすることができます。

月額料金はデータSIMよりも150円程度高く設定されていることが多いですが、利便性の高さからSMS付きを利用される方も多いです。

最低利用期間や解約金に関しては通常、データ専用SIMに準拠しています。


最後が音声通話機能付きのSIMカードです。

090や080から始まる電話番号でキャリアの時と同じように通話を利用することができます。

スマホの機能をフルに利用することができますが、データ専用SIMとは違い1年程度の最低利用期間を設けられている場合が多いです。

月額料金型のSIMカードとプリペイドSIMカード

格安SIMカードは月額料金型が一般的ですが、一部プリペイドタイプのものも存在します。

プリペイドSIMカードは月額型よりも割高ですが、 クレジットカードがなくても店頭で簡単に購入できて、すぐに使うことができるのが大きなメリットです。

プリペイドタイプの格安SIMは、「いきなり格安SIM・格安スマホに移行するのは品質が不安だ」という方がお試しで使ってみるのに適しています。

格安SIMカードに合う端末(スマホ)の選び方と注意点

格安SIMとセットで購入される端末は、2~3万円程度のミドルレンジスマホが最も多いようです。

実際、この価格帯のSIMフリースマートフォンはコストパフォーマンスに優れている機種が多いです。

もちろん端末の価格が高くなるほど性能も良くなりますが、そこまで高いスペックを要する用途は限られています。

売れ筋のASUS ZenFone 2 Laserは一般的なキャリアスマホの半額以下で手に入る上に、WEBサイトを閲覧したり軽いゲームで遊ぶくらいならこのスペックでもストレスなくこなすことができます。

Android OSのバージョンに注目

それでは具体的にどのようなスペックの端末を選べば良いのでしょうか。

まずはOSのバージョンからチェックしましょう。 最新のAndroid OSは6.0系統なので、これが1つの基準となります。(2016年7月現在)


今夏発売される HUAWEI P9 liteやarrows M03など新機種は軒並みAndroid 6.0を搭載しているので、基本的にはこれらがオススメの機種となります。

現在のOSが5.0系統でも、既に6.0へアップデートする予定であることが判明している機種もあります。

昨年発売されたZenFoneシリーズがこれに該当し、ZenFone2やZenFone 2 Laserなどの人気機種が6.0にアップデートされる予定となっています。

ただしこれはあくまでも予定で、 日本発売モデルがアップデートされないという事態はままあることですのでご注意ください。


しかし、国内メーカーよりも海外メーカーのほうがアップデートに積極的な傾向があります。

例えば富士通のarrows M02はZenFone 2 Laser並に大人気の機種ですが、2016年7月25日現在6.0へのアップデート予定はありません。

同じ機種を長く使うのであればASUSのような大手海外メーカー製の端末がオススメです。

メモリは2GB、CPUはクアッドコアが最低ライン

メモリ(RAM)は最低でも2GB欲しいところです。メモリに余裕があると複数のアプリを同時に立ち上げても動作が遅くなるようなことがありません。

逆に メモリが少ないと、動作が悪くなるどころか最悪端末が強制的に再起動されてしまいます。

スマートフォンはユーザーの見えないところでアプリが起動したりデータ通信を行うので、意外にあっさりとメモリが枯渇してしまいます。

なので 基本的にメモリは大きければ大きいほうが良いです。


またCPUに関してはスペックを評価することが難しいですが、1つの基準としてクアッドコア(4コア)以上の機種をオススメします。

コア数が多いほどマルチタスクに強くなります。またオクタコア(8コア)のCPUは、駆動周波数が異なるコアを使い分けることで省電力を図っているものもあります。

駆動周波数は大きいほどCPUの処理速度が速くなるので、この数字も大きければ大きいほうが性能が良い、ということになります。

ガラケー機能が必要なら国内メーカー産

防水やおサイフケータイ機能を搭載している格安スマホもあります。

ただしそれは国内メーカー製のスマートフォンにほぼ限られます。

海外メーカー製のSIMフリースマートフォンは、防水やおサイフケータイといった日本独自の仕様には対応してないものがほとんどです。

大人気のASUS端末は、残念ながらガラケー機能は搭載していません。

カメラ性能が良い機種は?

カメラ性能を機種ごとに比較するのは難しいですが、確実に言えるのは低価格スマホのカメラはやっぱり低価格なりといった性能です。

綺麗な写真を撮りたければ3万円台、最低でも2万円台後半の機種から選ぶことをオススメします。

また画素数=画質ではありませんが、実際の画質を比べてみると最低でも800万画素は欲しいですね。これも1つの基準になるでしょう。


もし最高のスマホカメラを手に入れたければ、ASUSのZenFone Zoomがオススメです。

レンズが飛び出さない光学3倍ズームのカメラを搭載しているスマホなんてZenFone Zoom以外に存在しませんし、また今後も当分登場しないでしょう。

一般的なスマホカメラのデジタルズームと違い、光学ズームは画質が劣化することなくズームすることが可能です。

現時点で最強のカメラを搭載しているスマートフォンと言っても過言ではないです。

光学ズームにこだわらなければ HUAWEI P9もカメラ性能に優れていてオススメです。

ダブルレンズはZenFone Zoomにはない仕様で、より多くの光を捉えて綺麗な写真を撮ることができます。

SIMロック解除は必要?

実はスマートフォンを格安SIMで利用する上で、SIMロック解除が必要な状況というのはかなり限定的です。

そもそも量販店等で販売されているSIMフリースマートフォンにはSIMロックは掛かっていないので無縁の話です。


ロックを解除するとすれば、大手キャリアから販売された端末に限られます。

しかしドコモから販売されたスマートフォンの場合、SIMロックを解除しなくてもドコモ系MVNOの格安SIMを利用することができます。

auから販売されたスマートフォンの場合、4G LTE対応機種ならSIMロックの解除は不可能ですが、解除しなくてもau系MVNOなら利用できます。

一方、LTE非対応の3Gスマートフォンを利用することは不可能で、VoLTEに対応している機種の場合はSIMロックを解除しなければau以外のSIMカードは一切利用できません。


以上からSIMロック解除が必要なケースとは、

  • ドコモスマートフォンをドコモ系MVNO以外のSIMカードで利用する
  • auのVoLTE対応機種を格安SIM含む他社のSIMカードで利用する
  • ソフトバンクのスマートフォンを他社のSIMカードで利用する

この3つの場合に限られます。


SIMフリーであることのメリットは確かに大きいのですが、格安SIMで利用するだけならSIMロック解除が必要な状況はそこまで多くないのです。 

また余談ですが、実際SIMロックを解除して他社のSIMカードで利用しようとしても端末の性能がフルに生かすことはできません。

例えば、 ドコモが販売したスマホはドコモの電波に最適化して作られているため、au系のSIMカードを挿しても音声通話が利用できなかったり、繋がるエリアが非常に狭くなるというのが実情です。


唯一iPhoneに関しては3キャリア共通のモデルが販売されているため、iPhone SEや6s、6s PlusのSIMロックを解除するメリットは非常に大きいと言えます。

SIMカードの比較と紹介

楽天モバイル

2015年10月よりL2接続を開始したことで実効速度を改善した 楽天モバイル

定期的にポイント還元や値引きセールが行ったり、積極的にCMを打っていることもあり人気が集中しています。

セット販売端末はラインナップは豊富で、MVNOの中でもトップクラスの数を扱っています。

また、 端末を購入すると格安SIMを利用するために必要な設定やアプリが登録された状態で発送されるので、楽天モバイルは格安SIM初心者にとって非常にハードルが低い存在と言えます。


料金プランはデータ容量別に4種類と標準的。ただし データSIMと通話SIM間のプラン変更ができない点には要注意です。

通話料金に関してはプレフィックスサービスの楽天でんわアプリを提供しています。

このアプリ自体は他社ユーザーでも利用できますが、5分かけ放題オプションは楽天モバイルユーザーのみ申込むことが可能です。

実効速度が安定していて、全体的に隙がないMVNOです。

IIJmio

IIJmioは格安SIMの老舗で、最も定評のあるMVNOの1つです。

新機種が発売されたりiOSのアップデートが行われるとすぐに動作確認を行うなど、IIJのサポートスタッフは非常に迅速で優秀なのが人気の一因でしょう。

IIJmioにはどのMVNOよりも圧倒的な安心感があります。


料金プランはデータ容量別に3種類と、初心者にとっても非常に分かりやすいのがまた好印象です。

通話料に関しては、プレフィックスサービスのみふぉんダイアルを利用すれば通常の半額である10円/30秒で通話することが可能です。

また家族間通話(同一mioID同士)なら8円/30秒とさらに安くなります。

家族間の通話に対して割引を行っているMVNOはIIJmioくらいです。


セット販売端末のラインナップは少なめですが、ASUS ZenFoneシリーズなど人気端末を中心に揃えているのも嬉しいですね。

格安SIM初心者にもオススメできる、安心のMVNOです。

UQ mobile

数あるMVNOの中でもトップクラスの実効速度を誇っているのが UQ mobileです。

サービス開始当初からずっと安定した速度を出し続けていることで定評があります。


ほとんどのMVNOがドコモ回線を利用しているのに対し、UQ mobileはau回線を利用しています。

そのため、auの4G LTE対応端末や、SIMロック解除したVoLTE対応端末で利用可能です。またSIMフリー端末ならiPhoneシリーズやarrows M02で利用することができます。

料金プランはデータ容量が3GBのデータ高速プランと、通信速度が最大500kbpsに制限される代わりに月間のデータ容量制限がないデータ無制限プラン、それに無料通話が付くぴったりプランの3種類があります。

それぞれはっきりとした特徴があり、利用スタイルに適したプランを選びやすいです。


難点を挙げるとすれば、 高速かつ大容量の通信が可能なプランが用意されていないということでしょうか。

大量に通信するヘビーユーザーにとってUQ mobileは物足りないかもしれません。

しかし 毎月の通信量が3GB以内に収まるなら、UQ mobileはトップクラスの実効速度で通信できるオススメのMVNOです。

また低速でも構わなければ、データ無制限プランは通信量を気にすることなくガンガン通信することができます。

こちらも非常に人気のプランです。

SIMカードの交換方法

SIMカードの交換方法は機種によって異なりますが、SIMを挿入するスロットの形状はそれほど多くはありません。

以下に示す3つのタイプについて知っておけば、大概の機種のSIMカードを交換できるでしょう。

iPhone SEの場合

取り出したiPhone SEのSIMトレイ

iPhone SEや6sなど、ハイエンド向けスマートフォンに多いのがSIMピンを挿してSIMスロットを取り出すタイプです。

本体側面にSIMピンを挿すための穴が空いているので、SIMスロットの場所は見つけやすいハズです。

穴を見つけたら付属のSIMピンを垂直に挿し、しっかりと押し込むとSIMトレイが引き出されます。

取り出したSIMトレイにしっかりとSIMカードを載せて、SIMスロットに戻します。

arrows M02の場合

SIMトレイのキャップを外したarrows M02

arrows M02のように SIMピン不要でSIMトレイを取り出すことが可能な機種も存在します。

キャップを外し、SIMトレイを引き出したらSIMカードを載せて元に戻しましょう。

いつでもどこでも簡単に交換できますが、キャップを破損しないように丁寧に扱いましょう。

破損すると防水性を損なったり、SIMカードを紛失する恐れがあります。

ZenFone Goの場合

ZenFone GoのデュアルSIMスロット

ZenFoneシリーズは裏蓋(リアパネル、背面カバー)を取り外すとSIMスロットが出現します。

SIMトレイはなく、本体に直接挿入する形になります。

SIMスロットの挿入口にSIMカードを置いて、まっすぐに奥までしっかりと挿入します。

機種によっては押し込み過ぎると押し戻されてしまうので、力を入れ過ぎないように注意しましょう。

また電池パックを取り外したところにSIMスロットやSIMトレイが内蔵されている機種も存在します。

本体側面や裏蓋を外してもスロットが見つからない場合は、電池パックも外せば必ずどこかに見つかるハズですのでしっかりと探してみましょう。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。