Menu

格安SIMのための用語集

初めて格安SIMを購入する方への用語集です。 

「MVNO」や「格安SIM」などを分かりやすく解説していきます。

Wi-Fiとは?

Wi-Fi(Wireless Fidelity、ワイファイ)は、 無線のネットワークでインターネットに接続することです。

Wi-Fiがなかった時代は、LANケーブルをPC等に接続してインターネット接続をしていましたが、 Wi-Fiの誕生によりLANケーブルが不要(有線ではなくなる=無線)となりました。

そのおかげで、室内や外出先などでも自由にインターネットを利用することができるようになりました。

テザリングとは?

スマートフォンやタブレットをモバイルルーター化して、他の機器(※)がインターネット接続できるようにする機能です。

※テザリングしている機器以外の、スマートフォンやタブレット、PCなど。

自宅の無線LANでインターネットを接続しているかのように使えるので、自由度が増し便利です。

ただし、 全てのスマートフォンやタブレットがテザリング機能を使えるわけではありません。

スマートフォンとは?

パソコンの機能を併せ持ったモバイルの多機能携帯電話です。

基本機能はパソコンと同じの為、OSが搭載されておりiOSやAndroidが主流となっています。 自分独自にカスタマイズすることも可能で、便利なアプリも沢山登場しています。

スマートフォンは、「スマホ」や「SP」で略されることが多いです。

格安スマホとは?

格安スマホとは、一般的に SIMフリー端末(スマホやタブレットなど)に格安SIMカードを挿して利用することを言われることが多いようです。

「格安スマホ」という単語だけに注目すると、低価格なスマートフォンという解釈となりますが、「SIMフリー端末が低価格」という定義ではなく、「格安SIMカードを利用することで月々の通信料が格安になる」という考え方から「SIMフリー端末+格安SIM」と言われているようです。

ただし、 それぞれのサイトで「格安スマホ」の定義が違うようなので、どういう風に格安スマホという単語を利用しているかを文脈から読み取る必要があります。

Soldiでは、基本的に「SIMフリー端末(スマホやタブレット)」に「格安SIMカード」を挿して利用することを「格安スマホ」と定義して用語を利用しています。

MNPとは?MNP転出とは?MNP転入とは?

MNPとは?

MNPとは、Mobile Number Portabilityの略称で、日本語では「携帯電話番号ポータビリティ」と表現されています。

現在利用しているキャリア(docomo/au/ソフトバンク)、または MVNOを変更しても、 そのまま現在利用中の電話番号を使い続けるための制度です。

MNP転出とは?

MNP転出とは、MNPの制度を利用して現在利用しているキャリア、またはMVNOから 現在利用中の電話番号を他の通信会社へ移すことです。

MNP転出手数料として3000円程度の手数料が発生することが多いようですので、お気をつけください。

MNP転入とは?

MNP転入とは、MNPの制度を使って 現在利用している電話番号を新しいキャリア、またはMVNOで利用することです。

手数料は無いことが多いようです。

MVNOとは?

格安SIMカードの提供会社は、ドコモやauの回線を借りる「MVNO」としてサービスを行っています。

ここでは、その 「MVNO」について解説していきます。

MVNOとは?

格安スマホ・格安SIMの解説によく登場する「MVNO」という単語の正式名称は「Mobile Virtual Network Operator」で、「仮想移動体通信事業者」という意味です。

簡単に説明すると、MVNOとはキャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)の通信インフラを借り受けてサービスを提供している事業者のことで、 格安SIMのサービス提供者をMVNOと考えると理解しやすいかと思います。

MVNOが利用料金を安くできる理由は、キャリア(移動体通信事業者)の通信ネットワークを利用することで、設備投資費を安くできることが挙げられます。

また、一定量をまとめて安く借り受けた回線を分割して利用者に振り分けていることで、キャリアよりも容量や速度の制限が厳しくなってしまうものの、それを補うほどの格安な価格を実現しています。

通信インフラの貸出元は、大手キャリアであるNTTドコモやau、ソフトバンクです。

大手事業者の場合

無線通信サービスの認可を受けたキャリアは、自社で持つ回線を使ってユーザーにサービスを提供しています。

大手事業者の場合

格安SIMの場合

格安SIMを扱うMVNOは、ドコモやauなどの大手キャリアから借り受けた回線を使って、ユーザーへサービスを提供しています。

格安SIMの場合

「格安SIM」と聞くと通信エリアが心配になるかと思いますが、大手キャリアを利用したサービスのため、基本的にはキャリアと変わらないエリア・品質で利用することができます。

不安に思っているあなたにも、安心してお使いいただけるのではないでしょうか。

仮想移動体通信事業者(MVNO)と移動体通信事業者(MNO)

MVNOとMNO

「MVNO」の詳しい説明に入る前に、まず「移動体通信事業者(MNO)」について解説します。

移動体通信事業者とは、国から無線通信サービスの認可をもらっているキャリアのことです。

キャリアの間ではさまざまな競争が行われていますが、 新しい会社への参入には国から高いハードルが課せられています。

これは、無線通信には使用できる帯域や容量に制限があるためです。


MVNOとは、これらのキャリアが持っている通信ネットワークを借り受けてサービスを提供している会社のことになります。

 移動体通信事業者を増やすことはなかなかできませんが、参入の条件を緩くしたMVNOによって通信事業者間の競争を活発にしたいという国の意図もあって登場しました。

日本で登場した最初の例は、2001 年の「 b-mobile 」です。

これは、日本通信がウィルコム(旧DDIポケット)のPHSパケット通信網を利用して提供した定額データ通信サービスで、以後さまざまな会社が参入して現在に至ります。

今後はより格安SIMカードが使いやすく!?

携帯電話には、利用者の識別を行うICカード(=SIMカード)が使われています。

端末側でこのSIMカードの情報を読み取っていますが、現在流通しているスマホやiPhoneの大半は、SIMロックという制限がかかっています。

日本では、 各キャリアの窓口でiPhoneを購入するとSIMロックがかけられるのが実情です。

そのため、ソフトバンクのiPhone4で使っているSIMカードをドコモのiPhone5に差し替えても、そのままでは通信・通話ができないようになっています。

一方、海外ではこのような制限がないほうが一般的で、たとえばappleストアではSIMロックフリーのiPhoneを買うことができ、SIMカードを差し込めばどのキャリアでもそのまま使うことができます。

今後は日本も海外のように制限を緩和していく方針で、 SIMロックが解除されればこのような不便がなくなり、利用者が自由に端末やキャリアを変えられるようになっていくでしょう。

総務省「SIMロック解除に関するガイドライン

これまで、「モバイルビジネス活性化プラン」(2007年)や「SIMロック解除に関するガイドライン」(2010年)が出されていたものの、実施については各キャリアの自主性に任されていました。

しかし、2014年6月30日に総務省は「SIMロック解除に関するガイドライン」を公表しました。

この発表をうけて、2015年5月のSIMロック解除義務化が始まり、大きな動きを見せています。

画像出典:総務省「SIMロック解除に関するガイドライン」

SIMフリーあるいは安価でロックを解除できるようになれば格安SIMカードもますます使いやすくなっていくでしょう。

格安SIMカードはドコモのMVNOが圧倒的多数

2014年にauとソフトバンクがMVNOへのネットワーク提供を開始し、ドコモ、au、ソフトバンクの3社がこちらでも並びました。

2014年7月からは、ケイ・オプティコムがauの回線を利用した「 mineo 」(マイネオ)を展開。

2015年9月からはドコモ回線も提供しマルチキャリアMVNOとなる予定です。


2015年7月現在では、月額回線利用料が安くサービス開始時期も先行していた ドコモのMVNOが圧倒的なシェアを誇っています。

一方で ソフトバンクの回線を利用したサービスはまだ出てきてません。 ただし、こちらも今年中には登場する見通しです。

参入する会社の数が増えて、さらなる価格や通信品質の競争が起き、格安SIMカードの環境がより良くなることを期待したいですね。

格安SIMカードの例

格安SIMを購入するとキャリアのSIMが入っている SIMフリースマートフォンにSIMをセットして使用する

格安SIMを購入すると、ドコモやauのSIMカードが入っています。これは各事業者が大手キャリアから通信回線を借り受けているからです。

このSIMカードを、用意したスマートフォン端末にセットすることで、インターネットを始めとするサービスを利用することができるようになります。

具体的なMVNOにはどんな会社があるの?

代表的なMVNO事業者は下表の通りで、プロバイダーやインターネットサービスで聞いたことある会社もあるのではないでしょうか。

各MVNOの評判や特徴もSoldiで紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

会社名 サービス名

IIJmioロゴ

株式会社インターネットイニシアティブ
IIJmio (アイアイジェイ ミオ)

OCN モバイル ONEロゴ

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
OCN モバイル ONE

b-mobileロゴ

日本通信株式会社
b-mobile (ビーモバイル)

DMMモバイルロゴ

株式会社DMM.com
DMMモバイル

FREETELロゴ

プラスワン・マーケティング株式会社
FREETEL (フリーテル)

mineoロゴ

株式会社ケイ・オプティコム
mineo (マイネオ)

NifNoロゴ

ニフティ株式会社
NifNo (ニフモ)

楽天モバイルロゴ

楽天株式会社
楽天モバイル

U-mobileロゴ

株式会社U-NEXT
U-mobile (ユーモバイル)

BIGLOBE高速モバイルロゴ

ビッグローブ株式会社
BIGLOBE高速モバイル

Y!mobileロゴ

ソフトバンク株式会社
Y!mobile (ワイモバイル)

TONEロゴ

トーンモバイル株式会社
TONE (トーン)

UQ mobileロゴ

UQコミュニケーションズ株式会社
UQ mobile (ユーキューモバイル)

もしもシークスロゴ

エックスモバイル株式会社
もしもシークス

インターリンクLTE SIM

株式会社インターリンク
インターリンクLTE SIM

イオンモバイルロゴ

イオンリテール株式会社
イオンモバイル

LINEモバイルロゴ

LINEモバイル株式会社
LINEモバイル (ラインモバイル)

nuroモバイルロゴ

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
nuroモバイル (ニューロモバイル)

ぷららモバイルLTEロゴ

株式会社NTTぷらら
ぷららモバイルLTE   ※2017年11月30日をもってサービスの提供が終了し、既存の契約者は「OCN モバイル ONE」へ引き継がれることが発表されています。

So-netロゴ

ソネット株式会社
So-net (ソネット)  ※現在は「nuroモバイル」に統合され、新規受付を終了しています。

SMSとは?SMS付きSIMとは?

SMSとは?

SMSとは、「ショートメッセージサービス」のことで、 SMS対応したスマホやタブレットなどの端末間で短いテキストメッセージを送受信できるサービスのことです。

宛先には電話番号を指定するのが特徴で、メールアドレスではありません。

メッセージを送るとき、電話番号を使用したことがある方も多いのではないでしょうか。

また、キャリア(docomo/au/ソフトバンク)をまたいでメッセージを送れるため、メールアドレスを聞いていない相手にメッセージを送れて便利な場面もありますよね。

SMS付きSIMとは?

SMS付きSIMとは、SMSを利用できる格安SIMカードのことです。

音声通話付きSIMを利用している場合は、通常SMSを利用できます。

SMS付きにも電話番号が割り振られますが、音声通話付きでなければ電話をかけたり受けたりすることはできませんのでご注意ください。

データ専用SIMを選び、SMSを利用したい場合は、「SMS付き」や「SMS対応」などの内容をよく確認して格安SIMカードを選ぶようにしましょう。


アプリなどの認証時にSMSが必要となるケースもあるので、次の記事も参考にしてみてください。

参考記事: 「意外と知らない!?SMSの必要性」

豊富なプランが選べることも格安SIMのメリットですが、選び方に迷ったら、こちらの記事もご覧ください。

参考記事: 「格安SIMの選び方」

格安SIMとは?

格安SIMとは、 MVNO事業者が提供する低価格の通信契約プランのことを一般的に指します。(各MVNOの比較は こちら

そのため、「格安SIM」とは別に「激安SIM」とも呼ぼれることもあるようです。

Soldiでは価格順に紹介した 激安SIM もあります。ぜひ参考にしてください。

SIMカードとは?

2014年から、テレビや新聞などで話題にのぼるようになった「格安スマホ」。

イオンやヨドバシカメラなどの携帯電話売り場で、通常のスマホよりも安く使えることをうたい文句に販売されているのを目にしたことがあるかもしれませんね。

そんな格安スマホの売り場には、あわせて「格安SIM」が多数販売されています。

この格安SIMは、スマホを安く使うにあたって、切っても切り離せない関係にあります。

SIMカードって何?

「SIM(シム)」とは、スマートフォンや携帯電話で利用する、電話回線の情報が記録された小さなメモリーカードのことです。

最近の携帯電話やスマートフォンは、端末に電話番号が登録されていません。

SIMを端末にセットすることで、メモリー領域に書き込まれた電話番号を持つ機器として動作するようになります。

SIMには、電話番号の他に、どの事業者と通信をするのかといった回線情報が書き込まれています。

たとえば、ドコモのスマートフォンには、電話番号のほかにドコモと通信をするための情報が入っているのです。

このSIMは入れ替えることが可能で、例えば友人の端末を借りて、自分のSIMカードをセットすれば自分の電話番号で電話をかけたり、ネットにつないだりするといったことができるようになります。

SIMカードを端末にセットして使用します

屋外通信ができるタブレットやノートでも使われている

ドコモやau、ソフトバンクなどから販売されている、屋外通信可能なタブレットにもSIMカードが挿入されています。

また、一部のノートパソコンにも、SIMカードスロットを搭載したモデルがあります。

SIMと格安SIMの販売形態について

ドコモやauといった大手通信事業者でスマートフォンを契約するときも、もちろんSIMカードが提供されています。

ただ、店頭では携帯電話の機種変更や新規契約時に、スマートフォン端末にSIMをセットした状態で受け渡しが行われるため、通常はSIMの提供を受けていると意識することがありません。

このように、大手通信事業者はSIMカードと端末を同時に販売するのが一般的です。

一方、格安SIMは、ユーザーが自分で端末を持っていることを想定して、SIMのカードだけを販売するという形態の商品です。

大手事業者でスマホを契約する場合 格安SIMを使用する場合

スマートフォン端末は自分で用意する

ドコモなどの大手通信事業者でスマートフォンを契約する際は、店頭で好きなスマートフォン端末を選択してSIMカードも同時に購入するのが一般的です。

しかし、 格安SIMを使用する場合は端末を自分で用意しなければいけません。

あなたが選んだ 端末によって使用できるSIMカードも変わってきます。

イオンやヨドバシカメラなど、販売しているSIMカードを使うことができるSIMフリースマートフォンを並売する業者もあります。

まとめて借りた回線をユーザーに安く提供

「ドコモと直接契約しているわけではないのに、なぜ安いの?」といった疑問が出てくるのではないでしょうか。

通常、大手事業者でスマートフォンを個人契約するときは、1~5人程度の小口での契約になると思います。

これに対して、格安SIM事業者は大口の回線をまとめて借り受けて、ユーザーに安く提供しています。

航空券などを購入するとき、 全日空や日本航空から直接チケットを買うより、旅行代理店からのほうが安く入手できるのと似たようなものだと考えていいでしょう。

格安スマホ売場の多くを占める「格安SIM」

格安SIMは、家電量販店などに売り場があり、さまざまな事業者がサービス内容の異なる格安SIMを販売しています。

格安SIMと、大手事業者のSIMの違いは、受けられるサービスの内容にあります。

大手事業者は、インターネット接続に加えて音声通話やビデオ配信といったサービスも提供しています。

さまざまなサービスが利用できますが、その分高価です。

格安SIMは、データ通信などの基本サービスに絞って低価格を実現しています。

量販店の格安SIM売り場1 量販店の格安SIM売り場2

量販店の格安SIM売り場には、多数の商品が並んでおり、それぞれにサービス内容が異なっているため、どれを選べば良いのか迷ってしまいます。

なかにはショップオリジナルの格安SIMを提供している場合もあります。写真はヨドバシカメラブランドの格安SIMです。

LTEとは?

LTEは、Long Term Evolutionの略です。

第3世代(3G)の拡張版(3.9G)で、データ通信を高速化した規格です。最大受信速度は理論上326Mbps、送信速度は86Mbpsです。

赤ロムとは?

オークションサイトなどで中古端末を購入する場合は注意が必要

赤ロムとは、中古の携帯端末の状態を表します。

分割購入され、支払いが終わっていない端末のことを指す俗称です。

赤ロムを購入した場合、前所有者が残金を支払わないとその端末は通信制限がかかってしまいます。

当然、見た目では支払いが終わっているかどうかは分かりません。

そのため、うっかり赤ロムを購入してしまうと、いつ使えなくなるのか分からないといった問題点があります。

とくにネットオークションなどでは、端末がどのような来歴を持ったものであるかはっきり提示されていない場合もあります。

中古端末を購入するときは、しっかりとした保証のある店舗を利用するのが安心でしょう。

Wi-Fiスポットとは?

無料で使用できる「公衆無線LAN」のことです。つまり、無料で無線LANが使用できる場所を指します。

公衆とは不特定多数を表すため、「公衆無線LAN」とは不特定多数が利用できる無線LANスポットの事です。

Wi-Fiスポットが使える格安SIMは?

格安SIMの中には、契約者に対して無料でWi-Fiスポットを提供しているものがあります。

ビックカメラが取り扱っている「BIC SIM」を契約すると、無料でWi-Fiスポットの「Wi2 300」を利用できます。

「Wi2 300」は、様々なところで利用でき、マクドナルド、空港、駅などで使えます。

また、ワイヤレスゲートも「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカード」というプランを契約すると 「ワイヤレスゲート Wi-Fi」を無料で利用できます。​

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。