Menu

格安SIMが使える端末とは

MVNOという事業体のおかげで、通信料金を下げられるということはわかりましたが、次に「そのSIMが使える端末はどのようにして用意すればいいのか」という疑問にぶつかります。

ここでは格安SIMが利用できる端末について説明していきます。


イオンやヨドバシカメラなどでは、格安SIMとスマートフォンがセット販売されていますが、 自分の選んだ端末で使えるという自由度の高さも格安SIMの魅力です。

しかし、どのスマートフォンでも格安SIMが使えるというわけではありません。

SIMフリー端末を探そう

基本的にSIMカードスロットが搭載されている端末であれば、格安SIMを使用することはできます。

しかし、携帯キャリアで販売されているスマートフォン端末には、「 SIMロック」とよばれる規制がかけられており、他社のSIMカードを挿しただけでは通信できません。

ただ、ドコモの回線を利用している多くのMVNO業者の格安SIMカードは、ドコモで購入したスマートフォンで、そのまま使用することが可能です。

その他のキャリアから発売されているiPhoneを除くスマートフォンはSIMロックの「 解除」が必要となります(iPhoneはSIMロック解除不可)。

このSIMロック解除によって、海外を含むさまざまなSIMを利用することができます。


またSIMフリー端末を新たに準備する方法もあります。

通販専門のウェブサイトでの購入が可能で、iPhoneを使用したい場合は、アップルストア店頭か通販にてSIMフリーモデルのiPhoneを購入します。

SIMフリーとは?

格安SIMを利用するためにはSIMフリー端末が必要となりますが、3大キャリアが通信契約とともに販売している端末には、他の通信事業者のSIMカードを挿入しても通信が行えないようにロックがかけられています。

これがいわゆる「 SIMロック」です。

このSIMロックがかかっていることで、海外で現地のSIMカードを挿して使用する、といったことが、一般的に日本で売り出している端末ではできない状態になっていました。

日本国内では携帯電話を所有する際に3大キャリアで契約する形態がほとんどを占めていたので、SIMフリー端末の販売はマイナーな存在でした。

しかし、最近の格安SIM事業者の相次ぐ参入により、SIMフリー端末販売の拡大の追い風になった事は事実です。

さらに、 海外サイトから輸入代行してSIMフリー機を購入できたり、AppleがSIMフリーのiPhoneやiPadの販売をスタートさせたことからも、スマートフォンメーカーからSIMフリー端末の登場が期待されます。

格安SIMフリー端末のSIMロックの仕組みについて

SIMロック端末に格安SIMを挿入すると?

キャリアから購入した端末にはSIMロックがかけられています。

ドコモ以外の他社端末に格安SIMを挿入しても画像のようにエラーが表示され、使用することはできません。

端末がドコモであれば使用することはできます。

SIMロックされた端末に格安SIMを挿入するとエラーメッセージが出る

SIMロックは日本独特?

「端末にSIMロックをかける」ことは、日本独自で行われているわけではなく、海外でも同様のキャリアプランがあるようです。

アメリカを例にすると、Verizon Wireless社やAT&Tといった通信事業者がありますが、iPhoneを販売するAT&T社はSIMロックを行っています。

ただし、2年間の使用の後SIMロック解除を許可しています。

また、スプリント社では、MSLというロックをかけており、解約料の支払いや端末料金の割賦を終えている事を条件に、ユーザーに向けて解除コードを付与したりしています。

さらに、海外渡航を条件に現地のSIMカードの使用を許可しています。


海外にも日本同様にMVNO業者は存在していて、端末販売まで行っているキャリアもあります。

ヨーロッパでは家電量販店などでSIMフリー端末が販売されていたりしますが、キャリアで購入する端末についてはSIMロックがかけられているケースがあります。

キャリア周りについては日本とそれほど変わりがない、というのが実情のようです。


下記のように、ベライゾン社で購入するiPhoneにも2年契約プランが用意されています。

ベライゾン社のiPhone購入画面

Googleの人気端末「Nexus 5」

「Nexus 5」SIMフリー端末

Googleからオンラインで購入できる「Nexus 5」。

イー・モバイルからも同じ端末が販売されていますが、両機種ともSIMフリー端末となっています。

オンラインのApple Storeで買える「iPhone 5s」

「iPhone 5s」SIMフリー版

通常、各通信事業者から買えるiPhoneにはSIMロックがかかっていますが、オンラインのApple StoreからSIMフリー版を購入することができます。

格安のSIMフリー端末も

格安のSIMフリー端末

また、1万円程度で購入可能な格安SIMフリースマートフォンもあります。

フリーテルの「priori FT132A」はLTE にこそ対応しませんが、格安SIM が使えるSIMフリースマホでは最安の10,580円で購入可能です。

ヨドバシカメラの店頭で買うことができます。

MVNOの回線に合せた格安スマホを使う

MVNOの回線に合せた格安スマホ

ほとんどの格安SIMはドコモ回線を利用しています。

ドコモの格安SIMを利用するのであれば、ドコモのスマートフォンを使うことも可能です。

SIMロック解除サービスなどの特別な処置をすることなく、使っていない携帯電話に格安SIMをセットして使いはじめることができます。

au 回線を使った格安SIM(2014年7月現在は「mineo」のみ)を使う場合はau のLTE 対応端末を利用できます。

海外の様々なスマホでも利用可能

イギリスや香港といった、SIMフリー端末が豊富な地域では、日本では販売されていないスマートフォンが揃っています。

現在は、Paypalなどの決済代行サービスを利用することで、海外通販が容易にできるようになっています。

国内での購入に比べるとハードルは高いですが、腕時計型やゲームコントローラーが付いたタイプなど、さまざまな端末を購入することが可能です。

こうした端末を国内で利用する際に注意したいのが「技適マーク」の表示です。

日本では、電波を発する機器を利用するには、電波法令で定められている技術基準に適合している必要があります。

技適マークが付いていれば適合しているため、日本での利用が可能となります。

腕時計型スマホの「Omate TrueSmart」

LGのG Watchといった国内で購入可能なGoogle Ware製品は、別途親機となるAndroid端末が必要ですが、海外で販売されている「Omate TrueSmart」は単独で動作する腕時計型のスマートフォンです。

格安SIMの利用も可能です。

腕時計型スマホの「Omate TrueSmart」

ゲームコントローラー付きの「JXD S5800」

スマートフォンの人気ゲームを、旧来のゲーム機のようなコントローラーで操作可能です。

タッチパネルの任意の位置にボタンを割り当てることで、さまざまなタッチ向けゲームを操作できるようになっています。

格安SIMを挿してAndroidスマホとして使うことも可能です。

ゲームコントローラー付きの「JXD S5800」画像

海外の端末にも表示されている技適マーク

海外の端末にも表示されている技適マーク

海外製のスマートフォンでも、3GやLTE に対応していれば格安SIMを挿して使うことができます。

ただし、電波法により、そのまま利用することができません。電波管理局に申請を行う必要があるのです。

申請後利用許可が下りている端末は、端末背面にプリントされていたり、ソフトウェア内部に「技適マーク」が表示されるようになっています。

セットで販売されている格安スマホ

イオンやヨドバシカメラなどでは、格安SIMとSIMフリースマホをセットにしたパッケージも用意されています。

最新型の端末ではなく、数世代前の製品を利用することで価格を抑え、端末代を合わせても大手通信事業者の半額以下となっています。

大手通信事業者でスマホを契約するような感覚で、店頭で申込み、利用を開始することが可能です。

各社で販売されているスマホと格安SIMのセット

イオンやヨドバシカメラといった量販店や、フリービットといったベンチャーが、スマホと格安SIMをセットで低価格販売しています。

スマホと格安SIMのセットが販売されているサイト

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。