Menu

arrows M02

arrows M02の画像
端末価格の目安
28,800円
カラー
データ無し
メーカー
富士通
OS
Android 5.1
画面サイズ
5.0インチ
RAM
2GB
カメラ画素
810万画素
最大待受時間
540時間

遂にdocomo回線とau回線、どちらでも利用可能なSIMフリースマートフォンが登場しました!しかもVoLTE対応!防水防塵に加えおサイフケータイにも対応しているのに本体価格は3万円前後と非常にコストパフォーマンスが優れています!!
富士通のarrows M02は初のdocomo・au両方のVoLTE対応スマホです。クアッドコアCPUに2GB RAMも備えておりスペックも十分。その機能の豊富さから今後大人気の機種となるでしょう。

製品情報

画面サイズ/本体サイズ/操作性

ディスプレイサイズは最近主流の5インチですが、このサイズで149gはやや重いです。ただ横幅に関しては狭額縁のため短めでコンパクトです。やや角ばったデザインですがエッジは丸みを帯びており、手にフィットするため片手でも快適に操作できます。傷に強いゴリラガラス3を採用するなど、耐落下や耐衝撃性能に優れています。

タフネスさを備えつつも、光沢のあるホワイトやブラックのカラーは非常に綺麗で誰もが使いやすいデザインです。

性能スペック

CPUにはSnapDragon 410 1.2GHz駆動のクアッドコアを採用。メモリは2GB RAM搭載。ミドルクラスとして十分なスペックを持っています。ROM 16GBの本体ストレージが不安な場合はmicroSDHCカードで最大32GB増設可能です。

ディスプレイは有機ELのHDディスプレイを使用しており非常に鮮やかです。2330mAhバッテリーと独自の省電力技術により、安心の電池3日持ちを謳っています。

両キャリアのVoLTEに対応している珍しい格安スマホですが、実用に耐えるだけの十分な性能を備えています。

カメラ性能

メインカメラは約810万画素と十分です。しかしインカメラは約240万画素と少なく、やや不満があるかもしれません。

総評

docomo回線とau回線、どちらでもVoLTEによる通話が利用可能なので、非常に多くのMVNOの格安SIMで使うことができます。またおサイフケータイなどのガラケー機能にも対応しているので、大手キャリアの多機能なスマホに慣れているユーザーにとっても使いやすい格安スマホでしょう。

詳細スペック

基本仕様

キャリア docomo回線
au回線
softbank回線
SIMカードサイズ nanoSIM(12.3mm×8.8mm)
OS Android 5.1
本体サイズ(縦×横×厚さ) 141.0mm×68.9mm×8.9
重さ 149.0g

ディスプレイ

液晶サイズ 5.0インチ

カメラ

メインカメラ 810万画素

バッテリー

電池容量 2330mAh
最大待受時間 540時間

用語解説のアイコン最大待受時間とは

電波を正常に送受信できる最大利用時間です。
何もせず「待受のまま」過ごす静止状態がどれだけ続くかによって算出されます

CPU&内蔵メモリ

CPU クアルコム Snapdragon™ 410 MSM8916 / 1.2GHz Quad-Core
ROM 16GB

用語解説のアイコンROMとは

内部ストレージ(内部メモリ)と呼ばれ、画像・動画・音楽などをスマホ本体に保存できる容量です。

RAM 2GB

用語解説のアイコンRAMとは

動作の速さに影響するメモリ容量です。
この値が高いと、いわゆる「サクサク動く」スマホといえます。

その他の機能

防水/防滴機能
テザリング

用語解説のアイコンテザリングとは

スマートフォンをモバイルWi-Fiのように使える機能です。
スマートフォンを親機として、 パソコンやゲームなどの外部機器をインターネットに接続できます。

Wi-Fi対応

用語解説のアイコンWi-Fi対応とは

携帯電話の電波の他に、Wi-Fi(無線LAN)を利用した通信に対応していることを示しています。

NFC対応

用語解説のアイコンNFCとは

Near Field Communicationの略で、他の端末と近づけて通信する「かざして通信」の対応機能です。
数センチ程度の短い通信エリアが特徴で、電子マネーのような決済機能に活用されます。

この端末に対応するSIM(プラン)

この端末では国内で販売されているSIMなら全部対応しています。

もっと見る

この端末とセットでSIM(プラン)を探す

もっと見る

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。