Menu

ZTE Blade V6の価格・スペック・SIMプラン

Blade V6の画像
端末価格の目安
19,800円
カラー
グレー/シルバー
メーカー
ZTE
OS
Android 5.0
画面サイズ
5.0インチ
RAM
2GB
カメラ画素
1300万画素
最大待受時間
時間

Blade V6はAndroid 5.0、クアッドコアCPUを搭載。厚み6.8mmに重量122gと軽量なボディはアルミ合金とガラスで構成されており高級感があります!

製品情報

画面サイズ/本体サイズ/操作性

Blade V6はgooのスマホとして販売されているBladeシリーズと同じ5インチディスプレイを搭載した標準的なサイズの端末です。厚みがたった6.8mmしかありませんが、構成している6013アルミ合金は通常のアルミよりも強度が高いです。122gの軽量で長時間片手で持っていても疲れません。

Bladeシリーズはホームキーの左右、バックキーとメニューキーを入れ替えることが可能です。バックキーは左側に配置されている機種のほうがメジャーですが、ユーザーが任意で切り替えられるのは嬉しいポイントです。

性能スペック

CPUはMediaTek製のMT6735、駆動周波数1.3GHzのクアッドコアを搭載しています。RAM/ROMは2GB/16GBで標準的なスペック。外部ストレージはmicroSDHCカード対応で最大32GB増設可能です。

HD IPS液晶に2,200mAhのバッテリーなど、全体的にいかにもミッドレンジモデルな性能です。

高速データ通信LTEに関して、ドコモの3バンド(2100(B1)/1800(B3)/800(B19)MHz)に加えていわゆるソフトバンクのプラチナバンド(900(B8)MHz)にも対応しています。Y!mobile回線でもLTEが3バンド利用できる機種としては最安クラスです。

カメラ性能

メインカメラは1,300万画素。美肌/美顔モードで簡単に綺麗な写真が撮れます。その他にもストロボ撮影や360度パノラマ撮影など多彩な撮影モードが用意されています。

インカメラは500万画素、十分な画質で自撮りが楽しめます。

総評

ZTE製スマートフォンとしては高級感がある仕上がりになっています。

全体的にミドルスペックですが、撮影機能が充実している格安スマホです。

詳細スペック

基本仕様

キャリア docomo回線
au回線
softbank回線
SIMカードサイズ microSIM(15mm×12mm)
nanoSIM(12.3mm×8.8mm)
OS Android 5.0
本体サイズ(縦×横×厚さ) 142.0mm×69.5mm×6.8
重さ 122.0g

ディスプレイ

液晶サイズ 5.0インチ

カメラ

メインカメラ 1300万画素

バッテリー

電池容量 2200mAh
最大待受時間 時間

用語解説のアイコン最大待受時間とは

電波を正常に送受信できる最大利用時間です。
何もせず「待受のまま」過ごす静止状態がどれだけ続くかによって算出されます

CPU&内蔵メモリ

CPU MediaTek MT6735 Quad-core
ROM 16GB

用語解説のアイコンROMとは

内部ストレージ(内部メモリ)と呼ばれ、画像・動画・音楽などをスマホ本体に保存できる容量です。

RAM 2GB

用語解説のアイコンRAMとは

動作の速さに影響するメモリ容量です。
この値が高いと、いわゆる「サクサク動く」スマホといえます。

その他の機能

防水/防滴機能 ×
テザリング ×

用語解説のアイコンテザリングとは

スマートフォンをモバイルWi-Fiのように使える機能です。
スマートフォンを親機として、 パソコンやゲームなどの外部機器をインターネットに接続できます。

Wi-Fi対応

用語解説のアイコンWi-Fi対応とは

携帯電話の電波の他に、Wi-Fi(無線LAN)を利用した通信に対応していることを示しています。

NFC対応 ×

用語解説のアイコンNFCとは

Near Field Communicationの略で、他の端末と近づけて通信する「かざして通信」の対応機能です。
数センチ程度の短い通信エリアが特徴で、電子マネーのような決済機能に活用されます。

この端末に対応するSIM(プラン)

この端末では国内で販売されているSIMなら全部対応しています。

もっと見る

この端末とセットでSIM(プラン)を探す

当サイトでの取り扱いはありません

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

300種類以上のプランから自分にピッタリな格安SIM・スマホが見つかる!