Menu

Covia g07の価格・スペック・SIMプラン

g07の画像
端末価格の目安
17,800円
カラー
ブラック/ホワイト
メーカー
Covia
OS
Android 6.0
画面サイズ
5.5インチ
RAM
3GB
カメラ画素
1300万画素
最大待受時間
時間

g07 は19,800円と非常に低価格ながらLTEと3Gの同時待受け(DSDS)に対応し、フルHD解像度のIPS液晶や指紋センサー、RAM 3GBなどを搭載しています。キャリアの通話定額SIMと格安SIMを1台で運用したい人にオススメです。

製品情報

画面サイズ/本体サイズ/操作性

Coviaというメーカーは聞き覚えがない方が多いかもしれませんが、日本市場ではかなり早くからSIMフリースマートフォンを投入していた国内メーカーです。Coviaの端末は非常に安価でありながら、スマートフォンとして最低限の作業をこなせるだけのスペックを兼ね備えておりコストパフォーマンスに優れている機種が多いです。

そのCoviaがgooブランドで発売したスマートフォンがg07です。5.5インチのIPS液晶を搭載した比較的大型のスマートフォンですが、重量は約150gとそれほど重くはありません。アルミ加工されたボディは質感が高く、良い意味で従来のCovia端末とは全く異なる雰囲気を醸し出しています。

この価格帯の機種では珍しく、g07は背面に指紋認証センサーを搭載しています。指で触れて認証するだけで画面ロックも解除できてしまう指紋センサーは、特にg07のような大型端末では必須とも言えるくらい非常に便利な機能です。

性能スペック

CPUはMedia Tek製 MT6750T オクタコアを搭載。メモリはRAM3GB/ROM32GBと十分な容量を載せています。3Dゲームなどのハードな用途には向いていませんが、ブラウジングやストリーミング動画の再生くらいなら全く問題なく楽しむことができます。

g07最大の魅力はDSDS、つまりデュアルSIM・デュアルスタンバイに対応している点です。2枚のSIMカードを挿して2回線同時に電話を待ち受けたり、通話用のSIMカードとデータ通信用のSIMカードを使い分けることができます。

DSDSに対応しているスマートフォンはMoto G4 PlusZenFone 3を筆頭に続々と登場していますが、その中でもg07は最も本体価格が安いです(2017年1月現在)。他の機種はいずれも3万円台、あるいはそれ以上の価格で販売されています。しかしg07ならたった19,800円、実にZenFone 3の約半額で購入することができます。もちろん他のスペックはZenFone 3のほうが上回っているわけですが、DSDSにだけ注目するとg07が圧倒的なコストパフォーマンスを誇っています。

CPUやカメラなどのスペックにはこだわらず、とにかくDSDSに対応しているスマートフォンが欲しい!という方におすすめです。

カメラ性能

アウトカメラの画素数は1,300万画素、インカメラは800万画素。低価格帯のスマートフォンとしては比較的高い数字です。

しかし画素数=画質ではありません。メモ用途であれば十分使い物になりますが、画質にこだわるのであればもう1、2ランク上の価格帯の機種から選ぶことをおすすめします。

例えばHUAWEI P9 lineは価格の割にカメラ性能が優れており、g07との価格差も1万円以内なのでこちらを検討してみてはいかがでしょうか。DSDS対応も条件に入るのであればやっぱりZenFone 3ですね。

総評

最大のポイントはやっぱりDSDSの同時待受けに対応している点です。例えば通話用SIMとしてドコモのカケホーダイプランを契約し、データ通信用にOCNモバイルONEの格安SIMを契約することで通話料は完全に定額でかけ放題、データ通信も格安で利用することができます。

安価なDSDS対応スマートフォンが欲しい方にはg07が断然おすすめです!

詳細スペック

基本仕様

キャリア docomo回線
au回線
softbank回線
SIMカードサイズ microSIM(15mm×12mm)
nanoSIM(12.3mm×8.8mm)
OS Android 6.0
本体サイズ(縦×横×厚さ) 152.0mm×75.6mm×7.9
重さ 150.0g

ディスプレイ

液晶サイズ 5.5インチ

カメラ

メインカメラ 1300万画素

バッテリー

電池容量 3000mAh
最大待受時間 時間

用語解説のアイコン最大待受時間とは

電波を正常に送受信できる最大利用時間です。
何もせず「待受のまま」過ごす静止状態がどれだけ続くかによって算出されます

CPU&内蔵メモリ

CPU Media Tek MT6750T
ROM 32GB

用語解説のアイコンROMとは

内部ストレージ(内部メモリ)と呼ばれ、画像・動画・音楽などをスマホ本体に保存できる容量です。

RAM 3GB

用語解説のアイコンRAMとは

動作の速さに影響するメモリ容量です。
この値が高いと、いわゆる「サクサク動く」スマホといえます。

その他の機能

防水/防滴機能 ×
テザリング ×

用語解説のアイコンテザリングとは

スマートフォンをモバイルWi-Fiのように使える機能です。
スマートフォンを親機として、 パソコンやゲームなどの外部機器をインターネットに接続できます。

Wi-Fi対応

用語解説のアイコンWi-Fi対応とは

携帯電話の電波の他に、Wi-Fi(無線LAN)を利用した通信に対応していることを示しています。

NFC対応 ×

用語解説のアイコンNFCとは

Near Field Communicationの略で、他の端末と近づけて通信する「かざして通信」の対応機能です。
数センチ程度の短い通信エリアが特徴で、電子マネーのような決済機能に活用されます。

この端末に対応するSIM(プラン)

この端末では国内で販売されているSIMなら全部対応しています。

もっと見る

この端末とセットでSIM(プラン)を探す

もっと見る

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。