Menu

Huawei honor6 Plusの価格・スペック・SIMプラン

honor6 Plusの画像
端末価格の目安
22,900円
カラー
ゴールド/ブラック/ホワイト
メーカー
Huawei
OS
Android 5.1.1
画面サイズ
5.5インチ
RAM
3GB
カメラ画素
800万画素
最大待受時間
444時間
この端末を購入する

ダブルレンズカメラにより撮影後の再ピント合わせ・デジタル絞り加工を可能にしたカメラ特化モデル。高繊細ディスプレイと大容量バッテリーでヘビーな使い方にも耐えうるハイエンドスマートフォンです。

製品情報

詳細スペック

基本仕様

キャリア docomo回線
au回線
softbank回線
SIMカードサイズ microSIM(15mm×12mm)
nanoSIM(12.3mm×8.8mm)
OS Android 5.1.1
本体サイズ(縦×横×厚さ) 150.0mm×75.7mm×7.5
重さ 165.0g

ディスプレイ

液晶サイズ 5.5インチ

カメラ

メインカメラ 800万画素

バッテリー

電池容量 3600mAh
最大待受時間 444時間

用語解説のアイコン最大待受時間とは

電波を正常に送受信できる最大利用時間です。
何もせず「待受のまま」過ごす静止状態がどれだけ続くかによって算出されます

CPU&内蔵メモリ

CPU Hisilicon Kirin 925 オクタコア A15/1.8GHz + A7/1.3GHz
ROM 32GB

用語解説のアイコンROMとは

内部ストレージ(内部メモリ)と呼ばれ、画像・動画・音楽などをスマホ本体に保存できる容量です。

RAM 3GB

用語解説のアイコンRAMとは

動作の速さに影響するメモリ容量です。
この値が高いと、いわゆる「サクサク動く」スマホといえます。

その他の機能

防水/防滴機能 ×
テザリング ×

用語解説のアイコンテザリングとは

スマートフォンをモバイルWi-Fiのように使える機能です。
スマートフォンを親機として、 パソコンやゲームなどの外部機器をインターネットに接続できます。

Wi-Fi対応

用語解説のアイコンWi-Fi対応とは

携帯電話の電波の他に、Wi-Fi(無線LAN)を利用した通信に対応していることを示しています。

NFC対応

用語解説のアイコンNFCとは

Near Field Communicationの略で、他の端末と近づけて通信する「かざして通信」の対応機能です。
数センチ程度の短い通信エリアが特徴で、電子マネーのような決済機能に活用されます。

この端末に対応するSIM(プラン)

この端末では国内で販売されているSIMなら全部対応しています。

もっと見る

この端末とセットでSIM(プラン)を探す

当サイトでの取り扱いはありません

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。