Menu

Huawei Mate Sの価格・スペック・SIMプラン

Mate Sの画像
端末価格の目安
79,800円
カラー
チタニウムグレー/ミスティークシャンパン/ローズゴールド
メーカー
Huawei
OS
Android 5.1
画面サイズ
5.5インチ
RAM
3GB
カメラ画素
1300万画素
最大待受時間
時間

Mate Sはフルメタルボディのフラグシップモデル。高性能なオクタコアCPUや便利な指紋センサーも搭載された最高クラスのスマートフォンです!

製品情報

画面サイズ/本体サイズ/操作性

Mate SはフルHDの5.5インチディスプレイを搭載した大型端末ですが、狭額縁かつ薄型のため同クラスのスマートフォンの中では比較的コンパクトです。かなり強気な価格設定ですが、それに見合った高級感のあるスマートフォンです。

背面には高性能指紋認証センサーを搭載しています。指紋認証はセキュリティ面でも期待できますが、画面ロックを解除するために大きなディスプレイでパスワードを入力する手間が省けます。

性能スペック

CPUは独自のHisilicon Kirin 935を採用。2.2GHzと1.5GHzの異なる周波数のコアを4つずつ搭載しているので高負荷な作業をこなすこともできますし、状況に応じてコアを使い分ける省電力設計にもなっています。メモリは余裕のある3GB RAM。本体ストレージも32GBあるのでアプリや写真などをたくさん保存できます。

HD解像度の格安スマホが多い中、Mate Sはワンランク上のフルHD解像度ですので画像や動画を高品質で楽しむことができます。またMate Sで撮った写真もそのまま綺麗に再現してくれます。

カメラ性能

メインカメラは1,300万画素でF値 2.0の明るいレンズを搭載しています。光学手振れ補正にも対応しており、暗所でも明るく綺麗な写真を撮ることができます。

インカメラは800万画素と高画素です。これだけ画素数があれば自撮りでも満足できる画質で撮れるでしょう。

総評

格安スマホとしては最高クラスの性能を備えており、また外装も非常に高級感があります。Huaweiのフラグシップモデルに相応しいハイスペック端末と言えます。

よくゲームで遊んだり動画を視聴するようなミドル~ヘビーユーザーにオススメの機種です。

詳細スペック

基本仕様

キャリア docomo回線
au回線
softbank回線
SIMカードサイズ nanoSIM(12.3mm×8.8mm)
OS Android 5.1
本体サイズ(縦×横×厚さ) 149.8mm×75.3mm×7.2
重さ 156.0g

ディスプレイ

液晶サイズ 5.5インチ

カメラ

メインカメラ 1300万画素

バッテリー

電池容量 2700mAh
最大待受時間 時間

用語解説のアイコン最大待受時間とは

電波を正常に送受信できる最大利用時間です。
何もせず「待受のまま」過ごす静止状態がどれだけ続くかによって算出されます

CPU&内蔵メモリ

CPU Hisilicon Kirin 935 オクタコア 2.2GHz + 1.5GHz
ROM 32GB

用語解説のアイコンROMとは

内部ストレージ(内部メモリ)と呼ばれ、画像・動画・音楽などをスマホ本体に保存できる容量です。

RAM 3GB

用語解説のアイコンRAMとは

動作の速さに影響するメモリ容量です。
この値が高いと、いわゆる「サクサク動く」スマホといえます。

その他の機能

防水/防滴機能 ×
テザリング ×

用語解説のアイコンテザリングとは

スマートフォンをモバイルWi-Fiのように使える機能です。
スマートフォンを親機として、 パソコンやゲームなどの外部機器をインターネットに接続できます。

Wi-Fi対応

用語解説のアイコンWi-Fi対応とは

携帯電話の電波の他に、Wi-Fi(無線LAN)を利用した通信に対応していることを示しています。

NFC対応 ×

用語解説のアイコンNFCとは

Near Field Communicationの略で、他の端末と近づけて通信する「かざして通信」の対応機能です。
数センチ程度の短い通信エリアが特徴で、電子マネーのような決済機能に活用されます。

この端末に対応するSIM(プラン)

この端末では国内で販売されているSIMなら全部対応しています。

もっと見る

この端末とセットでSIM(プラン)を探す

当サイトでの取り扱いはありません

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。