Menu

SONY Xperia J1 Compactの価格・スペック・SIMプラン

Xperia J1 Compactの画像
端末価格の目安
54,800円
カラー
White(ホワイト)
メーカー
SONY
OS
Android 4.4
画面サイズ
4.3インチ
RAM
2GB
カメラ画素
2070万画素
最大待受時間
500時間
この端末を購入する

小さなボディに2070万画素の高画質カメラ搭載!クアッドコアCPUと2GB RAMでスペックも安心、はじめてな方にもお勧めのコンパクトなスマートフォン。

製品情報

画面サイズ/本体サイズ/操作性

ドコモから発売されたXperia A2をベースとした機種で、4.3インチのかなり小型のディスプレイを搭載しています。SONY製品ではお馴染みのトリルミナスディスプレイが採用されており色彩鮮やかな液晶画面です。

最新モデルと比較するとベゼル幅がやや広く、本体サイズは最近の4.6インチ端末相当となっています。なので画面サイズのわりには少し大きく感じるかもしれませんが、iPhone 6sが4.7インチなのでそれよりも小さいXperia J1 Compactは女性でも片手で扱いやすいでしょう。

背面はフラットでスタイリッシュなデザイン。右側面には最新モデルでは廃止されてしまったXperiaシリーズお馴染みの丸型電源ボタン、それに音量ボタンやシャッターボタンが配置されています。シャッターボタンを2回連続で押すことでいつでも瞬時にカメラを起動できるのでシャッターチャンスを逃しません。

性能スペック

最近のスマートフォンは大型が主流であることに加え、小型のスマートフォンは廉価で性能が低い傾向があります。しかしこのXperia J1 Compactは小型でありながらハイエンド並みのスペックを備えており、高性能機と言っても過言ではありません。

CPUにはQualcommのSnapdragon 800が採用されていますが、この800番台のSnapdragonはかなり高性能な機種向けのCPUなのです。格安スマホで売れ筋の3~4万円クラスの機種では同じSnapdragonシリーズでも400番台や、せいぜい600番台が搭載されているのが普通です。少なくとも4インチ前後の小型端末でSnapdragon 800のような高性能CPUを搭載している格安スマホは現時点で他にはありません。

また防水やおサイフケータイといった、いわゆるガラケー機能にも対応しています。Xperia J1 Compactは小型&高性能でガラケー機能に対応しているという面で非常に希少な機種です。

カメラ性能

Xperiaと言えばカメラです。iPhoneを含む世界中のスマートフォンのほとんどが、SONY製のカメラセンサーを採用していることをご存知でしょうか。もちろんセンサーだけでカメラの性能が決まるわけではありませんが、Xperiaはコンデジ顔負けの高性能なカメラを搭載しています。

このXperia J1 Compactも例外ではなく、1/2.3型の約2,070万画素のイメージセンサー Exmor RS for mobileを採用しています。多彩なカメラアプリに対応しており、マニュアル撮影や単焦点カメラで撮影するような背景をぼかした写真を撮ることもできます。

総評

ベースとなったXperia A2は今となってはやや古い機種ですが、小型で高性能かつガラケー機能にも対応しているXperia J1 Compactに代わる機種はいまだ現れません。

上記の3点や、カメラ性能を重視する方には非常にオススメの機種です。

詳細スペック

基本仕様

キャリア docomo回線
au回線
softbank回線
SIMカードサイズ microSIM(15mm×12mm)
OS Android 4.4
本体サイズ(縦×横×厚さ) 128.0mm×65.0mm×9.7
重さ g

ディスプレイ

液晶サイズ 4.3インチ

カメラ

メインカメラ 2070万画素

バッテリー

電池容量 2300mAh
最大待受時間 500時間

用語解説のアイコン最大待受時間とは

電波を正常に送受信できる最大利用時間です。
何もせず「待受のまま」過ごす静止状態がどれだけ続くかによって算出されます

CPU&内蔵メモリ

CPU Qualcomm MSM8974 クアッドコア2.2GHz
ROM 16GB

用語解説のアイコンROMとは

内部ストレージ(内部メモリ)と呼ばれ、画像・動画・音楽などをスマホ本体に保存できる容量です。

RAM 2GB

用語解説のアイコンRAMとは

動作の速さに影響するメモリ容量です。
この値が高いと、いわゆる「サクサク動く」スマホといえます。

その他の機能

防水/防滴機能
テザリング

用語解説のアイコンテザリングとは

スマートフォンをモバイルWi-Fiのように使える機能です。
スマートフォンを親機として、 パソコンやゲームなどの外部機器をインターネットに接続できます。

Wi-Fi対応

用語解説のアイコンWi-Fi対応とは

携帯電話の電波の他に、Wi-Fi(無線LAN)を利用した通信に対応していることを示しています。

NFC対応

用語解説のアイコンNFCとは

Near Field Communicationの略で、他の端末と近づけて通信する「かざして通信」の対応機能です。
数センチ程度の短い通信エリアが特徴で、電子マネーのような決済機能に活用されます。

この端末に対応するSIM(プラン)

この端末では国内で販売されているSIMなら全部対応しています。

もっと見る

この端末とセットでSIM(プラン)を探す

もっと見る

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

300種類以上のプランから自分にピッタリな格安SIM・スマホが見つかる!