Menu

ZenFone Go

ZenFone Goの画像
端末価格の目安
19,800円
カラー
ブラック/ブルー/ホワイト
メーカー
ASUS
OS
Android 5.1
画面サイズ
5.5インチ
内蔵メモリ
2GB
カメラ画素
1300万画素
最大待受時間
400時間

製品情報

画面サイズ/本体サイズ/操作性

ディスプレイサイズは5.5インチ、あのZenFone 2やZenFone Selfieと同じサイズです。ただし解像度はHDとやや低め。しかしこちらの重量は160gと約10g軽量化されています。

使いやすさを追求されたデザインは他のZenFoneと同様、背面が丸みを帯びており手のひらに心地よくフィットします。また背面中央に音量調節ボタンが配置されており、右手と左手どちらでも操作しやすい左右対称の作りになっています。

ホーム画面の文字やアイコンを大きく表示する「簡単モード」、アプリや使用時間に制限を設けられる「キッズモード」、それに画面表示を縮小して片手で操作しやすくする「片手モード」など、どなたでも簡単に使えるZen UIを搭載しています。

使いやすくてスマホデビューにもうってつけの格安スマホです。

性能スペック

CPUはQualcomm® Snapdragon™ 400を搭載。ZenFone 2 Laserなどミドルレンジの機種と比べるとやや性能は下がりますが、1.4GHzのクアッドコアを搭載しているので基本的な操作はサクサクこなせるでしょう。WEBサイトを閲覧したり、動画を視聴するくらいなら十分な性能です。

メモリも2GB搭載しているので問題なし。ストレージ容量は16GBとやや少なめなので、アプリを大量に入れたり、写真をたくさん撮るのであれば別途microSDカードを購入して拡張しましょう。最大64GBまでのmicroSDXC規格に対応しています。

バッテリー容量は3,010mAhの大容量。全体的に性能が低めに作られているZenFone Goですが、その代わりにZenFone 2/Selfieよりも電池は長持ちです。性能が控えめだからこその利点です。

カメラ性能

メインカメラは800万画素と標準的ですが、お馴染みの高速レーザーオートフォーカスを搭載していない点には注意してください。自然な肌色に自動調整するデュアルカラーLEDフラッシュは搭載しています。インカメラは500万画素で十分でしょう。

暗いところでも明るく綺麗な写真を撮れるローライトモードや、逆光などでも綺麗に撮れるHDRモードなど多彩な撮影モードが用意されており、2万円を切る格安スマホとしては高性能なカメラが搭載されています。

総評

全体的に性能は低めに抑えられていますが、低価格ながらもZenFoneシリーズでお馴染みの機能がたくさん盛り込まれておりコストパフォーマンスに優れています。

まさにZenFoneらしさを凝縮した格安スマホであり、2016年最も注目すべき格安スマホの1つでもあります。

詳細スペック

基本仕様

キャリア docomo回線
au回線
softbank回線
SIMカードサイズ microSIM(15mm×12mm)
OS Android 5.1
本体サイズ(縦×横×厚さ) 151.0mm×76.9mm×10.7
重さ 160.0g

ディスプレイ

液晶サイズ 5.5インチ

カメラ

メインカメラ 1300万画素

バッテリー

電池容量 3010mAh
最大待受時間 400時間

CPU&内蔵メモリ

CPU Qualcomm® Snapdragon 400
ROM 16GB
RAM 2GB

その他の機能

防水/防滴機能 ×
テザリング ×
Wi-Fi対応
NFC対応 ×

この端末に対応するSIM(プラン)

この端末では国内で販売されているSIMなら全部対応しています。

もっと見る

この端末とセットでSIM(プラン)を探す

もっと見る

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。