Menu

Zenfone Selfieの価格・スペック・SIMプラン

Zenfone Selfieの画像
端末価格の目安
37,800円
カラー
データ無し
メーカー
ASUS
OS
Android 6.0
画面サイズ
5.5インチ
RAM
2GB
カメラ画素
1300万画素
最大待受時間
255時間

メインカメラも自分撮りカメラも1,300万画素の高画素で自撮りが多い方にぴったり!ディスプレイも5.5インチの大画面でバッテリーも大容量化!スペックもCPUオクタコア(8CPU)でメモリも2GBで高スペック。カメラ性能とスペックを求める方におすすめです!

製品情報

画面サイズ/本体サイズ/操作性

ZenFone Selfieの外観はZenFone 2を踏襲しており、5.5インチの大型ディスプレイを搭載するなどカラーバリエーションが異なる以外は非常によく似ています。フルHDのIPS液晶はスマホで写真や動画を楽しむには十分の画質です。

他のZenFoneシリーズと同様にホームキーなどはディスプレイと独立しているため、一般的な5.5インチ端末より画面サイズ・本体サイズともにやや大きめ。しかし背面はラウンドフォルムになっており、手のひらにフィットして持ちやすいです。

電源ボタンが上側面にあるので押しづらく感じるかもしれませんが、ZenFone Selfieはディスプレイをダブルタップすることで画面のON/OFFが可能です。他にもこのようなタッチジェスチャーでアプリを起動することも可能で、使いこなせると操作スピードが格段に速くなります。

格安スマホとしてはかなり珍しいパステルカラーで、女性に受けが良いカラーバリエーションなのではないでしょうか。

性能スペック

搭載されているQualcomm製のSnapdragon 615は中~高性能機向けのオクタコア(8コア)CPU。1.5GHzと1.0GHzの異なるクロック数のクアッドコア(4コア)が2つ搭載されています。メインメモリ、RAMは2GBと標準的ですが全体的に中堅以上の性能を備えたスマートフォンです。

ZenFone Selfieの注目すべき点はその名前の通りカメラです。メインカメラだけでなくセルフィー、自撮り用のインカメラまでもが1,300万画素という高画素で、どちらも非常に力を入れて作られています。

ZenFone 2と比べるとカメラ以外のスペックはやや控えめですが、それを補って余りあるほどにカメラへ力を注いでいます。

カメラ性能

メインカメラはレーザーオートフォーカスを搭載し瞬時に焦点を合わせてシャッターを切ります。美人エフェクトを始めとするカメラ機能も豊富で、逆光でも明るく撮れるHDRモード、暗闇でも明るくローライトモードなど多彩な撮影モードをサポートしています。

インカメラにフラッシュ機能を搭載しているのも非常に珍しく、ZenFone SelfieはデュアルカラーLEDフラッシュにより自然な色合いを再現してくれます。また背面の音量ボタンはシャッターを切ることもできるので自撮りも自然に操作できます。

もちろんメインカメラにも力を入れており、スマホとしては珍しいマニュアル撮影モードが搭載されています。一眼レフで撮影するように細かい設定を変更することが可能で、カメラにこだわりがある人にとっては嬉しい機能ではないでしょうか。

総評

ZenFone Selfieはカメラに特化したZenFoneですが、パステルカラーが印象的で女性向きの格安スマホでもあります。

カメラ、特に自撮りにこだわりたい人にオススメの機種です。

詳細スペック

基本仕様

キャリア docomo回線
au回線
softbank回線
SIMカードサイズ microSIM(15mm×12mm)
OS Android 6.0
本体サイズ(縦×横×厚さ) 156.5mm×77.2mm×3.9
重さ 170.0g

ディスプレイ

液晶サイズ 5.5インチ

カメラ

メインカメラ 1300万画素

バッテリー

電池容量 3000mAh
最大待受時間 255時間

用語解説のアイコン最大待受時間とは

電波を正常に送受信できる最大利用時間です。
何もせず「待受のまま」過ごす静止状態がどれだけ続くかによって算出されます

CPU&内蔵メモリ

CPU Qualcomm® Snapdragon™ 615 (オクタコアCPU)/1.5GHz + 1.0GHz
ROM 16GB

用語解説のアイコンROMとは

内部ストレージ(内部メモリ)と呼ばれ、画像・動画・音楽などをスマホ本体に保存できる容量です。

RAM 2GB

用語解説のアイコンRAMとは

動作の速さに影響するメモリ容量です。
この値が高いと、いわゆる「サクサク動く」スマホといえます。

その他の機能

防水/防滴機能 ×
テザリング ×

用語解説のアイコンテザリングとは

スマートフォンをモバイルWi-Fiのように使える機能です。
スマートフォンを親機として、 パソコンやゲームなどの外部機器をインターネットに接続できます。

Wi-Fi対応

用語解説のアイコンWi-Fi対応とは

携帯電話の電波の他に、Wi-Fi(無線LAN)を利用した通信に対応していることを示しています。

NFC対応 ×

用語解説のアイコンNFCとは

Near Field Communicationの略で、他の端末と近づけて通信する「かざして通信」の対応機能です。
数センチ程度の短い通信エリアが特徴で、電子マネーのような決済機能に活用されます。

この端末に対応するSIM(プラン)

この端末では国内で販売されているSIMなら全部対応しています。

もっと見る

この端末とセットでSIM(プラン)を探す

当サイトでの取り扱いはありません

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。