Menu

スマホや家電をWi-Fi接続してもっと便利に使おう

Wi-Fi経由でスマホを使えば通信制限を回避できる

スマートフォンでネットに接続する方法の違い

スマートフォンでインターネットに 無線接続する方法は2つに大別できる。

無線接続する2つの方法

  1. キャリアの回線を利用する
  2. Wi-Fi接続を利用する

1.キャリアの回線を利用する

まず、キャリア(通信会社)の回線を利用する方法。

これはあらかじめ契約しておいたキャリアの通信塔の電波圏内でネットに接続するものだが、当然、一定の使用料金がかかるうえ、契約するプランによって 月に利用できる通信量の上限が決まっており、これを超えると通信速度が制限されてしまう点が困りものだ。


例えば上限が3GBの場合、一般的な画質の動画を17時間程度も視聴すれば上限に達してしまう。

高画質の動画を視聴すれば、さらに早く制限がかかるだろう。

キャリアの回線を利用する

キャリアの通信塔を利用してインターネットに接続できるが、月の使用量の上限に達すると通信速度が制限される。LTEの通信速度はおよそ数十Mbps。制限がかかると128kbps以下となる通信速度は1/100程度に落ちてしまい、これでは動画の視聴などは難しい。

2.Wi-Fi接続を利用する

もう1 つは、Wi-Fi接続を利用する方法だ。

こちらはキャリアと契約していなくてもインターネットに接続できる。

※モバイルルーターを利用する場合は、ルーター側に回線契約が必要になる。また、テザリングを行う場合はルーターとして利用するスマートフォンに通信制限がかかることもあるということを覚えておこう。


キャリアと契約済みの場合でも、Wi-Fi接続でWi-Fiルーターを経由ならばキャリアの通信塔を経由せずに通信を行えるため、通信量制限に悩まされることはない。

3G・LTEよりも通信が高速で、安定しやすいという利点もある。

スマートフォンで大容量の通信を行う場合は、Wi-Fi接続を活用しよう。

Wi-Fi接続を利用する

Wi-Fiを利用して通信を行う場合はキャリアの通信施設を経由しないため、その通信は制限の対象外となる。また、Wi-Fiルーターまでの電波さえ安定していれば、3GやLTEよりもはるかに高速な通信ができる。大容量の通信を行う場合はWi-Fi接続が断然おすすめだ。

スマートフォンで行う作業と通信量の目安

スマートフォンで行う作業と通信量の目安

ゲーム機をWi-Fi接続してオンライン対戦を楽しむ

昨今のゲームのソフトウェアは、ROMカセットなどを利用したソフト販売から、オンラインでインターネット上から入手する方式へと移行しつつある。

離れた場所にいるユーザー同士が同一のゲームで遊んだり、獲得したアイテムを交換しあったりすることもインターネット経由ならば簡単で、例えば「ニンテンドー 3DS」は、同じゲームで遊んでいるユーザー同士がデータをやり取りできる「すれちがい通信」という機能を搭載し、人気を集めている。


こうした ネットワーク型のゲームはパソコン向けでは以前から存在していたが、近年は専用ゲーム機においても主流となってきている。

「ニンテンドー 3DS」「PS Vista」などの 携帯ゲーム機は有線LANに対応していないため、インターネットを利用するにはWi-Fi接続を利用する必要がある、今やWi-Fi接続は、家庭用ゲーム機のユーザーにとっても欠かせないものなのだ。

ゲーム機をインターネットに接続するメリット

インターネットに繋がない場合1人でしか遊べないうえ、決まった場所でしかプレイできない。

Wi-Fiを利用してインターネットに接続すれば、電波が繋がる場所ならばどこでも遊ぶことができ、海外などの遠く離れた場所にいるユーザーとの対戦も可能になる。

また、 ゲームで利用するデータや新しいエピソードをダウンロードしたり、新作ゲームの体験版を入手して遊ぶこともできるぞ。

ゲーム機をインターネットに接続するメリット

各種家電もWi-Fi接続すればさらに便利になる

家電をWi-Fi接続すると、さまざまな手間を省いて快適に作業ができるようになる。

例えばプリンタをWi-Fi対応のものにすると、家中のどのパソコンからも印刷指示が出せる。

家族が各自専用のパソコンを持っているが、プリンタは1台を共用しているといった場合に、印刷作業のたびにいちいちプリンタの置いてある部屋に移動するという手間が省けるのだ。


さらに、Wi-Fi対応のデジカメを使えば、撮った写真をパソコンに保存する操作も簡単に行える。

テレビやオーディオ機器をWi-Fi化すれば、パソコンに保存した動画をテレビで観たり、パソコン内の音楽をオーディオ機器やスマホで再生することが可能になるぞ。

画像や音楽ファイルを機器同士で直接やり取りできる

同じネットワーク上に接続した機器同士であれば、画像や音楽、動画などのファイルを直接やり取りできる。

機材を利用するのにケーブルがいらないため、 接続する機材同士が離れた場所にあってもかまわない。

家具の配置がコンセントの場所に左右されたり、「ここにテレビがあるせいで掃除がしにくいが、移動はできない」といった悩みが一気に解消される。

画像や音楽ファイルを機器同士で直接やり取りできる

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。