Menu

iPhone SEで格安SIMを利用するための方法

iPhone SEで格安SIMを利用するための方法

すでにご存知の方も多いでしょうが2016年3月31日に新しいiPhone、その名も iPhone SEが発売されました。

もちろん、 iPhone SEもSIMフリー版なら格安SIMで利用することが可能です。

またキャリア版でも、条件が整っていればやはり格安SIMで利用できます。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • iPhone SEはどこで買えるの?
  • iPhone SEはなにが良いの?
  • 格安SIMでiPhone SEは使えるの?どこがおすすめ?

ここではSIMフリーのiPhone SEを入手する方法から、オススメの格安SIMまで解説したいと思います。

また、docomo、au、ソフトバンクのスマホのSIMロック解除条件も説明します。

SIMフリー版iPhone SEの購入方法

Apple Storeでは初めからSIMフリーの状態になっているiPhone SEを購入することができます。

お近くのApple Store、あるいは オンラインのApple Storeから注文することも可能です。

人気色のローズゴールドや、ストレージ容量が大きい64GBモデルに関しては発売後しばらくは手に入りづらい状況が続くと思われます。

欲しいモデルを確実に入手したい人は、オンラインで予約・注文すると良いでしょう。

iPhone SEの注文ページで購入したいモデルを選択すると出荷予定日を確認することができます。

SIMフリー版iPhoneを購入する場合はAppleCare+への加入がオススメ

またiPhone SEの購入と同時に補償サービスの AppleCare+ for iPhoneへ加入することができます。

AppleCare+ for iPhoneに加入すると2年間の延長保証や、過失や事故による 損傷に対する修理などのサービスが最大2回まで7,800円(税込)で受けられます。

SIMフリー版を購入する場合は キャリアの補償サービスは加入できないので、AppleCare+へ加入することをオススメします。

SIMフリー端末としてのiPhoneの強みは対応バンドの多さ

SIMフリー版のiPhone SEに関して、他のAndrdoidのSIMフリー端末にはない強みがあります。

それはLTEの対応バンド、対応周波数の多さです。

現在、 国内で市販されている端末のほとんどがドコモ向けに調整して販売されています。

一部はソフトバンクのプラチナバンドにも繋がりますが、auに至ってはほぼ100%と言っていいほど利用できません。

唯一、 iPhoneだけがどのキャリアでも快適に通信できるように設計されています。

iPhoneほど対応バンドが多い機種は、少なくとも現在は他に存在しません。

キャリア版iPhone SEはSIMロック解除できる?

そんなSIMフリー版のiPhone SEを手に入れる方法がもう1つあります。

それは、キャリア版のiPhone SEを契約・購入してSIMロックを解除するという方法です。

ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアは自社が販売するiPhone SEについて、 条件付きでSIMロックの解除に応じるとしています。

SIMロックを解除してしまえば、Apple Storeで購入したSIMフリー版のiPhone SEと同じように格安SIMで利用することが可能になります。

それでは各社のSIMロックを解除するための条件とはどのようなものでしょうか。

ドコモのSIMロック解除条件

実はドコモの場合はSIMロックを解除せずとも、ドコモ回線を利用しているMVNOの格安SIMならそのまま利用することができます。

しかしau系MVNOなどでも使えるようにするためには、やはりSIMロックを解除しなくてはいけません。

ドコモは「2015年5月以降に発売した機種のSIMロック解除手続き」について以下のように定めています。

SIMロック解除の受付条件

  • ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと
  • ご利用料金のお支払実績が確認できること
  • 契約者ご本人の購入履歴がある機種であること
    • ただし、対象回線におけるSIMロック解除実績※4があり、かつ前回のSIMロック解除受付から6か月以上経過している場合は、端末購入日から6か月経過していない場合でもSIMロック解除の手続きが可能です。回線契約期間中に受付したSIMロック解除が対象です。
  • 端末購入日から6か月以上経過していること※
  • すでにドコモを解約済の方は、解約日から3か月以内であること

まず1つめについて、ネットワーク利用制限などの各種ロックを外してある必要があります。

端末代金の残債があるとネットワーク利用制限が△になってしまうので、残りの支払いを一括で払ってしまわないといけません。

2つめは当然として、3つめは少し注意しなくてはいけません。

iPhone SEを購入した本人でないとSIMロック解除手続きを受け付けてもらえないので、もし 中古端末など白ロムを購入した場合はSIMロックは解除できないものと考えましょう。

4つめが最大のポイント。

原則として購入から半年以上経過しないとSIMロックは解除できません。

しかし、 例外として以前にSIMロック解除の手続きをしたことがある場合に限り、その解除日から6か月以上経過していれば、端末購入日から6か月以内であってもSIMロックを解除することができます。

最後に気を付けないといけないのは、手続きが可能なのはドコモと契約中、あるいは解約日から3か月以内と期間が定められている点です。

ドコモから購入したiPhone SEを他社のSIMで利用したいのであれば、最低でも3か月以上ドコモで継続して利用し、解約後3か月以内にSIMロック解除手続きをしなくてはいけません。

また水濡れや大きな破損などが見られる場合は故障修理後の受付となります。

ドコモのSIMロック解除費用

手続き方法によって費用は無料、あるいは3,000円の有料となります。

WEBの My docomoから手続きすれば無料ですが、解約後はドコモショップで手続きするしかありません。

契約中なら電話でも手続き可能ですがこちらも有料になります。

費用を抑えるためには契約中にMy docomoから手続きするのがベストです。

auのSIMロック解除条件

auのiPhone SEに関しても、au系MVNOであればSIMロック解除せずとも利用できるかもしれません。

しかし、過去のiPhoneの対応状況を見てみると、5/5c/5sなどの旧機種はau版/SIMフリー版関係なくMVNOのデータ通信が不可能でした。

また、6や6sに関してはデータ通信はできるもののテザリングは不可能でした。

このようにiPhoneをau系MVNOで利用するのは不確実な要素があるので、ドコモ系MVNOでも利用可能になるSIMロック解除は重要なポイントとなります。

auでは「 2015年5月以降に発売した機種のSIMロック解除手続き」について、以下の2点が条件となります。

対象機種の条件

  • 機種購入日から181日目以降であること。
  • ネットワーク利用制限中のau携帯電話でないこと。

ドコモのように複雑ではないので分かりやすいですね。

端末代金は完済していないといけませんが、そのiPhone SEの 購入日から180日以上経過していれば、購入した本人でなくてもSIMロックを解除することが可能です。

また契約回線は解約済みでもOKです。

auのSIMロック解除費用

auも手続き方法によって費用は異なり、 iPhone SEを契約中かつ購入した本人であればWEBのauお客様サポートから無料で手続きできます。

あるいはauショップでも手続きできますが、こちらは手数料として3,000円の費用が発生します。

しかし、解約後でも180日経過すれば手続き可能というのは3キャリアの中でもau版だけのメリットです。

ソフトバンクのSIMロック解除条件

ソフトバンクの回線を利用するMVNOは少なく、多くの場合SIMロックの解除が必要となります。

ソフトバンクの製品でSIMロック解除を行う場合のお手続き」に記載されている条件は以下の通りです。

  • 解約済み製品のSIMロック解除のお手続き可能期間は、解約後90日以内となります。また、解約済み製品のSIMロック解除のお手続きは、契約されていたご本人さま限り可能です。
  • 安心遠隔ロックなど製品の機能を制限するサービスをご利用の場合は、これらのサービスを解除後にお手続きをさせていただきます。
  • 対象の製品に故障や水濡れがある場合は、SIMロック解除のお手続きができません。故障修理などが完了してからのお手続きとなります。
  • ネットワーク利用制限製品については、解除のお手続きをすることができません。

原則契約者本人、また解約すると90日以内でないと解除手続きを受け付けてくれない点はドコモと同じです。

ネットワーク利用制限に関しては3社で共通していますね。

ドコモやauと共通点が多いソフトバンクですが、費用面で少し気を付けないといけない点があります。

ソフトバンクのSIMロック解除費用

iPhone SEを契約中ならWEBの My SoftBankから無料で手続きできます。

しかしMy SoftBankで手続きするためには、あらかじめ他社のSIMカードを用意しなくてはいけません。

他社のSIMカードを所有していない人はMy SoftBankでは手続きできません。

しかし先に他社へMNPしてSIMカードを手に入れようとするとソフトバンクは解約となるため、やはりMy SoftBankでは手続きできなくなります。

ソフトバンク以外のnanoSIMを持っていない人は要注意です。

解約済みの場合はソフトバンクショップにて 手数料3,000円を払ってSIMロックを解除してもらうことになります。

将来格安SIMを利用することを見越して選びたいキャリアはどこ?

SIMロックを解除しなくてもドコモ系MVNOで使えるドコモ版や、解約後でも無期限で受け付けてくれるau版に対し、SIMロックを解除しなければ他社のSIMでは一切利用できない上に期限も定められている ソフトバンク版のiPhone SEは格安SIM利用に不向きです。

そのため、ドコモ版かau版を選ぶことになるでしょう。

3キャリアで本体価格は微妙に異なりますが、既存ユーザーであればポイント値引きを受けられることもありこれは誤差の範囲でしょう。

それよりも キャリア独自の補償サービスに注目する必要があります。

iPhone SEの補償サービス

キャリア版のiPhoneで補償サービスに加入する場合、2つの選択肢があります。

Appleが提供する補償サービスのAppleCare + for iPhoneはSIMフリー版、キャリア版問わず加入することが可能です。

ただし、キャリア契約を解約後も加入し続けるためには、契約時には加入せずAppleStoreに持ち込んで申込まなくてはいけません。

キャリア独自の補償サービス

もう1つ、キャリア版を購入した場合はそのキャリア独自の補償サービスに加入することもできます。

こちらは キャリアの解約と同時に補償を受けられなくなってしまいますが、それ以外にも気を付けるべき点があります。

ドコモのケータイ補償サービス for iPhone

月額600円で、水濡れや全損などのあらゆるトラブルを補償してくれます。

サービス利用時は利用料として7,500円必要ですが、iPhone SEをリフレッシュ品(新品同様品)と交換してもらえます。1年間に2回まで利用可能というのも心強いです。

auのスマートパス会員

月額372円でApple正規修理サービスの修理代金を最大1万円(税込)まで、2年間で2回までサポートしてくれます。

またAppleCare+と合わせて紛失補償オプション(i)に加入すると、月額702円(初回のみ273円)で端末が盗難に遭った場合などでも再購入補償金として最大23,148円が支払われます。

ソフトバンクのあんしん保証パック(i)プラス

月額650円で提供されており、Appleの正規修理サービスを利用した際、修理代金の80~90%程度をソフトバンクの利用料金から割引くサービスです。

注意しないといけないのはiPhone SEの割賦支払金は割引対象外となる点です。

ソフトバンクは月月割を適用すると(割賦金を除くと)月額5,000円くらいから利用できますが、約3万円の割引を受けるとなると6か月かかります。

このように補償サービスを利用すると実質半年間はソフトバンクを解約できなくなってしまいます。

補償面でもソフトバンク版iPhone SEは格安SIM利用に向いていないと言えます。

ドコモとauでは一概にどちらが良いとは決められません。画面割れ修理程度ならauスマートパスの補償だけでも十分です。

しかし、紛失して再購入となると補償金を上回る出費は避けられないでしょう。あらゆるトラブルに対応できるドコモのケータイ補償サービスが最も手厚いことは確かです。

総合的に考えると、 将来格安SIMを利用しやいのはドコモ版かau版のiPhone SEということになります。

iPhone SEにオススメの格安SIM ベスト3

SIMフリーのiPhone SEを手に入れたとして、どの格安SIMを利用するのが一番良いのでしょうか?

ユーザーや環境によってその答えは異なりますが、参考までにオススメの格安SIMを3つご紹介しておきましょう。

欠点も含めたそれぞれの特徴を軽くまとめたので、MVNO選びのお役に立てれば幸いです。

楽天モバイル

テザリングが問題なく利用できるドコモ回線、5分以内の通話が定額になる 楽天でんわ、そして現在 トップクラスの実効速度を誇っている 楽天モバイル がまず候補に挙がります。

ただし楽天でんわに限ったことではありませんが、 プレフィックスサービスを利用して通話するとVoLTEの高品質な通話の恩恵を受けられない点には要注意です。

ドコモの3G回線による通話でも十分品質は良いですけどね。

UQ mobile

実効速度と通話品質のどちらも妥協したくないなら UQ mobile がオススメです

新しく登場した「ぴったりプラン」は高速データ容量と無料通話の両方がついてきます。また1,200円分の無料通話を高品質なVoLTEで利用することができます。

デメリットは大手キャリアのように2年更新型の契約になる点と、恐らく テザリングには対応しないという点。

前者はともかく、テザリングを利用したい人には適しません。

DMMモバイル

業界最安値級の DMMモバイル は2016年4月から一部のプランをまた値下げしました。

また、 最安クラスなのに実効速度がわりと安定しており、データ通信面のコストパフォーマンスに優れています。

また10GBを超える大容量のプランや、最大3枚のSIMカードで利用できるシェアコースも用意されています。

家族で利用される方にもオススメのMVNOです。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。