Menu

女性328人に聞いた!格安スマホを使わない本当の理由

女性328人に聞いた!格安スマホを使わない本当の理由

通信費・家計見直しサイト Soldi(ソルディ)では、女性向け体調管理アプリ「 ラルーン」とコラボし、ラルーンユーザー503人に“格安スマホの利用状況と満足度”についてアンケート調査を行いました。

本記事は「 昼休みは全然つながらない!?503人に聞いてわかった格安スマホの速度・料金の実態 」の後編として、本調査のうち 「まだ格安SIMを使っていない328人の女性」に聞いたリアルな声をまとめていきます。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • 格安スマホへの乗り換え、みんな検討してるの?
  • なんでみんな格安SIMをまだ使ってないの?何を心配してるの?

503名へのアンケートのうち、 3分の2が格安スマホを利用していないユーザーでした。

格安スマホの検討状況や、検討において みんなが何を重視しているのか?をデータとともに解説していきます。 また、格安スマホには乗り換えないと決めている人の理由も紹介していきます。

【調査概要】

調査対象:女性向け体調管理アプリ「ラルーン」( http://sp.lalu.jp/)のユーザー
調査期間:2017年6月16日(金)~7月3日(月)
有効回答数:503件
※本調査では「格安SIMが挿されたスマホ」をすべて「格安スマホ」と定義してアンケートを行いました

女性の3人に2人はキャリアのスマホ・携帯電話を利用中

Q:あなたは格安スマホを契約していますか?

※本調査では、「格安SIMが挿されたスマホ」をすべて「格安スマホ」とします。元々使っていたドコモ・au・ソフトバンクのスマホに、格安SIMを挿している場合も「契約している」として回答してください。

女性の3人に2人はキャリアのスマホ・携帯電話を利用中

女性の65%、つまり 3人に2人はdocomo・au・ソフトバンクの大手キャリアのスマホ・携帯電話を契約していることになります。

2割が積極的に検討中、6割は「興味はあるが検討はまだ」

Q:格安スマホを使っていない人に質問です。現在格安スマホへの乗り換えを検討していますか?

2割が積極的に検討中、6割は「興味はあるが検討はまだ」

格安スマホを使っていない人の 8割以上が、乗り換えについて興味を持っているという結果になりました。

2年契約の更新タイミングになって初めて格安SIMへの乗り換えを意識する人が多い

Q:格安スマホへの乗り換えを考えている人への質問です。検討状況をくわしく教えてください。

2年契約の更新タイミングになって初めて格安SIMへの乗り換えを意識する人が多い

格安SIMへの乗り換えを「積極的に検討中」「興味がある」人へ、検討状況をくわしく聞きました。

77%の人が「乗り換え先のMVNO(格安SIM会社)もタイミングも決めていない」とのことでした。

また、「乗り換え先は決まっているがタイミングは決まっていない」が2%と少数意見であることから、   多くの人が2年契約の更新タイミングになって初めて格安SIMへの乗り換えを意識し、「MVNOってどんな会社があるの?」と調べ始める、という流れが見えてきます。

なお、乗り換え先が決まっていると答えた人は、楽天モバイル、Y!mobile、UQ mobile、mineoの順で候補を考えているようです。

これは「 昼休みは全然つながらない!?503人に聞いてわかった格安スマホの速度・料金の実態 」で調査した「現在利用しているMVNO」と同じ傾向です。

半数以上が手持ちのスマホは継続利用、格安SIMのみ契約予定

半数以上が手持ちのスマホは継続利用、格安SIMのみ契約予定

格安SIMが台頭する前までは、   ケータイ・スマホの回線契約更新=機種変更というイメージが根強くありました。

2015年から総務省によってSIMロック解除が義務化されたこともあり、 「SIMカードの差し替え」という概念がかなり浸透してきたことがこのデータからも見て取れます。

iPhoneやXperiaなど、有名スマホ端末は5万~10万円と高額です。端末はそのままで、月額料金だけを下げるという選択肢が当たり前に出てくるようになっています。

MVNOにも大手企業のブランド力が求められている

Q:MVNO(格安SIM会社)のどこを魅力に感じて決めましたか?

MVNOにも大手企業のブランド力が求められている

どのMVNOを選ぶかで重視するポイントは、検討中フェーズと決定後で大きく差が出ました。

とくに   顕著なのは「通信速度」です。

検討段階では不安があったものの、くわしく調べていくと「お昼と夜は混雑するため遅い」という各社共通のデメリットに行き着くことが多かったため、最終決定では重視度が下がったのではないでしょうか。

また、「自分に合うプランの有無」も決定時には重視度が下がっています。主要MVNOでは、データ通信量のプランも大手キャリアと同じように細かめに区切られていることが多いため、最終決定時にはあまり気にしなくて良いポイントとなったと考えられます。

逆に差がなく、どちらのフェーズの人にも   重視されていたのが「大手企業(またはグループ会社)で安心であること」です。

乗り換えに興味がない人の本音は「格安スマホは怪しい」」の章での、格安スマホを使うつもりがない理由にも、「知らない企業とはスマホの契約をしたくないから」が32.8%、5位にランクインしています。

スマホは生活の大事なインフラのため、   運営企業の信頼感が決め手になることも多いようです。

決定における情報源:CM・口コミから入り、最終的には自分で調べて決める

Q:MVNO(格安SIM会社)を決めるのに参考にした/している情報源をすべて教えてください

決定における情報源:CM・口コミから入り、最終的には自分で調べて決める

「乗り換えはしたいけど、どこのMVNOにするかはまだ決めていない」という検討中の人の多くが、口コミ・CM・インターネット上のサイト・記事を検討材料にしています。

一方、   最後の決め手は「自分で主体的にインターネットで調べた知識」が圧倒的に多くなっています。

格安SIMへの乗り換えで気になるのはやっぱり「速度」

Q:乗り換え先MVNO(格安SIM会社)が決まっていない人へ質問です。 格安スマホへの乗り換えにおいて気になっていることを教えてください(複数選択可)

格安SIMへの乗り換えで気になるのはやっぱり「速度」

過半数の人が格安SIMへの乗り換えにおいて「速度」を気にして、乗り換え先を決めきれていません。

  昼休みは全然つながらない!?503人に聞いてわかった格安スマホの速度・料金の実態 」での調査でも、格安SIMにおける不満のTOPは速度でした。

「周囲に格安スマホを使っている人がいない」も、速度などの 口コミを実際に聞けないという不安のあらわれと言えます。

ソルディでは「 自分に合ったMVNO(格安SIMブランド)を選ぼう 」にて各MVNOについて特徴や口コミをまとめています。速度も含め、実際に利用している人の感想を見比べてみましょう。

また、メールアドレスが変わってしまうことも含め、   必要な手続きが面倒だったり難しいイメージがあることも、本格的な検討になかなか入れない理由の一つと言えそうです。

ただ、確かに手間がかかることは多いですが、その   手間を超える金銭的メリットが格安SIMにはあります。

もし契約更新月までは格安SIMへ乗り換える予定がないのであれば、余裕のあるうちからメールアドレスなどの事前に乗り換え先サービスが手配できるものだけでも移行準備を進めておくことをオススメします。

[関連記事]格安スマホへの移行作業まとめのサムネイル
格安スマホへの移行作業まとめ
大手キャリアのスマートフォンから 格安スマホへ乗り換えると、一部利用できなくなるサービスがあります。 何が引き継ぎ利用できて何が利用できなくなるのか、またそのデータを移行させるにはどうすれば良いのか、あらかじめチェックしておきましょう。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

乗り換えに興味がない人の本音は「格安スマホは怪しい」

では、「格安スマホにはまったく興味がない」人はどうしてそう思うのでしょうか? ネックになっている項目が検討中の人と同じなのかどうかを調査するため、同じ項目+αで質問をしてみました。


Q:なぜ格安スマホを使うつもりがないのか、理由を教えてください(複数選択可)

乗り換えに興味がない人の本音は「格安スマホは怪しい」

格安スマホへ乗り換える気が全くない人の半数が

  • 格安スマホは怪しい
  • 格安スマホは“安かろう悪かろう”だと思う

という結果になりました。

5位の「知らない企業とはスマホの契約をしたくないから」も似た理由ですね。悪いイメージが先行しているため、乗り換えの検討が進まないということもありそうです。

また、   「家族割引に入っているから」も、新しい契約への移行検討の面倒なネックになっていますね。

ただし、最近ではY!mobileやUQ mobileなどのMVNOからも、家族割引プランがかなり多く出てきています。

大手キャリアの「家族通話し放題プランが魅力」という人の中でも、家族へのちょっとした連絡だけで、毎回の通話はそこまで長くない人もいると思います。「5分以内の通話が無料になる」などの   オプションをつければ、大手キャリアより安くなる可能性が大いにあります。

まとめ

今回は「まだ格安スマホへ乗り換えをしていない」女性328人に対して

  • 検討状況
  • なぜ乗り換えをしていないのか

などを調査しました。

「格安SIMだけ契約する」という考え方が半数以上の人に普及していることや、多くの人が   MVNOにも大手企業の安心感を求めていることなどがわかりました。

また、格安SIMへの乗り換え検討を行わない予定の人には、まだまだ格安SIMへの不信感があることもわかりました。

アンケート前編では、格安SIMに実際に変えた結果、どこが満足・不満だったかの生の声をレポートしています。ぜひこちらも読んでみてくださいね。

[関連記事]昼休みは全然つながらない!?503人に聞いてわかった格安スマホの速度・料金の実態のサムネイル
昼休みは全然つながらない!?503人に聞いてわかった格安スマホの速度・料金の実態
格安スマホはTVCMも多く放送されていますが、「本当にみんな格安SIMに乗り換えてるの?」「格安SIMに変えるのは不安」という人もまだまだ多い状況です。ソルディでは女性向け体調管理アプリ「ラルーン」とコラボし、503人に“格安スマホの利用状況と満足度”についてアンケート調査を行いました。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。