Menu

楽天モバイルで通信量の繰り越しはお得?

楽天モバイルで通信量の繰り越しはお得?

楽天モバイルでは余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

手続きは不要、自動的に繰り越されるので慌てて当月中に使い切らなくても良いのです。

しかしこの データ容量の繰り越し関係のシステムにはいくつか注意すべき点があります。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • データ容量を繰り越しできるのはどういう場合?手続きは必要?
  • 繰り越しはお得そうだけど、注意することはある?

知らず知らずのうちに損してしまわないよう、この繰り越しシステムについて理解しておきましょう。

楽天モバイルは自動繰り越し! 

プラン名 データ容量 3日間制限
3.1GBプラン 3.1GB/月 540MB/3日間
5GBプラン 5GB/月 1GB/3日間
10GBプラン 10GB/月 1.7GB/3日間

表のようにベーシックプランを除く3つのプランは 毎月一定のデータ容量が与えられます。

LTEや3G回線で通信するとこのデータ容量を消費していき、使い切ると通信制限が行われます。

逆に使い切らなかった場合は全く無駄になるわけではなく、 残ったデータ容量は1MB単位で自動的に繰り越されて翌月のデータ容量に加算されます。

契約プランを変更するとデータ容量が繰り越せない!

楽天モバイルではプラン変更を申込むと、当月の余ったデータ容量は繰り越すことができなくなります。

異なるプラン間でのデータ繰り越しは不可能なのです。

5GBプランだと1GB以上余りそうだから来月は3.1GBに変更して節約しよう」という使い方が楽天モバイルではできません。

もちろん3.1GBプランに変更した後で余ったデータ容量は、3.1GBプランを継続して利用すれば繰り越されます。

再び5GBプランに変更すれば、その月はデータ容量の繰り越しができなくなります。

プラン変更月はデータ容量を繰り越すことができない点に注意しましょう。

2015年10月5日以前に契約している場合

上記はこれから契約する楽天モバイルユーザーに適用される話で、2015年10月5日以前に契約した人はまた少し事情が違います。

こちらはプラン変更を申込んだ時点で「変更後のプランのデータ容量を超過している」場合、その時点から通信制限が行われて月末まで低速化します。

つまり 5GBプランから3.1GBプランに変更を申込んだ時点で4GB通信していると、その時点で通信制限の対象となります。

以前の契約者に対してはより厳しくなっているので注意してください。

データ容量を繰り越しても3日間制限に注意!

プラン変更さえしなければ余ったデータ容量を無駄にすることなく損しない…という訳でもありません。

せっかく繰り越しても、 3日間制限のせいで結局思うように使い切れない可能性があります。

3日間制限とは?

楽天モバイルでは月間の容量制限とは別で3日間制限というものも実施しています。

前日までの通信量が規定値を超えている場合、当日の通信速度が終日最大200kbpsに制限されます。

データ容量が残っていても3日間制限は行われるのです。

3.1GBプランの場合…

3日間の通信量が540MBを超えると低速化します。
3日間制限を回避して快適に利用するためには、 1日平均180MBまでしか通信できない計算です。
1か月の通信量の上限は5,400MB(※1,024MB=1GB)という風にも見ることができます。

ということは、もし 3.1GB丸々繰り越したとしても、1か月で6.2GBも高速通信することはできないのです。

もちろん3.1GB全部繰り越さなくても、1日当たりの通信量が180MBを超えてしまうと低速化してしまうので、短期間に大量の通信を行うと通信制限を受けてしまいます。

一度余ってしまったデータ容量は、 繰り越しても3日間制限のために上手く使い切れない可能性が高いです。

通信制限中もデータ容量を消費する 

関連する注意事項として、低速化した通信制限中でもデータ容量を消費するというデメリットがあります。

低速化した状態で通信し続けると 3日間制限の解除が遅れるだけでなく、高速通信が可能なデータ容量まで消費してしまいます。

楽天モバイルに限ってのことですが高速通信のON/OFFはあまり意味がないようです。


以上説明した内容は5GBプランや10GBプランも同様で、3日間制限があるために短期間に大量の通信を行うことができません。

これは追加容量を購入しても解除することはできません。

例外として、規定値を超えたその当日に限って言えば、データ容量が残っている限り高速通信が利用できます。

しかし、その後3日間は丸々低速化するので非常に不便になります。

まとめ

楽天モバイルでは余ったデータ容量は1MB単位で自動的に繰り越されます。

プラン変更さえしなければ繰り越されるので一見無駄がないように思えますが、 3日間制限があるため短期間に大量の通信ができないという点には注意が必要です。

データ容量がたくさん余ってしまうために下位のプランへの変更を検討している方は、変更当月は繰り越しができないなどデメリットも踏まえたうえで考えるようにしましょう。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。